考察!Gのレコンギスタ 第23話「ニュータイプの音」(後編)
みなさん、こんばんは!
ジ・アンダーテイカーです!(知らんっちゅーのw)

買ってきた今月号のNEWTYPEの表紙が
破裂の人形なんだけど、
AF(ファティマ)に猫耳がついてて驚いた!
永野センセがそれをやるのかあぁぁぁぁぁぁああああw
永野護も人の子だったというわけか・・・w

ショックでなにも手につかないので、
今日Gレコは遅れますー。

(人 の せ い に す る な w)

GRH.png
<マニィが友情より愛情!で奪い去ったMAジーラッハ>

例によって「かさばるさんという名のフィルター」を通した考察なので、
かさばる兄さんはこれ見てこう感じたのね、くらいに軽く楽しんでくださいね。
いろいろ予測もしますが当然外れる事も多いはずなのでそこのとこもよろしく。

あと、まんまと富野監督にだまされたり、読み込みの浅さで解釈のミスもありますが、
それはそれで楽しいので、あえて変更は致しませんので、そこのところもよろしくお願い致します。

では準備OKの人は 続きを読む をクリックお願いいたします。

お待たせしました!


23話後編>

アイキャッチは行きクリム戻りベルリ。

かろうじて爆発の光が目視できる距離だが、戦闘距離ではない。
そんな距離から戦場を眺めるラライヤとノレド。
破片にあたっても爆発は起こるとか、そんな話をしながら現実味のない遠い世界のような閃光が幾重にも花開いている。
だが、光が明滅する何度かに一回は、人の命が尽きているのだった。

「ビームの元を狙うんだ!・・・邪魔だ!」
混戦の中指図しながら、ロックパイのMSガイトラッシュにミサイルを叩き込む。

ビームカーテンの間隙をついたその攻撃が的確に天使の輪の半分に着弾したのはその天賦の才能の為せる技か。
いきなりビームカーテンの半分を失うガイトラッシュ。

ほぼ反射的に反撃をするロックパイ。
だが出当たり的な攻撃が、天才クリムに致命傷を与えることなど能わず、さらなるクリムの追撃を許してしまい、たまらず後退するロックパイ。

それを深追いなどせず、母艦サラマンドラを注視するクリム。
「かなり我々はフルムーンシップと離れてしまったんですぞ」という艦長に、グシオン総監(前半でスルガンって書いてたwひさしぶりなんで忘れてたよw)と連携しているゆえ、こちらで敵をひきつければひきつけるほど、グシオン総監がカシーバ=ミコシに接触することが容易くなり、作戦が成功へと帰結するはずだとクリム。
「おいしいとこ」を持っていかれる陽動の囮の立場に、歴史に名が残らぬと、不服気味の艦長。

そこへミックが「後方でクノッソスとブルジンが戦争をやっているんですよ!」と慌てて報告にくるが、「敵同士の殺し合いなど、好きにやらせておけ」と断を下すクリム。下手にやぶへびを突いて、両軍が一気亜成にサラマンドラに襲いかかってきては、持ちこたえれるかどうかもわからないのだ。

艦砲攻撃でMSを支援しようと、クノッソヅと距離を詰めて戦うCアーミィの戦艦ブルジン。
だが裏返せば、敵の攻撃に身を晒すことになり、その事がベッカーを少し苛つかせた。
「MSを放出しただけで、引っ込んでいればいいものを。」

その視界に、先ほどクリムと1合を交わして後退を余儀なくされたロックパイの機影が映ったのだった。

コックピットの中のロックパイ。
マッシュナーがクノッソスを前に出して、艦砲射撃で援護してるのを見ながら、やはりMS乗りとして、雉も鳴かねば撃たれまいに、といったベッカーと似たり寄ったりの心境。
半分の面積を奪われたビームカーテンではあるが70~80%の出力が出せることを確認して、「マッシュナー!艦長任せにしちゃいけない!」
声をあげるロックパイ。

多分だけどビームカーテンを半分失ったことにより、壊されたところへ配分してたパワーを残ってる方に振り分ける事が出来、50%ではなく70~80%の出力が出せてるのかも知れないね。

その言葉に同調したのか、被弾するクノッソス。
「回避運動遅いでしょ!」
「貴様がさっさと撃ち落とさないからだ」
艦長と司令という2大巨頭の、ちぐはぐな指示に部下たちは混乱しているのかもしれない。

地球側からそーっと近づくGセルフ。
あまりもの苛烈な戦闘の模様に「これ以上は近づけない!あのブルジンが出しゃばったから(混戦になったんだ)・・・何?!」
ひとりごちた瞬間に衝撃がベルリを襲う。
それはビームでもミサイルでもなく、ラライヤが面倒をみているはずの、テン=ポリスのMS、ポリジットがGセルフにぶつかってしまった衝撃だった。

「すいません!・・・光に見とれてしまって・・・。」

動揺を絵に描いたようなフワフワした動きを見せるポリジット。
怖がっているという心情を掴むベルリ。 

そこへGルシファーが登場。
ポリジットを掴み、「編隊を解かないでください。」と駆けてきたのだった。

「あの光に惹きこまれちゃって・・・。」

「ええ?惹きこまれないよぅ?」とノレド。

その言葉はテン=ポリスで警察をしている、自身よりも遥かに年輪を重ねたMSパイロットよりも「戦争に慣れて」しまっている証明であった。

「怯えていれば、そういう心理にもなる。」

人の命の散り際が見せる爆散の花びらが、人の怯えた心につけ込んで手招きしたとしても不思議ではないのかもしれない。

「援護はさせなぁぁぁい!」
「地球人の(MS)ウーシア?」
迫り来るベッカーに合わせてMSを半身ひねり込み、ビームカーテンの残った右側の肩口を、闘牛よろしくウーシアに向けるロックパイのMSガイトラッシュ。 

「ビームのカーテン?」
初見のベッカー。
とりあえず部下とともにビームライフルを撃ちこむも弾かれる。

自身を繭のように包みながら

「あのな!元々の出力が地球人のMSとは違うんだよぉぉおお!」
ビームカーテンのもたらす無敵感に酔いしれるロックパイ。

「理解れよ(わかれよ)!地球人!」

ビームカーテンの出力元の2,3の電極を、全体の指令から外して束ね、ムチのように細切れのカーテンを形成して攻撃に使うロックパイ。
その光のムチはあっけなくベッカーのウーシアを捕らえ、ガイトラッシュから次々と供給されるエネルギーの奔流に耐えかねてベッカーの命共々爆発するのだった。

その輝きが、さきほどのポリジットにつけこんだ。

「ひ、光が!」

友軍機を強く締め上げるわけにもいかず、軽めに抑えてたGルシファーの拘束を易々と抜け出し、ベッカーの断末魔の光へと高速で向かってしまうポリジット。

「ラライヤ停めて!」
「行かないでください!」
異口同音に叫びながら、なんとかしようと思うGルシファーをまたも制して止めるベルリ。
「戦争は無駄死にを呼ぶから・・・ノレドとラライヤはそこから動くな!
ぼくはGセルフの義務を果たす!」

たったひとりでパーフェクトパックを吹かして、飛び出すベルリ。

だが、先にガイトラッシュの元に辿り着いたポリジットは、
「わああぁぁぁ!」と恐慌の叫びとともに、弾丸を叩きつけていた。

「なんだ?このMSは」
ベッカーを屠ったロックパイ。
突如現れた所属不明のMSに疑問符が浮かびつつも、やることは見えているので、ビームカーテンを展開。
ポリジットの火器がカーテンを破れる展望はまるで見えないのだが、死神に魅入られたテン=ポリスは、その場から一歩も動かず、ひたすらにエネルギーの浪費でしかない銃撃をつづけているのであった。

その異様な攻撃に「正気か?」とベッカーに対して用いた攻撃手段でポリジット本体を絡めとるロックパイ。

「駄目だぁーーーーーーーーーーー!」
その光景を、後から追うベルリが目の当たりにするも、無残にもポリジットを捕らえたビームカーテンはその死神の握力を発揮して、MSを爆発炎上せしめるのだった。

戦場に現れたGセルフ。
隊長を失ったウーシア達が、フォトントルピードの恨み!と言わんばかりに、Gセルフの火線を集中させる。
ビームの効かないガイトラッシュよりも与易し!とみたのかもしれない。

だがパーフェクトパックは、リフレクターパックの性能を発揮し、ビームライフルを無効化してしまうのだった。

すかさず、反撃にでるベルリ。
ビームライフルの超絶照準でウーシアの武器をはじめとした攻撃手段を奪う。
多分スーパーロボット対戦に出たら「射撃」が高いはずだw

「その姿っ!Gセルフか!」
ガイトラッシュの頭部からビームの乱打を浴びせるロックパイ。
だが、シールドで全て受け止め、
パーフェクトパックの恩恵によるのか、高トルク(パックの機能の)パンチを繰り出すGセルフ。
超至近距離でパンチからヤクザキックの連携を決める。

「勝ったつもりだろうが、コチラの付け目!」
吹き飛ばされて距離が開く寸前に、ビームマントを展開、そのままGセルフをくるもうとするロックパイ。

包む使い方なら、当然目の前のガイトラッシュの前面は無防備なわけで、そこを反射的に見ぬいたGセルフのビーム攻撃が貫く。

「な、なにぃいいい!?」

うろたえつつも、沈まぬガイトラッシュに
できれば使いたくなかった最大火力をやむなく使う決意を決めたベルリ。

「・・・アサルトモード・・・使います!」
これまで、宇宙用パックモード、フォトントルピードモード、リフレクターモード、高トルクパックモードと、全てのバックパック+αの働きを見せてきたパーフェクトパックが最大火力を発動。

「マッシュナー!!!!!!」
断末魔の叫びは恋人の名前だった。

全身を一瞬紅に染めたGセルフからビームの奔流が放たれる。
ガイトラッシュとロックパイを巻き込みながら、無敵の兵器をただの爆発の光へとその存在意意義を還元してゆく。

虫の声と言うべきか、タイトル通りニュータイプの音とすべきか。

クノッソスのブリッジの中で、突如、愛するロックパイの存在が世界から否定されて喪われたことに気づくマッシュナー。
その事実に、経験に、現象に、身体が脱力して低重力の中、流れてゆく。
「ああ、アタシのオトコが・・・」
何の裏付けもなく確信するマッシュナー。

一方ベルリも人が死んだ事を共感してしまう。
ガイトラッシュの破片をコンコンと装甲にシャワーのように浴びながら、
体温が奪われてゆく。
人の死の感触なのか。

アサルトモードの威力を目の当たりにしたウーシア達が、トワサンガの新兵器?データを取ったから戻って検証する!などと適当に理由をつけてその場から、逃げ出す。

心配になって、後から追ってきたGルシファー。
動かぬGセルフをおかしいと思ったのか、

「ベルリ、動きなさい!」と機体を寄せるラライヤ。
「ベルリ、死んでるんですか?ベルリ!ベルリ!」と必死なラライヤの後ろで火器管制を担当するノレドが冷静にクノッソスにメガビームキャノンの照準を定める。
実際的で冷静なノレド。

発射されるGルシファーのビームキャノン。
ロックパイを喪い、茫然自失となったマッシュナーのおかげで、攻撃に未練を残さず回避運動に集中できたぼが功を奏したのか、ギリギリで躱すことのできたクノッソス。
窓から見える紅の光に、「ロックパイを殺した光っ」と視線を奪われるマッシュナー。実際は違うんだけど、もちろんマッシュナーには知る由もない。

避けたビームキャノンの射線がブルジンとも交錯しており、回避運動に入らざるを得ないブルジン。
その隙をついて後退するクノッソス。
実は両艦ともに、所属のエースパイロットを失っているとは思いもしないわけだが。

「私は素人だ、バカモノだ!こんな戦争の中にロックパイを入れれば、宝を失うはめになるのは理解っていたはずなのに・・・」

廊下に出て、涙を止めもせず流れるがままにオトコの死を哀しむマッシュナーだった。

「接触回線、繋がった!どこが痛いの?!ベルリ!」とラライヤ。
「痛くはないけど・・・寒いんだ。」力なく答えるベルリ。
パイロットスーツのヒーターがおかしいのかと、問うもヒーターは万全。
汗もかいている。
「戦いが嫌だったんだ・・・?」とその寒さが肉体的ではなく感覚的なものだと悟るノレド。
自分はGセルフに乗ってたから助かったけど・・・。と分析するベルリにラライヤが厳しく詰め寄る。
「相手も同じことです。Gセルフのベルリだって、戦死すろことはあります。」
自身に向けてこれまで考えもしなかった、デストルドーに
「Gセルフでだぞ!パーフェクトバックパックもあるんだろ!」
思わず声を荒らげてしまうベルリ。
「名前で勝てたり、生き残ったりします?」
「名前なんて作った人の希望でしょ?保証じゃないよ。」とノレド。

「・・・それは・・・そうだけど・・・。」

そこへ現れたケルベス率いる残りのメンツが追い付いてきた。
遠くからの観測で、僚機を守れなかったベルリに落ち込んでんだろ?とケルベス。
そんなんじゃないけど・・・と否定しつつ。
遥かヴィーナスグロゥブからの客人を守れなかった責任はひしひしと感じており、残った二人の客人に自責しながら頭を下げるベルリ。

それを、貴方が悪いんじゃないとジェスチャーで語りかける客人たち。

「誰が見ても解ることだ。貴様こそ身体を張った!
褒めてやるよ、飛び級生!」
少年の不安定を、大人として、教師としての包容力で包んでやるケルベスだった。

一方、マスク乗艦スペースガランデン。
「よぉおおし!フルムーンシップに入港だ!」
他勢力を出しぬき、フルムーンシップへの一番乗りでの接触を果たしマスク部隊。
「接舷」ではなく「入港」と表現するあたり、フルムーンシップはあなりの巨大さで、クレッセントシップと同型艦と以前書いたが、フルムーンシップの方がかなりでかいらしい。システムの解放を応用できるとか以前話してたので、システムは似ているんだろうけど。

フルムーンシップに搬入される、マニィが奪取してきたMA、ジーラッハ。
それを眺めながら、盗まれたMAに再び会えたことを喜ぶローゼンタール。

中から現れたバララを見て、「気が強そう♡」と歓迎するローゼンタール。

さらに後ろから現れたマスクとマニィ。
フラミニアを見つけたマニィが挨拶に駆け寄る。

「ヴィーナスグロゥブとクンタラって似たような者同士なんですよ。」とフラミニア。
そこへマスクも寄ってきて自己紹介。
「ルイン=リーと申します。マスクが通名です。」
地球と金星とまで離れたら、もう本名を隠すことさえばからしいのかもしれない。

「力を合わせて新しい世づくりを・・・ですね!」とフラミニア。
会ってすぐさま悲劇的な共通項を持ちだして、距離を詰める当たりはさすがのフラミニアである。

フォローするようにキア隊長が地球侵略を考えていたわけではないんです。」とクン。
そしてピラミッドのような形で鎮座している、移動型宇宙砲台であるMA「ユグドラシル」が紹介される。
その圧倒的な大きさに戦艦クラスの攻撃力を看て取るマスク。
「キア隊長の案なんですよぉお、ホント尊敬しちゃうわ♡ね!」とベルリに馴れ馴れしいローゼンタール。「そうなんだ」とバッサリなバララ。

ジーアルケインに運んでもらうGセルフ。
大丈夫かと声をかけるケルベスに、もう落ち着いたし、今は着替えさせてもらってますとベルリ。
コックピットの中で全裸である。

パンツまで履き直しているベルリに、「メガファウナ。キャッチです!」と連絡を入れるラライヤ達。
ベルリのパンイチのセミヌードに狼狽する。w
今までしょっちゅうパンツいっちょなの見てたじゃないかw

アンダースーツを着替え終わったベルリの眼前に映るアメリア艦隊。
「ラトルパイソンだけじゃなかったんだ?」
「クロコダイル級も付いて、メガファウナと一緒に、カシーバ=ミコシに接触だ!」とパワーバーをもしゃもしゃ食いながら答えるケルベス。

迎えるアイーダ。
ケルベスをねぎらうも、
「ベルリ生徒ががんばってくれたからですよ、お姉さん」と正確に手柄の在処を伝えるケルベス。ほんといい奴だ。個人的には死なないで欲しいな。

シールドを失っているGセルフを見やって激戦を連想するアイーダ。
「でも生き延びられました!」と笑顔で答えるベルリ。
デストルドーに囚われた様子はもうない。

「何故マスクはカシーバ=ミコシを帆織り出したんです?」
「フルムーンの戦力が欲しかったんでしょ?アメリア軍とドレット軍を叩くために。」
「そうか、カシーバ=ミコシは凄い船だけど、フォトンバッテリーの輸送船だ(でしかない)もんな。」

Gセルフを視界に入れたラトルパイソン。
グシオンから艦隊へ通達。
後方警戒はクロコダイルだが、Gセルフの受け入れは(艦隊ではなく)メガファウナである!」

父として、娘の自立を認めてあげるグシオン総監だった。

23話了>

ひさしぶりに登場のクリム&ミック。
多方面からの攻撃を見事に防ぎきって、天才の証明を果たしたねw
いつもの我褒め「クリム劇場」が少しパワーダウン?w

Cアーミィのベッカー、ドレット艦隊のロックパイが戦死。
よく考えるとロックパイって、出てきてからというもの、すべての作戦を失敗してる気がするwまぁこうなるわなーw

これによって、勢力図が少しだけ縮小。
Cアーミィはクンパ側(マスク)、ジュガン側(ベッカー)だったのが、これで一つに統合されるかもしれない。
同じくドレット艦隊も、ノゥトウドレット(エースパイロット未出)、マッシュナー分艦隊(ロックパイ)だったのが、合流して一つの勢力に統合されると思われる。書く方としては楽だw

以前、なんでこんなにメガファウナって呉越同舟なんだ?と書いたが、
「どこかの都合」とは無関係の、言わば大人の都合に振り回されない、若者たちの力を宿す船としては、全ての勢力の人が乗っているというのは凄くいいコトだと思えてきた。

あと、前回書き忘れたけど、22話で、ナットの中でクンパと話した時、
1カット、異様に若く描かれていた絵があってさ。
これ、意図的だとしたら、少しだけベルリに似ているようにも見えたんだよね。

まぁ、作監の人が未チェックだったんだろと流してましたが、
グシオン総監の「何故姉弟と信じているのだ?」の一言で、ひょっとしたら、クンパの血統だったりしてwとか脈絡のない想像を掻き立てられたり。
確かにベルリには、ベルリだと断定できる親子写真もなく、ただ「言われた」というだけで、巨大な薔薇がどうとか言うアイーダと違って、一切物的証拠のないベルリなのである。
ひょっとしたら・・・ワンチャンあるで!ベルリくんwww

<次回予告>

ユグドラシルからのビーム?発射。
なんかウネウネとした緑色の光学兵器。
やはり名前の由来と思える「北欧神話のユグドラシルの樹」に見えるとかそういうことだろうか?
それともエンジェル=ハイロウのようなテレパシー兵器とか?

とうとう真価を発揮し始める、Gルシファー。
腰に伸ばしたフィンファンネルみたいなのが付いているGアルケイン。
そして、宙に浮かぶグシオン総監。
だいたいこの表現になった時は、ブリッジに穴が空いて吸いだされる的な、死の表現。
果たしてグシオン総監の命は?

次回「宇宙のカレイドスコープ」
バッテリーはフルチャージ!
(そろそろバッテリーネタ飽きたw)


ぼく自身も今までに何度か表現として使ってましたが、
爆発光や戦闘を「カレイドスコープ」(万華鏡)と呼ぶ表現方法は、銀英伝などでも使われている。
そのだいたいのケースが「激戦」を表しているので、このタイトルがすでにやばそう。
今回に続き、グシオン総監、あと数人お亡くなりになるかも?

今回も遅れながらの更新。おまたせしてすいませんでした。
そしてながながと最後まで読んでいただきありがとうございました!

それではまた次回!
スポンサーサイト

テーマ:Gのレコンギスタ - ジャンル:アニメ・コミック

[2015/03/11 22:08] | 考察!Gのレコンギスタ | トラックバック(0) | コメント(12) | page top
<<ガンプラなどの新発売等。2015/3/12版 そして35th企画 HG REVIVE!! | ホーム | 考察!Gのレコンギスタ 第23話「ニュータイプの音」(前編)>>
コメント
ジーラッハ・・・ジーラッパじゃなくて良かった・・・。
こういうのもキットにすればいいのにね。
オールガンダムと言わず
オールモビルスーツにしてほしいくらいです。まあ、Gレコ終わってからのでMGでも
出すんでしょうかね・・・。
[2015/03/11 22:42] URL | しばいつん #- [ 編集 ] | page top
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/03/11 22:43] | # [ 編集 ] | page top
しばいつんさん、こんばんは!
かなり意表をついた形してますよねw
ホントGレコは全部出して欲しいですw

個人的にはフルムーンシップやクレッセントシップも欲しいかなぁ。EXとかで出ないかなw

MGは終わってからでしょうね^^
ぼくも同意見です〜
[2015/03/11 23:07] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
非公開コメントさん、こんばんは!
わざわざの返信、ありがとうございます!
手間かけさせてすいません^^
ありがとうございました!
[2015/03/11 23:09] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
ごめん、、、、
全然関係ない話なんだが、、、さっき、、、
自分の訪問者記録見てたら?!
「ガンプラは数だよ兄貴」と、言うブログがあり?
あれ?
タイトルこれだっけ?!
と、見たら、、、違うブロガーさんで、なんか凄く似てる名前だ!!と、、、独り興奮!!
誰かに言いたいが、、、、
誰にも言えず、、、、ココにラクガキ、、、、アハ
[2015/03/11 23:55] URL | 兄さん #- [ 編集 ] | page top
横レス失礼します(*- -)(*_ _)ペコリ
一つ上のコメントを拝見して、「ガンプラは数」、深いなって思いました。

私も「あぁ、これはこのパターンね!」
ってくらい作りたいたいなぁ。

画像みて「あぁ、永野くんね」見たいな?(ちょっと違う
[2015/03/12 00:26] URL | 雨音 #gB/fn4vU [ 編集 ] | page top
n兄さん、こんばんは!
わはははは!面白いっ!
ぼく自身、パロディネタのタイトルなんで、似非タイトルも当然多いとおもいますっw
(周りがぼくに似てるじゃなくて、ぼくのタイトルのその似非タイトルと同列ってことね^^)

生き別れの兄弟を探すような気持ちで、さっき検索したが、ガンプラは数だよ兄貴つってんのに、ぼくのとこばかりが検索に出てきて、辿りつけなかったよw
多々買いは数だよ兄者とか、かなり近いのは見つかったけどw
↑レビューサイトみたい。よく出来たタイトルだと思います^^

ちなみに以前にも一度書いたことあるんですが、
最後までこのタイトルと競ったタイトルは

「大佐っジャマです!」

「私とて木の股から産まれたわけではない」
でしたw

いま見ても捨てがたいw

みなさんも自分のサイトと似た名前を探してみるのもおもしろいかもですよ?w
[2015/03/12 00:33] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
雨音さん、こんばんは!
数組めばいろいろ解るというのも確かにありますね〜
ああ、ここ絶対後で塗りにくいから先塗っとことか、ここは後ハメやめたほうがいいとか、経験で色々わかってくるもんね。

ちなみに、こんなタイトルつけてるサイトですが
うちでは・・・・(数えてるトコ)

完成体は11。
実際にこのサイトで組み上げたのが
その中の多分4機w
すくなーーーーーーーーーーーーーーーい!w

表面処理苦手で、塗装寸前でなぜか放置してしまうこと多々ですw

でも経験の為に組むより、このMS作りたいから作る!が一番いいよ!
欲しいガンプラ見つけた時に作る!
これ最強w
ハイゴックさんをいつまでも大事にしてるのが、
すごく見てて気持ちいいですよん。

ちなみに、ニュータイプの表紙見て、ぼくみたいに破裂の人形じゃなくリッタージェットと書く辺り、すでに永野センセ関連はあきらかに玄人だと思いますw

[2015/03/12 00:44] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
え〜っ!永野センセが猫耳っ!
まぁ…過去にはご自身がセーラームーンのコスプレしてましたし…ね(;´Д`A

あっ!どーもー、あまりの衝撃に、挨拶忘れてました、Finoです(;^_^A

で、MAもなんかそれっぽいデザインというか…奇抜だけどカッコいいッスね(*^^*)

n兄さんのコメントのガンプラは数だよ兄貴って…偶然だとしたら凄いッスね(;^_^A
探してもヒットしなかったのは、まだ作ったばっかのサイトなのかな?

で、Finoのブログと似非なのでは、「タイでガンプラ作りタイ」ってサイトがありました(;^_^A
なんか、コッチの方がヒネリが効いてて安易に名前決めすぎたかな?なんて思った覚えがあります(。-_-。)

しかし…「大佐っジャマです!」「私とて木の股から産まれたわけではない」 はウケる〜(*^^*)
[2015/03/12 01:00] URL | Fino(フィノ) #OsUMKdiU [ 編集 ] | page top
Finoさん、こんばんは!
まてまてまてw
ファティマについてたよって話w

つーか永野センセについてた方が確かにおもろいw
負けたwwww

形部さんのデザインは面白いですよね。
囚われすぎてないというか。^^

タイでガンプラ作りタイ、見に行ってしまったw
Finoさんカキコしたら友達になれるかも?
更新止まっちゃってるのが惜しい;;

いいでしょ、あのタイトル。
今でも大佐、ジャマです!の方が「かさばる」にかかってて
よかったんじゃ?って思うことしばしばですw

似たタイトル探し、
けっこうおもしろいかも?
[2015/03/12 01:24] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
かさばる兄さん

ジ・アンダーテイカーって、、、
WWEのあの方では???
最近はWWE見てないのですが、、、お元気なんでしょうかね?

永野さんも人の子だったんですね(T_T)
Newtype表紙チェキらしておきます。
寝込むかもですが( ̄▽ ̄)

朝読むものが無くて困るんで、早く立ち直って下さいませ〜
[2015/03/12 08:07] URL | マイク #- [ 編集 ] | page top
マイクさん、こんばんは!
知ってる人イタ!すげーなw
最近はどうなんでしょうね?
よく棺桶にガソリンまいて火を点けられたりとかしてますからねw復活もしょっちゅうですがw

そうなんですよ。
だいたいのヲタク文化を、ヲタクが支えてくれているにも関わらず、ケチョンケチョンに言うあの人が、まさか猫耳キャラを描くとは?ってw

>読むものが無くて困る
これ、嬉しいですなw
今日は新発売の記事で、すでに書いてあったので、時間稼げたのでなんとか今晩に書き上げたい・・・とは思ってます〜



[2015/03/12 18:49] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/362-67c88b33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |