コペンに乗ってコペンを観てきました!(その2)
今年の夏もガリガリくん梨味が出てて一安心。もうこれ抜きじゃいられないw
だが、杏仁豆腐味が復活してくれないのには参った;;復活希望。


いよいよ新型のコペンがダイハツのショールームに並び始めたので
コペンオーナーのかさばる兄さん、早速コペンを観にいってきました!
コペンオーナーからの視点で、新しいコペンを観た感想を(乗りもしないで)語ってみたいと思います。
数回にわけて書きますが購入を検討されている方は、最終回までお読みください。ちょっと信じられない欠陥というか詐欺といってもいいほどの話を伺ってきましたよ。
購入考えてる方は読み終わってから改めてこんな話聴いたのですがと、ディーラーの方と入念に話してみてください。
ぼくはかなりびっくりしましたよ。
では、第2回目よろしくお願いします。



<内観・インテリアなど>

座ってドアを閉めるとほんのわずかだが横方向に(旧コペンと較べると)窮屈を感じた。
数字の事なのか感覚のものなのかはわからない。

インパネはスピードメーターを中心に3連アナログ。旧コペンは奥に大きく円形に掘り込んでセットされていたが新型は平坦に配され、いたってオーソドックスな印象。

ハンドルはダイハツのマークが中央にあしらわれた革巻きでチルト機構付き。
チルト廃止にならなくて良かった^^
ハンドルの左の横骨が右よりやや太く、オーディオコントロールが付く。

エンジンスターターは今時のボタン式に変更。気分的に盛り上がるw

センターパネルは左右に狭く、往年のAZ-1を彷彿とさせる。
狭すぎて中央のエアコン吹き出し口がなんと一箇所しかない。インパクト強いけど嬉しくはないなぁ。
助手席に向けてあげると自分が暑く、自分に向けると自分さえ涼しければいいのねって思われる気がする。
何故、エアコン吹き出し口如きでおもてなしの在り方を問われねばならぬのか。

あとエアコン吹き出し口はマツダロードスターNB(2代目)と共通の丸形だったのが平型に。
これは嬉しい変更。今までドリンクホルダー買う時に選べる種類がわずかしかなくて困ってたからね。

センターパネルは上から、エアコン吹き出し口、ちっこいモノクロ液晶(エアコンの温度等の表示)とエアコンにまつわるボタン、エアコンの温度コントロールを行なうでっかいボリュームコントロール、そして一番下の左右に、バッテリーソケットと旧コペンにもついてた変形中に光る(だった記憶)オープンカーのアイコンのイルミネーションのついた丸いパーツ。

ぶっちゃけほぼエアコンのコントローラーである。
レッグスペース確保の為か、センターパネルを一定の幅にすることを余儀なくされるカーオーディオを除外した結果、意外に配置するものがなく間延びしたんだろうか、エアコンのスイッチがこれでもかと配置されているのである。なんだこれ。

そしてダッシュパネルの中央にのっける形で2DINのオーディオを置くわけだ。
ここで気になるのは、iPhoneやiPadが使えなさそうだということ。
今ではスマホのナビで充分と、車載ナビの売れ行きが落ちているほどスマホナビで走ってるオーナーの方が多いわけなんですが、
この配置だと、ダッシュボード中央にオーディオ置くから高さが、メーターパネルのフードよりもやや高いくらいになるわけですね。
その上に、iPhoneやiPadを置くと運転席から特に左斜め前が見えず、すれ違いや幅寄せが難しく、実際的ではないと思われます。
オーディオの左横に取り付けたいところですが、そうなるとエアバッグの作動を阻害することになるし、むりやり取り付けたとしても、視線の移動量が多くて危険。またiPhoneくらいの画面の大きさでは、離れすぎてナビなどわからないでしょう。
ホンダFitなどのように、今更バッテリーソケットの横とかにAUX-INのジャックがないのもiPhone使うにはマイナスポイント。
つまりナビを使いたければ、車載ナビを購入しなければならないという事を念頭においておいた方がいいと思います。
あとオーディオといえばスピーカーなんですが、Aピラーの上の方にツィーターが埋めれるスペースを始めから用意してくれています。これはありがたい。


シートはファブリックでブラックとベージュの2種類。インパネも焦げ茶と黒の2種類。
以前の販売形式を睨むと、いずれアニバーサリーとかアルティメットとか出てきて、革シートも選べるようになると思う。革じゃなきゃイヤンなボンテージフェチの方は待ちだ。
後方についたシートベルトガイドは大きく、使ったわけではないがはずれにくい印象。
旧型は何故かすぐはずれて困る。前述のNBのパーツに換える人も多いという。高いから換えてないけど;;

同じく後方のひっくり返った時に首が折れないように支持するバーがUの字に曲げたクローム処理したパイプから樹脂カバーされたものに変更。この車のデザインには合っていると思います。

電動ミラー、ウインドウロックのコントローラーは以前と違い、ドア側エアコン吹き出し口の下に「段差を設けて」奥に配置。これはいい仕事です。
旧型はエアコン吹き出し口にドリンクホルダーを付けて飲み物を置くと、すぐ下にボタンがあるせいで、飲み物の重さでスイッチを押してしまって、ウインドウが開かなかったりしたのでこの改善は本当にありがたい。

ドアの内側はBMWZ4とか意識したようなモダンなデザイン。だがヘアラインの入ったアルミとかで演出されていればよかったのだが、プラに塗装されたシルバーが哀しいほど安っぽい。
フェアレディZの時も同じ事思ったな。


リアトランクは変形のためにこの部分には荷物置かないでねっていうラインから荷物置けますよってラインまでがあきらかに広くなったっぽい。これはいい改善。オープン状態で展示されていたので、以前からの欠点であるリアトランク内に照明がない部分が改善されているかは謎だ。

<走行性能など>
エンジンが4気筒から3気筒に変更。MAXパワー変わらず。
Xメンバーで補強したボディなどいろいろあると思うが、試乗車がまだ無く、乗れなかったので割愛。
さすがにここは想像で書くわけにはいかない。
トランスミッションはAT(CVT)だと7速!ぼくも使ってるMTは5速のまま。
高速道路用のエコノミーバンドとして6速が必要な車だと常々考えていただけに残念だ。
ひょっとしたらギアレシオで改善されてるのかもしれないが。

<内観、メカニクス総評>
見た目今風に。小さなネガを真摯に潰してくれているのには感激だが、大きなネガの5MT>6MTの変更がなされなかったのには閉口。みんなあのギアで満足してるの?
あとぼくみたいに7inchタブレットPCとかiPhone使いたい人はどうすればいいんだろう。
中央の幅、オーディオを除外して狭くして欲しいほどレッグスペースに困った事ないんで、トレードオフが全く釣り合ってないと感じました。

次回はいよいよ、核心!外装交換編です。

スポンサーサイト

テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク

[2014/06/23 12:10] | 車の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<コペンに乗ってコペンを観てきました!(その3) | ホーム | コペンに乗ってコペンを観てきました!(その1)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/70-ad27eb10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |