いきあたりばったり旅行 IN 砥峰高原&峰山高原(その1)
昨日、朝から友人に誘ってもらって、兵庫県に日帰り旅行に行ってきました。

とりあえず、ネタ的な話で流し素麺見っけたから食いに行こうぜというスタートでとりあえず乗っかったという。
戸倉峠 滝流しそうめんだったと記憶してるんですが、公式サイトの写真がコレ。
nagasi.jpg
流し素麺の定義はわからんが、ぼくが個人的に思い描いてるのとは似非である。

ぼくのイメージでは流れてくる川に対して人間はサイドからアタックを仕掛け、取りこぼさないようにしなきゃ!的なスリルを味わう感じと思うんだよね。

あくまで写真から得られる情報量だけでの話であるが、この一人一本の川があてがわれ、最終地点で皿を置いて、ただ流れて来るのを待つだけで確実に皿に麺が「箸で掴む事なく」溜まって行く現象を流し素麺と言ってよいのであろうかと。

字ヅラ的には満たしてるからジャロ的にはいいのかもしれんがぼくのインナーでは断じて違う。
約束されたエデンで飼いならされた衆愚政治のなれの果てで、人類が無気力になってコンピューターに隷属してしまったというようなSF世界にトリップした気分である。(逆に解りづれえええw)

・・・という話を、流し素麺で腹一杯になるのはコスパ悪いので、先に少し腹に入れとこうと、お昼に立ち寄った店で行ない、しかもその店の飯がうまかったので、このうまかった気分を似非流し素麺、略してNNSで上書きすることもあるまいという結論にいたり、NNSを食いにに出かけたのに、いきなり目的を撤廃するといういきあたりばったりな展開に。(我々のアドリブ旅行ではよくあることw)


ちなみに昼ご飯としてとりあえず気分で食べたらやたらとうまかった店がコチラ
もちむぎのやかたという店で、いわゆる冷や麦の亜種である、もちむぎを食べさせてくれる店みたい。
もちむぎの製麺やおみやげコーナーも備えた食品センターにレストランを常設した感じ。
中も綺麗で良かったです。

mochimugi.jpg
麦とろ定食で確か¥1080とかそんなんだっけ。¥1100はしなかった模様(inTAX)
なかなか美味しかったです。
もちむぎが気に入ったならおみやげコーナーで買って帰る事も可能。
近所にきたらぜひ立ち寄ってみてください。オススメ^^

細かい住所はサイトみてもらうとして、ざっくりで言うと民俗学の権威、柳田 國男の生家が保存された博物館のすぐ近く。
yanakidatei.jpg

ぼくもやりましたが食べた後に軽く散策してみてはいかがでしょうか。

kappa.jpg

なんかカッパもいるしw
一瞬、磁石のボールニギニギして、攻撃力上げるのに握力でも鍛えてるのかと思ったんだが、今こうして編集してる時に「あ!尻小玉か!」と気づいた。遅いわw

なんか遠くで遠雷が鳴り始めた。
・・・というところで次回につづく。
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2014/07/20 08:08] | 旅行の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<いきあたりばったり旅行 IN 砥峰高原&峰山高原(その2) | ホーム | 青春りっしんべん。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/97-e123e881
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |