FC2ブログ
MENG KV-2 アクリルガッシュ絵画調仕上げ(完成編)
そういや、少し前からブログの徘徊が復活しております^^
副業のほうが、一区切り終わりまして
また、依頼が来るまでは普通の生活に戻りました!


先日、
和歌山の模型ショップ、「プラローグ」さんで絶賛開催中の、
店長のお父さんであらせられるピロリンさん主催の
「乗り物ならなんでもいいよ!」というゆるーい規定の
「ピロローグ コンペ」に、このKV-2を出品してまいりました!

今回は画像多めです^^
アクリルガッシュによる絵画調KV-2、
初めての戦車塗装ですが、よかったら見てやってくださいね^^


MENG KV-2その15

普段キャラものばかり作ってるので、どうにも殺風景と、
思わず友人からもらったガールズアンドパンツァーの秋山殿のキーチェーンを乗っけてみた^^
本当はプラウダの戦車なんですけど
仲良しなんで、乗せてもらってイェーイ!くらいの話で。あまり深く考えないw

MENG KV-2その16

天面ドアップ。
キューポラの内側がどんなディテールなのか、
本来は調べて、工作してでっちあげるわけですが、
そこはSD戦車w
あまり深く考えず、この3つの丸いのが、ピン跡なのかディテールなのか?
わかんないままに採用。こだわりはじめるとぼくのことだから、きっと完成しないw

MENG KV-2その17

左サイドのアップ。
ツールボックス?の丸い角は綿棒で強めにこすって、
下地に塗ってた錆色と艶を出してます。
本体天面にはさして勾配がついていないので、水はけも悪かろう?と想像して、
サビを描いてみたり、
予備履帯にも砂を噛ませてみたりと、妄想しまくって、
とにかく描いて描いて描きまくります^^

MENG KV-2その18

左斜め後ろ、履帯周りのアップ。
このキット、本当に履帯だけは最悪で、
イラストと照らしあわせても、全く似てないパターンが施されています。
Finoさんから頂いた無念ボックスの中にはピグメントも封入されていたので、
一瞬、使用を考えましたが「絵画調」としたテーマの前では、
実際に粉を置く、3D塗装材はちょっと違う気がして、
あくまで描く形で挑みました。ボックスアートは草原だったので、
泥濘地というほど激しくは汚しておりません。

MENG KV-2その19

右斜後ろのアップ。
ジェリカンの凹みにはやはり汚水跡がこびりりついてます。
左上の機銃?っぽいのは可動します。
いまにして思えば、ピンバイスで穴くらいは開けてやったほうが良かったかもね^^l

MENG KV-2その20

リアビュー。
中央の半円状のドームに当たって、
砲塔がここまでしか旋回しない。ボックスアートはもっと回ってるのに^^;
そういや、スコップとかワイヤーってこの戦車には乗っかってないのね。
戦車すべてに乗っかってると勝手に思い込んでたw
尚、後部アンテナは持ち運びの便を考えて、差し込んでるだけです。

MENG KV-2その21

正面。
SDながらも、なかなか勇ましい^^
尚、今回の作品としては砲塔はこの角度固定としてます。(実際は動きますけど)(後述)

MENG KV-2その23

そろそろ気づいてる人もいるとは思いますが、
実は、砲塔の影はこのように描き込んであります。
(これが砲塔固定の理由)
展示会などでは、照明の位置が高く照明が生み出す影には、
さしてコントラストを求めることが出来ないので、
あらかじめ影を描いてやってるわけです。

MENG KV-2その24

同じく砲塔の手すり類もすべて。
横を上にして撮影しても、下方向に影が生じてるでしょ。
絵画は平面なので、勝手に影が出来ないので影も描いてるじゃない?
こういった部分も含めて「絵画調」というね^^

MENG KV-2その25

真横から。
前述のように影の種明かしをしてから見ると、
フォトラ(照明)によって、ほぼ真横が光源になってるんだけど、
影は下に向かってるでしょ?w

あと、履帯も上辺をたわませる方が重量感出るんですが、
今回は本当にあっさりとキットのままに、塗装に重点を置いて制作してます。
腕に覚えのある方はたわませる位置で穴あけて、針金突っ込んで抑えこむのが簡単だと思います。


今回はボックスアートがカッコ良かったので絵画調という挑戦でしたが、
その縛りのせいでドライブラシを使いすぎると、筆致が消えてしまい、
後でまた書き足すハメになったり^^;
でも塗ってる間は、ただただ、楽しかったです^^

これ見て、
「アクリルガッシュもおもしろそーじゃん!」って思ってもらえれば嬉しいですね。
次回は、アクリルガッシュを3作品使ってみて感じたことなどをまとめてみますので、
よろしければそちらも参考にしてくださいね。

大量の写真で、少し重いページになったかもしれません。
最後まで見て頂いて、ありがとうございました!





スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2017/10/29 12:05] | MENG KV-2 | トラックバック(0) | コメント(22) | page top
<<模型に絵の具?アクリルガッシュ仕上げ(総括編) | ホーム | MENG KV-2 アクリルガッシュ絵画調仕上げ(その3)>>
コメント
こんにちは~

MENG KV-2完成おめでとうございます。
そしてアクリルガッシュを使う事で塗膜に凹凸が出来てリアルに見えますね~(凄)
見ていて飽きないSD戦車だと思いました(笑)
で、普段影とか意識して製作していない自分には影を描くっていうのも新鮮で面白かったです!(笑)
今度からそこら辺も気にしてみようと思いました!!

完成お疲れ様でした!
では、また~

[2017/10/29 09:40] URL | テツ(8641FS) #- [ 編集 ] | page top
こんばんは!

アクリルガッシュ塗装の深みが凄いですね( ゜o゜)
塗料の性質か、はたまたかさばる兄さんの腕が良いのか…こういう表現が自分にも出来るならやってみたいと思いますが、大いに後者の気がします(笑)

影の描き込みのアイディア素晴らしいです!
そういうこともして良いんだなぁって思いました(´∇`)

完成お疲れ様でした!そしておめでとうございます♪ヽ(´▽`)/
[2017/10/29 17:59] URL | こばゆう #- [ 編集 ] | page top
テツさん、こんばんは!

ありがとうございます!
戦車塗装、初挑戦ですが、
なんとか形になって良かったです^^

さすが鋭い!
希釈率や筆の使い方一つで、塗膜による凹凸を持ってして
テクスチャーを追加できるのも、
乾燥の早いアクリルガッシュの魅力です。

ガンプラと違い、今回は固定で行こう!と決めたので、
あとは光源も固定して、すべてをこの砲塔の角度に最適化しようという
とんがった形になりました。
ガンプラでも、固定で作るならアリな方法論だとは思いますが、
やはり可動も捨てがたいし、仮に固定でも
照明の位置によっていろんな表情が出るのも、
撮影の楽しみですしね^^

作り始める時のテーマや狙いによっては、
面白くなると思います〜^^

お祝いありがとうございました!
[2017/10/29 22:36] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
こばゆうさん、こんばんは!

絵の具で塗ってると思うと、なんだか面白いでしょw
わはは、戦車は初めてなんで、当然前者っすw

多分こばゆうさんが想像している以上に(ラッカーより)
乾燥が速いので、一回塗ったあとの乾燥待ちというテンションの途切れがないので、
混色しながら、次々と色を載せて言うことができるので、
「色数」が負担にならないんですよね。
混ぜ方も、完全に混ぜきらないでおけば、
どの部分の絵の具を使うかによって、光の使い分けも簡単ですし^^
ラッカーでは、多分ぼくはこんな風に塗れないと考えます。

影の書き込み評価してくださって嬉しいですねw
固定ならではの思いつきですが、模型にはこうあるべきなんていう固定概念はないと思うので、
思いついた事はどんどんやっちゃっていいんだと思います^^

お祝い、ありがとうございました!^^

[2017/10/29 22:41] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
完成、おめでとうございます!

筆塗りは、どうなるか予想がつかないワクワク感が楽しそうですね。
手すりの影まで描いてしまうとは!

ず~っと眺めていたくなる作品ですね。
なんか、癒されます。
[2017/10/30 00:48] URL | シュウチョー #nhNBj/h6 [ 編集 ] | page top
こんばんは!

KV-2完成おめでとうございます!!(^^♪

深みがある、、と思えたのは塗料の仕様や塗り方だけではなく「影」になる部分を書き足されておられたからですね!(^O^)
まさに目指されてた絵画調の仕上がりですね!

しかしこれは是非とも試してみたい塗料ですm(__)m
[2017/10/30 03:11] URL | 14roe #- [ 編集 ] | page top
かさ兄、完成おつ〜( ´ ▽ ` )

もうかなりアクリルガッシュ使いとしてレベルアップした感じですね!
しかもツイッターでは公式からまでコメントもらってたしwww

なるほど!影かっ!!!
その発想はなかったわww
というか、作風全体が絵画調なんで言われないと見抜けないですねw

こういのってやめ時が難しいと思うんですけど、いい塩梅でまとまった感じですね。

秋山殿もグッジョブです!!!( ´ ▽ ` )
[2017/10/30 10:14] URL | Fino(フィノ) #OsUMKdiU [ 編集 ] | page top
どーも、kohi123です。

コンバットチョロQ(違う!)完成おめでとうございます。

筆塗り楽しそうでマネしたくなりますが、エアーブラシもまともに吹けない私には難しいでしょうね…。

かさばる兄さんが前に製作したオーラバトラーの筆塗りも良かったですが、重ね塗りはリアル感が増しますね。

わたしもオーラバトラーを作るときは参考にさせて頂きま~す。
[2017/10/30 12:13] URL | kohi123 #- [ 編集 ] | page top
かさ兄さん、こんちわー

すっかりアクリル筆塗りのお兄さんが定着しつつありますね
影の書き込みはジオラマ作ってて同じようなことしてるんですが、影とかシャドーの有無で全然重みがかわってくるなと実感してます
しかしウェザリングとか筆塗りって止め時が難しくないですか?いつまでも塗ってられるよーな…(;´д`)
[2017/10/30 12:13] URL | 豆タンク #- [ 編集 ] | page top
シュウチョーさん、こんばんは!

お祝いありがとうございます!

混色した時のランダム感や、
全く同じ物が二度と塗れないという部分も含め、
ほんとわくわくします^^

特にこのKV-2たんは、
もともと冗談はよせといいたくなるような体型してるんですが、
それがSDになってさらに推し進められて、
たしかに「癒やし」の域に達してると思いますw


[2017/10/30 21:07] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
14roeさん、こんばんは!

お祝いありがとうございますっ

どこから見てもカッコイイ作品と同じくらい、
この一点から見た時に最高の作品!っていうのもいいなぁ、と。
はじめての戦車ながら、他の方の戦車を見た時にいろいろ感じたことを、
自分のできる範囲で詰め込んでみました^^

MSで言うならば、300円ザクとか、
ついこないだ再販された(おそらくラストと言われてます)EXモデルのヒルドルブとか
面白いと思います^^
もちろんこないだ買ったATとかもねw

次回の総括もお楽しみに!

[2017/10/30 21:13] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
完成おめでとうございます!!
チクショ~!!カワエエのにかっこいいぜ!!
塗りの技術は流石の領域ですね。
アクリルガッシュに興味深々です。
塗りの細かい点のレポもありがたいですが、
価格の比較がなによりありがたいです!
画として見せる裏に影の塗りの計算まであったとは、
驚き&なるほどでビックリしつつ楽しませていただきました。
なにより初戦車でここまで仕上げてしまうかさ兄さんが恐ろしいw

家のお手付き2台と未着手の1台も成仏させてあげないと・・・。
そのためにオマケの西住ちゃんに惹かれて雑誌を買ったのは秘密だぁ~www
[2017/10/30 21:26] URL | へな #- [ 編集 ] | page top
Finoさん、こんばんは!

完成祝いコメント、感謝ですっ^^
どんどんアクリルガッシュとお友達になれてきている気がします。

ふと気になった事を備忘録的につぶやいたのですが、
感じたことが間違えてなくて良かったよw
公式に「いや、そんなことないよ」って言われたら、
赤っ恥かくとこだったwww

SD選手権のGEKI店長のボトムズとか見ながら、
陰影表現は作品単体でやっても、美味しいはず!と、
ロボットと違い、ガシガシ動かさないので、
単に凸凹に陰影を付ける、「ジェネリックハイライト」を超える
光源を固定したハイライトを試すチャンスだと思い、やってみました^^
全体の絵画調と合わせて、なかなか馴染んだようで良かったw

今回は、たまたま参考にしたボックスアートが良いバランスだった事と、
風景が、草原だった事が功を奏した感じですw

秋山さんもSDフィギュアなんでお似合いな感じです^^


[2017/10/30 21:52] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
kohi123さん、こんばんは!

完成祝い、ありがとうございます^^

エアブラシは、「希釈率」を掴むまでがストレスですが、
なんせ完成するまで出番がないので、「練習回数」が極端に少ないのが辛いところですね。
特に改造たっぷりで作ると4~6ヶ月に1作くらいになってしまい、
年に2~3回、それも前回から半年後とかになっちゃうんで、
もしもエアブラシの苦手意識強いなら、300円ザクとか、旧キットとかを
合わせ目処理だけのライトな仕上げで、エアブラシを短い期間で回数使ってみるのもいいかもです^^

筆塗りは、それこそ「いつでも塗れて、いつでも風呂敷たためる」感じなので、
なんぼでも練習できていいかもです。
ご家族に秘密でやってらっしゃるkohi123さんには、オススメではあります^^
キャラクターメカだと、泥臭い表現を受け付ける作品限定になっちゃいますけどね;;

最近kohi123さんの中でアツいオーラバトラー。
楽しみにしてますっ^^
[2017/10/30 22:00] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
豆タンクさん、こんばんは!

シタデルの研究も兼ねて、調べれば調べるほど、
アクリルガッシュの良さもわかってきて、
シタデルは手に入れれる店の少なさと、
金銭的負担の大きさもあって、
むしろ、アクリルガッシュを推す、
アクリルガッシャー(そんな呼び方するのか)と化してますw

まぁ、ぼくなんぞがオススメせずとも、
今年一年で、シタデルカラーはブレイクした兆候で、
みなさんオススメしてますしねw

数度、展示会を経験して、
家で撮影するほど、コントラストが強く出ない事がわかってまして。
照明が高い上に、斜め上からお客さんが照明を遮るように覗きこむ形になるので、
影はもちろんのこと、当然ハイライトも描き込んであります。

ウェザリングの止め時は、AFV界での永遠のテーマの一つでもあると思いますねーw
[2017/10/30 22:11] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
へなさん、こんばんは!

お祝いありがとうございます^^

そうそう、「かわいい」からこそ、
技術をかけて「あなどられない」ような仕上がりを目指したいですよねw

価格の比較は前回のコメントに書きましたが、
あらためて次回分にも掲載します^^
「なんとなく高い」とかじゃなく、
ちゃんと容量比で、こうやって書くと、すごいわかりやすいでしょw

アクリルガッシュは、乾きの早さゆえ、
一気に混色出来る量に限界があるんですよね。
なので、作り足すと少し色がちがってたりするのが欠点ですが、
ファレホなど、色がたくさん販売されてるという事を利用して、
大量に必要な色を、混色ではなく、商品として大量に手に入り、
また、数年後に買い足すことすら可能なのは、ファレホの利点であると考えます。
そのあたりを考慮にいれながら選んだり、
あるいは併用するのもいいんじゃないかなぁ。
(混色はまずいと思うけど、塗り重ねは多分アクリルガッシュとファレホやシタデルは共存できると想像します)
あと、クリアーやピグメント、溶きパテや鉛筆の粉、パステル、ヘアカラーなど、
いろんな素材を使ったテクが広がってますが、
本当に絵の具だけでここまでは出来るってのも、ありがたいなぁと思いますね^^

おまけの西住さん・・・ぼくも多分同じの持ってるぜ!
それも姉妹ともどもwww

是非試してみてください〜^^
[2017/10/30 22:24] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
かさばる兄さん、こんばんは!KV-2完成おめでとうございます&お疲れ様でした!コメント入れよう、入れようとしてましたら、もう完成記事がアップされてしまうという(汗)

製作、更新ペース共に早くて、かさばる兄さんのノリノリ具合が手に取るように分かりました(笑)この塗装法が相性ええんかもしれませんね。ウェザリングはもちろんの事、影色も実際に描き込まれた所も自然でええ雰囲気です〜。多分自分が思っているより小さい感じがします、なんとなくですが。

今度お会い出来る時にまた見せて下さいね!その代わりアクリルガッシャーの称号を授けます(笑)
[2017/10/30 22:35] URL | かめしん #- [ 編集 ] | page top
かめしんさん、こんばんは!

お祝いコメントありがとうございます^^

副業の間に、
さっくりと1時間くらいで組んで、
次に時間が少し空いた時に、はしごやら組んで少しだけ整形して、
あとは、空いた時間に塗るを繰り返してたら、
なんかあっという間でしたw
本当に絵の具しか使わないので、
ズボラな僕には相性いいんでしょうねw
乾燥が鬼のように速いし。

牛魔王ほどではないにしろ、
例によってちっこいですw

次回会うときにでも見てやってください^^
アクリルガッシャーってかっこいいっしょ?w
VOLKSの平井さんとやりとりしてた時に、
「スカルプター」という言葉が出てきて、
かっけえええ!って思ってて、
今回チャンスなので、そんな言葉を作ってみたというねw

ちなみに、モデフェスやボビーおおさか?などの連休イベントは、
参加確率m50%以下ですー;;

[2017/10/31 01:07] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
うぉぉ!

なんじゃこりぁ~!
メチャクチャかっこいいじゃないですか(*゚Д゚*)
塗装面の雰囲気と陰影の効果で哀愁さえ感じますよ。
作品を置いただけで周りの風景が目に浮かぶようで、、、
この感じは目指す所だなぁ、、、(゜ロ゜)
かさ兄+アクリルガッシュ、、、恐るべし!
[2017/10/31 09:03] URL | とみさぶろう #Cv2s2L.A [ 編集 ] | page top
とみさぶろうさん、こんばんは!

色数とテクスチャーは情報量に直結するので、
最近のシタデルカラーの台頭を眺めてると、
塗装の比重がどんどん上がってるのを感じますよね。

どこまでキャラクターロボットに持っていけるかはわかんないけど、
「やろうと思ったら出来る」と、
いざ応用の必要な時にいつでも出し入れできるようにはしときたいな、と^^

プラスチックがみるみる硬くなって重くなっていく様は
単純に面白いというのもありますがw

奥さんの次作の参考になれば幸いです〜^^


[2017/10/31 21:25] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
こんにちは!!
完成おめでとうございます!!
最近はかさばる兄さんの筆塗りが定着してきてますね!
私は戦車はあまり詳しくないので気の利いたコメントはできないのですが、今回の戦車を見て「こんなかわいい戦車もあるんだなぁ」と思っていたらSDだったんですね。納得です。
色味も筆塗り独特の深さがあり、とても興味がそそられました。筆塗りも面白そうですね(^^♪
質問なのですが、筆塗りの場合もクリアコートはされるんですか?
[2017/11/02 15:53] URL | lostone #- [ 編集 ] | page top
lostoneさん、こんばんは!

お祝いコメントありがとうございます^^

たまごひこーきや、ちび戦艦、そしてSD戦車と、SDが陸海空を網羅してる感じです^^
スペースシャトルもあった気がするから宇宙もですがw
かわいいですよね^^

筆塗りはストレスが無いのでひたすら楽しい感じですね^^

完成した作品が、まだ何年も経っていないので、
経年変化はわかりませんが、本当はクリアかけたほうがいいと思います。

ぼく自身は、すでにTurnerの塗膜が強力な艶消しである事と、
磨いてやればツヤが出る特性を気に入っているので、
一つの面の中に「ツヤの有る部分、無い部分」が混在する面の面白さを重視して、
クリアを施しておりません〜^^
[2017/11/02 19:34] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/831-e69015c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |