1/144 HM グルーン、フレームと装甲
はーい!模型サイト「戦いは数だよ兄貴。」の時間だよー!
(また必死に強調してるwww)

そういやTwitterで永野護の最新設定資料集「リッターピクト」の購入報告が相次いでて、
家に戻ってからわざわざ買いに行ったが、最寄りの本屋では2/24の入荷との事。
2日も遅れるのかぁ。いや、まわりがフライングなんだろうけど。
ポイントが付く本屋なので、高額な本はなるべくそこで買いたいんだよね。
24日まで我慢、我慢。
買う予定の人は、近所の本屋に行けばもう並んでるかもよ?


さて本題。
前回ビルダーズパーツのみで、フレームを作ったわけですが、
(命名:ビルドフレーム)
もともと、フレームアームズを芯にすればいいだけのところを、
先に腰を作っちゃったもんで、
自作の腰をどうにか使いたいと。

で、フレームアームズに自作の腰を差し込むと、高さはぴったりで
腰の上に首の基部がバッチリくっつくんですが、
左右の肩ブロックの基部が腰部に干渉してしまってさ。
それもそのはず、フレームアームズの腰部は細いユニットで
バッシュの時も苦労した憶えがあるんだよね。
いっそ角度決めて、パテで盛ってやるのが正解なんじゃなかろうか?

そこで、ビルダーズパーツの一部を使えないものかと思ったんですが、
使える感じではなく、それならいっそ、と
ビルダーズパーツのみで、構成してみたというのが前回の記事までの流れなのでした。

この段階では作った腰も採用せず、
「ビルダーズパーツだけで、フレーム作ってる人」が、調べたけど居なかったので、構成能力さえあればできるんじゃないの?と証明してみたに過ぎなかったんですよね。
BANDAIさん、見てたら褒めて褒めてw(ドヤ顔)
模型ネタが枯渇しまくったら、詳細なレシピを書くかも?


で。
マスキングテープでペタペタと装甲をくっつけてみたのがコチラ。
尚、以前紹介したマスキングテープカッターを使用。
片手で装甲を抑えて、もう片方でサクサクマスキングテープが切れるので超快適でした^^

HMグルーン8

まずはざっくりこんな感じ。
これより頭部をやや下にもって来て、小型化は最終判断かなぁ?

サイドアーマーは腰部ブロックに吊り下げる位置にしてみた(本来太ももにくっついてるので設定に近い位置)が、
腰部ブロックのサイドに吊り上げる(腰部側に吊る)のも良さげ。後に検討。

太ももの付け根が、横軸接続ではないのでスカスカしそうなので、要検討。
本来フロントスカートの無いロボには向かないフレームとも言える。

HMグルーン9

また、胸部をこんな風に、三分割可動フレームにしようかと思ってる。
コクピットブロックを中心に据え、サイドブロックを前後スイングさせ、
肩を一軸可動させるわけだ。

HMグルーン10


HMグルーン11


ケレン味のある立ち姿を2方向から。
フレームのひざ下の鳥足が効いててけっこう見れる。
まぁ装甲つけちゃうとあまり意味はないw

肘、膝ともに2軸での関節のすぐ上下で、ブロック化してるゆえにすぐに回転軸がある。
これにより大河原曲げも可能なはず。

*尚、フレームアームズもブロック化はされてるのだが、
肘の丸いディテールを受ける彫り込みが上腕下腕ともに施されていて、
そこに関節がフィットして、回転軸としては機能しないとも明記しておく。
フレームアームズを素体として使いたい方はご参考に^^

今回はこのフレームで、進めちゃおうかなぁ♪


スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2016/02/23 20:00] | HM グルーン | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
<<かさばる兄さんの徒然。(2/26) | ホーム | ビルダーズパーツ(HGビルドカスタム)の関節パーツだけでフレームを作ってみた。>>
コメント
こんばんは!
フレームここまで成立するとは!
関節位置だいじっすね~。
この配置だけで、
相当今のキットに見えるっす。

動きも保証されるのがさらに良いっすね。

う~、この手の検証からの作成に弱い
私としては試してみたくなります。

完成楽しみにしてますですよ。


[2016/02/24 00:16] URL | REN_W #753qyHSg [ 編集 ] | page top
かさばる兄さん、おはようございます!グルーン、順調そうで何よりですね。

立ち姿もS字立ちというかジョジョ立ちというかカッチョ良く決まっていますね!今作もガワラヒジを採用、かさばる兄さんのこだわりを感じてしまいます。今後作製される全てのモノがガワラヒジに改修されているビジョンが、今見えました(笑)

やっぱりモモと腰の接続が難航しそうな予感がします。長年腰ブロックからの軸でモモを接続してきましたのでちょっと違和感は正直あります。隙間があきそう。兄さんフレームはヒトの骨盤ぽくモモを接続するので、全然アリやとは思いますが。かさばる兄さんの解決策を楽しみにしております!!

あっ、グルーンに影響されてヌーベルディザードの箱を開けました。でもすぐに閉じてしまいました(笑)
[2016/02/24 08:59] URL | かめしん #- [ 編集 ] | page top
RENさん、こんばんは!
なかなか使える感じでしょ?
関節位置は、前回のは「フレームだけで映える位置」に組んでますが、
実際には、今回で言うと肘のタイミングが装甲をかぶせると合わなかったので、
肘関節の位置を差し替えて調節してみました。
足首も今は仮にキットのまま挟み込んでるので、フレームは外してますが、
左足を見てわかるように少し短いので1ブロック追加することになるか、
グルーンの足首の内部頭頂部を嵩上げして、フレームのボールジョイント下部を打ち込む形になるかもです。

そんな感じで外装に合わせて、かなりフレキシブルに応用が効くのが
ビルドフレーム(今命名したw)のいいとこです^^

選手権用の間に、ぽっつらがんばります〜


[2016/02/24 17:31] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
かめしんさん、こんばんは!
そうそう、選手権用よりこっちの方が進んでしまってるというw
楽しいけど、マズイw

基本的には可動派なんですが、結局一番長くポージングしてる姿は立ち姿なので、
可動範囲も大切ですが、「立ち姿が決まるための細かな可動」を重視してますね。
S字立ちも自分の中ではいくつかポイントがあって、そこをおさえてやることによって
HMもなかなかいいじゃん^^という形に持って行きたいですね。

腿、腰、サイドアーマーが、今回のポイントですよね。
ほんと、例えばこれがリック・ディアスなら、何も問題ないんだけど、
HMは基本股関節があらわですからね〜

ただ少し前から股関節は吊り下げ方式でいいんじゃないか?とも思ってたので、
一番条件の悪い機体での挑戦は、自分自身、かなり興味があります。
正面から見た股関節と太もものあいだのにできる隙間が、どのくらい許容できるか?ですね。
場合によっては、ダミー股関節(ボールジョイント+棒を股関節側に太ももにはつきさしてるだけで固定しない)
とか、漠然と考えてます〜

ヌーベルディザード・・・「そっとじ」ってやつですねw

[2016/02/24 17:42] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
おはようございます!

ビルドフレームいい感じですね!
なによりもS字立ちが旧キットながらに見事に再現されてるところが素晴らしいですね!(>_<)
皆さんどんどん進んでいますね(-_-;)
最近調子が悪くて全然プラモが触れてないんですよね(-.-)
皆さんの進行を見てると焦るなぁ(笑)
引き続き楽しみにしていますね(#^.^#)
[2016/02/25 08:34] URL | lost one #- [ 編集 ] | page top
あのぽってりとしたグルーンが、かなりシュッとしましたね~!
すでに、かっこいいです。

新造した腹部と分割した胸部が効いてますね!
[2016/02/25 15:34] URL | SHUCHO #nhNBj/h6 [ 編集 ] | page top
lost oneさん、おはようございます!

お手軽ながら、なかなかでしょう?w
旧キットは「ありのままに」か「スタイリッシュ」のだいたいどちらかの道を歩むことになるわけですが、ウエストの細いメカであるHMはやはりS字立ちを意識しないわけにはいきませんね^^

ぼくも全然進んでないっすw
こっちは記事の為の(すべりどめではありますが)制作ですしね〜
同じく焦ってます^^;
[2016/02/26 05:33] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
SHUCHOさん、おはようございます!
そうそう、前後に抑揚がなく、脇〜胴のラインがちょっとボテってしてるんですよねw

うまくいくかはわかりませんが、
機体設定に合わせたコンセプトが実は明確に決めてあって、「ただかぶせただけ」では終わりませんよんw永野マニアならではの視点でやっちゃいますw

[2016/02/26 05:37] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/627-6e58644d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |