サラリーマン山崎シゲル
今日は待ちに待ってたサラリーマン山崎シゲル田中光の発売日だ!
もちろんONEPIACE(扁桃腺除去手術うまくいったのでしょうか)や
血界戦線(アニメ化おめでとうございます)の発売日でもあるけど、とにかくこれ!

ポニーキャニオンからの発売で1200円+税金とお高いが良しとしよう。
後述する希少価値を思えば価値は十二分にあると思います。


サラリーマン山崎シゲル
この作品はそもそも田中光さんというピン芸人が、
ブログやらツイッターやらで書き貯めていた1コママンガの集大成で、
傍若無人を遥かに通り越したサラリーマン山崎くんと、
直属の上司のキレそうでキレない部長とのシュールなやり取りが淡々と描かれています。

ジャンル的には不条理ギャグに類するもので、
ぼくの中では不条理ギャグという分野を「笑える形で」そもそも定着させた御大「吉田戦車」(代表作:伝染るんです)
そしてその直系ともいえる天才、「なにわ小吉」(代表作:王様はロバ)以来の衝撃。
間にかろうじて不条理ギャグをバトルマンガになじませた「澤井啓夫」(代表作:ボボボーボ・ボーボボ)がありますが、それよりはやはりなにわ小吉に近い。(絵柄もね)

不条理ギャグというのは回を重ねるごとに、描いてる本人も笑えるのか笑えないのか、理解してもらえるのか、そうでないのかわからなくなっていき、担当と推敲を重ねれば重ねるほど勢いが死んでいき、ある日ぱったりと面白くなくなってしまうという、
希少な、言わばギャグマンガ家の人生のかすかな上澄みだけを味わせてもらっているという奇跡なわけで。

もう長い間上質な上澄みを味わえないままに日々を過ごし、
不条理ギャグ イズ デッド」
そんな風に10年以上唇を噛んでたワケですが、ここに高らかに復活を宣言したい。

喜ばしいことにネットではかなり前から話題になっていたようで、
不条理ギャグを待ち望んでいたのはぼくだけではなかったんだなぁと思わずガッツポーズしてみたり。

田中光さんのブログとツィッターを記しておきますので、気に入ったら書店へGO!
ポニーキャニオンがどのくらい刷るかわかんないので競争率高いかも。
(近所の全国チェーンの書店で3冊しかありませんでした)

田中光のブログ タナカダファミリア
http://ameblo.jp/hikarulabo/

サラリーマン山崎シゲル ツィッター
https://twitter.com/hikaru_illust

ちなみに澤井啓夫も上記の症例にかかり、突如ボーボボがただの絵の汚いマンガに変貌。
同じ作品で再起を図るも失敗。
今ではスピンオフ作品の「ふわり! どんぱっち」を別ジャンルとして、別人のような絵柄で連載している。
「永遠に続けられる不条理ギャグ」などこの世にありはしないのだ。

ふわり!どんぱっちの画風はコチラ

一瞬、吉崎観音かと思ったわw
それにしても巧くなったなぁ。もう不条理ギャグは無理としても。
スポンサーサイト

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

[2014/06/04 21:43] | マンガの話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ガンプラなどの新発売等。2014/6/5版 | ホーム | 岡村靖幸 「愛はおしゃれじゃない」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/51-a95e0004
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |