1/144 オリジナル・オージェ(AUG)(その6)
そういや2万円台の3Dプリンターの発売を目指して出資募ってるらしい。
勢いついてきたけど、フィラメントの値段と流通の方がむしろ問題な気が。
いろいろがんばって欲しいなぁ^^


さて今日も今日とてオリジナル・オージェ
今回は脚部。

脚部に手をつける所で大きな分岐点がHMにはある。
かかとの処理である。
永野護自身HMからMHに転換を果たした時でさえかかとはベタ足であり、
むしろL-GAIM MK-IIの方が例外的であったのだが、
やがて(まちがっていなければ)MHシュペルターを皮切りに、The BANG、クロスミラージュ(雌型)とヒールアップされたMHがコミックスに登場し、逆にベタ足のMHが駆逐されていく。

話題的に今がチャンスなので前から思ってた事を言いたいのだが
VOLKSIMSシリーズのシュペルターってさ、
ウォータードラゴンって表記して売るべき
シュペルターは別バージョンとして後頭部のカウンターウェイト延ばしたり、
チンガード除去したり、胸の先端によくわからないブローチみたいなの付けたり、
肘の先をKOGのように伸ばしたりして出し直して欲しい。
これはみんなおかしいと思っているはずだ。


話が盛大に逸れた。
そんなこんなで、HMとMHのわかりやすい差としてかかとの形状が提示されたわけだ。
事実、かかとをあげたMHは実にかっこよく、HMにヒールアップを行なっただけでも相当にかっこよくなる。
で。ここで選択。
1.かかとをあげてかっこよく作る。
2.かかとをあげずにあえてHMの体裁をくずさずに作る。
3.かかとをあげたついでにあちこちもMHっぽく作る。

1番への誘惑が半端ないんだが、あえて2を選択したい。
もう一回オージを作る事あらば迷わず1か3だが、始めの1体目は2でありたい。
もちろん他の方々が作ってる超絶的にカッコイイ1や3の図式で作られているオージを否定するわけではなく、
もともとべた足で作り上げたHMバッシュと一緒に並べたいから買ったわけで、
並べて違和感のないものにしたいと。初志がぶれてはいけないと思うわけである。

まず組んでみると足首の甲のシャープさが素晴らしい。
BANDAIらしからぬ思い切ったエッジの立ち方に感動。かなりこだわってくれたのではなかろうか。

始めの仮組みの時にも書いたが、ふくらはぎ裏のランダムスレートの開閉については左足が異様に堅い。
すりあわせをやっておいた。

次に足首のアンクルガード。
左右からのはさみ込みで外側にオフセットしたデザイン。
だがそれにより、内側のアンクルガードが足首側に寄ってしまい、開脚時に早々に足首と干渉が起こる。
BANDAIさんも気にしてアンクルガードの正面から見えない後部の内側は、
ギリギリまでカッタウェイしてくれてるわけだが、それでもちと厳しいと感じた。

aug8.jpg

なので内側のアンクルガードの接着面に1mmのプラ板を貼り、足首との間に1mmのクリアランスを作る。
これで少しではあるが(またか)かっこよく立つための調整幅が生まれるというわけだ。

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2014/06/06 12:01] | 1/144 HG オージ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<1/144 オリジナル・オージェ(AUG)(その7) | ホーム | ガンプラなどの新発売等。2014/6/5版>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/53-1643eedc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |