SDヘイズル改 製作日記(その7)大河原曲げと片膝立ち
さて、ここんとこ模型の記事が続いて、
バカ記事を楽しみにしてくれているお客さんには申し訳ない。
毎日更新を辞めたことによって、工作事案が獲得できて、しかも締め切りのある話なので、
ガンガン製作記事が書けてしまうというね。
もうちょい進んで表面処理とか、記事に出来ない進捗まで辿り着いたら、
バカ記事が登場するとは思うので、しばらく模型記事に付き合ってやってくださいね^^


さて。
前回で足の長さが決まったので、今度は腕の長さを決めたいと思います。
その前にコメントで「SDなのにひざ立ちが出来る」と豪語したので、
掲載っw

SDヘイズル改26

SDヘイズル改27

膝はかすかに浮いてるけど、足首でばっちり安定してたりします。
ひざ立ち出来てるって言ってもいいよね?w
(Twitterで二人にOKもらったw)


少し逸れたが、腕の話。

SDヘイズル改28

この1/144ヘイズルというキットは、構造的に、
肩のインナーブロックの上に肩アーマーが挟み込みに成っているので切り欠いて後ハメ。
さらにインナーブロックと上腕をつなぐのは内部フレームなんですが、
ハトメ構造になってて、関節部分の露出があるので、後ハメしようとすると、
ハトメ部分で切り欠くことになり、一定の角度に上腕を回転させた時に「抜ける」というプラモ狂四郎のゲルググみたいな弱点を内包してしまう。
またシールドが重いのでハトメのテンションが緩いと
くるっと腕が意図せずに回転してしまうのも困りモノなんだよね。

さらの上腕の中にはシールドを保持するための穴とフレームとが一体になったまま中に入り込み、
反対側からは手首のボールジョイントの「受け」が攻めてきて、前腕の長さを詰める事が非常に困難だと判断。


現状を掴んだ上で、自分が腕にどのような工作をしたいのかを検討。
(毎回書いてるけど、ぼくの中ではこういうの大事。猫の散歩とかしながら妄想しまくりますw)

*上腕と下腕とで、脚部短縮に合わせ、それぞれ数ミリ長さを詰める。
二重関節採用のため、腕の長さのかなりの部分を詰めようのない関節に食われているし、
上腕が短いので上腕詰めただけでは賄えない短縮バランスを必要としている。

*上腕と肩インナーブロックのつなぎ。ハトメを不採用にして何らかの形で脱着可能に変更。
塗装の利便性ですね。

*肩アーマーとインナーブロックとの脱着、あるいは後ハメ。
これは得意分野。切り欠きで肩がフラフラするのが嫌いなので、かさばる兄さんが毎回やってる磁石で対応予定。

*前腕のシールドマウントが二箇所棒が出てるタイプなので、醜い。磁石接続でマウントする。
けっこう小さい磁石を入れてみたが、まだテストしていないw
左右、シールドの極性を全て合わせるように注意。

*手首を極め手に変更。
(つか、かさばる兄さんは基本これ)

*大河原曲げ(ガワラ曲げ、ガワラヒジ)の採用。
いいアイディアが浮かんだんだよねw

・・・と、こんな感じ。
やりたいことの段階では、自分の工作技術を考慮に入れてしまうと、
先すぼまりになるので、思いついたことはなんでも入れてみるのがいいと思います。
どうせ畳むことになる風呂敷だけど、広げるのは大きいに越したことはない。
出来ないとわかったらオミットすればいいだけだしね。
(今回は全部入れたけどw)


ついでに「大河原曲げ」ってなんぞ?っていう人のために解説をば。

右手(写真左)が改修後、左手(写真右)がキットノーマルです。

SDヘイズル改29

SDヘイズル改30

普通、ヒジは一軸(二軸の場合も方向は同じ)で可動を限定されており、
「縦」に腕を回転させておけば、前方向に少し動かして力強いポーズが取れるが、
デザイン的には肘の内側が前に来るので、腕のかっこいい部分がサイドにきてしまうわけですね。


SDヘイズル改31

そして、かっこいい部分を正面に。
つまりヒジを外側に向けると、カッコイイ面を正面に向けることになるけど、
一軸の可動は真横に作用していて、ゴリラのようなポーズか真っ直ぐ下ろすかの二択になってしまうと。

SDヘイズル改32
ちょっと右手(左側)の前椀が曲がってるの(相対的に上腕が浮いてる)わかる?

ところが大河原センセは、前腕のカッコイイ部分を正面に向けながら、
わずかに(絵によってはかなり)前方向に力強く曲げた絵を描いているんですね。
可動軸を90度無視して。あるいは併用して。
その矛盾してるけどかっこいい曲げ方をさして「大河原曲げ」と呼んでいるわけです。

ちなみにさっきの膝立ちのポーズの右腕も、この可動で動いてます。自然でしょ?



これらを全て考慮に入れながらの工作となったわけですが、
解説すると長いのと写真を食うので、
どうなっているのか?は、またこのシリーズの次回以降とさせていただき、
今回はほぼ詰め込んだ右腕と、
比較用にノーマルのまま残した左腕とを見ていただいておりまする。

SDヘイズル改35
前方向にヒジを曲げてのポーズ。左右差の注目。

SDヘイズル改33

横から較べるとこんな感じ。

SDヘイズル改34

ちなみにこんな動きまでイケる。

どう?ヒジの可動を追求すると、かなり動きの表情が変わるでしょ?
良かったら、試しに手元のMGやHGUCのポーズをこの写真と同じように変えてみてください。
「出来そうで出来ないヒジの動き」だということがわかると思います。

大胆な工作とコロンブスの卵的な発想で産まれた「かさばる式大河原曲げ!」
(今回他の人の大河原曲げとか調べてないけど、おそらくこんな大胆な事考えるのは、ぼくだけという確信があるw)
解説記事までに、どうなってるか想像してみるのも面白いかも^^

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2015/09/03 18:30] | SDヘイズル改 | トラックバック(0) | コメント(17) | page top
<<SDヘイズル改 製作日記(その7.5)大河原曲げ解明編。 | ホーム | 全日本オラザク選手権に参加してみました!>>
コメント
立て膝姿がかっこいいです。
腕の曲げはいいですね。
私は何とかGDBFウイニング完成になりましたよ。
[2015/09/03 19:24] URL | しばいつん #- [ 編集 ] | page top
かさばる兄さん、こんばんわ!

SDやのにホンマに立て膝ついてますね、すげーっ!バランスもええし見事でございます。完成がますます楽しみになりました。

ガワラ曲げの関節は、ズバリ、ストローの蛇腹部分を使っているのでは?旧キットの144ハイザックが出た時にHJの作例で足首関節の改造法として紹介されてました!古過ぎて分かりませんね(泣)

えっ、画像の関節を良くみろ?あっ、蛇腹とちゃいますね。失礼いたしました。
[2015/09/03 20:48] URL | かめしん #- [ 編集 ] | page top
しばつんさん、こんばんは!

なんとか豪語していたように立て膝完了ですw
SDであっても可動を諦めたくない的な^^

ウイニングとうとう完成ですね!
機体ナンバー237で(ふみな)は、なるほどと膝を打ちましたw
[2015/09/03 21:29] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
かめしんさん、こんばんは!

立膝についてヘイズルは、膝が飛び出てて楽なんだけど、
ふくらはぎの後ろの整流板が邪魔をして、良い悪いが半々な感じ。
スカートを引き出し式で跳ね上げるようにしてたのが効いて、なんとかかんとかって感じ。
エッジを建てるのに、プラ棒を接着してから削ってますが、
むしろ何も貼らずに1mm小さく削り込む方が良かったかも?
と表面処理の門をくぐったばかりという感じの判断ミス?に悶絶。
まぁ、ギリギリ間に合ってるから(自分を)許す!w

そんな面白い関節記事が昔あったのねw
夜陰的だなぁw
さすがかめしんさん、大阪の人間なのでボケをいれずに済まない感じと、
いきなり正解を言ってしまったら盛り下がるかも?という気遣いを感じますねw

あとからメールでいただいた答えは、ほぼ正解に近い!
80点のお見事な考察でした!

[2015/09/03 21:38] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
こんにちはー!

製作捗られてますね~!
「ガワラ立ち」っていうのは聞いたことがありましたが、「ガワラ曲げ」は知りませんでした。(^-^;)

確かにスコープドックが銃を構えてるイラストとかを見ると、肘が90°回転した状態で曲がってる物がありました。かさばる兄さんの記事を読むまで、そのことに全く気がつきませんでした。
ビックリドンキー(°Д°)ウホッ!!

あり得ない方向に曲がってるので違和感があるはずなんですが、それを感じさせないでむしろカッコよく見えてしまうのが不思議ですよね!

関節の機構もどうなってるのかとっても興味があります!
回転…してる?う~ん……分かりません。
(>_<)コレマタフシギ!!

解説記事も楽しみにしてます~♪
[2015/09/04 16:40] URL | ぷらっちっく #z1uogJ6Q [ 編集 ] | page top
ぷらっちっくさん、こんばんは!

そうそう、ガワラ曲げとか、ガワラヒジとか言ったりもしますね。
言われてみると、そういうイラスト多いでしょ?

ヒジって前に曲がる方向を前にすると、肘の内側を晒すので、
人間でやってみるとわかるけど、相当可おかしいポーズなんですよ。
デザイン的にもほぼ、ただの長方形でカッコよさがない。

人間のポーズを参考にしたら、自動的にガワラ曲げになるというね。
カッコつけてみると、ヒジが外側にくるでしょ^^

回転・・・そう、それは合ってる。
でもそれだけじゃ辻褄の合わない部分が出てくるんですね!
かさばる兄さんらしく、わけのわかんない発想で出来上がっておりますw
お楽しみに^^


[2015/09/04 22:35] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
膝立ち・・かっこいい〜(≧∇≦)b
最近、ポージングの大切さを痛感しております(;´Д`)

それにしても、肘は・・・・解らん(゜-゜)?????
ウラノスの時に、前腕カバーに付けたバルカンが肘を曲げると殆ど見えなくなって、でも肘を少し曲げないと立ち姿がかっこ悪くなるので泣く泣く諦めたのよ・・(T_T)

うわ、この方法はメッチャ気になる〜!!
[2015/09/05 09:51] URL | とみさぶろう #Cv2s2L.A [ 編集 ] | page top
おおー!!
出遅れたけど、かさ兄さんも
オラザク出撃されたんですねー!
おめでとうございますー!
いやー今年のオラザクは知ってる方が
ちょびっと増えたので僕は楽しみなんですよー!
僕はオラザクはしばらく不参加してるんですけど
次回か次々回くらいは出てみるかもですよ!
その時はまた一緒に楽しみましょーねー!
[2015/09/06 03:47] URL | phantom #LkZag.iM [ 編集 ] | page top
こんにちわ♪
大河原曲げ!勉強になりましたね!
確かに出来そうで出来ない動きですね!
なりよりカッコいい!
細かいところにこだわるかさばる兄さん最高です!
[2015/09/06 09:54] URL | lost one #- [ 編集 ] | page top
コメントをくれたみなさん、こんばんは!
昨日は朝からFinoさんと遊んでて、今日は燃え尽き症候群と、微熱っぽい感じで良いコメントが書けそうにないんで、明日に返信させてもらいますね!
ありがとうございました^^
[2015/09/06 22:58] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
片膝、いいなぁ~カッコイイです。
トサカのサイズ感も、全体バランスの肝になっている感じです。
素敵。
それに、今回のポイント大河原曲げ!の、肘・・・ 本当だ、こういう風に曲がれば表情がついてグッとカッコ良くなる!言われてみて、なるほどです。一番上の写真をごく自然に見てしまってました。
すごく勉強になります!解説、楽しみにしています~(๑´ㅂ`๑)
[2015/09/07 08:41] URL | urahana3 #- [ 編集 ] | page top
ラオです(´V`)♪

お疲れ様で~す♪

え!!?SDで立て膝?!

すげー(°°;)

出来てるぅ~!!

腕の工作でのガワラの考察、勉強になりましたぁ。

肘関節はアレと分かるんですがその上のハトメ部分の改修にミソがあるんですよね?

ね?ね?

う~~ん分からんσ(^_^;

想像することに意味があるんすよね。

後々の解説を楽しみにしておりますぅ~♪
[2015/09/07 19:22] URL | ランバ•ラオ #- [ 編集 ] | page top
とみさぶろうさん、こんばんは!
逆に言うとポージングで損をしている人ってけっこう居ますよね。
ぼくはブンドドが主な理由ですが(オイ)
可動は残しておくに越したことはないと思ってます。
いろんなポーズがとれるからね。

あるある。
そういう状況こそガワラ曲げが真価を発揮する瞬間ですよね。
見せたい部分がヒジの外面なのに、ヒジを軽く曲げれるようにすると背面側にきてしまうという:;

というわけで、正解は「関節だけを90度回転させる」でしたw
MGでもうまくクリアランスとればいけそうだし(むしろ楽)
ぼくなら、関節を途中でぶったぎって、
一軸でつなぐとかどうだろう?とか妄想しています。

大きさとデザインによっていろんなやり方があると思うので、
いろいろ試してみるとおもしろいかもです!^^

ちなみに関節は3mm軸のwaveのアフターパーツです。便利ですよ!(1/144向け)



[2015/09/07 20:29] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
phantomさん、こんばんは!
「それ用」としての制作ではなかったのですが、
みんな楽しそうに参加してるのみて、思わず突っ込んじゃた!w

そういえば、phantomさんはガン王に出撃して見事一次通過してましたね!
来年はガン王はどうなるんでしょうかね?

そういや、最近動画を始められたようですね。
時間が取れないので最後まで見れてませんが、達者にしゃべってらっしゃる様子。
初心者の伝道師!って感じですね^^
次から次へとパワフルですなw






[2015/09/07 20:36] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
lost oneさん、こんばんは!
言われてみると見たことある動きでしょ^^
使えそうな時は検討してみてもいいと思います^^

技術的なところでは、模型界で突出できないと自分でも自覚していますんで、
毎回「アイディア勝負!」ですw
「また、なんか変なことしてるw」って楽しんでもらえると嬉しいですね。

前回のキュベレイ、今回のヘイズルと、
lost oneさんが面の処理というものに、
真摯に向かっていってるのに感銘を受けて、
ぼくもシャッキリとやるべ。といつもより気合い入ってます^^


そういやエッジを削るのではなく、継ぎ足す場合なんですが、
lost oneさんのポリパテを盛るやり方もアリですが、
パテが欠けてしまう場合があるので、
ぼくはプラの角棒を張り足す方法を一つのやり方としてオススメします^^
今回のスカートやつま先、ふくらはぎ整流板などの先のうっすら白いのがその跡です。
瞬着と瞬着スプレー使うと、乾燥を待たずに作業に入れるのもオススメポイントです〜^^

[2015/09/07 20:43] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
urahana3、こんばんは!
普通のSDなら頭でっかちな上に膝の高さ分傾いて、即倒れるのですが、
恐ろしいほど動く足首と、なんとかつま先の底面、前半分の曲げた部分でぴったり接地してますw
見かけ上も膝が突き出てるので、片膝立ち風に見えるという幸運w

トサカはこだわりありますね。
単純に1/144をトレースするならもう少し低く、平行に作るのdえすが、あくまで「ディフォルメ」なので、
自分の思う「かっこよくて可愛い」を埋め込みたかったわけですね^^
以前、記事にも書きましたが見かけ上の頭身を縮める効果も、トサカ内部センサーを正面にも見せるという理由もあります。

この大河原曲げなんですが、
当然全てのロボットに当てはまるわけでもないので、
ヒジを横にした場合の方が、デザインとして見栄えが良い場合に限ります。
ちなみに、urahana3がついこないだ完成させたRGウイングゼロカスタムwithドライツヴァークなんですが、
あれは、ヒジの内側を正面に持ってきた時に、腕のサイドの膨らみが正面にくるようにデザインされているので、
大河原曲げが必要のないデザインになってますね!

ちょっとややこしく書いてますが、「関節だけを90度曲げて、引き出し関節を採用するべし」が答えですw
しょぼいけど、効果絶大でしょ?w





[2015/09/07 20:54] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
ランバ・ラオさん、こんばんは!
うはは、SDで立膝なんだけど、正確には「アキレス腱伸ばし」だったりしますw
膝がギリギリ浮いてるw
まぁ、なんとなく片膝立ちに見えるから許してというw

うおおおお
ほぼ正解!
下腕で回転させ、上は回転スペースがないので、抜いてから90度曲げるという、卑怯作戦w

下腕にも横軸で少し曲げれるのと、引き出し関節の採用がミソです。

はじめ思いついた時は、どうやって曲げるクリアランスを確保しようか悩みましたよw

そうそう!想像するのがいいよね!
猫の散歩しながらとか、模型から離れてる時の方がいいアイディアが出たりしますね!
楽しい時間です^^

[2015/09/07 20:58] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/563-d8cf9b09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |