考察!Gのレコンギスタ 第24話「宇宙のカレイドスコープ」(前編)
おはようございます^^
いやぁヒドイ頭痛だった。(偏頭痛持ち)

昨日、緊急的に上げた文をさっき自分で読んだ。
Gレコの日にもGレコ観てない人も楽しんで貰えるように
関係のない話をイントロに入れるようにしてるんだけど、
その「イントロのトーク」という意味合いのつもりで、
「枕トークも火器直します」って書いてる自分がいたw
枕トークって言ったらあれだ、情事の後のピロートークじゃないかw
そんな他人に見られたら200%自殺したくなるような、トーク書いてどうするんだ?と自分を責めたいw
しかも火器直すとか(書き直すのつもりだったらしい)
ぼくは整備工かw(整備工には憧れがあるけど)

そういや関係ない話に飛ぶが、
カルビーが「食感が悪い」という理由で14万個ものじゃがりこ(チーズ)を回収してるらしい。
食べても健康への被害はないという。

製造日が2/3で、容器の裏面に製造工場を見分ける「G」の記号がある商品が回収対象になる。
2月下旬以降、買った人から指摘が相次ぎ、社内調査を進めた結果らしい。
商品を送ると購入代金を返してもらえる。

で、提案なんだけど!

食べても大丈夫な製品で「食感」だけが悪いわけだからさ、
普通の商品はどうしようもないだろうけど、
じゃがりこだけに許されたスーパープレイがあるので
それで凌ぐのはどう?と強く提案したい。
文句を言う前に工夫だ。
災い転じて福となす!w

以前にも紹介した「じゃがりこサラダ」に作り変えてしまえばいいんだよ!

見たことあるけど、やったことない人はこれに乗じて、一度試してみないか?
サラダの上に乗っけると誰も、元お菓子とは思わない恐ろしい出来!
類似品ではできないじゃがりこだけの必殺技です!
以前も書いたけど、再びレシピ紹介。

じゃがりこさらだ

まずはじゃがりこチーズ味(赤いやつ)を買ってきてフタを開ける。
全種類試したが個人的には赤が一番美味しい。

じゃがりこさらだ1

次に沸騰したお湯をスティックの7~8割まで入れる。
薄すぎなければあとでも濃度調節可能だから、初めは7割を目安にするといいかもしれない。

じゃがりこさらだ2

そしてしばらく放置すると、じゃがりこがお湯をすってふにゃふにゃにふやけるので、
スプーンで混ぜる。
完全にマッシュポテトと化します。あとは食うだけ。
食感見ながらお湯を足して好みの粘性に調整するのですが、
入れすぎてしまった場合は、いっそさらに足してスープにすることも可能です^^

晩御飯のサラダにのっけてもいいし、そのまま食うも良し。
職場の昼ごはんに一品プラスしても良しなので、ぜひお試しあれ。
有名なレシピなので、やったことある人多いとは思うけど。
本当に美味しいよ!
未経験の方は、ブログ書くネタになるか!とやってみてくださいな。
安いし。
家族と盛り上がれるよ!w


YGS.png
<MAユグドラシル キット化される可能性は限りなく低い?>

例によって「かさばるさんという名のフィルター」を通した考察なので、
かさばる兄さんはこれ見てこう感じたのね、くらいに軽く楽しんでくださいね。
いろいろ予測もしますが当然外れる事も多いはずなのでそこのとこもよろしく。

あと、まんまと富野監督にだまされたり、読み込みの浅さで解釈のミスもありますが、
それはそれで楽しいので、あえて変更は致しませんので、そこのところもよろしくお願い致します。

では準備OKの人は 続きを読む をクリックお願いいたします。



Gのレコンギスタ24話<前編>

寄ったカメラでは全貌の掴めないほどの巨大さを見せるフルムーンシップ。
そのジャイロを思わせるフレームの傍らに、赤いピラミッドが浮遊している。
前回で登場の、キア隊長考案の移動砲台とも言えるMAユグドラシルの威容であった。

「ジット団からご提供いただいた(MA)ユグドラシルを実戦に投入できれば、
アメリアの残存兵力などは、簡単に全滅させられるでしょう。
これが出来るのも、マニィ=アンバサダ。みんな貴様の活躍があったからだ。」

皆の前でそう言いながらマニィに握手を求めるバララ。

「そう言っていただいて、光栄です。」
握手に応じるマニィに

「アタシはいっぱいいい思いをさせて貰った・・・大事にす(る)んだよ」

と耳打ちするバララ。
マニィの巨大過ぎる武勲に身を引いたのか
マニィのいない間のマスクの様子に思うところがあったのか。
恋の戦況不利と看てとると、被害が大きくならない内に撤退命令を自身に出すあたり、
恋愛の指揮能力もかなり高いのかもしれない。
バララ=ペオールの胸中や如何に。

ヤンと雑談しながら、ハンガーへ向かうマスク。
「カバカーリーってクンタラの守護神の名前なんですか?」と、問うヤンに
「いや、クンタラの魂の安住の地、カーバの守護神。カーリーというのが正しいですね。」とマスク。

「この機体には(名前が)お似合いですけど、ジット団はいろいろ作ったんですね。」と、降り立ってくるローゼンタールに話しかけるマニィ。
クンやチッカラが部品を運び込んだおかげで、地球圏に辿り着くまで、MSやMAの組み立てに追われて大変だったとこぼすローゼンタール。ゲイっぽいキャラのわりに、女性に話しかけるのがけっこう好きなようである。
ゲイというより女性的なだけなキャラなのかもしれない。

ラウンジのガラス面からバララの搭乗するMAユグドラシルを見守るマスク達。
そのカメラアングルには、マスク、マニィの他にフラミニア・・・・そしてなんと、ロルッカとミラジ!が映っている。
この二人に関しては、スペースを取って後述する。

「大尉、本当に(バララのMS)ビフロンは壊していいのですね?」と問うフラミニアに
「あれはもう限界ですから、本人に始末を付けさせるのです。」とマスク。

一度か二度登場しただけで、そんなに使ってないビフロン。
むしろ酷使としてはマニィが近づいてきた時にも出撃した、
マックナイフの方が使っているはずなのだが、
調整の難しさとか、ひょっとしたら描かれていない「法王奪還作戦」でけっこう痛手を負ったとか?
ドレット艦隊と別れてから、応急修理以上のことができないというのもあるかもしれない。
でも一番の意味は
ドレット艦隊から供与されたMSを自らの手で破壊することによって、彼らとは繋がっていないという政治的パフォーマンスであろう。

「ここの人たちって軍人に憧れてるみたいですね。」と、
フラミニアやロルッカ達が離れてから、ふと感想を漏らすマニィ。
「ヴィーナスグロゥブを見てきたのだろう?平和すぎるとあのような人が出てくるのさ。」と応じるマスク。
マニィの首に掌を当て、
「俺はまニィがこうやって居てくれるから戦えるのだと、今回マニィが居なくなって思い知った。」
「・・・だったら私の願いを聞いてくれます?」
その甘い言葉を受け止めながら意を決したようにつぶやくマニィ。
「ああ、聞くぞ。何だ?」
首から肩に手を置き換え、その分身体の距離を詰めるマスク。
女性らしい、恋人が求めるような何かスィーツな願望を想像、あるいは期待したのだろう。

だが、凛とした瞳でマニィはこう言い放った。
「ベルリと友達になってください。」
ベルリは今だマスク大尉の仮面の下を知らず、歩み寄るのであればそれはマスクからでないとあり得ないのを解っているマニィならではの願いであった。
マスクを外して、ベルリと相対する。
それだけで、Cアーミィとアメリアが、わだかまりを捨てて手を取り合う。
そんな夢の様な出来事へのグレートファーストステップになるのではないか?
マニィがこの戦争における自分の重要な役割はこれだ!と、
ついこないだまで過ごしたクレッセントシップでの日々に、決断をうながされたのかもしれない。

「それは駄目だ。あいつは母親の家系の力で、将来を約束されたような男(ヤツ)だからな。」
マニィに背を向け逡巡無くそう言い放つ、あまりにも狭量な世界観で自身の正体を隠しながら戦う自身の想い人にマニィは辟易しながらも、
「それ、誤解です!」と左半身側からマスクに正対するように身体の角度を変えながら強く声を掛ける。
「アメリア軍の総監の娘とも手を組んだものだから、独裁者のようなものに成る!」
身体の角度を右半身側に変えながら、相対しようとするマニィにさらに背を向けて言い放つマスク。
「アイーダとベルリは姉弟なんですよ!
トワサンガのレイハントン家の子供で、赤ん坊の時に地球に亡命させられたんだって!」
バカなと吐き捨てながら
「それが本当ならますます権力者になる血筋じゃないか!
人に食われる過去を持つクンタラなんぞ、虫けら以下に扱う奴なんだよ!」

宇宙空間を進むユグドラシル。
やはりピラミッドの底面にメインブースターがあるのだろう。
頂点側に進んでゆく。

そこへ、あらかじめ配置してあった、トワサンガから譲り受けたMSビフロンが、自動操縦でユグドラシルに攻撃を始める。
そのビームを表層に可視化したカレイドスコープ(万華鏡)を思わせるバリアでたやすく弾き、
リフレクターバリアの性能に満足するバララ達。(3人での操縦)

次のビフロンの一手はどうくるんだ?と、
元ビフロンのパイロットであるバララの意見を期待したクルーだったが、
バララのアドバイスは「そんなもの知るか!」であった。
スマートにオトコを譲り渡す恰好でプライドを守ったバララであったが、
やはりスッキリしないのかもしれない。

そう言い放った瞬間には、ユグドラシルの瞳に相当する部分から曲線を描く緑色のビーム(テンダービーム)がビフロンに絡みつき、その期待を爆発四散せしめるのであった。

その破片の中を先ほど自らが名づけた黒いMS、カバカーリーで進みながら、その威力とバララの腕前を咀嚼するマスク。

バララに具合を聞こうと、ビームライフルの先端をユグドラシルの一角にコツンと当ててより会話を鮮明にしようとするマスクだったが、少し意地悪をしたくなったバララがその工程を5回もヒラリと躱し、「どういうつもりだ!」と怒るマスク。
「ふざけたんじゃ、ありません。機動テストです。」
「確かにな。」予見できぬほどの見かけを超えた機動力に納得せざるを得ないマスクに、
「では、ユグドラシルは当初の予定通り出撃します」と一顧だにせずマスクとの距離を開くバララ。

選び取ったスクールの頃からの馴染みには、自分の苦しみを理解してもらえず、
ついこの間まで蜜月の間柄だった女には突き放されたマスクの胸中や如何に。

一方、巨大な威容を誇るカシーバ=ミコシ。
不気味な明滅を繰り返しながらも、艦長などスタッフが描かれることもなく、
文字通り、徹底的に「神輿」として描かれている様子。

そこに接舷したメガファウナがカメラに映っている。

「・・・私達が行ったところはロザリオ=テンとオーシャンデスクだけですから、
ヴィーナスグロゥブの1%も見ていません。」
接舷部を渡り、まさに救出されている法王に旅の事を語るラライヤ。
「ヴィーナスグロゥブのラ・グーという方は?」
優しげな瞳で、ノレドを見ながら話を聞く法王。
「とてもおもしろいファッションで、いつもごめんごめんと」
「謙虚な方でした。」とノレドとラライヤ。
その、フィルターの通らぬ率直な意見を咀嚼しながら「200歳・・・」とだけつぶやく法王だった。

果たして、その接舷部の果てに待っていたのは、アイーダ?スルガンとベルリ・ゼナムであった。

「第2ナットのハイアーンでは、母とクンパ大佐がお待ちしておりますので。」
案内してくれたベルリにお礼をいいつつ、カシーバ=ミコシに接舷していたアメリア艦隊が居ない理由を問う法王。
法王とカシーバ=ミコシの確保という、良いカードを手中にした上でドレット艦隊に停戦協定を申し込んだグシオン総監であったが、その返事の遅さを疎んじて直接話をつけに出て行った模様。

「ザンクトポルトから、この低軌道まで戦ってきた艦隊同士が、停戦するなんてことあるんですか?」
と率直な疑問を法王にぶつけるベルリ。
「あのカシーバ=ミコシを返すというのであれば、可能でしょう。
カシーバ=ミコシにはそういう力が(価値が)あるのです」と法王。

「そのような存在は無視する時代だとラ・グー総裁はおっしゃっていました。」
法王に飲み物を渡しつつ伝えるアイーダ。(もともとカシーバ=ミコシが嫌いw)

スコード教の教義やタブーの成り立ちが忘れ去られるようになったことを
お二人のご両親は恐れていました。」

「ご存知でしたか」とアイーダ。

最後に「良い旅を」と声をかけて、ランチで法王ご一行を送り出すアイーダ達。
目的地は第2ナット、ハイアーン。

それを目視したクリムとミックのMS。
「我々も行きますよ!」とクレッセント=シップに向かう二機だった。

中ではついさっき、フルムーンシップのラウンジに居たはずの(笑)、ロルッカがクリム達を出迎え。  
「掘り出しものだと思いますよぉ、このダーマとダハックは」

どうやらダハックというMSにダーマというMSが装甲のように被った、マトリョーシカ構造のようだ。
チラリと見えるMSダハックの顔にはVの字のアンテナの意匠が施され、まだ誰も語ってはいないが「G系統」を予感させる。

ダハックを吟味するクリムにご機嫌で寄りかかるミック。
三本足で四肢が遠隔攻撃武器?になるMSトリニティが自身に供されたというのだ。
受領手続きを行いながら、すぐにでもテストしたいとクリム。
「姫様!」とアイーダの到来に気づく、ミック。

「法皇様をお迎えくださったとか?」とミック。
「クリム、感謝します。」
低重力の床を軽く蹴って距離を詰めてくるアイーダ。
「姫様に喜んでもらえるのは嬉しい。」と両手を広げて出迎えるクリム。

「昨日のサラマンドラの動き(2勢力を相手取った命がけの陽動)があったから、私達は法皇様をCタワーにお戻しすることができたのです。」
すこし「しな」を作りながら、クリムを称えるアイーダ。

「ご無沙汰です!すごいっすね!コレ!」
二人に配給された新型MSをを大仰に指差して、アイーダの援護射撃をするベルリ。

「ジャハナムもヘカテーも戦い続けて、かなり傷んでいたからな。」
「こういうものを持ってきてくれなかったら、一生恨みましたよ。」とイタズラっぽく逆説的に「持ってきてくれたわけだから前回の苦労も許す!」とミック。
「本当に(苦労をかけて)ごめんなさい、ミック=ジャック」と目を伏せて頭を下げるアイーダ。
隣で目をつぶりながら、その相方への謝意を咀嚼するクリムにも向き直ったアイーダ。
「クリム=ニックにも本当に迷惑をおかけしました。ごめんなさい。」
それを手で制して、
「クレッセントシップの手土産は、そりゃ感動しますよ。」と許すクリムとミック。

久しぶりに相対する、やや道の別れた感もあった二人との関係性を、
新型MSをという手土産があったとはいえ一瞬で修復した自身の姉を、
声には出さず「すごいな、姉さん」と感嘆するベルリだった。

ドレット艦隊宙域。
久しぶりに登場のノゥトゥ・ドレット将軍。
書類を手にしながら幕僚たちと軍議をしている。

「アメリア軍が(申し入れてきた)Cアーミィを、上と下から叩こうという作戦は、半分は停戦の申し入れである。」
「アメリアのズッキーニ大統領が、我々のCテリトリィへの移住も認めているわけですから。」とターボ大佐。
「これは和平交渉なのだろう?」とマッシュナー中佐。

「体裁はそうなのですが、アメリアはカシーバ=ミコシを抑えたのです。」交渉で後手に回ってしまった事を認めざるを得ないとターボ大佐。

「ロックパイの仇を討たせてもらってからなら、戦争は辞めましょうよ?」と公私混同のマッシュナーに「またそれか。」と吐き捨てるドレット将軍。

一方虚空を滑るように進む、クリムとミック。
拝領した二機のMSをは調子が良さそうで、そのままラトルパイソンにテストを兼ねて直行するのだった。

到着するなり、艦長室に踊りこみ、
クレッセントシップとカシーバミコシを抑えて有利に立った我軍が何故、停戦協定なのです?といきり立ってグシオン総監に直訴するクリム。

「ドレット艦隊と連合してCアーミィを叩くためだ。」
ドレット艦隊を信用出来ないと吠えるクリム。
援護するようにミックも「サラマンドラには耐熱フィルムもコーティングしてもらいましたから」と、自軍の戦力アップの報告をする。
地球に降りても勝てるんですよ?と逸るクリムに、とうとう口火を切るグシオン。

「・・・あのな、ドレット艦隊だって疲れているのだから、地球に降ろさせてからと考えるんだ。」
「地球に降ろしてから・・・?」
さらに問いを重ねようとするクリム達に
「その後のことは、自分で考えるんだな、少年。」と血気にはやる若さの槍を軽くいなす老獪なグシオンだった。


その頃、第2ナットに到着した法王。
廊下ですれ違った若い兵士達は、どけどけ!と資材を運んでいる。
その非礼を詫びながらクンパ大佐が登場。
第1、第3に続き、このハイアーンも軍事基地にするCアーミィを責める法王であったが、ここを最終防衛ラインにしたいのです、とクンパ。

あてがわれた私室には、ウィルミット=ゼナムが待ち構えており、法王の人質の労をねぎらうのだった。

それを横目で見ながら、ナット内部を徘徊するクンパ大佐。
ジュガン指令の元へと向かう。

仮設された司令部には、今まさにノーマルスーツのチャックをあげようとしているジュガン指令が居たのだった。
「なんで司令自らが出撃なさるのです!?」
「ドレットとグシオンの艦隊が合流するというのなら(その真意を)確かめたい。」とジュガン。
 「・・・我々にはアメリアの大統領を狙い撃ちにできるミサイルがあり、マスク大尉はフルムーンシップの協力を取り付けたのです。」
状況を説明するクンパに
「・・・あのな、戦場の臨場感を知らねば、指揮は取れん!」とヘルメットを拾い上げながら退出するジュガン。ベッカーという陣頭指揮を取れる手駒を失ったので、マスクを擁するクンパと違い、そうせざるを得ないジュガンだった。

・・・ドレット艦隊は絶対にCタワーを破壊はしない。
なのに、戦争をしたがる地球人というのは、腐りきっている!
憤るクンパ。

ブルジンから発進するウーシア二機を載せたゲタ。
ゲタの中にはジュガン司令その人が乗っている。
  
「ドレットとアメリアが合流している空域に(宙域)向かうが、
アメリアにはカシーバ=ミコシもクレッセントもついてるわけだから
(圧倒的に有利なカードを持つ)グシオンがドレットと手を結ぶとは、どうしても思えんのだ。」
とクリムと同じ戦略眼のジュガン。

「ブルジン、行くぞ!」とブルジンにも声を掛けて、先導するゲタ、あとを付いてくるブルジン。

<前半了>


どうでもいいけど、デレンセン大尉が死んだ直後、
その穴を埋めるように大尉に昇進したマスクが
「法王を奪還してカシーバ=ミコシをその掌中に収めた」という巨大な武勲を建てた割に、
少佐には昇進しないのな?
謎だw

クンタラ=コンプレックスという状況に半ば酔いながら、
成功的な状況を羨んでベルリを逆恨みするマスク。
ベルリに「このクンタラが!先輩ヅラすんじゃねぇよ!」などと言われた事などないというのにね。
他者の成功や状況を嫉む自身を、格好悪く見せないために、
クンタラという言葉を人質にしてるだけのように見える。
「自分が虐げられている」などと、酔いしれ、そんな自分を社会的に攻撃できまいと声高に叫ぶ人間は、
まず自分自身に責任がないか?と問うことができなかったりするものだ。
その狭量な世界観が、この戦争をどこに引っ張ってゆくのか。

ユグドラシルの意匠は、ピラミッドに瞳という、
エジプト神話におけるホルスの目であったり秘密結社のシンボル、プロヴィデンスの目であったりするが、どちらにも「神」の力が関わっているとされる。
その力はいかほどなものなのか?
単にビーム出力が高いのか?あるいは精神的な変調を促すような兵装なのか?

カシーバ=ミコシの引き渡しによって停戦が可能という話で通ってるが、
カシーバ=ミコシは本来、ヴィーナス=グロウブで生産されたフォトン=バッテリーを地球圏の人々の為に、クレッセントシップでシラス5に運び、そこでトワサンガの人々の必要分を差引いた分を積載して、ザンクトポルトに運ぶための輸送船でしかない。
レコンギスタによって地球を再征服するために地球を干上がらせるというカードを切れるようにするために、確保したいという事なのだろうか?
それって「、レコンギスタ作戦の一環として始まっている戦闘を停止してまで優先することではないと思うが。
それとも宗教のシンボルを手元に置いての人心の掌握や大義の置所といった話なのだろうか?

戦争をしたがる地球人というのは、腐りきっている!
って怒ってるクンパさん。
けど、人類に(地球に)弱肉強食を持ち込んで闘争の果ての強さを求めたのは、
クンパ自身ではなかったのか?w
どうしたいのか?なんかブレてる気がする。

ブルジンを一緒に現場に向かうならジュガンがゲタに乗るのは、
ただ、危ないだけで何も意味がない気がする。
ブルジンのブリッジでいいじゃん?w

今回も突っ込みどころ満載の24話前半。
後半の戦いはカレイドスコープのように、命の花が輝くのか?

次回でお会いしましょう!

スポンサーサイト

テーマ:Gのレコンギスタ - ジャンル:アニメ・コミック

[2015/03/17 22:17] | 考察!Gのレコンギスタ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<考察!Gのレコンギスタ 第24話「宇宙のカレイドスコープ」(後編) | ホーム | 進化の途上で淘汰されるものもある。>>
コメント
宇宙のジャガリコスコープw

全体的に金星の人とか、好戦的で
アーミーとは仲良くやっていけそうですよね。

仲悪くなったら最悪の事態を起こしそうですけど(笑
[2015/03/18 10:52] URL | ハマシ #- [ 編集 ] | page top
どーもー。Finoです(^-^)

昨夜のレアな更新記事…拝見していたのですが、あまりにも痛々しくて、コメント控えました(;´∀`)

で、もう大丈夫ですか?

偏頭痛…ツラいッスよね(;´Д`)
Finoも若い頃に車で無茶して事故った(←軽く二桁)後遺症のムチウチで偏頭痛持ちです。

一回偏頭痛が発症すると、視界は狭くなるわ…思考回路は停止するわで何も手に付かなくなりますよね(;´∀`)

かさばる兄さんも無理せずに、お身体ご自愛ください。

…って、一ケ月前の豆腐食って入院し、煙草が吸えないって理由で強制退院してきたヤツに言われたくねぇッスよね(;´∀`)てへっ。

じゃがりこ…そういえば、まだ試してないや…。
タイで見かけなかったんで(;´∀`)

今回のGレコのMA…。
何も語りたくない…つか、呆れてモノが言えん(;´∀`)
コレ…形状からくる神秘のパワーとか秘めてるんッスかね?(;゚Д゚)
[2015/03/18 12:53] URL | Fino(フィノ) #OsUMKdiU [ 編集 ] | page top
ハマシさん、こんばんは!
そうそう、戦いに憧れているというのはわかる気がするんですよね^^
凄惨な内乱もないままに、研ぎ澄まされた前世紀の兵器を研究、組み立てしてりゃ「試してみたい」という気持ちがムクムクと首をもたげても不思議じゃないかな?と納得できますよね。

最終的にはお互いが、お互いを裏切る気もするけどw

じゃがりこスープも試してみたいんだよなーw
[2015/03/18 20:34] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
Finoさん、こんばんは!
昨日はお見苦しいところをお見せして申し訳ないw
普通なら、調子悪けりゃ、書かなかったらいいじゃない!
なんだけど、毎日更新を掲げてると
、眠い時と、なんかしらの病気の時がツラいねw
昨日ほどどうしようもない事態だと、
「病気自慢」や「寝てない自慢」は個人的には嫌いなんだけど、
事情を書いて寝て、翌日に楽しい記事に書き直す方策を取ることにしたよ。
そしてやっと前半書き上がったw

そうそう、ぼくもムチウチ持ちで、冷えた時以外にも、
首の位置というか枕との関係性がうまく行かなくて眠れない時とかもあるよ。
昔、出勤途中に、後ろの車が携帯観てたか、バニティミラー観て化粧直ししてたかで、ぼくのビートに突っ込んできて、サンドイッチ喰らったという;;

ユグドラシルの「テンダービーム」の性能は果たして?
それは後編でのお楽しみ!ということでw
[2015/03/18 20:41] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/368-364e1c1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |