1/144 HM バッシュ 製作日記その2
HMバッシュ第2回いってみよう!
P4220965.jpg

頭部
アーキテクトの頭部を極限まで削って内部に埋め込む。
バッシュの頭の内側も削り込み、後頭部パネルラインに切り込みを入れて、
プラ板をくさび型に差し入れてほんの少しだけ拡幅。
これはフレームアームズの削った頭部が入らなかったため。

次にスッキリ小顔に見せる為、頭部左右下部の襟のようになったパーツを削り取る。
うむ、サッパリ。
頭頂部をパテで盛り上げてる作例をよく見かけるが、ぼくはとくに問題を感じなかったのでそのままに。
頭頂部盛ると相対的に角が短く感じられ、角ものばすと頭自体がでかくなってしまうと思われる。
バランスって難しいね。
アーキテクトの頭部の上にリード線を並べて、上から本来の頭をカツラのようにかぶせて完成。


腕部
下腕は肘間接に近い盛りあがった部分をすっぱりと削除。
フレームアーキテクトはそこが盛り上がってるので、
あてがうとピッタリ。
フレームを全部囲わずに、
わざと一部を露出させてFSSの駆逐MHの雰囲気に。(うまい言い訳だ)

ちなみにフレームがABS製品なので、
最後に塗装してから瞬間接着剤による点付け。
上腕は本来の上腕を切ってプラ板で幅増し。
完全に覆ってしまう。
IMG_2741.jpg
ある程度進んでイケル!と思い始めた図。
肘近くの上腕のカットの仕方やフレームの履出がよくわかる。
上腕はハメ忘れて幅増しした物が足下にころがっている。

下腕はネオジム磁石を埋め込んで、バインダなどを腕に固定できるように。
左右腕、バインダの中に入れる磁石、
ともに極性に気をつけて、
どちらの武器もどちらの腕にも装着できるように。
P3160660.jpg
下腕と胸を現物合わせの為に幅をとりあえず幅増しの図。肩の前後可動は殺さないように注意。


手首は*イエローサブマリンHOBBYBASEブランドから関節技EX極め手という
ABS製1/144完全可動指を別売で買ってきて使用。
コチラ。http://www.yellowsubmarine.co.jp/hobbybase/ppc/ppc.htm
1/144、1/100。四角い指、丸い指。黒、グレーがそろってます。
P4230970.jpg
とりあえずピース。
全関節動くのだからクレイジーすぎる。重い武器は保持しんどい。

HMは間接部丸くて指も丸いのだが、
アーキテクトをそのまま利用して間接が角いので、
指も角タイプを使用。ちぐはぐに丸使うとカッコ悪い。

手首の間接はやや細かったので、テープ巻いて太らせて使用。問題なし。
尚ABSなので塗装、墨入れともに危険と判断して行ってません。
本来全指可動を生かして繊細な指ポーズを取らせて、
瞬間接着剤流し込んで固定する使い方なのかも知れない。

納得いかないのはバッシュ本体より、この別売り手首の方が高いことくらいか。
(800円前後で買ったような)
それだけの価値があると思えたのも事実だが。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2014/04/21 00:05] | 1/144 HMバッシュ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<1/144 HM バッシュ 製作日記その3 | ホーム | 1/144 HM バッシュ 製作日記>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/7-218df4c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |