オーラコンバーターを欲張る。(1/48ビランビーその10)
さぁ、新しい一週間ですなw

さて気が重いですが、例のカウント行ってみましょうw
15日と4時間れーす!

工程数は12/34です。
分母が減ったのは盾を考えてたのですが。さすがに諦めたw
無理だーw


さて。
今一番「1工程」のカロリーが重いのが、
このオーラコンバーター。その次が塗装かな。
塗装の方は、まず一回全体に溶きパテと短く切った筆でぽんぽんしたとこ。
二回目、三回目が待っております^^;

で、そのコンバーター。途中ですが・・・w

まずコンバーター天面。
ここは本来ただの板で、間が持たない感じ。
オーラバトラーの生体的デザインと、工業的デザインがかなり唐突にぶつかっている箇所でもあります。
またあの広面積、三次元曲面でX軸、Y軸にラウンドしてるのをあれだけ綺麗に作れるとなると、
バイストン・ウェルの鍛冶屋はかなりの彫金技術があるという事になりますが、
それもどーかなーと。

やることは決まってたんだけど、ずっとデザインが確定しなかったのですが、
ここに来て急に思いついたのがコレ。

ビランビー48

エポパテを薄く拡げて、同じ大きさに切って

ビランビー49

それをインターロッキングのように並べてゆきます。
ふにゃふにゃしてて曲がるので、一個一個、取り付けてはスパチュラで長方形に成形します。
さらにスパチュラで表面を一個づつ抑えてボコボコに。

デザインパターンは、15年くらい前の寺田克也先生のイラスト。
確か「大猿王」かなんかだっけかな。鎧の面に施されたパターンで、記憶を頼りに並べてます。
設定的には強獣の甲殻を長方形に切り分けて貼りこんでるということになります^^

ビランビー50

次にセンターには鱗を並べて「スケイルメイル」とします。
その並べ方も、本物のスケイルメイルのパターンをちゃんと調べて踏襲しており、
中央が左右を抑えると、次は左右が中央を抑えるように並べてます。
なんとなく「ノリ」で並べるのもいいですが、
本物があるならせっかくネットがつながってるので、
なるべく調べてやれば説得力も増すと思ってます^^

images (41)

デザインとしては、これをセンターに持ってくることで、
聖戦士の兜の口元のパターンを踏襲しています^^
(その世界にデザインをなじませる為)

ビランビー51
さらに工作途中ですが。
ちょっと軸ずれてる時の写真しか転送してなかったんだけど、(修正済み)
このコンバーター前半部が、

ビランビー52

がばっと開きますw

これは、このビランディの必殺技「ブッコミ愚連剣!」の発動の為のものw
まだ組んでないですが、外に開いた部分には追加のオーラブースター的な推進力を持ったものを。

さらに横に前半部が移動したことによって、真ん中にはインテークが発生し、
これまで負圧でコンバーターの裏側から取り込んでいた大気中のオーラ力を、
(インテークないから勝手にオラ解釈ね)
早く飛べば飛ぶほど、大量に前から大気中のオーラ力が入ってくるように。
ここで、風はそのまま後ろに噴出し、
得たオーラ力は文字通りコンバートしながら前半部サイドのオーラブースターに回されるという仕組みです。

ただし、コンバート(変換能力)を大きく超えた入力なので30秒しか使えない。
緊急脱出か、ハガネ=テツのように突進技に使う事になる。

この前半部には、威圧の為、後半部とは違った装甲が施される予定です^^


あとはコンバーターの裏側と、前半部の装甲張り込み。
これだけ手間食っても工程は1減ってないというねw
ぐはーw


ビランビー53

次回あたりはコレになりそうです^^

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2016/10/17 20:00] | 1/48 ビランビー | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
<<バーニアとコンバーターと羽根(BGM:部屋とYシャツと私)(1/48ビランビーその11) | ホーム | オーラバトラー風、甲殻塗装を攻略!(1/48ビランビーその9)>>
コメント
こんばんは。
実物はどうやって作ったか?という考察込みの造形なのがすごいです。戦域から緊急脱出するための機構との設定は、レイズナーのSPTのV-MAXも本来はそうだったと聞くので、それを攻撃手段に転用するシチュエーションを想像すると燃えます。同時にインテークが開くのは、OVA戦闘妖精雪風のメイヴ雪風の背面に追加されたラムエアインテークぽくて、とにかくすごい速くなりそうです。兜の口元の鱗模様は声を通したり呼吸したりする感じなので、その意匠を踏襲した中央部は鱗の立て加減で通過する空気の流量を制御することができそうな印象も受けました。
個人的にはオーラバトラーに関して失念してる設定が多いので、先日の背面の髑髏も公式のデザイナーの裏設定とかから引っ張ってきた造形だろうかとしばらく思い込んでいました…かさばる兄さんの独創と明かされて更にびっくりでしたが。ではまた。
[2016/10/17 23:01] URL | イヴュマー #UzUN//t6 [ 編集 ] | page top
こんばんは~

コレかなり気持ち悪い系ですよね~!(笑)
でもバイストンウェル感ハンパ無いっす!!
コンバーター開くのも生物的だし、
次回の(多分)翅の造形!!

楽しみに待ってます!!
[2016/10/18 20:30] URL | テツ(8641FS) #- [ 編集 ] | page top
イヴュマーさん、こんばんは!

こないだ、コンバーターの延長工作した時に、
「二軸にラウンドしてるの難しい」と感じて、それが違和感として引っかかってたんですよね。
そんで、バイストン・ウェルの冶金技術の範疇じゃねーなーと、行き着きましたw

逆に言うと、こんな古いキットで3次元曲面再現してるというのには頭が下がりますね^^
CADも無い時代に^^

レイズナーのV-MAXって本来そういうものだったんですね!
そうそう、脱出用という、ややネガティブな装備を、
実践でのアドリヴで突進攻撃兵装としてポジティブに転用し、
「バ、バカな!逆に突進に使うだと?!」
みたいなの、同じく好きなシチュですw

鱗が、細かく動いて流れを制御しているって設定いいですね!
デザインに息を吹き込まれた感じです^^

こういうデザインと設定が、まさかというポイントで邂逅を果たした時、
すんげーカッコイイシチュが生まれるんだよなw

ほんとプラモを楽しんでるでしょ?w

ドクロは恐ろしくオリジナルですねw
これでなんとか会場で「ドクロビランビー」とかアダ名ででも記憶に残ればなーとか思ってます^^

面白い設定ありがとね!
[2016/10/18 21:46] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
テツさん、こんばんは!

わはは、生物的にボコボコにしたったw
この方が塗装が楽しいはずなので^^

コンバーターが左右に開くのは、実は一番初めに思いついたアイデアで、
かなり初期から、前半部を切り取っておりましたw
すり合わせが地獄でさぁ...orz

羽根もひとひねりしてます!
ああ、そうなるわな、いや、これしかない!って感じてもらえると思ってますw
ご期待アレw

[2016/10/18 21:49] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
こんばんは!

コンバーター、、確かに王蟲のように巨大な生物ばかりとは限りませんし形も違ってくるはずなので全てのコンバーターが一枚もので製作されるという
事は無い!になってくるんですね?^^

僕もラムエアダクトみたいでカッコイイなと思いました^^
(使用時間制限も燃えますね!)
いろいろな素材のハイブリッドはオーラバトラーにはうってつけですね!(そう言えばこのスケイルメイルのパターンが使われてるABって見た事ないような気が、、)^^

「大猿王」僕も持ってます。デザインカッコいいですよね(笑)
[2016/10/18 23:34] URL | 14roe #- [ 編集 ] | page top
こんにちは(^^)/

昨夜はメールありがとうございましたぁぁヽ(^。^)ノ

面白いアイデアですねぇ(^^)
粘土系に目覚めたら、工作の幅が広がりますよね!
プラ(硬質な物)のディテアップなんかにパテを使うと、材質感なんかが変わってしっくりこない時とかがありますが、こうやって無機物と有機物の混合だと逆にもの凄く効果的に表現出来るって言う良い見本かも!
やっぱ、、引き出しを多いって、ソレだけでアドバンテージだなぁぁ!

バインダーの側面にまで綺麗に織り込んでるので、より有機的要素が増してるように見えますね!
センターのは「スケイルメイル」って言うの??!!
ホント、、、物知りねぇぇ(;´∀`)カンシンスルワ
しかも、、、模様まで超細かい!!

分子が12で残り日数が15、、、、
間に合うな、、、、(≧◇≦)ナニゴトモナケレバ、、、
[2016/10/19 14:03] URL | とみさぶろう #Cv2s2L.A [ 編集 ] | page top
かさばる兄さん、こんにちは。

オーラコンバーターもいよいよネタ投入ですね!そういえばコンバーターが開いたりする作品は見た覚えが無いんで新鮮に感じながらも、全体的な雰囲気、クロスしたモールド、編み編みな感じ、色合い、どっかで見たような・・・

あぁ、猫ちぐらかぁ〜←違うわ!!
[2016/10/19 17:13] URL | かめしん #- [ 編集 ] | page top
14oreさん、こんばんは!

そうそう、本来かなり直線的なので、おそらくは金属でできてるとは思うのですが、
仮に甲殻からの削り出しにしても、やはり一枚物は難しいと思うんですよね^^

ちょっと見たことがない機構を仕込もうと思ってw
だいたい強そうな武器や機構を仕込んだ時は、意図的に弱点や欠点も仕込むようにしてます。
欠点がないなら、本編で採用されているはずだし、

あまりに最強すぎると
「ぼくのかんがえたさいきょうのおーらばとらー」になって、
興味を持ってもらえなくなると考えてますw

あと、オリジナル設定で、本編の主人公より強いのもタブーと思ってますw

コンバーターはかなりデザインがぶつかり合う場所ですが、
色としてはセンターだけ近似色で塗り分けるかもですが、
あとは、表、裏とツートンです。
「ガチャガチャしすぎた時は単色で情報量を締めあげてやる」事もアリという事で^^

大猿王懐かしいですよね。
そしてかっこいい!

寺田克也はインタビューの中で、
「アクリルガッシュの希釈を理解してから世界が拡がった」と何度も話してて、
そん時は「へー」くらいにしか思ってなかったけど、
まさか15年以上も後になって、しかもプラモに使うことになるとは思ってませんでしたw


[2016/10/19 19:40] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
とみさぶろうさん、こんばんは!

こちらこそ不躾なメールに、おおらかな対応を頂きましてありがとうございますw
最後のメールは褒めすぎw

粘土、パテ工作に、小指一本ひっかけただけで、
本当に試行錯誤しながらの工作ですが楽しいですね!
もうなにもかもこれでやりたいくらいの錯覚に襲われますが、
やはり適材適所ですね。プラ板の持つ精度感にはその良さをますます感じます^^

側面への折込は、内側には完全なパターンで。
外側には、折りながら、縦方向にも面が折れてるので、パターンを保持できず、
ある程度アドリブで埋めてます^^;

スケイルメイルは、ドラクエでいうところの「うろこのよろい」となります。
うろこ状に成形した板を織り合わせて作った鎧で、
通気性もいいと思われw
ぼくが着たら贅肉挟みそうで怖いけどw

今日で分子が10、日数が13日と4時間どす。
本体はいよいよ角が付いて、膝のドクロの完成しております〜^^

今宵はコンバーターの裏面と戦います!(いいデザインが浮かんだ!)


[2016/10/19 19:48] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
かめしんさん、こんばんは!

そうそう、ねこちぐら・・・って違うわああああw(ノリツッコミ)
裏側にデザインアクセントが集中しすぎてるので、
前面からも、このブースター機構と膝のドクロで視線を稼ぎたいと思いますw
開いた外側の裏面にブースターがあるのを見れば、ひと目で「ああ!なるほど」と
かなり雄弁な機構になると信じておりますw


[2016/10/19 19:52] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/712-709213e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |