弱虫ペダル よくわかるストーリー解説その3(ネタバレあり)
定期的に、(普通の)オージェ、アトール、バルブド、アシュラテンプル、グルーン、エルメスを中心にリサイクルショップを物色してるかさばる兄さんですこんぬづわ。
プラモとは関係ないけど、Gibsonのフューチュラ入荷してたよ!さすがに30万超えてたけど。
本物初めて見たわ。いやぁ震えた。なに言ってるのかわかんない人は永野護のFool for the Cityのおまけページ読んでみよう!
そういやエルガイムも並べたくなって買っちゃった。HGのかっくいいの出てるのに旧キットについ手が。
最近のキットだとBANDAIさんの思惑通りに作るとかなりの水準でかっこいいのが手に入るんだけど、失敗しながらでもいじくり回して旧いの作ってる時はなんだか楽しいんだよね。
「楽」と「楽しい」は使ってる字同じなのに模型においては同義となりえないなんて不思議。

さて、週末書き貯め分、例によってネタバレ含みつつ(愛があるゆえの)ツッコミ満載で書き連ねていくので
先が楽しみなので今知りたくない!って人や歪んだ目線での解説が不快やねんって人はそっとブラウザバックでお戻りくださいね。
すでに原作読んでるし、別にいいッショ!(巻ちゃん風)って人はおつきあいよろしく。

いよいよ佳境。ケイデンスを上げ今泉に追いつく坂道。
ロードレースは心肺のマネージメントだ・・・ってわかってるんだけどなと、体当たりの坂道くんの愛に応えずにおれない今泉。ツンデレがここにも。

山岳賞残り500m!引き離されながらもケイデンスを上げた走りでなんとかくらいつく坂道。
だがそれをサポートカーから見る金城主将からはこんな言葉が。
「だがクライマーとして技術的に重大な欠点がある」
と、同時に今泉が腰を上げ、
「ダンシングをおぼえて出直して来い」と、ダンシングのやりかたを知らない坂道を引き離す。

・・・と思いきや、「さっき鳴子くんにならったんだ」と坂道くんもギアを2速上げて(体重をつかって漕ぐから重いギアが選択できるのです)ダンシングを始めたのだった!

「ダン・・・シング!!」驚く主将。

なんと鳴子はさきほどの根性注入時に、切り札として
「鳴子直伝、必殺ビックリドッキリダンシング」を教えていたのだ。

主将、驚いてるけど、教えてるとこもずっと並走して見てたんだから知ってたはずだよね?(謎)

再び今泉に並ぶ坂道に湧く車内。
「無理ッショ・・・ドリームっしょ」と冷ややかに見てた巻島が「行けえええええええ!」とアツくデレるw

そして山頂を制したのは・・・

小野田坂道!!

もうここで終わってもいいとゴンさん並の力をラストスパートに圧縮した坂道くんと
山岳賞は通過点でゴールスプリントの体力も残しておかねばという気持ちがどこかにあった今泉との気持ちの差が勝敗をわけたのだった。
でも今泉の判断は常識のものであって彼を責めないで欲しい。
本人はママチャリからのスタートをした素人に負けたので何を言っても言い訳と自分を責めるだろうけど。

そしてその代償に髪の毛が上に10mほども伸びた落車する小野田。
力を使い果たした坂道に田所が、ゴールしないと山岳王はリザルトに残らねぇ!残りは下りと平地だ!伝説作ってみせろ!」と激を飛ばすが立つ事すらままならぬ坂道。
金城からよくやったとリタイアを宣告され、坂道にとってのウェルカムレースは終了する。
監督が山岳賞の偉業をたたえ、風邪引くからこれに着替えなさいと渡した赤い水玉ジャージは
マイヨ・ポア・ルージュという山岳賞の選手だけが身につける事を許されたものだった。

そこへ鳴子が頂上追加。
坂道のやりきった顔をみて「優勝はまかしとけ!」とハイタッチ。
鳴子ホンマにええやっちゃやなぁ。

そして最後は今泉、鳴子のデッドヒートにより僅差で今泉が優勝。
次は最後のあの争いの中にぼくも!と決意を新たにロードレースにどっぷりとハマる坂道だった。


いかがだったでしょうか。
裏門坂レースとウェルカムレースをとりあげてみました。
またいつか、続きも書きたいですが、今回はこのへんで。

興味湧いた方はぜひコミックを手に取ってください。
楽しめる事うけあいです!
スポンサーサイト

テーマ:弱虫ペダル - ジャンル:アニメ・コミック

[2014/05/31 12:54] | 弱虫ペダル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<1/144 オリジナル・オージェ(AUG)(その4) | ホーム | マジンボーンの新発売等。2014/5/30版>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/47-d54e274d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |