深日港>洲本港 幻の航路でBD-1を転がしてきた!(その6)
ども、Toreta!というニア・ウォーター2リットルを¥30で買ってきて、
ほくほくしてるかさばる兄さんです、こんばんは!
ながながと付き合っていただいた今回の話もいよいよ最終回。

前回で悪天候の中、やっと洲本港に到着したかさばる兄さん。
ポールにBD-1をつないで、いよいよおみやげ物色です!^^

前回に貼った写真のように、かなり立派な施設が港に隣接してたので(深日港側は何もない。虚空)
期待を胸に、早速、中に入っていく。
中はやや薄暗く、それもそのはず、ほぼ全ての店にシャッターが降り
17アイスとジュースの自動販売機だけが静かな駆動音をフロアに響かせている。
さらに奥に人の気配があるが、単なる待合室だったよ。

ここまで来て、やっと理解したんだが、
どうやら航路を失って死んでた港は、深日港側だけではなく、
洲本港側もそうだったんだと。

まだ一時間近く時間があるから、再び自転車で漕ぎ出せば、
どこか近くに名物を売ってる店を見つけれるかもしれないが、この悪天候とやりきった感の後に、
もう一回動き出す気にはなれず、結局おみやげはあきらめてしまった。


淡路島34

最後にぼけーと入港してきた高速艇を見ながら、買っておいたイノシシバーガーを頬張る。

淡路島35

カバンの中で蒸れて、ちょっとしわしわになってるが、
具材がめいっぱい入ってて、これで350円とは恐れ入る。

ぼくが地元ならマクドナルドのハンバーガーなんぞ、買わないな、きっと。
あ、そういやマクドナルド見かけなかった気がする。
でかいスーパーは見かけたので、店内施設としてはあるのかもしれないけど。


やがて時間が来て、自転車を再び折りたたんで積み込み、深日港へ。
最後にアンケートを書いて、紅白まんじゅうをもらって下船。
なんだろう?この全力疾走の直後に女子マネージャーから、

「はい、ゆ で た ま ご♡」

とか、無茶苦茶なものを渡されるような感覚は。

「めでたいから紅白まんじゅう」とか、
ありがたいんだけど、
脳みそで企画していない、凝固したセンスでの配布は逆にマイナスイメージな気がする。
家電用品店のセールで、とりあえずハッピと鉢巻するのにも似てるw

大阪側も雨自体は止んでたので、そのまま漕ぎだして家に帰って旅行は終了^^



淡路島36

では、最後にいろいろと感想など。


淡路島北東部を走った感想。


1.やたらとカフェが多い。
人口よりカフェの椅子の方が多いんじゃない?と思うくらいカフェが多い。

2.ギャラリー(画廊)が多い。
民家を改造した、あるいはそのまんま看板だけ建てたような美術館もどきがやたら多い。
立派なガチ美術館ももちろんあるけど。
芸術家が多い街なんだろうか?w

3.海がキレイ。
帰りは海岸側だったので数回覗き込んだが、海水は透明度が高く、波打ち際は海底が見える。

4.アスファルトがキレイ。
歩行者道路の幅も太め。自転車は走りやすい。

5.信号の周期が異様に長い。
人生の中で最長を味わったw

6.食べ物が美味い
・・・が28号線沿いは、コンビニとカフェばっか。
インド料理や焼肉屋、お好み焼きがかすかに点在するくらい。

7.海側にでかい避雷針?みたいなのが2本立ってる場所がある。
あそこに雷が落ちたら、フランケンシュタインが起動すること必至w
真ん中の建物にはパナソニックって書いてた。
エネループを充電しているのか(違w)

8.北東部はたまの緩斜面のみ。
ほぼフラットと考えていいので初心者にオススメ。

9.3月末、暦の上ではもう立春だが、まだまだ肌寒い。
あまり薄い格好をしないほうが吉。

10.神戸ナンバーとやたらとすれ違うから、神戸の人は淡路島大好き?
と思ったが、
よく考えると淡路島ナンバーというものが存在しないのかもしれない。
神戸ナンバーの所轄なのかな。

11.今回も見知らぬ人に「車輪ちっこくて大変ですね」と話しかけられるw(二人)
毎回、出先でこれ言われるw
自転車も車輪もちっこくて、かさばる兄さんがふとっちょだから、
横から見たらボリショイサーカスの、自転車に乗るクマみたいにみえているのかも知れないw

BD-1は(そんなギア下りでしか踏まないけど)一番重いギアだと、ひと漕ぎ7m近く進むのを知るまいw
くっくっく・・・w(ママチャリで4.8mくらい)

12.最後の洲本港のポータル施設には、みんな騙されたようで、
一緒になった自転車乗りの人たちも、ぼくと同じ判断をして、みんなおみやげ買いそびれてた。
この日だけでもテント貼って、農家の方に玉ねぎとか持ってきてもらえれば良かったと思うんだが。


13.ちなみに船の中で見かけたチャリンコ乗りは、片道で16人ほど。
周知範囲の狭さと期間の短さが響いてると思う。
せっかくの試験運用だけど、これって参考になるのかなぁ。

14.気になるお値段は、往復で¥1800でした。
おそらく片道¥1000で、往復で買うと発生する往復割引(1割引)が適用されて、このような価格になっているのではないでしょうか。

16.当日かかった費用
水、お茶、コーヒーが、約¥400
ミンティア、つくね串、牛丼、いかなご丼が、約¥1400
おみやげは買えなかったから無料
渡航費用はあらかじめ支払ってたので、当日は2000円で済んじゃったw
渡航費用足しても¥5000かからないというね。
航路が復活したら、ちょこちょこ遊びにいこうと言う額面だと思う。

15.それから少し時間が経って。
どうやら深日港に、小さな待合室を作るという話が決まったようです。


・・・ということは?

復活を期待しちゃってもいいんじゃないでしょうか!w


ながながと書きましたが、
この洲本港〜岩屋を28号線で往復する、75kmほどのコース、如何だったでしょうか?
小径車や体力に自身のない方にぜひオススメしたいコースです^^

ちょうど、しまなみ海道の片道に匹敵する距離で、
メシが美味しく食べれる、ちょうど良い疲れと、
明日に筋肉痛などが残りにくい、勾配難易度など、
なかなかのバランスじゃないでしょうか?

往復コースなので、風景の半分は新鮮さがなくなりますが、
その半面、「あとどれくらい」なのかが直感的にわかるので、
時間制限のある復路が走りやすいとも言えます^^

尚、ロードバイクなら、いきなり洲本から西海岸に貫通して、
そのまま海を見ながら北へと時計回りに走るプランがいいと思います。(南部は勾配キツイらしい)
あとは時間とペース見ながら、マズイと思ったら、
岩屋まで行かず途中で東海岸にショートカットして調整すればいいし。
最高、一日で250kmまでは走ったことありますが、
ロードバイクでも100kmくらいに抑えておくのが、ちょうどいい加減だと思いますね^^

この航路が復活したら、
洲本に宿を取って一周するも良し。
今回みたいに、一部を切り取って楽しむも良し。
またちょこちょこ走ってみたいと思ってます。


深日港〜洲本港が幻となるのか否か!

期待して待ってます!!




もしもぼくの自転車旅行記を気に入ってくださった方がいたら、
こちらの「しまなみ縦走」の記事も良かったら、見てやってください^^
しまなみ海道を走ってみたいという方の参考になるといいなぁ。
古い記事ですが、わからない事などあればコメントでなんでも聴いてね!

スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

[2016/04/08 20:30] | 自転車の話 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
<<本日でブログが2年目を終了!明日から3年目に脚を掛けます! | ホーム | 深日港>洲本港 幻の航路でBD-1を転がしてきた!(その5)>>
コメント
こんばんは。
兵庫県には神戸ナンバーと姫路ナンバーの2種類しかないみたいです。
http://wwwtb.mlit.go.jp/kobe/kensatoroku/03kankatu.html
[2016/04/08 21:00] URL | イヴュマー #UzUN//t6 [ 編集 ] | page top
自転車に疎い自分でも楽しませていただきました。
かさ兄さんの文章力によるものが大きいんでしょうね。
ペダルの踏込による走行の違いは「おぉ!!」
と凄く分かりやすかったです。
前回の記事にあった自転車屋さんが凄く気になります。
リベンジお願いしますw(簡単に言うなw)
イノシシバーガーおいしそうッス!
350円は、時間とその他の経過を考慮してのバウンズのしおれ具合でも、
凄くおいしそうに見え、納得できました!
最後の建物は見事なトラップですね。
かさ兄さんの愛車がママチャリ以上の推進力を秘めているのもなかなかのトラップですw
連邦の白いMSは化け物か?!w
[2016/04/08 22:11] URL | へな #- [ 編集 ] | page top
イヴュマーさん、こんばんは!
見に行ってみたら、ホント二分されてますね!
神戸ってなんかカッコいいんで、神戸ナンバーって羨ましいのですが、
まさか姫路と2つしかないとは!

これは驚きでした^^

大阪は和泉、堺、なにわ、大阪と4つあるので、
他府県もそんなもんかと思ってた。
逆に大阪が多いという事なのね〜

[2016/04/11 19:01] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
へなさん、こんばんは!
たった75kmを6回という記録的な長さの日記にお付き合いくださり、ありがとうございますw

そうそう、軽く回す漕ぎ方は心肺を消耗するのですが、
踏み込む方は筋肉を消耗するんですね。
そんで、筋肉は一度限界を超えると、攣ってしまい、
しかもしばらく攣りぐせがついて、連続して攣っちゃったりと、
旅程の中での回復が困難なのね。
でも心肺は、限界まで使ったとしても、
回復可能なので、なるべく心肺で回して、ペースや状況みながら、
ときおり筋肉での踏み込みを足す感じで、
消耗をコントロールする、知的さが少し必要なスポーツなんです〜^^

自転車屋さんは、チルコロというお店で、
自転車や用具を売ってたり、カフェをやってるだけではなく、
自転車で回るひと向けに、シャワーなども使える模様。
近いうち車で行くかもしれませんw

http://circolo.co.jp/#id65

そうそう、しおれてて申し訳ないんですが、
買った直後は普通でしたからご安心をw
他にも淡路島の牛肉を使ったやつなど、
淡路島バーガーとして、島のあちこちで売ってますね^^

最後はホントやられましたw
BD-1は
ぼくで、ダラダラと15~17km/hくらいのペースですが、
ロードバイクとか乗ってる人で、そこそこ鍛えてたら
20km/h巡航可能だと思いますw

ちっこくても侮れませんw
[2016/04/11 19:14] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
かさばる兄さんこんばんは!
旅行って言うと、車で高速走って・・・ってのかほとんどですが、たまにはノンビリと自転車旅行も良いですね。

そんな中でも、やはり「折り畳み自転車」と言いつつも流石ロードバイク。
マウンテンバイクだど70キロはキツイっす(^^;

自分も自転車引っ張り出して走りに行こう!
[2016/04/12 22:36] URL | たけぞう #- [ 編集 ] | page top
たけぞうさん、こんばんは!
そうそう、たまには「気持よく疲れる」というのも、いいもんだなぁと再確認しました^^
とくにランニングのように、膝などにダメージがいかず、
翌日、普通に仕事できるのがいいですよね。

平時、「ハァハァ」いうほど、心肺が追い込まれることないので、
ホント気持よく疲れます^^
お風呂、ご飯が普段の倍くらい楽しく感じるのもいいですよね!

折りたたみだけど、フロントにはスプリング+エラストマー樹脂、
シートポストからリアにかけての赤いパーツもエラストマー樹脂で、
かなり路面からの入力をいなしてくれるので、
MTBには負けますが、乗り心地がいいです^^

MTBはやはろ下ってる時が最高で、(HTでダブトラしか経験ありませんが^^)
普通に走ると、やはり転がりが重いんですよね。
以前、友人と3人でMTBに荷物括りつけて、50km程度走って、テント張ってキャンプしたことがありますが、
やはりしんどかったっすw乗り心地はよかったけどw

近所の花見スポットに、おにぎり3つほどコンビニで買って、
リュックに詰めてのんびりポタリングなど、いかがでしょう?^^

またたけぞうさんの自転車も見せてね!^^

[2016/04/12 22:45] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
やっぱりポタリングするなら折りたたみとかクロスバイクの方が向いてるかもですね〜
ロードだとどうしても本気で走らんといかんという強迫観念が…( ;´Д`)
距離もあるけど、標高差がどんだけあるかもポイント高いですよね。
ロードで120キロでも獲得標高が3000mとかの時は死ぬかと思った…(; ̄O ̄)

景色いいとこ走りたいなぁ
[2016/04/13 18:02] URL | 豆タンク #- [ 編集 ] | page top
豆タンクさん、こんばんは!
ロードバイクは安定する為のスピードが高すぎて、
「あそこの看板気になる!」って思った瞬間には通りすぎてたり、
あと、止まりたくなくなるので、自転車をしょっちゅう停めては写真を撮るってなりにくいんですよね。
ここからここまでを人力で走りきった!みたいに、
豆タンクさんの言うように、走ること自体の比重が高いんですよね^^

あとドロップじゃないので、変速がレバーを内側に倒し込まないので、
フロントバックを付けれる利点もあります。
背中に何も背負わないツーリングは最高ですよ?^^

むむ。獲得標高怖いw
昔500m級の山岳で脚ついて、ひーこら押しが入った記憶がw

勾配がわからない時は、るーとらぼでよく似たルートを探して、
勾配を視覚で確認してから、そのルートを採用するかどうか決めてます^^(貧脚ゆえw)
便利ですよんw

獲得標高3000となるとかなりのアッペンダウンですな。
やりおる!w
[2016/04/14 00:31] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/663-ba5767d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |