付録としての模型について考えてみた。(モデグラ&ファインモールド F-14D)
ああ、今週の「俺ガイル 続」良かった!
いや先週も相当に良かったんだけど。
やはり戦場ヶ原ひたぎとかの、(言葉遊びのできる)「毒舌系ヒロイン」が好きなぼくとしては、
雪ノ下雪乃さんの楽しい毒舌が復活してくれた今週は本当に良かった^^
この場合の毒舌と口が悪いは違うので、アスカ・ラングレーとかはぼくにはどうでもいいw



さて、あれからモデグラ本誌を読んだんだけど、面白いね。
無くなる雑誌にムチ打つわけじゃないんだけど、
特に電撃H◯BBY(伏せてるようで伏せてないw)とかは、
付録が付いた号の物理的薄さ内容の薄さは驚きで、
付録付きと同じ値段ならともかく、付録分余剰にお金を摂取してるのに、
内容は「今回薄くて当然」とばかりに手を抜いていたのが嫌いでさ。
いろいろ事情も聴くが、「そりゃ潰れるわ」と、今回のモデグラとの対比で思わずにいられない。
はっきり言って付録号の電撃H◯BBYはただの新製品カタログでしかなかった。


で、今回見た時にMGをいきなり買わなかったのは
本の内容薄いんだろーなーと、上記の記憶が頭をもたげたからだ。

実際、いやらしい話ではあるが、記事に書くときに付録号のINDEXとページ数を、
所有している最近のMG誌のそれと較べてみたりもしたんだよね。
ちなみにページ数は同じだった。

内容は、さすがにF-14Dがらみが多かったが、
それは連動企画としては当然の事。
作例と、組み立て説明書と改造事例あたりが掲載されているんだろうとたかをくくっていたのだが、
良い意味で、それは裏切られたんだ。

その企画意図にはじまって、
ファインモールド代表の開発秘話、
トムキャット自体の歴史などが解説され、
エリア88しか知らなかったぼくのテンションをも大いに牽引することになった。

模型自体も、大きく見どころがアップで掲載されていたりするのはもちろんだが、
組み立てに関してがかなり面白い。
カーモデラーを専門にしてる人に組ませたりしてるのも、
「初心者向けなんだよ」っていうアピールに一役買っているようだ。

肝心の説明書は、
P26~27に、いかにも説明書然としたのが掲載され、その後に見開きを使った大判で、デカールの貼り付け解説が、2機、好きな方を再現できるようにでーんと掲載されている。
ちなみに、遊びに来てくれているお客さんに教えてもらうまで気付かなかったが、
上下で色が少し違う「ロービジ迷彩」に、敷居の高さを感じているのなら
一つ目の機体NO.164348の方は、実は機体色が一色なので、
そちらを目指して作るとさらに、制作難易度が下がると思う。

で、さらに、
必要な道具からはじまって、
濃厚なモデリングピクトリアルのような形式を持ってして、
解説。
これがわかりやすくて「なんだかできそう」な気持ちにさせるんだよね。

これだけのハイ・ディティールにも関わらず、
文面は徹頭徹尾、飛行機模型を組んだことのない人に視点を合わせてきてくれてるのを感じる。
ぼくの想像ではあるけれど、
「わかってる人」には、もう文章にしなくても、数々の写真だけで理解してくれるだろうから、
「その人達向け」には何も書く必要なし!と、模型そのものの深さによって語ってるんじゃないかと思えた。


さて。
最後に長々と語りたいんだが、付き合ってくれると嬉しい。

この企画は「模型雑誌の付録付き」の皮を被った、
新しいカタチの模型の売り方を世に問うた、面白いものだとぼくには思えた。

今までにも、付録や組み立てキットのついた雑誌形態での販売方法は数あったけれど、
今回のとは趣を異にすると思うんだよね。

まず付録ということで「この値段(の追加)で付録としては、いい造形じゃない?」と
「付録という着地点にどこか甘えた」エッジのダルダルな完成品や、
やたら、部品点数を抑えて簡略化されたキットを見かけるんだけど、
そんなの「いらない」んだよね。モデラーにとっては。

この値段なら、自分で買って作ったほうがマシと、「スケールモデルを作りもしない、ぼくのようなモデラー」にすらそう思われてしまうわけで。
作るという過程が入るにしても、まず完成体を写真で表紙に載せた時に
「かっこいい!」と思わせる。
これがクリアできてるのが大きい。

そして、一般流通の金型にも負けない為のパートナーとして、
MG誌で何度かゼロ戦などで似た企画をやってきたパートナーにファインモールドを選択。

この選択も良くてさ。
スライド金型をも使いこなす技術力の高さを見せつけつつ、どこかニッチなアイテムを世に送り出している、
フットワークの軽いメーカーFine Molds(ファインモールド)。

この企画にあたっての技術力が期待されているのはもちろんのことではあるが、
「知っている」諸氏なら、むしろ驚きが体内を駆け巡ったかもしれない。

「何故、ファインモールドにジェット戦闘機をオーダー?」

ぼくも模型店などで見る限りの印象で書くが、
このF-14Dというアイテムはおそらくファインモールドにとっても、
かなりの挑戦になるはず。
なんせ、彼らの今までの痕跡(戦闘用飛行機)で言うと、
メッサーシュミットをひたすら作り続けていたり、
零戦シリーズ、
そして紅の豚のサボイアなど。

基本的にプロペラ機。

あとは、BANDAIが出張ってくるまでの、スターウォーズシリーズくらいだと記憶している。
あ、ハーロックの宇宙用の戦闘機みたいなのも出してたっけ?(うろ憶え)
確かにX-Wingは可変翼だけど、F-14Dの助けになるか?と誰もが首をひねるくらいに、F-14Dを作れる気がしないのである。

そんなファインモールドが、世に送り出す、最後の後出しトムキャット。
だからこそ!期待感と不安感がごちゃ混ぜになった、ワクワクドキドキが胸の奥から湧いてこない?

で、さらに前半部でも書いたが、
雑誌本体はインストカードの側面も持っているんだが、
普段どおりの連載も維持しつつ、付録キットに負けないクオリティを求められる。
極端に記事が負けると、一応付録という形を取っている故に、次号が買ってもらえなくなるわけだ。

常識的な1/72の説明書を思い浮かべて欲しい。
細長い箱に、入った折りたたまれた紙切れがはいってたりするわけなのだが、
これはもう宿命的に、簡潔でわかりやすくを目指しているので、
今回のような雑誌媒体で記事として、扱ったものに情報量的にはまず適わない。
しかも雑誌はカラーだったりするし。

この、模型にはありえないほどの情報量をもつ巨大なインストカードをパートナーに、ファインモールドが「買い控え」を起こさせないように「一般流通に回さない」というお約束ごとでパッケージングした限定品。
これはもう「雑誌と付録」と片付けていいものではないと思う。

ファインモールドは、
金型の封印を条件に、雑誌の発行部数分の出荷を確保。
売れるか売れないかの部分を悩まないで済むために(営業と出荷実績が完了している)会社が欲しい粗利を確保さえすれば、その額面までは全て開発に回すことさえ可能である。
雑誌の請求力を持ってして、まずはファインモールドの製品を手にとってもらって作ってもらう事が出来、その後は気に入ってもらえれば他のファインモールドの作品も模型店などで手にとって貰えるかもしれない。


モデルグラフィックスは、
限定アイテムのF-14Dをエサに、モデグラを読んだことのない人や、
最近買ってないなという元ユーザーなどをとりあえず3ヶ月購読させることが出来、その間の記事で値段分の誌面だなと思ってもらえれば、新規顧客を獲得できるかも知れないわけだ。

まさにこの両者はwin=winをめざしており、
どちらがコケても共倒れになる可能性を秘めつつも
お互いギリギリまで追い込むことによって、見事に共生していると感じた。



ここまでのクオリティでの付録というか、
「パートナーシップ」にBANDAIやVOLKS、KOTOBUKIYA、WAVEも参戦してみてはいかがだろうか?と思ったり。

ただし。
今までのように付録という言葉に甘えて、単にクリア素材にした限定版ですよーみたいな、
甘えの中では成立しないという覚悟のようなものを持ってして挑んでもらうこと前提ではあるけれど。

そんなわけで、今回のこの企画、大いにぼく個人としては応援している。
単純に、このキットかっこいい!というのでもいいんだけれどもw
というわけで3回にも渡った、F-14D記事、いかがだったでしょうか?
普段ガンプラしか組まない、ぼくのようなモデラーにこそ、
何か琴線に触れれるような記事になってるといいのですが。
模型趣味の見聞を拡める、いい機会だとぼくは思います。
おおいに買うかどうか!悩んでみてください^^

ちなみに、コックピットだけでも作っちゃおうかな・・・と、すでにうずうずしています。
恐ろしい!w








最後に、今までも同社の企画では、ゼロ戦とかも取り扱ってて、
その時、かさばる兄さんはどうだったの?と思われ向きもあるかもしれないので答えておくと、
ゼロ戦とかは「すでにハマっている」人向きの企画だったと思うんだよね。
なので、実は買っていません。
ある程度は知ってもいますが、
全部見分けがつくほどではありませんし、
正直、あまり執着がないんですね。

それを踏まえた上で、今回のもう一つ評価出来るところは、アイテムの選択。
F-14Dを選択したことにより、

トップガンで見たことがある。
エリア88で見たことがある。
SEGAのアフターバーナーをPLAYしていた事がある。

といったように、娯楽作品への露出が高いのと、

単純に「でかい」

これも評価としたい。
昔エリア88の飛行機を友人たちと組んで、見せ合いっこしたものだが、
同スケールにも関わらず、タイガーシャークのなんという小ささか。
同じ1/72のトムキャットのでかいこと、でかいこと。
友人の買ったトムキャットがやけに羨ましく思えた。

3ヶ月という時間とお金をかけて買い揃えたものに、
大きさという満足が追加されるのに越したことはないと思うのである。
ゼロ戦だと買えなかったのが、今回、食指が動いたのは、
そんな食い意地の張った要素もあると正直に告白しておく。(苦笑)

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

[2015/05/29 21:00] | MG&FM 1/72 F-14D | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
<<まぁ、ぼくが店員でも「なんだこの客?」って思うわな。 | ホーム | ガンプラなどの新発売等。2015/5/28版 >>
コメント
こんばんは。
論理的思考をロジカルシンキング(玉縄ーッ!w)でありながらも、かさばる兄さんの熱気が伝わってくる記事だと感じました。

模型誌の中でモデルグラフィックスだけを毎月購読している身としては、競合他誌とのフェアな比較はできないのですが、ガンプラに限った話で言えば、その某他誌の魅力は速報性であったり新キットの後ハメ加工法等に至るまでの丁寧なレビューだったというイメージです。しかしながらそれらの利点は、前者はウェブ版でならもっとやれること、後者はググれば誰かしらネット上の先達がやってくださっていることとも言えますので致し方なしといった結論になるかもしれません。また、いつ頃だったかその某他誌の作例のギャラが業界で最も高額であるといった噂があったような気がしますが、以前かさばる兄さんが書かれていたようにモデルグラフィックスはひと月くらい「後出し」することで対抗していた感がありますね。

確かに今号の F-14 関連記事は力が入っていて良かったと思います。くだけた記事としては「雄猫四方山話。」(一匹目)の F- ティーンズ各機を擬人化した可愛らしいイラストとその説明文が個人的にツボでしたw


で、重箱の隅なのですが、記事中の文脈でちょっと気になった点について。

> 上下で色が少し違う「ロービジ迷彩」

なんとなく違和感があったのでウィキペディアからちょっと引用しますと、

迷彩
> 背景が空や海となる、外洋の艦船や海洋国の航空機では、周囲の光景に溶け込む
> ためにはもっと単純な迷彩となる。たとえば、
> 光の当たる部分を暗色、陰になる部分を明色で塗り分けて陰影を相殺する事で
> 視認性を低下させる「カウンターシェイド」がある。

軍用機の塗装
> 機体をグレーで塗装することにより、上空での見分けがつきにくくする事を
> 目的として、戦闘機のみならず最近の機体ではほとんどの機種で使用される。
> 「ロービジ迷彩」と呼ばれる事が多い。

”上下で色が少し違う” (=カウンターシェイド)のも確かに視認性を低下させる為にすることですので、すなわちロービジビリティ(略してロービジ)の迷彩であることは間違いありません。が、「なんとなく流通している言葉」としての「ロービジ」は、派手な多色カラーリングを、色合いが微妙に異なる何色かの「グレーに置き換えてしまうこと」だと思うのです。
モデルグラフィックス今号 P40 (6匹目)コラムの右側一段目の写真についての横書きの説明文等を参照していただくとその気分がわかっていただけるかと思います。

素人考えですので確たることとしては言えませんが、今回のキットは2種ともに「ハイビジ」時代のマーキングであり、またこの2種の塗装指定の違いは「カウンターシェイド」を施しているものと施していないもの、ではないかと思ってみたり。長々と失礼致しました。ではまた!
[2015/05/30 00:36] URL | イヴュマー #UzUN//t6 [ 編集 ] | page top
イヴュマーさん、こんばんは!
まずは、ぼくの妙なテンションの熱気を感じ取っていただいて、ありがとうございます^^

そして重箱の隅の話。

>上下で色が少し違う” (=カウンターシェイド)のも確かに視認性を低下させる為にすることですので、すなわちロービジビリティ(略してロービジ)の迷彩であることは間違いありません。

まず、これがまさにぼくの指すロービジ迷彩であります。

>「なんとなく流通している言葉」としての「ロービジ」は、派手な多色カラーリングを、色合いが微妙に異なる何色かの「グレーに置き換えてしまうこと」だと思うのです。

これは、教えていただいたコラムも読みましたが、初めてこの説を知りました。
「なんとなく流通してる」とのことですが、ぼくの記事を書くときの取材不足なのか、このMGのコラム以外で「ロービジとは多色カラーリングを明度の違うグレーに置き換えること」といった文章を一切見かけなかったので、その流通量が、多数派のようにおっしゃられても、正直ピンと来ていないです。

また、ぼくは「迷彩」という言葉をつなげているので、「カムフラージュによって敵や廻りを欺くこと」という定義でいうと、マーキングをグレーに置換することは、目立たなくしている行為とは思いますが、周囲の光景に溶け込むものではないので、やはりこの技術を知ったところで、ぼくはロービジをこの文章で書いたことと思います。

なお、ロービジの件はそもそも塗装の話で、マーキングに言及したわけでもないので、
これもまた、そのままです。
おっしゃるように「カウンターシェイドの差」で、
言い換えれば「分割迷彩」か「単色迷彩」の差だと思います。

ちなみに、マーキングも補足しておきますと、
この2機はどちらも「CAG機」であり、
CAG機だけが尾翼に派手なマーキングをしているという事なので、
マーキングに関しては、ハイビジ、ロービジ関係なくCAG機だから、と考えて良さそうですね。

これは、エリア88しか知らなかったにわかが出来る範囲で調べ、考えた事ではありますが、
上記の理由で文面の撤回はせず、そのままとさせていただきますね^^


塗装ネタを教えてくれたことに、単純に尊敬と感謝を込めて、
ぼくが気づいた事じゃなくて、ありがたく教えてもらったことですよ!と
文中に名前を使わせていただきましたが、
イヴュマーさんの考えるロービジと違う部分で
名前を使われるのは不本意だと思いますので、
お名前のところだけ、削除しておきますね^^

少し意見を異にしましたが、貴重なご意見、ありがとうございました!

[2015/05/30 02:57] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
Finoも今回のモデグラとファインモールドの企画は素晴らしいと思います!

前もコメントしたけど、Finoは2セット揃える事にしました!
内1セットは武器セットも確定です!

今年は少なくとも10月まで余裕が無いので、それ以降にいずれ作ってやりたいと思います(*^^*)

まぁ、とにかく6月3日には手元に届く予定なので待ち遠しいッス!
[2015/05/30 17:13] URL | Fino(フィノ) #OsUMKdiU [ 編集 ] | page top
こんばんは。

ホントだ、CAG機って書いてる…え、CAG機ってなんだろ?…知らなかった。
うひゃ~恥ずかしい (´∀`*)ポッ

「CAG (Commander, Air Group) 機 / 司令官指定機」「アメリカ海軍の特例」

なるほど、今回のキットは、最終(最強)の D型で、なおかつ派手なマーキングにする為に CAG機をチョイスしていたわけですね。

むむ、しかし「作戦飛行が禁じられている」とされる CAG機にミサイル、それも長射程のフェニックスに至るまでのフル兵装が許されるのか詳しい方々にとって悩ましいところになるのかな?個人的には例外の例外(カミカゼ管理職!?)ということでべつに構わない気もしますが、そこは来月発売予定のスケールアヴィエーション(今まで2冊くらいしか買ったことない)を待つことにしますw

個人的な「ロービジ」の語感ですが、たとえば他愛もない設問式のネタ振りとして「ハイビジとロービジ、あなたはどっちが好き?」だとか、プラモの商品名としての「1/72 F-14A トムキャット(ハイビジ)」「同(ロービジ)」といったように便宜的にざっくり分けて使われるものといった感覚です。繰り返しになりますが語義としてかさばる兄さんの使われ方に異を唱えるものではありません。ではまた!
[2015/05/30 19:10] URL | イヴュマー #UzUN//t6 [ 編集 ] | page top
Finoさん、こんばんは!
3日くらいに渡って、大暴走しながら書かせてもらいましたよw
最後まで付き合ってくれてありがとうw

2セットいいねぇw
実際、2つあったら、片方をハッチオープンで作ってみたいね。
逆に悩まないでいいので羨ましいかも?w

あるいは、片方をベリーロジャースでやってみるとか?
(1/72のデカールとか売ってそうだよね?)
[2015/05/31 21:21] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
イヴュマーさん、こんばんは!

作戦行動が〜の部分はどうなんでしょうね。
ぼくもよくわかりません。
ひょっとしたら、SAに付いてくる武装を施した場合は、尾翼のデカールを貼らずに
このデカールを貼れ!っていうのがついてくるデカールの中にあるのかも?とか思ったり。

一番可能性の高いのは、「CAGを努め、2003には普及の自由作戦に参加して48回の爆撃任務を行った」とあるから、「実際、参加しちゃったんだからしょーがないw」で、そのまま気にせず装着?かなと思ってますw

ぼくは完全なにわかなので、どっちが正しいとか、言えるものでもないので、
僕が記事に使ったロービジの話をさせて頂きましたが、
それぞれの考えるロービジとか、感覚で全然いいと思います^^
言うなれば「ロービジは君の心の中にある!」みたいなw

こんだけいろいろ書いたわりに、一色で塗っちゃう可能性も高いんだけどねw
(下手くそゆえ)

[2015/05/31 21:30] URL | かさばる兄さん(かさ兄) #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/470-ebc2ca91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |