エイハブリアクターと肩回り等。(1/100 ガンダムヴィダール その1)
あー、一週間何も書かなかったw

新作発売まであと二週間弱という事態になって、
2つ名持ちのモンスターを狩っていないのに気がつき、
急にモンスタハンターXに没頭し始めたかさばる兄さん。
先週一週間は、夜中3時とかまで狩って、
次の日の夜は寝まくって、
次の日はまた夜中まで狩ってを繰り返し、
ネットを徘徊する時間さえ無く、朝方にちょっと覗き見するのが精一杯でしたw
仕事も休憩時間はすべて睡眠に充てたったw
今週はコメント回りますね!^^

さて、3月に入り、いよいよ模型の事書かないと、
模型サイトだという事を忘れられてしまうので、ここらで一発w
(例によって牛歩ですが)

まずは後でテンションが絶対切れる武器を先に。
1:100ガンダムヴィダール6

スジボリだけなぞってみましたが、やや立体感に欠けるので、
スジボリを段差と解釈して、一段深く、かつ小さく彫り直してみました。


1:100ガンダムヴィダール4
(グリップ右下とかグリップのちょい上とかわかる?)

・・・地味だw

ちなみにこの銃、トリガーがないです。
トリガーガードはあるのになw
で、作ろうとも思ったけど、ここでハタと思ったのよ。
人型の巨大兵器って指でトリガーを引くかなぁ?って。
「パイロットが手元のトリガー、あるいは人差し指を動かすスイッチを押す」
「その動きを受けてMSの人刺し指が動き、銃のトリガーが引き絞られる」
「発射」
・・・時間かかるし、あんだけ連射してたら人差し指だけダンパーが保たない気がする。

むしろ
左手は添えるだけグリップは保持してるだけでさ、
「パイロットがトリガーを引く」
その「発射信号」を銃が直接受けて、発射。
これが正しい気がする。

これだと相手に銃を奪われても、自軍のコードが解析されてない限り、
発射されないというプロテクトにもなるし。

逆にトリガーついてるタイプは、
どんなMSでも使える事が売りになってるケースなのかもね。
あるいはUC戦史でのガンダムみたいにミノフスキー粒子が存在しててさ。
それが濃すぎて、信号を受諾できないとか?
(グリップと手の平を介した有線でもいい気がするけどね)
実際のMSの設定では、このへんどうなってるんでしょうね?

・・・話が大いにそれた(いつもの事とも言う)

お次は、上半身、とりわけ胸部下からは、
エイハブリアクターと呼ばれる、フィン上のものがぐるぐると回転しそうなモールドで彫ってあるのが、
チラ見えするのですが、(一番下の写真参照)
どうにも高出力を捻出しそうな、画的な演出が足りないと判断。

1:100ガンダムヴィダール5

ギザギザのフライホイールにしてみました。
接着剤が強固に乾燥してから、もうちょい成形するけど。
脇の下のサイド下半分のVの字の装甲は、胸部装甲よりでかいバルバトスと違って、
肩側に装甲くっつけておく必要がなく、むしろ可動の阻害にしかならないので、
1/144みたく脇側に移植。
バルバトスフレームを使わされているゆえの、
デザインとの整合性に無理が生じてる部分ですな。
そのままだと腕を組むような動きをさせようとすると、
胸部にまずVの字が当たって、
こないだのスタイリッシュ二丁拳銃どころじゃありませんw

あと、以前書いたように引き出し式関節を埋め込んであるので、
写真のように、少しだけ肩を後ろ方向に反らせる事ができます。
これだけでも相当立ち姿がかっこ良くなると思います。

そして、かなり前から修正してある肩。

1:100ガンダムヴィダール8

ボックスアートではこうなってて、多分これが肩アーマー正位置。
でもさ、肩アーマーというからには、どこかを攻撃から守りたいわけだけど、
それがどこか?というと、このモロ見えしている丸い肩関節だと思うのよね。
何もない空間を守ってる肩アーマーというのが、個人的にはどうにも受け入れることが出来ない^^;

じゃ、隠してみよう。

1:100ガンダムヴィダール7

肩アーマー基部は向かって左側のフレームを見ていただければわかると思うんだけど、
上に上がりながら中央へ寄せ、下に下りながら外側に開いてゆく作りなので、
肩関節をカバードすると、こんな風に胴部から強烈に距離が開いてしまう。

1:100ガンダムヴィダール9

そこで、その中間を妥協ポイントとして設定し、
2mmを縦横に拡幅することによって、2mm外側に出しても肩にピッタリと寄り添い、
アーマーを持ち上げても半分くらい関節をカバードするようにやってみましたがどうでしょうか?

完全に隠れるまで外側(写真下から二枚目)におろした状態で、
横方向肩側だけ4~5mm延長するというのも手ですが、
今度は肩アーマーの縦横比が横に勝ちすぎて、どうにも見映えがよろしくない。

縦横、それぞれに「延長工作によるデザイン的負担」を散らすことによって、
肩アーマーの縦横比も良い方向に向かったと個人的には思いますね^^


それにしても、ヴィダールがやられるところは確かに見たくはなかったのですが、
あっという間に退場(艤装を外される)とは!
キマリスヴィダールも好きですけどね^^

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2017/03/06 10:00] | 1/100 ガンダムヴィダール | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
<<ゴッドハンド 精密彫刻刀 平刀 レビュー | ホーム | かさばる兄さんの徒然。(2/24)>>
コメント
こんばんは!

モンハンは「1」で肉焼きも満足に出来ず2匹の青い(ラプター?)のに翻弄され初期装備のまま挫折しました(笑)
モンハンが上手い人!ホント尊敬しますよ(^^♪

ライフルのグリップ一団段差げ加工、こういった加工大好きです(^-^)

何で見たのかは覚えていないのですが(ガンダム系でした)掌にコネクタが生えてましてライフルのグリップにもその反対の形状のコネクタがついてた絵を見た事あります。サーベルも場所を合わせてじゃないと使えないのかな?と当時思いました(丸い柄のだと無理なのでは?とも(笑)

脇のギザギザモールド!!これめちゃめちゃ格好良いですヽ(^o^)丿
また俯瞰でチラ見えとかすると格好良さそう~

肩アーマー、正位置では中に何もない状態なのですか?何もないのは確かに頂けないですね(・_・;)
関節むき出しに僕では大きな事は言えませんが(笑)改修後の肩は高さも隙間の具合もかなり、かさばる兄さんの仰る事が成立されていると思います!
メカのギッシリ感が強調されていて格好良いです!(^^♪
[2017/03/07 23:17] URL | 14roe #- [ 編集 ] | page top
14roeさん、こんばんは!

モンハン難しいですよねw
ぼくも始め、振り下ろすのも納刀するのも遅って思い、
さらに振り下ろした縦軸の当たり判定が結構シビアで、
雑魚に殺されりゅううううう!wって喚いたものですw
あのゲームは一緒にプレイしてくれる友人がいるかどうかにかかてると思いますw
Skypeで通話を繋ぎ、wi-fiで、ゲームを繋いで友人とわいわい言いながらやってます^^

最近、ノミを買いまして、こういう加工も可能になりました^^
地味だけどいいよねw
以前なら、あの段落ち分をデザインナイフで切り取り、
落としたい段差分、厚みを減らしたプラ板を差し込む羽目になってましたw
ノミって素晴らしいw

ぼくもそれ、1機種だけ記憶があります^^
多分、ガンダムSEED ASTRAYのレッドフレーム(青、金、等含む)だと思います。
ビームサーベルも「威力がありすぎる」
(主人公のロウ・ギュールはジャンク屋で、殺傷、破壊が目的ではないから)のと、
エネルギーがバカ食いするので、
実体剣ガーベラストレート(菊一文字)の技術を継承、復活させて使ってるとかだっけな。
MSに日本刀持たせるのはなんだかなーって思うけど、コイツだけはその経緯が語られてて面白いので好き^^
ちなみに、途中で二刀流になってて、もう一本は虎徹(タイガーピアス)だったりしますw
直訳感が正統派はファンタジーしてて好きw

胸のフィンは、真ん中にパーティングラインががっつり入ってまして。
セラブレードで処理は出来ないこともないんですが、
軟質プラでフィンの厚みをシャープにすることが難しく、
プラ板貼るだけというのもなぁ・・・と考えてたところに、アイディアが降りてきました!w
かっこよさげに見えてくれてるなら嬉しいです^^

写真の通りで、丸い関節の上には何もないんですよね。
関節をカバーしない事で、
「肩アーマーを立てたまま、腕を前にすることができる」事くらいしかメリットがないです。
実際半分カバーすることによって、アーマー下部に当たって、腕の前への動きは制限されますが、
可動の時だけ、肩アーマーを上に逃してやればOK。
またクランク状に繋がった胴体と繋がった肩軸自体はフリーで前に動くしね^^(肩アーマーごと)

[2017/03/08 19:15] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
かさばる兄さん、こんばんは!

ライフルのトリガーの件、個人的には無いとちょっと寂しいかなぁ。撃たない時は人差し指を真っ直ぐにしとくとか、ゲルググは2本指とかちょっとした表現が無くなっちゃいそうです。トリガー引いてる時(引きっぱなし)はセーフティロックが解除されていつでもパイロットのボタン一発で発射、みたいなのはダメですかねぇ?

ヴィタールの工作、楽しそうですね!兄さんは色々設定を考えて加工されますので、説得力があって羨ましいです!エイハブリアクターの表現、いつかパクります(笑)ちなみにエイハブリアクターの画像は、なんかバタリアンの映画を思い出しました(笑)腰の延長無しでどこまでカッチョ良くされるのか、楽しみです!!
[2017/03/08 20:25] URL | かめしん #- [ 編集 ] | page top
かさばる兄さん、こんばんは!

組説通りに作ると武器が最後になって、なんかちょっとテキトーになってしまうというのはすごくわかりますw 個人的に、ヒーローロボじゃなくて兵器的なモビルスーツならある程度のパーツ数がある武器は(νガンダムみたいに)機体色で塗り分けてる方が好きなのですけど、黒に近いフレーム色でバーっと1色で塗って完成!なんてことが多かったりします。割と細かいディティールがあって目を引く部分だったりするので先に作ってしまうというのは良いかもですね。

手持ち武器のトリガーですが(公式設定ではないですが)昔アニメックだったかで、ビーム砲の場合は手のひらのコネクタからグリップのコネクタにエネルギー(電力)を供給するっぽい解説を読んだ覚えがあるので発射信号も同じ経路で送れる気はします。炸薬等を使った通常弾の武器だと、たいていのモビルスーツでトリガーを引くだけで発射してしまえる気もします。味方機に融通する場合には簡便で、無理やり奪われるような場合は自動でセイフティがかかって友軍機でしか解除できないとか?・・・ユニコーンの劇中でビーム砲を奪われて別のモビルスーツが撃つシーンもあったと思うのでよくわかりませんが。

エイハブリアクターは、昨年4月号のモデグラの脱ビギナー特集のバルバトスでは台形に切ったプラ板を貼ってましたが、今回のかさ兄のは交互に平行四辺形のを貼っているのでしょうか。理屈はわかりませんがとにかくパワフルに見えるのがいいですね。

ではまた!
[2017/03/08 22:35] URL | イヴュマー #UzUN//t6 [ 編集 ] | page top
かめしんさん、こんばんは!

ゲルググは2本指なつかしい!w
なるほど、「MSが銃を握ってトリガーを引く」のがセーフティその1で
「発射信号を送る」のがセーフティその2という、
「ダブルセーフティロック」というわけですね!

確かにこれなら、整備工場とかでMSのパネルやボタンを拭き掃除してる時に、
うかつに発射ボタンを押してしまっても、
工場が火の海にならないでいいかも!w
これ、マジでMS、の設定としては正解なんじゃない?


あれから、このトリガーガードの事も考えたのですが、
ひょっとして、これはガードではなく、
「持ち手」なんじゃないかな?という気がしてます。
ガンダムMK-IIの銃みたいに、上に持ち手を付けたいのですが、
でかい光学センサーがあるので、
下側に持ち手を付けた?みたいな。
トリガーが無いのだから、トリガーガードじゃないと考えれば、
妙にしっくり来ていますw

鉄血の世界ではトリガーが無いが正解なのかなぁ?(他のMS買ってないから知らないけど)

でもUC世紀のガンダム世界では、
かめしんさんのおっしゃる設定が、正解だと思います^^
整備員も安心だしねw

[2017/03/09 18:59] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
イヴュマーさん、こんばんは!

本当にそうですよね。
もうBANDAIさんも、真っ先に武器作るように指示して欲しいくらいだw
最後の最後にフィン・ファンネル6枚とか、考えるだけでも嫌だ(作ったことないけど)

確かに、ストフリとかも採用している、
銃の装甲に、一部本体色を使ってるのは洒落てますよね^^

ああ!そうか!
銃はなにも、エネルギー弾だけじゃなく、
実弾兵器もあるんだから(どうせもいいけど実弾平気って候補に出て、ひとりでウケたw)
実際にスライドしたりする構造を持つ場合、トリガーで押しこむ方がいい気がしますね^^

ユニコーンでは、
ネオ・ジオンのガトリングガンをユニコーンガンダムが使えた事に対して、
「人間って分かり合えないくせに、こういう部分は共通してたりする」的な話が、
劇中であった記憶ですが(うろおぼえ)
あれは、敵も味方もアナハイムエレクトロニクスがMSとその武器を供給しているという、
異常事態なんで、例外と思いたいw

ああ、その台形なんか憶えてる!
何が発祥だったのかと忘れてたんですがBGでしたか!w
あの号買っておけば良かったかなぁ^^

理屈はわかりませんが<まさにこれw
画的な演出の追加という目的なので、本当に我ながら意味不明ではありますw

もともとヤマトの波動エンジンの発射シークエンスで、
波動エンジンのギザギザが回るとこをイメージして、
ただの斜めに貼りこむ予定でしたが、
削岩機(検索しても見つけられなかったので曖昧)とか、
タイヤパターンでこういうのがあって、
いつかどこかで使いたいなと思ってたのを思い出したんですよw

あと、この工作をするにあたっては、
中心線にしたがって貼りこむのが肝要なんですが、
中心にパーティングラインが存在していて、
この工作をすることによって、むしろ消さなくて済むという、
利便性をも合致させた結果とも言えます(バラしちゃったwww)

ちなみに、ぐるりと46枚貼りこんでるんですが、
ちっさすぎて部品が飛んだりするので、
予備も合わせて60枚ほど、切っては小口にヤスリを当ててと、
地味に面倒臭い工作ではありますw

[2017/03/09 19:30] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/03/09 23:17] | # [ 編集 ] | page top
秘コメさま、こんにちは!

なんというか、この記事のような話って、
「同じくらいどっぷりと」模型にハマってる友人が身近にいない限りは、
誰とも語れないんですよね。

ですが、ネットの世界では「この指止まれ」なので、
自分の模型観を書き散らして、「合う人」がいれば、かまってもらえるわけで。
これは素晴らしい事だと思いますね^^

ある程度、技術が上がってくると、
書くことが無くなってくるわけですが、
こんな感じで、デザインや設定とかも楽しみながら
あーだのこーだの言いながら作るのもいいんじゃないの?という提示ということで^^

自分たちなりに模型をいろんな方向から楽しんで、
その上で、面白い事だと感じてもらえてるならありがたい事です^^
[2017/03/11 17:29] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/752-55be7ab1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |