簡単!初心者向け股関節延長術!
ひさびさの連続更新です、こんばんは!

昨日の記事を書いた時点では模型をいじれなかったのですが、
動き始めが痛いだけで、ちょっとは長い時間、座ってられるようになってきたので、
ちょこちょこいじり始めています。
なんか今回、すげーいろいろ迷いながら何個かイジってるので、
なかなか進捗を公開できるほど進んでないのですが、
その中の一つで、股関節軸を延長しなければならない事態に陥りまして。

まぁフレームに太ももとかかぶせたら、その隙間が大きすぎて届かないとかよくある話ですな。

でね。
おそらくみなさんがやるのは、
股関節軸に金属ピンを打ちこみ、延長したい分の長さのプラ棒を
これまた中心に穴をあけて、先ほどの金属ピンで繋ぐというやり方だと思うんですね。

うまく中心に穴を開けれる人はいいんですが、
ぼくみたいにそうもいかない不器用な方もいると思うんですよね。
プラ棒に穴を開けたら、斜めに突き出ちゃったとか、小口が斜めになったとかさ。
あと、その軸の太さぴったりのプラ棒が存在しないとかね。
「失敗の素」がけっこうたくさんある作業だと思うんですよね。


そこで、うまく出来ない人のリカバーや、
ピッタリの太さのプラ棒がない場合のやり方を提案しますんで、
興味ある方は是非!試してみてくださいね。
15分ほどで完成します^^


股関節延長術1

まずは、(ジョーシンのポイントで買った)グレイズの股関節に登場してもらいます。
ごらんの様に股関節軸径が3.88mmとなんとも中途半端ですなw

股関節延長術2

股関節軸の中心に千枚通しでアタリを付けてから、
差し込みたい金属線の太さの穴をピンバイスで開け、
穴に速乾タイプ(ぼくは無印シアノン使ってます)の瞬間接着剤を入れて金属線を差し込み、
グラつくようなら最後にもう一度瞬間接着剤で固めます。

この段階で曲がった人もいるかもしれませんが、
生え際から強引に曲げて「だいたい真っ直ぐ」に直しちゃいましょうw
「曲がってる範囲」が「軸径以内」なら大丈夫!
右側奥はわざと少し曲がったまま進めてます^^

そして伸ばしたい長さにもよりますが、ぼくは4mm伸ばしたかったので、
2mmのプラ板の端材(ただし股関節軸直径よりは大きいもの)を用意しまして、
だいたい中心に穴をアバウトに開けちゃいます。
自信の無い方は、股関節直径よりもかなり大きめの端材にすると、より失敗しません^^
きっちり中心に開けなくてもいいから出来そうでしょ?

股関節延長術3

まず、速乾タイプの瞬間接着剤で一枚、金属線を通して接着固定します。

股関節延長術4

そしてニッパーでだいたい股関節軸とおなじくらいの太さに成形します。
削り過ぎるよりは、少し太く残す方が成功率高いです。

股関節延長術5

そして、金属線をあらかじめ、必要分だけ残して切り取り
(差し込んでからだと、ラジオペンチではギリギリを攻めにくい)
同じように接着、削り取りまで行います。
お気づきの事とは思いますが、一度に二枚ハメないのは、
4mmをニッパーで切り取るのが難儀だからですw

この段階で、荒目のペーパーを延長分に巻きつけて、
くるくるとパーツを回してやればざっくり延長完了。
実際に差し込みたい関節を時々さして、「渋み」を調整してくださいね^^


ここからは、さらにそのリカバリー。
削り過ぎて、関節がゆるくなっちゃったとか、より頑丈にしておきたいという場合の作業です。


股関節延長術6

削りすぎて痩せた分を、パテなどで埋めます。
アルテコなどで埋めて、瞬間接着スプレーを吹いて固めちゃいます。
ぼくはシアノンDW(さっきまでのと違って遅乾性)とベビーパウダーを混ぜて使ってます。
スプレーもシアノン製品。
waveの奴はガス臭くてぼくには合わなかったですが、こっちは良好^^

股関節延長術7

あっという間に固まるので、あとはもっかい関節をさしこんだりしながら削って調整して完成。
ここまでざっと15分。
どう?できそうな気がするでしょ^^


実際は、同じ直径のプラ棒、
あるいはそれ以上の太さのプラ棒にまっすぐ穴を開けて繋ぐのが王道だとは思うし、失敗したら何度もやっていれば上手にはなるんだろうけど、この作業ができないばかりに、プラ材で遊ぶのを嫌いにならないで欲しいんだよね。
なので、ぼくなりに、ぼくを含めた初心者のために代替手段を講じてみました。



世の中には仕上がりがよく似てても、
そこに至る道はいくつもあると思うんです。
股関節軸を伸ばすから、当然プラ棒を使おう!という当たり前の発想から脱出すれば、
こんなおもしろいやり方もあるわけです^^

みなさんとは、超絶的なテクニックを見せていただけるのと同じくらい、
こんな方法だと楽ちんよ?という方法とか、勉強しあえると嬉しいです。
楽しく自分にとってかっこいいプラモを追求していきましょうね!
では、また!



スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2016/05/24 20:00] | 工作技術 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
<<スィーツ!スィーツ!!スィーツ!!! | ホーム | かさばる兄さんの徒然。(5/23) >>
コメント
かさ兄さん、おはようございます。
体調だいぶ戻られたみたいで良かったです^o^

股間軸の延長勉強になりました。
が、これ自分15分で絶対できないです!
MSをこうやって改修できる人って羨ましい限りです。

あとこの表示が出るノギスってどうです?
自分もよく使うのですが普通のもので表示とかありません。
例えば4ミリ幅出したくてプラ板を少し多めに切ってヤスリとかで微調整後に測ったら「3.99!」
もう死んでしまうかもしれません。
でも見ていてやはり欲しくなりました。
[2016/05/25 08:25] URL | Pepe #- [ 編集 ] | page top
Pepeさん、こんばんは!
骨ってすごいもんで、1周間も過ぎれば、ほんと痛みが少なくなってる。
問題は打ち身の方だけっぽいね^^

ノギス使ってるけど、みなさんに軸の太さがプラ棒の規格外ですよ?って
見てもらうためだけなので、
実質この作業、いっさい定規を使わず、セブンセンシズ(小宇宙)を燃やして、
だいたいの位置でだいたいの作業で出来るようになってるので、
やってみると、実際このくらいでできると思いますw
瞬間接着剤のおかげでもありんすw

デジタルノギスいいですよ。
普通に読み間違えて1mm狂ったなんてこともあるし、
いちいち「えーと1,2,3,4・・・と数える時間が短縮できるのは大きいですね^^
正直、少し視力が落ちてきてますし^^;
コーナンのプライベートブランドかなんかのを1400円前後で買ったっけ。
おすすめではあります^^

0.01くらいなら、正直、「ノギスの当て方」次第でズレるので、
死なないでwww


[2016/05/25 18:40] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
腰の方は順調そうですね(^^)
うちのチビちゃんも無事にギプスがはまりましたよww

この延長方法、、、!!
僕もほぼ同じ製作方法でロケパンの機構部につかう「引っ掛け部分付きプッシュボタン」を作ったよ(≧◇≦)

それこそ、、、最初は長さ6mmプラボウの中心に穴を真直ぐに開けて、、、
「あぁ!! 真直ぐにピンバイスがはいらん(;´Д`)」
とかなってしもうたよ、、、Σ(´∀`;)

この方法、、、かなり簡単にしかも結構ヤスリで正確に形が出せてgoodですよね(≧◇≦)/

それと、、、僕もデジタルノギス使ってますヽ(^。^)ノ
[2016/05/25 19:22] URL | とみさぶろう #Cv2s2L.A [ 編集 ] | page top
とみさぶろうさん、こんばんは!
そちらも順調そうで何より^^

同じやり方してましたか!w
真っ直ぐ、真芯に貫通させるのけっこうむずいんだよね^^;
とみさんでも、むつかしいのねw

ちなみにグレイズは腕が短いので、腕でも14mm伸ばしましたw

デジタルノギス・・・ナカーマ!!!w
[2016/05/26 17:29] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
基本的に無いものは作ればいいと思ってる僕ですが、やっぱり軸の真ん中に真っ直ぐ穴を開けるスキルなんて無いです…っていうか、無理。
僕の場合、太めの軸を先に接着して後で比較的テキトーに穴開けて軸入れてから径を合わせてます(^-^)/
[2016/05/28 09:26] URL | 豆タンク #- [ 編集 ] | page top
豆タンクさん、こんにちは!
豆タンクさんほどのプラ板巧者でも、やはり真真に通すのは難しいですよねw
なるほど太めの軸で、ミスっても良い幅を確保するわけですね^^
勉強になりますっ^^
[2016/05/30 12:31] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
かさ兄さん、お久しぶりです!!

ケガの具合どうですか?
プラモ少し出来てるみたいなので安心しました。

今回の関節軸の延長、実にタイムリーなネタでして、ホムセンに行っては模型店には無い経の大きい軸になるものを探す日々が続いています。
このアイディアだったら可能性が広がりました✋😄

メモメモ〜♪♪
[2016/06/01 07:55] URL | ランバ・ラオ #- [ 編集 ] | page top
ラオさん、こんぬづわ!w
骨はくっついてるかどうかはわかんないけど、ほぼ痛みは消えました^^
打ち身はまだ時折痛いですねw
思ったより回復早くて良かったと胸をなで下ろしております^^

1/60ドムの件ですよね?
必ずしもパイプ径と受けが合うとは限らないので、こういうのもアリと思います。
ちなみに、1/60クラスではこういった「延長」より、もう股関節を貫通させて、一本の長い棒として作るほうが強度でるかも?

ぼくなら、受けポリパーツの挿せるギリギリの直径の金属棒をコーナンとかで買って、道具がないのでワンカットいくらか払って、その場で好みの長さに切ります。(左右貫通させる長さ)
受けのポリキャップがジャストならそれでよし、もしも厚さが足りないなら、マスキングテープを金属棒の該当箇所に巻きつけて調整とかはどうかなぁ?

いろいろ試してみてください^^



[2016/06/02 11:33] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/670-25dacc99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |