熱いぜプラモ狂四郎!そして2代目ストリームベースを名乗る輩が出ないわけはこれか!w
ああ、休日までがいつもより遠く感じた週でした^^;

「月影ベイベ」という作品の最終巻も刊行され、
面白かった反面、月影ロスでちょっとやる気がでなかったりw

世間では静岡ホビーショーですな^^
遠くていけないのが残念。いつか行きたいとは思ってますが。
余りランナーをがっつり買いたいなぁw
(それかよw


そういや、こないだ
Twitterでプラモ狂四郎の話で少しだけ盛り上がったよ。

そこで、少し前に知り合いに言われたことを思い出しまして。

みなさん「プラモ狂四郎」のタイトルってどう呼んでます?

プラモ狂四郎1

ぼくは「プラモ 狂四郎」と読んでて、それが普通と思ってたんですが、
その知り合いは「プラモ狂 四郎」と呼んでて、
「間違ってるよ」って言われたんですね。

まぁ、原作者自身が読み上げてる動画とかを見たわけじゃないから、
絶対的にこうだとは、ぼくも反論できないわけですが。

「だって、思い出してごらんよ。マスターとか、クラフトマンがらみの連中は四郎って呼んでるでしょ?
プラモ狂四郎4

シミュレーションマシンのエントリーシーンでもト書きの中には四郎って書いてるわけだし。

四郎がプラモに(熱狂的に)狂ってるから、プラモ狂。プラモ狂、四郎なわけ。」

あまりにも堂々と説明され、反論できるほど記憶も鮮明でないので、
もやもやしつつも、そうなのかぁと引き下がったんだが、
いっそTwitterの投票機能で聴いてみました!w(何やってんだwww)

その中で、さまざまなコメントをいただきました

*「眠狂四郎」と韻を踏んだとの事
眠狂四郎は「眠 狂四郎」であっても、「眠狂 四郎」では無いので
やはり「プラモ狂四郎」であろう。

*パーフェクトガンダムあたりからの、狂四郎マーク。
あれには狂四郎と刻印されてますね^^
プラモ狂四郎2


などなど、「プラモ 狂四郎」を支持するご意見をたくさんいただき、
おお、合ってた!と、我を取り戻した気分ですw



さて。24時間の投票時間で、
149名ものプラモスピリッターな方々が、投票してくれました!
ありがとうございます^^

実に93%の方々が「プラモ 狂四郎」と呼んでる模様^^
知り合いに諭された時は、自分と自分の周りの友人だけがそう呼んでたのかなぁと
驚いたが、多数派だったようで安心したw

そして7%の方々が「プラモ狂 四郎」派でした^^

ですが、「プラモ狂 四郎」は「プラモ狂 四郎」とのダブルミーニングでもあると書かれてるので、
あながち間違った解釈ではないと思います。
ぼくも説得されたくらいだしw
これからも「プラモ狂 四郎」を貫くのも良し、
なるほど「プラモ 狂四郎」だったのねと転向するも良し!だと思います^^


みなさんはどっちで読んでました?w



*関係ないけど、今アニメ化したら、おっさんたちは毎週かぶりつきで見ると思うけどなぁw
個人的には魔改造後遺症になった四郎を、
ストリームベースの方々が暗闇の部屋に閉じ込めて、
「手の感覚だけで作るんだ!」みたいな特訓させてたのが面白かったw
「手の感覚以前に説明書が読めないやんww」とか、当時のぼくでさえツッコんだ記憶がwww




プラモ狂四郎5

当初はマスターも苦労したんだなぁとしか思わなかったが、

今読むと、早い!実に早いよ!w
3年て。
1982年から35年経った今でも、まだ叶えられてないよ!w
マスター、一体何者なんだ・・・?w

プラモ狂四郎6

そしてストリームベースの娘さんたちも出てたのねw
実際の名人たちのご息女、いや三代目だからお孫さんか!
ストリームベースが世襲制だったことにも驚くwww
どうりで実際のストリームベースに二代目が出てこないわけだw


こんな事書いてると読みたくてたまらん!!w


スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2017/05/12 12:30] | マンガの話 | トラックバック(0) | コメント(16) | page top
<<模型は天下の廻りもの^^ | ホーム | ガンダムフレーム関節問題と向き合う。(ガンダムヴィダールその4)>>
コメント
狂四郎と呼んでたけどどっちでもいいんじゃねーかな
マスター、ラーメン屋ばりに安定の腕組み野郎だが、生まれる時代を間違えた感
今ならネトゲにできて課金でうっはうはだったかもな
模型屋やってる場合じゃねぇ!みたいな
[2017/05/12 13:07] URL | てかと #- [ 編集 ] | page top
どーも、kohi123です。

かさばる兄さんのTwitterでコレが廻ってきたときに 「えっ、プラモの狂四郎君じゃないの?」と、目から鱗でした。

私達世代には「コミックボンボン」の「プラモ狂四郎」はバイブルでしたから毎月楽しみに購読してました。
でも、コロコロの「プラコン大作」も捨てがたいですよね…。

あんなに熱中して読んでた「プラモ狂四郎」ですが、何故かラストを
覚えてないんですよね~。
いい思い出で深く詮索しないほうがいいかな?…。
[2017/05/12 16:35] URL | kohi123 #- [ 編集 ] | page top
てかとさん、こんばんは!

そうそう本文中にもあるようにダブルミーイングなので、ぼくもそう結論づけてます〜^^

確かにw
というかこれほどのものを作ってて、
商売につなげられないあたり、
天才ではあるものの、商才はなかった模様?w

[2017/05/12 20:25] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
KOHI123さん、こんばんは!

ぼくもこの解釈、相当驚いたよw
本当に毎月楽しかったですよね!

プラコン大作・・・あれ?浮かんでこない?
ザクの座ったジオラマを回転させると裏側にもう一個ドラマが・・・みたいなのだっけ?

ラスト近くまでは思いだせるんですが・・・思い出さないほうがいい予感がしていますwww
[2017/05/12 20:28] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
こんばんは!

「プラモ狂 四郎」か「プラモ 狂四郎」なのか今迄考えた事も無かったですが僕は「狂四郎」でしたm(__)m

確かにどちらの説も説得力があり、どちらも信じてしまいます(;^_^A

ストリームベースの世襲制、、、全部読んでたはずなのに全然覚えてないです(笑)

あ~僕も読みたくなってきちゃいましたよ~~(笑)
[2017/05/13 00:00] URL | 14roe #- [ 編集 ] | page top
こんにちは~!

自分は「プラモ 狂四郎」で認識してましたぁ~
けどプラモデルから一時離れた中学時代の作品なんで、
ほとんど読んで無いという・・・(汗)

本当にアニメ化しないかなぁ!?
深夜帯での放送でも録画して見るんだけどなぁ~!(笑)
では、また~
[2017/05/13 14:01] URL | テツ(8641FS) #- [ 編集 ] | page top
かさばる兄さん、こんばんは!

自分も狂四郎で認識してましたが、四郎説も説得力ありますね。でもマーキングに狂四郎とあるところから、あれはあだ名みたいなモンなんでしょうかねぇ?ぷらもぐるいしろう、は無いな(笑)ボンボンは途中で買うの止めましたので狂四郎の最終回は知りません。知らんままにしといた方がええかな(笑)
[2017/05/13 18:09] URL | かめしん #- [ 編集 ] | page top
14roeさん、こんばんは!

ぼくも言われるまで、そんな解釈には気づきませんでしたよw
なまじ説得力があって見事に説き伏せられちゃったww

ストリームベースの皆さんはお孫さんまでいるのかなぁ?w
特にあの感じだと高橋さんが国際結婚でもしてる感じなのだが果たして?ww

[2017/05/14 23:03] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
テツさん、こんばんは!

あわや少数派?とも思ったのですが、
結局「プラモ 狂四郎」で合ってるようでよかったw
いま見ても多分楽しめると思いますよ〜w
子どもをプラモに洗脳するのに役に立つかも?(コラコラコラw

アニメ化は本当に期待しちゃいますよね!^^


*そういや、ビンディングの話の番外編をここに書いちゃいますが、
ぼくもSPDはマウンテンとBD-1用に持ってて、
ボウリングシューズみたいなゴッツイ銀色の奴と、
あとSHIMANO純正の「サンダル」タイプのSPDも持ってますw

小径は逆に乗降が多いので、あまり使わなくなりましたがw
あと、Keenだっけかな、スポーツサンダルで有名なメーカーがあるんですが、
そこのサンダルもSPD対応のものが売ってますね^^

ロードの方は・・・SPEEDPLAYを使ってます。
一応クリートカバーつけりゃ歩けるけど、ちょっと付け外しが硬いですね。
あと固定ネジがロック用のチョボはあるけど、短いので
歩くとかなりの確率でネジが1~2本行方不明になったりします〜w

[2017/05/14 23:11] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
かめしんさん、こんばんは!

なかなかおもしろい説でしたw
まぁ二つ名みたいなもんですよね^^

途中の「もうプラモじゃないじゃん!」とつっこみつつも、
模型秘伝帳の話とか、バイオチップをかけて闘う全日本選手権的なのとかは熱かったw

最後の話は・・・明らかに失速感があったなぁw

最初の頃は、ゲルググが半回転したら腰が外れるとか、
シャアザクの足首が曲がらないとか、プラモの弱点を突いてるのが面白かったけど、
最近のはあんましそういう弱点ないよねw

GBFも「上手く作ったら強い」と、よくわからない感じですしw
やりにくいんだろうなぁwとか思ったりしますw

あ、3年目突入おめでとうございますっ^^
[2017/05/14 23:17] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
ラオです🗻

かさ兄さん、こんばんは〜♪

お久しぶりです👍

そして、狂四郎ネタ!!

懐かしいですねぇ👌
ちなみに自分は「プラモ 狂四郎」派です👍
発音的にはプラモ狂 四郎なニュアンスなこともないわけではないですけども………

[2017/05/15 21:44] URL | ランバ・ラオ #- [ 編集 ] | page top
ランバ・ラオさん、こんばんは!

子どもの頃だからそんなに「眠 狂四郎」のイントネーションが染み付いてるか?と
言われると謎ではありますがw
あと子どもならではというか、
プラモ 狂四郎より
プラモ狂 四郎の方が、間の間隔に取る時間が長くて、
時間がかかるというのもあるかもしれませんw
あの漫画がなかったら、この年まで模型はやってなかっただろーなーと思いますね^^

[2017/05/16 22:27] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
かさ兄さん、こんばんは

疑いなく狂四郎でした(;´Д`A
プラレス三四郎も四郎なのか…

どちらも実現していない21世紀だけども、ガンダムがあって狂四郎があって今があるのは間違いない気はしますね
[2017/05/17 22:33] URL | 豆タンク #- [ 編集 ] | page top
豆タンクさん、こんばんは!

狂四郎ですよねw
なまじ狂が意味的にプラモとくっついて成立してしまうあたりが罪だよなw
プラレス3四郎は、プラレス3で意味が通らないからプラレス3 四郎と呼ぶ人はいないと思いたいw
せがた三 四郎並にねw

まぁ彼の場合はむしろアナグラムですけどw

どちらも実現していないけど、
プラレスの方が速そうですよね!
ロボットによるバトルはすでにあるから、
あとは技術的に正常進化していくのみだと思います^^

ほんと、ガンダムとプラモ狂四郎がなかったら
今頃こんなブログも開設してなかっただろーなーw



[2017/05/18 19:14] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
ご無沙汰です!

自分は実は狂四郎世代ではなくて
その後の「ガンダム野郎」世代だったので
SDガンダムが最初の入門口でした。

いつも、ちょっと上の世代に生まれてれば…
なんて思ってたりしますw


ちょっと前、ガンプラで実際にプラモシミュレーションができる!みたいなやつ
どこかのゲーセンでやってた気がするのは
気のせいだったでしょうか…。



[2017/05/21 11:38] URL | kicksnare #- [ 編集 ] | page top
kicksnareさん、こんばんは!
返信おくれて申し訳ないっ
本当にネット(ブログ関連)から離れてたw

ガンダム野郎も興味あんだよね。
ネカフェで泊まるみたいな、強行軍をかました時にでも
試してみたいなと思ってますw

狂四郎も、機会があれば是非読んで欲しいな^^

あ!
それなんか聴いたことあるなぁ。
AGEのゲイジングバトルとかそんなだっけか?
うーん

(検索中)

おお、当たらずも遠からず!
ゲイジングリンクとか言う名前で、AGEのデバイスと、
体の各所にチップを埋められたAGEの完成品トイを使い、
電気屋とかにある筐体で遊ぶやつかぁ。

AGEがコケすぎて、
子どもがプレイしてるとこ見たことないけど、
ワゴンセールで、めっちゃ見かけた記憶w
タイタスの腕だけとかw

実際やるならプラモの各所に別売りのチップくっつけて、
対戦筐体にセットして遊ぶ感じだろうね。
プラモの出来の良さはGBFTとかと違い、
強さには何の効果も果たさないけど、
発行されるバトルカードの背景に、撮影されて貼り込まれるのはどうだろうか?w
あと、単純にゲームのギャラリーが、そのままプラモのギャラリーになってくれるというねw
そのうち出ないかなぁ^^
[2017/05/23 18:22] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/791-278bb738
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |