S・ジャクソン ソーサリー!
そういやキャプテン・アースのOP変わりましたね。
(ここからしばらくかさばる兄さんの口汚い個人的見解が始まりますので、読みたくない人は次の文章の塊まで読み飛ばしましょう)

以前のOPは楽曲的にはクサいんだけどアニメOPとしては良かったんですよ。
だが今回の新OPはヒドイ。オケがデモテープの域を越えていない印象。
「人生は上々だ」(Unicorn)には負けるが。(あれは意図的w)
サビへの繋がり方も悪くないのに、オクターヴで「ドペドペ」とキーボードのプリセット音のような音色でサビのメロディもなにもかも食い散らかすベースラインが相当に悪印象。
ドラムもAメロからBメロへのつなぎのフィルインが下品。
もうちょっと練りこめなかったもんだろうか。
今期最悪のOPに(ぼくの中で)ノミネートされております。ほぁ。


さて。愚痴はおいといてタイトルの話を。
昔、スティーヴ・ジャクソン、イアン・リビングストンの2大巨匠によるゲームブックというものが席巻した時代がありまして。
ゲームブックとはなんぞや?という事になると思うんですが、お話に自分自身が介入できる、紙媒体のアドベンチャーゲームとでも申しましょうか。
まだヒロイック・ファンタジーというものが日本に定着しておらず、一部のお金持ち一家だけがウルティマだのウィザードリィを楽しんでいた頃、手軽に買える小説という形で美しいイラストとともに日本に渡ってきた黒船でした。

sorcery.jpg
表紙絵はマンティコア。ぼくが生まれて初めて見たマンティコアです。

これで外国のヒロイック・ファンタジーにハマった人達がD&Dを購入してTRPGを楽しむようになったり、トールキンの指輪物語やムアコックのエルリックサーガ(大好きなのでいつか単体記事で書きたい)ハワードの英雄コナンシリーズ等を読むようになったりして、その土壌が出来上がった頃にドラクエやゼルダの伝説、ハイドライドなどが発表され、そのうちロードス戦記とか出てきて、しばらくエルフは耳が尖ってるという日本独特のお約束が生まれたりする(苦笑)わけだが、それは別の話。

その中でも初めて遊んだ、かつ未だに最高傑作としてぼくの脳内で君臨しているのがSジャクソンのソーサリーシリーズである。
ちなみにIリビングストンの代表作は火吹山の魔法使いだが、リビングストンの方が低年齢向けで、背伸びしてたぼくには文体が幼稚に思えて合わなかった記憶。
さらに乗っかる形で日本からもいろんなものがゲームブック化。ドルアーガの塔やゼビウスまで無理矢理w
ドルアーガはやったことないからなんとも言えないが、ゼビウスは当初、遠藤氏へのリスペクトもあり買ってPLAYした憶えが。ちなみに買ったのは初版で飛び先のP指定が違うというバグがあり、そこがおかしいから別のPのはずだ!と探しまくらないとクリアできないというw再販からは治ってるそうです。

実際のプレイは紙を1枚用意して、そこに技量点 体力点 運勢点などを書き込み、ストーリーを読み進めます。しばらくすると選択肢が示されて、読者は物語に介入していくのです。

例、鬱蒼とした森を抜けると分かれ道に出た。左にいく>P173へ飛ぶ 右に行く>P78へ飛ぶ

こんな具合に指定されたページへと選択してめくるわけです。
そこでサイコロを支持された時に振り、状況に合わせてアイテムを書き込んだり先ほどの点を加減しながら進めていきます。
手動のRPGとも言えます。


そんで、そのソーサリーが去年の5月ぐらいだったかな?有料ではありますがiOSに移植された時はものすごい喜んだもんです。
ただし、英語版のみで日本語版がなかったのと、(今はどうか知らないが)iPAD専用だったので諦めたんですが、覗きにいかせてもらってるサイトにて指輪物語の話が少し出たのを見て、懐かしい!と思って調べてるとAndroid版も出てるではありませんか。あいかわらず英語版のみですが。
Androidは一応Nexus7というタブレット持ってるのでPLAY可能なんですよね。

英語わからんけど、昔のを思い出しながらなんとかPLAYできんかなー
うーん、どうしようw欲しいw

ちなみに書籍でも当然売ってます。
新訳と旧訳がありますが、手に入れれるものなら、圧倒的に旧訳をオススメします。
ウッドゴーレム=木のゴーレムとか訳しすぎて幼稚に思えてしまうことうけあい。

英語わかる人でiPADとか持ってる人はどうですかね?
オススメですよん。

トレイラームービーはコチラ

ちなみに本の方ですが
旧訳は東京創元社で
1 魔法使いの丘
2 城砦都市カーレ
3 七匹の大蛇
4 王たちの冠
の4部構成
新訳は創土社で
1 シャムタンティの丘を越えて
2 魔の罠の都
3 七匹の大蛇
4 諸王の冠
の4部構成

微妙にタイトル変わってるので購入時にはご注意を。


(もはやおっさんにしかわかんないネタになってるな^^;)

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2014/07/13 10:00] | ゲームの話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<タイトルなし | ホーム | 写真をペタリ。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/90-c979d545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |