いきあたりばったり旅行 IN 砥峰高原&峰山高原(その2)
さて、前回の散策で軽く腹ごなしした我々は、目的そのものをデリートしたので、新たに目的地を設定。
高速に乗ってほどなく走れば砥峰高原に着くらしいので、高原の涼しさに心招かれて向う事に。

で、高速乗った瞬間にバケツひっくりかえしたような雨と神鳴り(厨二的表現)に襲われる。
ゲートくぐった瞬間に天気が変わるその様は「551のあるときー(ぽわわわわん)ないときー(ピシャアアアアアア!)並の変化である。大阪圏で551のCM見た事無い人には全く伝わらないこと請け合い。(書くなw)

やがて雨がぽつぽつくらいになってきた頃、峰山高原に到着。
車を停めて、ポツポツくらいの雨の中、傘を持って来ていなかったので、ほんの少しだけ散策することに。
すぐ近くにある「リラクシアの森」という、「ノルウェイの森」の撮影地にもなった森林散策道を歩いてみる。

ノルウェイの森

「おぉ、これが村上春樹のあの有名なノルウェイの森の撮影場所か!なんだかそれっぽいな」(*ぼくはこの作品を小説のタイトルしか知りません)
「なんかノルウェイって感じやねー」(*友人も同じw)

・・・話が膨らまないwww

「なんか曲名で聴いた事あるような?」
「ビートルズじゃね?にゃーんにゃんにゃんにゃんにゃー、にゃんにゃんにゃんにゃー、にゃんにゃんにゃんにゃーってやつ」
「ああ、シタールっぽい音のやつやね。そういや昔買ったベストに入ってなかったなぁ。ブラックバードも入ってなかったし。And I Love Herも入ってなかったような。あ。あと、エイスワンダーもこんな感じのタイトルの曲うたってなかったっけなぁ・・・違った、モンマルトルの森だっけか」

・・・何故か音楽の方に広がったw

ノルウェイの森2

森の中はこんな感じで、雨のせいかやや柔らかい樹脂を敷き詰めたような踏み心地の道が用意されており歩きやすい。上部で重なり合った葉のおかげでパラパラとした雨くらいならほぼ濡れずに歩けた。
ややまばらな木々の感じは、これでもかとうっそうと茂った、自身の生家の近隣の森とは違い外国の森林公園とかこんな感じかなと思わせるくらいの違いがあってなかなかに個性的。

ノルウェイの森3

雨が降ってるせいもあって涼しい。高原なので晴れててもある程度涼しいかも。
道は途中で大きく二つに分かれる模様。
全体を回るコースに入りたかったけど、開けた場所を通るみたいで、雨に濡れるのと、道が粘土質で練って歩いてしまいそうな部分が見えたので辞めた。
晴れの日に行く事があればぜひ回りたい。
なのでバリアフリーウェイだったかそんな名前の整地された道だけ一回りして戻る事に。

そして森の入り口に戻ってくると、急激に霧に覆われて幻想的な雰囲気に。

ノルウェイの森4

「なんかノルウェイの森って感じやね!」(くどいようですがぼくは内容を知りませんwww)
「ほんまほんま、この幻想的な感じまさにノルウェイ!」(くどいようですが友人も同上www)

ノルウェイの森5

むしろハリーポッターっぽいと思う。

ノルウェイの森6

駐車場に向うが道がこの有様。アーリーサマーなだけに!(ドヤアアアアァァァァァ)

ちょっと霧が走行可能なくらいに晴れるまで車の中で待つ事に。

(写真多すぎるのでさらに次回に続く)


スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2014/07/21 11:06] | 旅行の話 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<いきあたりばったり旅行 IN 砥峰高原&峰山高原(その3) | ホーム | いきあたりばったり旅行 IN 砥峰高原&峰山高原(その1)>>
コメント
こんばんわ。
最高のドヤ顔いただきました(笑)
そして2~3日経ってから襲ってくるちょっと恥ずかしい気持ちで身悶える姿が目に浮かぶようですw

ノルエーの森写真、とても素敵ですね!

ハリポタは見たことがないので良くわかりませんが、ノルエーの森の内容はですね、むかしむかしあるところにサイコパスな・・・
あ!字数制限のためコレ以上書けません。ごめんなさいw



[2014/07/21 21:55] URL | ss standman #- [ 編集 ] | page top
そうなんだよねw
会話の中では蛇蝎のようにダジャレを嫌うぼくではありますが、文字になると「韻を踏んでいる」感覚になって、ダジャレを闇に葬らずに書いちゃうんだよなぁw後悔は後でするものだ!
(当たり前だし、なんの解決にもなっていないw)

その情報量っwww
いつか機会あれば観てみたいと思ってます^^

[2014/07/22 20:26] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/98-7aa41b61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |