iPhoneのボタンが壊れた時の対処。
PC使いながら知らん間に寝ててさ、はたと目が覚めたら何かを検索してそこで力つきたようなのですが、どうやら最後に検索窓に入力してたのが北の最終兵器イゴール・ボブチャンチン。何故彼を調べてたのか我ながら謎であるw


さて表題に移ろう。
どうにも5以降のiOS7のアイコンデザインになじめず、記憶では2013の1月にあちこち回って最後の一台となったiPhone4sを購入/所有してるのだが、昨日の夜突然上面パネル右側の長細いボタン「On/Offスリープボタン」が効かなくなったのでとりあえず自分への忘備録として、また同じ憂き目にあったiPhoneユーザーのために書き記しておく。


まず症状。
上記のボタンを押すとわずかに陥没するもクリック感がなく、スリープ、スクリーンショット、電源OFFができない。おそらくこのボタンの裏側にあるボタンと基盤の間にあるウレタンブロックかなんかみたいなパーツが中で外れてしまったケースっぽい。落としたりしてないんだが。
昨日を振り返って、原因をさぐれば柔らかい枕の上に軽く放り投げた(20センチくらいの高さ)くらいであろうか。
これしきの衝撃ではずれるの?と他の要因を疑いたいが、やはり他に衝撃を与えた記憶が無い。
ゴリラガラスには当然キズ一つつかないので、たまに枕に放り投げてたが、中身への衝撃はほどほどにあったということだろうか。今後気をつけよう。


保証と修理。
まずは自分のiPhoneが無償修理保証範囲なのかを調べる必要がある。
購入時期を明確に憶えてるならいいが、自信がないなら調べてみるのがいいです。

アップルのサポートのここに飛んでシリアルナンバーを入力すればすぐにわかる。
ぼくのは期限切れでした。
(自分のiPhoneのシリアルナンバーの調べ方)
「設定」>「一般」>「情報」の順にタップすると、シリアルナンバーを表示できます。


対処(以下から選択)

1.アップルに連絡して修理してもらう。
無償期間中なら間違いなくこれ。
だがぼくのは切れていたからなぁ。
一番確実であるがコストが高い。この症状で¥17000くらいかかるとか¥22000かかるとか、よそのサイトで書いてた記憶。
あと半年待たずに2年しばりが解けると思うともったいない気がする。
実際無償修理は1年以内なので、有償になってる時点で次のiPhoneに切り替える事ができる期間まで1年を切ってるわけだ。絶対に修理しないと!って部分でなければ耐え忍ぶのもよかろうと思う。

2.非正規ショップで修理。
さすがに金額は安いが、今後その機器においてAppleのサポートを受けられないという話。
でも無償サポート期間が切れた今、有償サポートの金額が気に入らないと、またここにやってくるわけだから結局問題ない気がする。こういうショップでの保証の方が重要で、だいたい3ヶ月くらいの保証がある模様。
業者にもよるだろうが、この症状で¥6900とか他所様のサイトで書いてた。
安いのだが、業者によって技術力はさまざまの模様。
この記事読んで怖くなったよ。

3.ソフトウェア上で解決する。
今回選んだのはこれ。
さすがのApple。携帯機器としての年月の重みが違うというか。とりあえずこのボタンが潰れてもやっていけるようにiOS上でなんとかできる模様なのでやり方を書いておきます。
ちなみにホームボタンが壊れても同じ方法で大丈夫。

設定」>「一般」>「アクセシビリティ」に移動します。
そんでAssistiveTouch をオンにします。

すると画面に白い○が浮かぶのでそれをタッチ。
デバイス>画面をロック
これでスリープが可能。

デバイス>その他>スクリーンショット
これでスクリーンショットも撮れる。

デバイス>画面をロックを長押し>電源をオフにするにスライダが出て来るので今まで通り電源オフ
これで電源オフも可能。
ですがここで注意!電源オフからの再起動はハードで行なうものなのでやはり立ち上がりません。
で、どうするのかというと充電ケーブルを差し込むことによって再起動する模様。(確認済み)
なので、映画館とかで電源切る時は後で車のシガーや携帯バッテリーから充電ケーブル挿せる当てがあるのなら構いませんが、家に帰るまでそんな当てがないなら「音を消しておく」で勘弁してもらいましょう。


これでなんとか修理せずにやっていけそうです。
ちなみにこの白いのはあちこちに動かせますので、アイコンの邪魔にはならないように全部のページの右下のアイコンのスペースを空けて右下に置いてます。少しアイコンの列からずれるのが惜しいですけど。

なので見栄えが悪くてイライラする!って方には簡単に○を消したり、出現させたりする方法を紹介。

「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「ショートカット」に移動します。
「AssistiveTouch」を選択して、ホームボタンのトリプルクリックを有効に。
ホームボタンを3回連続で押して、AssistiveTouch をオンまたはオフにします。 

トリプルホームクリックを有効にするのに必要な間隔を調整する場合は、「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「ホームクリックの間隔」に移動します。

これで出し入れできますね。
でもこんな調子でスリープかける度にトリプルクリックしまくってたら、今度はホームボタンがバカになると思うので、緊急で無い限りは自動ロックを1分とかでかけといてそれに任せるのがいいと思います。

設定>一般>自動ロックで設定できますよん。


そういうわけで昨日はひたすらiPhoneの修理方法を検索してたのに、何故、最終的に「北の最終兵器イゴール・ボブチャンチン」を調べながら寝落ちしたのかやはり謎なのであった。






スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2014/07/15 12:15] | ガジェット関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<BANDAI商品回収の拡散 | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/92-dc1881d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |