ビランビー脳内設定!(1/48ビランビーその5)
さて。
更新できるほど、進んでないし
本来、完成してからのいつもの脳内設定を、先行で公開しちゃいます^^
お暇な方は是非、おつきあいくださいなw

今回のビランビーは、正確には、ぼくのオリジナル妄想騎体で
「ビランディ」といいます。
わざわざビランビーから言い換えたその設定は・・・?


<騎体解説>
オーラバトラー ビランディ
AB-VIRUN-D-2


そもそもはバイストンウェルに召喚されたロボット工学の俊英、
ショット=ウエポンと技術者ゼット=ライトによる次世代機の開発計画の機体である。


それまでのオーラバトラー(以下AB)は駆動するために最低限必要なオーラ力が高く、
コモン(バイストンウェル)人で駆動にこぎつける人物は少ない。
また、ABの性能を上げれば、必要オーラ力もまた上がってしまうため、
うかつに高性能機を開発できないという天井にもぶつかっていた。

そこでショット=ウエポンはオーラ力を増幅してやって、
コモン人でも乗りこなせ、
かつ高性能なABの開発に着手したのだった。
それこそがプロジェクト=ビランである。



ビラン-A (ビランナー)
Aはアーキテクチャ(設計、様式)の意。
プロトタイプ。

ビラン-B (ビランビー)
Bはベータ版。(試用版)
先行量産型。

ビラン-C (ビランシィ)
Cはカスタム。

ビラン-D (ビランディ)
Dはダブル(複座型)
複数の人間によるオーラ力の合力によって、
オーラシップを稼働できるのはすでに周知の事実だったが、
オーラバトラーにそのシステムを応用しようという野心的な騎体。

だが9メット前後の騎体に、二人の人間を乗せるには大きさが足りなかったし、
また大きくするには、ビラン計画のフレームセットではまかないきれない事案でもあった。

そこで、若干背面を大きくし
(結果的にそれに釣り合うように全体的にフレームのゆるす限りマッシブに造られている)
コックピット背面側に、
オーラロードを開く為に使い潰して衰弱したフェラリオ(妖精)の上位種族、
エ・フェラリオを生命維持装置の中に拘束。
オーラ力を発するだけの存在として積載された。
これによりソフト面、ハード面からのダブル増幅器を獲得し、かなりの高性能を発揮した。

また、C型の苦い経験を元に関節部をなんとか金属で置換して、替えの効くものに。
バイストンウェルの冶金技術では、時間もかかるし、
従来の強獣関節よりもコストが高くついたものの、そのまま量産を続けさせた。
これはABの大量生産による乱獲で、
いずれ強獣たちの数が足りなくなる事を予見した、
ショットなりの次なる一手でもあったのだ。

だが、肝心の性能はというと、
フェラリオの呪いなのか、搭乗者のメンタルに謎の圧力がかかり、
SAN値(正気度)にダメージがいく、搭乗者の精神に危険な騎体と成り果てた。
それでも続けられた13度目のテスト中に、パイロットが発狂。
何処かの森に乗り捨てられる。


数日後、D型の乗り捨てられた地に、オーラロードが開き、
騎体に呼ばれたかのように地上人が召喚される。

召喚されたのは、日本人の暴走族。
チーム「覇威朱豚飢得流」(バイストンウェル)の特攻隊長

「鋼 鉄」(ハガネ=テツ)

ちなみに初代総長の名は迫水。(サコミズ)

「つっぱり」という理解し難い、一種の士道にも似た生き方を自らに課しており、
その意図的に単純化した生き様に、
フェラリオの精神攻撃など効くはずもなかった。

難なく、打ち捨てられたビランディを手に入れ、自分のバイクの代わりの愛機としている。

その後の彼の物語は省くが、先々での活躍で知り合った、
ABの外装の下請け職人に外装のカスタムを依頼。
暴走族らしく、ハッタリの効いた外観へと変化した。
VIRUN-D-2の誕生である。

以降の物語は民明書房

「聖特攻!!ビランディ」(ぶっちぎり!!びらんでぃ)/かさばる兄さん著を買って読んでね!


あと、プロジェクト=ビランの詳細を、
続きを読むを押してもらえれば、読めるようにしてあります。
興味が出た方は是非^^

ぼくのさらなる脳内設定に付き合ってくれた方に贈る、
プロジェクト=ビラン詳細がこちらです!^^



ビラン-A (ビランナー)
Aはアーキテクチャ(設計、様式)の意。
アルファ版の意味でもある。
ダンバインよりも高速型に調律。
バイストンウェルの魔導師とも、
繋がっていたと言われたショットのコネクションが役に立ち、
いきなりオーラ力増幅器が、ほぼ完成に近い形で搭載された。


ビラン-B (ビランビー)
Bはベータ版。(試用版)
先行量産型。これを運用しながら、修正、正式版に移るはずが、
奇跡的にフィッテイングが最高の形で成功し、オーラブースト圧(造語)の調整くらいで、
そのまま終戦まで作りつづけられた。


ビラン-C (ビランシィ)
Cはカスタム。
ビランビーの成功に気を良くしたアの国領主、ドレイク=ルフトからの報奨に、
強獣の希少種を討伐した際に得た甲殻や筋肉などを所望。
個人的にそれらを使って作り上げた超高性能なABがそれである。
その反面、増幅器を持ってしても必要オーラ力はかなり高いものに。

また、オーラマルス(筋肉)が破損した場合、希少種ゆえ「替え」が効かず、
他の強獣の筋肉で修理すると、拒否反応が出たり、
その部分がボトルネックとなって、出力が落ちたりと、
「修理のできない」ABという事がテスト中に判明して最終的に解体。


ビラン-D (ビランディ)
本文参照


ビラン-E (ビランネー)
Eはエコノミー。
地上に出た際、ショットが独断で米国に接触。
米国に兵器関連の部品を調達してもらい、その見返りに供与した、
わざと性能を抑えた「デチューンド・ビランビー」である。
増幅器もはずされている。
関節も従来型に戻し、地上では解析したとしても強獣の材料が手に入らず、
複製、生産が出来ないようには留意している。

当然ではあるが、米国もやはり「型落ち」の部品しか供与していない。
そんなもんだw


ビラン-F 美乱花(ビランファー)
Fはフェラリオ。
単にフェラリオのみによっての駆動は可能か?という実験的騎体。
またフェラリオにABを与えると、何処に与し、何を行うのか?という興味もあったようだ。

外見的特徴はオーラコンバーターが外され、羽根が大型化されている事だろう。
羽根の浮遊感の方がしっくりくるという、フェラリオの意見具申を取り入れた結果である。

コックピットの中は、フェラリオサイズの入力デバイスがあり、
さらにその周りに小さな椅子がいくつも並べられ、複数のフェラリオによって駆動することが可能。
当然のごとく、フェラリオ達はテスト中にショットの元を離反。
美乱花(ビランファ)を持ちだして逃走。
その後、美乱花(ビランファ)が戦史に残るほどの活躍をせず、ショットの耳にも動向は聴こえてこなかった。
おそらく「戦闘カロリー」に対してフェラリオの体力が保たないのではあるまいか?とショットは結論づけている。


ビラン-G (ビランジー)
Gはギトールの略。
この頃のショットは、レプラカーンを私兵専用に開発、
ドレイクにバレてそのまま量産制式採用の機体として献上。
その為、ワンオフの機体に対する警戒心が上がったドレイク。

新型の開発名目では予算が降りず、
あくまで既存のビランビーのパワーアップの可能性についての研究という事で予算を引っ張っている。

一応ドレイクの目もあるので、外観こそ微かにビランビーの様子を残すものの、
フレームセットから健肉まで、すべてが新規のまったく別物。
ビラン計画の外にあるべき強力なワンオフABである。

そのためビランジーとは呼ばれず、単にギトールと呼ばれる。


プロジェクト=ビラン 完了


・・・こんな妄想してました!www
最後まで読んでくれてありがとうございました!


スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2016/09/22 10:00] | 1/48 ビランビー | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
<<腕と背面の工作。いよいよ逸脱しはじめる。(1/48ビランビーその6) | ホーム | 足首リベンジとスパチュラと。(1/48ビランビーその4)>>
コメント
こんばんは(^^)/

凄いっすねぇぇ!!!
いつも感心しますよ!
原作者とか構成作家になれるでしょ!!

そして、、、
「鋼 鉄」が依頼したカスタム外装が、、
例のアレなんですね?
スパチュラが相当手に馴染んできたんじゃ?

それにしても、、、、
ビランジー「ギトール」までのシリーズが設定されましたねぇぇ・・・!( *´艸`)!
物語が出来ちゃってるやん、、、Σ(´∀`;)
[2016/09/22 19:46] URL | とみさぶろう #Cv2s2L.A [ 編集 ] | page top
この後、ビランZをもって終了されるはずの計画だったが、
水面下で更なる開発計画ZZが動き始めていたのである。

スイマセン、悪乗りしましたw

そうであったかのような設定はさすがです!
[2016/09/22 20:22] URL | へな #- [ 編集 ] | page top
ギトールはC型に入るのかな~と思ったら、続き見たらG型まであってビビリました。

それにしても、複座とは想像出来ませんでした。
ダンバインの世界で見かけた事ないですもん。

ひらめきですね~!
[2016/09/22 23:17] URL | SHUCHO #nhNBj/h6 [ 編集 ] | page top
とみさぶろうさん、こんばんは!

うわははは、
本当はBじゃなくてVEEなんだけどねw

ビーがBだとしたら、AやCやDって?
って当てはめていくと、あまりにもピタリとハマったんでw


そうそう、例のアレw
まだあれ歪まないように固めた下地なので、
あの上からもう一回盛るまで公開できんのよね〜
そして、さらにもう一個面白い仕掛けがwww
スパチュラは少しづつ友達になれてるかな?といった感じです^^


ビランビーを系譜に取り込み、やや脱線しがちなシリーズを、
ギトールという実際にデザインのあるオーラバトラーで締める事によって、
世界観はあくまで守ってますよ?というw

コメントみるとまだ誰もきづいてないようですが、
他にもネタが忍ばせてありますw
かなりマニアックですがw


[2016/09/23 22:18] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
へなさん、こんばんは!
Zって長い長い長いwww

次のHなんて、
「びらんっち」でマスコットメカになりかねないしw

ZZとか言われると、
ビランZZが、合体変形しそうw
合体てw

今回文字しかないのに、たくさんの人に最後まで読んで貰えて
嬉しい限りですな^^
楽しんでもらえたようでよかった!

[2016/09/23 22:22] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
SHUCHOさん、こんばんは!

普通はそこに入るよねw
ギトールの名前がSから始まってるとかだったら、
無理やりC型に入れ込んだに違いないwww

コモン人も想像できないでしょうねw
基本的に「空飛ぶ騎士」を作ってるから、
1VS1であるべきとも思ってるだろうしね。
ショットはトムキャットの複座とか見てるから、
二人の方がいいだろ?くらいにしか思ってないと思う。

二人だと片方パイロットとして、片方はオーラ力を出すのと、
火器管制ってことになるだろうけど、
そんなに、撃たないし、飛ばないわなw
地上にでたらナパームくらいの威力に嵩上げされるけどもねw
そういうわけで、あえてフェラリオとの複座と相成りましたw

小説書くなら、主人公がシステムに気づき、
瀕死のフェラリオを故郷へ送っていく話がいいと思ってる。
途中で人間のタンデムに改造して、後ろにはオーラ力を出す役として、
召喚された寺の住職とコンビ組むのはどうだろう?って思ってるw
暴走族と(なまぐさ)坊主って面白くない?w
[2016/09/23 22:31] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
追加で失礼しますw
複座式って聞いて某ガンパレってゲームを思い出しました。
かさ兄さんが仕込んだもう一つのネタというコメに興味心身で、
持てる少ない知識を絞り出して再びコメしましたw
正解を教えていただけるまで眠れません!!
もとい熟睡できませんの間違いでしたw
[2016/09/23 22:53] URL | へな #- [ 編集 ] | page top
へなさん、こんばんは!

わはは、そんなもったいぶるもんでもないので、早々にw

ネタを仕込んであるのは搭乗者の方ですね^^

チームバイストンウェル(感じ省略)の特攻隊長の鋼 鉄くん。

これ、実はモデルがあって、(性格やルックスは違うよ)
L’Arc~en~CielのベーシストのTETSU(テツ)なんだよねw
彼は、ラルクを作る前は「バイストン・ウェル」というバンドを作って活動してて、
(ヲタクなんです、彼w)
後にHydeを勧誘してラルクが生まれてますw

というわけで、バイストンウェルのテツ。
というネタw

これ多分モデラーで気づくの、VOLKSの平井興治さんくらいだなw
(何度かラルクの話を熱く語りあったwww)


ちなみにバイストンウェルの名前を付けた総長さんは、
リーンの翼のサコミズさんの家系。

絶命したサコミズさんがリーンの翼と融合して地上で第三の原爆を止めた時、
自らの家系に「バイストンウェル」の名前を告げたのかもしれない。
「バイストンウェルの名を覚えているものは幸福である。心豊かであろうから」と。
そのわりには暴走族なんて立ち上げちゃってますがw

ぐっすり眠ってくだされwww

[2016/09/23 23:39] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
こんばんは!

この設定は、、凄いですね!本当尊敬します^^
ギトールに繋げて、、完璧ですね!
しかも複座の機体とか!完成披露されるのが楽しみです^^
個人的にビラン-Fも気になります^^;
[2016/09/24 22:50] URL | 14roe #- [ 編集 ] | page top
14oreさん、こんばんは!

わはは、設定好きの14oreさんから見ても大丈夫でしたか!w

例えば同人誌とかで、なんらかのキャラをオリジナルの話に出した時に、
似せる、あるいはなじませるテクに、
「原作のセリフをそのまま組み入れる」というものがあります^^

今回においては、セリフではないものの、
「ビランビーとギトール」がそれにあたります〜

ビランファは、「あえて外す」という技巧的に生まれた機体ですね〜
なので表記も漢字表記だったりします^^

ちなみに、家に転がってる1/48ドラムロも設定だけはざっくり出来てたりしますが、
いつの日になるのやらwww
[2016/09/25 03:33] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/704-5745465c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |