考察!Gのレコンギスタ 第23話「ニュータイプの音」(前編)
それにしても寒いっ
寒の戻り、というにも限度があるだろう。
(12日にかけて凄い寒波が来るらしいです)

そういや、お知らせとおすすめ。

今年もしまなみ縦走2015が開催されます!
3/21、3/22の二日間で、愛媛の今治<>広島の尾道を自転車ないし徒歩で、
スタンプラリーしながら走破するというイベントです。
もうすでに2回参加してるんですが、何度でも行きたくなるんだよなぁ。
最高の景色が一瞬で流れてしまう、すぐ前を見て運転しなければならない車と違い、
ゆっくりとしたペースで、時折止まってはカメラで撮影なんかしちゃったりと、
景色を目で味わい、己の力でそこを踏み越えてきたという大満足イベントです。
今回は、しばらく走ってないんで、参加は今のとこ3:7くらいですがw

尚、レンタルバイク(自転車のことね)もあるし、
ロードバイクやクロスバイク等を試してみたい方はGIANTストアという、自転車メーカーの直営店がレンタルもやってます。(反対側にも店があるので乗り捨て可能、高いけど。)
参加費自体は無料で橋の通行料は、今年はなんと無料らしいので、ますますおすすめ。

70kmほどですが、普通の脚力があれば走破可能です。
各島を繋ぐ橋はけっこう高い位置なのですが、その高さまでは、直線でひーこら上がるのではなく、少しだけ距離は伸びますが、ゆるやかな坂道でとぐろを巻くように配慮されてて、しかも途中に休憩所(公園の東屋みたいなの)もあって、安心。

もともと車の通る数が少ない上に、自転車が通る部分は大半が緑色に塗られてて、大きく自転車レーンが確保されているのも魅力。車VS自転車の事故は、我々が普段使っている道路とは比較にならないほど少ないと思います。(それでもヘルメットはかぶろう^^)

伯方の塩アイスや今治の焼き鳥(これ、マジでうまいよ!噛んだらさ、肉が固いのではなく、弾力で弾き返しにくるようなプリップリなんだよ。それを70kmも走って、腹減った後に食うと・・・後はわかるな?w)尾道ラーメンなどを、目的に走るのがいいと思いますw

多々羅1
(確か多々羅の観光センターから次の島を臨んで。写真の人物はかさばるさんとは関係のない人ですw)

本当に綺麗な海に心あらわれること間違いなし!

興味ある人は、ぼくの「しなまみ縦走」を読んでもらえれば、楽しさの一端でも伝わるかと思います。
レンタル自転車で家族で参加してる方もけっこういましたよ。
運動、絶景、スタンプラリーという遊び、達成感、そしてご褒美に美味しい食べ物と、
家族の結束も高まり、教育にもすごくいいと思います。
中学生くらいのお子様がおられる家庭なんかにどう?
両端の街は、食いもんと若干の観光以外なにもなく、
ショッピング的な要素でお金を使わされる事もないし。


興味ある人は、コメントでなんでも聞いてね^^
(大好きすぎて語りすぎてしまったw)

公式サイトはコチラ


ZST.png

<MSザンスガット。ケルベスの新しい愛機。彼のは赤 く塗装されている。>

例によって「かさばるさんという名のフィルター」を通した考察なので、
かさばる兄さんはこれ見てこう感じたのね、くらいに軽く楽しんでくださいね。
いろいろ予測もしますが当然外れる事も多いはずなのでそこのとこもよろしく。

あと、まんまと富野監督にだまされたり、読み込みの浅さで解釈のミスもありますが、
それはそれで楽しいので、あえて変更は致しませんので、そこのところもよろしくお願い致します。

では準備OKの人は 続きを読む をクリックお願いいたします。
23話<ニュータイプの音>

ひさしぶりに登場の、クリム率いる戦艦サラマンドラ。

ブリッジでクリムとミックと艦長のブリーフィング。
カシーバ=ミコシを空けて、出撃したマスク部隊のスペースガランデンの目的はフルムーンシップとの接触にあると看破したクリム。
一時は共闘した仲ではあるが、「沈めるしかあるまい。」と断を下す。
サラマンドルにそれをさせたくないから、Cアーミィは(マスクを守るべく)ブルジン(先週から説明なしでこの名前出てるけど、おそらく戦艦)を出すし、クノッソスも同じ。と判断。
クノッソスの司令マッシュナーの写真がモニターの端に映る。

アメリア軍中枢のラトルパイソンはドレット艦隊中枢と睨み合う形になっていて、
かなりの負担がかかるバトルロイヤルに出場するはめになっているサラマンドラであった。
そんな話の最中、先どのマッシュナーの写真が次々に切り替わり、水着姿や挑発的なポーズが映っている。
艦長の趣味かw

その頃、メガファウナ、ラトルパイソン、クレッセントシップをはじめとする艦隊。
ラトルパイソンの艦長室では部下の報告を切り分けしながら、
スルガン提督が上半身裸でベルリに保湿クリームを塗ってもらっているのだった。

そのリラックスした空気の中で、
アンジェラの港での見聞を報告し終わっていて、ジュガン司令が何か漏らしたりはしてなかったか?とさらなる情報の開示を求めるスルガンだったが、「あの人が何かしゃべると思います?」とにべのない返答のアイーダ。

「これからラトルパイソンは空になったカシーバ=ミコシを奪い取りに行く。」とスルガン。
「バチがあたりますよ?」とノレド。
陣頭に立って、強引な作戦を推し進めてゆく育ての父に「左遷されたんですか?」とアイーダ。
「息子(クリム)を戦場に出している大統領がそんなことをするわけがないだろ?」と娘の心配を一蹴する。

「でもカシーバ=ミコシを盾にしたりすれば、世界を敵に回しますよ?」とベルリ。
「だからマスク大尉は、カシーバ=ミコシを出て、フルムーンシップを味方にしようと動き出したんでしょ?」
と戦略眼を見せるノレド。
「ドレット艦隊だってフルムーンやクレッセントは欲しいんだから黙っていませんよ!」とベルリ。
「フルムーンにはジット団がいるんです。このままなら、戦争が長引くでしょうし。」

そんな中、GセルフとGルシファーを改めて、アメリア軍に編入したいと言うスルガンに、
「メガファウナという海賊船の一員でいいです。」とベルリ。
何故と問うスルガンに、地球人の誰か、に命令されて動きたくないと意志を伝えるベルリとラライヤ。
話しながら、床を軽く蹴って、スルガンと離れるように後ろのラライヤ達の位置まで下がるベルリ。

「メガファウナのみんなも同じ気持です、多分」と加えるノレドに、重ねて何故そういう風に考えるようになったのかと問うスルガンに、すぐとなりにいたアイーダが
「ヴィーナスグロゥブを見てきたからです。」と答えた。

相手が娘なので言いやすいというのもあってか、今度はきっぱりと
メガファウナは艦隊に組み込む。お前は私の横で艦隊指揮と言うものを勉強しなさい。と親の圧力をかけるスルガン。
するとベルリと同じく床を蹴って、ベルリ達の立ち位置に合流し、彼らの意見は私の意見でもあります。それは、わかってください。と、アイーダ。

離れていった距離は心の距離か。

我が子の変貌にさらに詳細を求めるスルガン。
「トワサンガの現状も知りましたし。私は弟のいい姉になりたいんです。」
「弟・・・弟だと!」
「そういう事実もあることもご存知だったのでしょ?」
「わからない事を言うな!」
アイーダを叱咤するスルガンはすでに艦隊司令でもなんでもなく、ただ一人の親のそれになっていた。
その叱咤に逆に情を感じたのか、再び遊泳するようにスルガンに近づき、抱きしめるアイーダ。

「今日まで育てていただいた事は、心から感謝致します。
ありがとうございます・・・でもメガファウナで(アメリアという国家に属するのではない立ち位置で)私達なりに協力させてください。ともう一度後ろに戻ってゆき、退出するアイーダ達。

「ニューアークの育児園に居たアイーダの履歴は・・・何故姉弟と信じているのだ?」
ひとりごちるスルガン。

一方ドレット艦隊クノッソス。
MSパイロットを軽いハグで見送るマッシュナー。
ぼくもクノッソスで雇ってもらえませんかねw

最後に部隊長にして愛人。(恋人というよりこう呼んだほうがしっくりくるんだよなw)
ロックパイをそれまでとは明らかに違う抱擁で無理はせぬよう、と送り出す。

ブリッジに戻るマッシュナー。

「なんでCタワーから出てきたブルジン(所属)のMSがここまでたどり着けるんだ?」と艦長。
彼らにはCタワーで鍛えた技術、そしてフルムーンが欲しいという明確な目的があるからです。と具体的ではない返答のマッシュナー司令。

「ここはロックパイにまかせればいい。」
「いつもロックパイぃ。」
「ドレット将軍に告げ口してくれてもいいのですよ。」
「かぁーっ!それほど子供じゃない。」
「気持ち・・・良かったんだから。」化粧直しをするマッシュナー。
「うーぃ、結構なこって。」

MSの送り出しをそこそこに艦隊による砲撃戦を予見し、砲撃戦の準備にかからせるマッシュナーだった。

一方、メガファウナ。
甲板より、3機のロザリオ=テンの守備MS、ポリジットが出撃シークエンスに入っていた。
どうやら、ラ・グゥ総裁の計らいで3機の増援を派兵してくれたようだ。

すでに少し先にはGセルフを始めとするMSがポリジットが編隊に合流するのを待っており、
それを見つけたポリジットがビームライフルの先端で、Gセルフが待ってる!と指し示す。
それを「冗談でも銃口を味方に向けるな!」と上官が厳しく叱咤する。
(戦い慣れしていないという描写)

長い間戦いという者に身を浸して来なかった(だからクンパは弱肉強食を唱えたわけだが)彼らを見て、戦いが怖いってわかってないよな・・・とベルリ。

ドニエル艦長から通達。
ベルリ達は出過ぎないよう。
アイーダ達は甲板から動かぬようと指示。

副長からは、やはりブルジンから出たMSがやけに速いとの報告。

「それで、フルムーンシップ乗っ取り作戦が開始ということだ。」と艦長。

その頃クリム達のサラマンドラでもやはりブルジンからのMSの勢いを気にしていた。
「このままだとマスク部隊の船の足止めはできなくなりますよ。」とミック。
「ちょっと油断しすぎたかな・・・。」とクリム。
隣で粛々と耳を傾けている艦長。

「寝坊しましたものね?」
「少々だ。」
「出ますよ!」

「そんな理由かーい!」と真っ赤に染めた顔芸で語る艦長w

ブルジンから出たMS、そしてドレット艦隊マッシュナー率いるクノッソスが1戦闘距離に入り、ミノフスキー粒子散布。とうとう激突する寸前。

そして、各陣営が気にしていたMS、ウーシア駆るベッカー。
どうやらZガンダムのメガライダーのような砲塔のついた長駆運搬兵器にまたがり、その威を借りて戦場に急行していた。それこそがMSでありえない猛スピードの正体であった。

「サンゲワイン(メガライダの事。聞き間違えて固有名詞あってないかも。)はウーシアが離脱した30秒後にサラマンドラに砲撃を加える!」とベッカー。
「その後で我々ウーシアでサラマンドラを沈める!」意気高い味方に
「そうだ!・・・・いや、待て!」
言いかけた所で散布されたミノフスキー粒子の影響下に入ってしまって、部下との連絡が途絶してしまう。

「我々が攻撃している間に、(漁夫の利で)マスクがフルムーンシップを乗っ取る手はずだったか。」

サンゲワインの照準を最大望遠で、サラマンドラに照準をセット。
「なぁにが天才クリムの船だよ」
ベッカーに倣い、他のMSウーシアも照準セットの後に、次々とサンゲワインから分離してゆく。

30秒のカウントダウンの後に
「光学照準を舐めんなよおぉおおぉぉ!」とベッカーの咆哮とともにビーム斉射。
オレンジの光の槍が虚空を貫きながら、火竜(サラマンドラ)に投擲される。

一方、「受け手」のサラマンドラ。
すでに周囲警戒にミックは出撃しており、Cアーミィの放ったビームを感知。

「ヘカテーの棺桶ビットは、守りにも使える!!」
背中に背負ったキューブ状の兵器を6個全て空間に放出するミック。
「守りにも」っつーか攻撃に使ってるトコ見たことないんだがw
(見返していないので、かさばる兄さんの記憶違いの可能性もありますw)

虚空に放たれた「棺桶ビット」は、その一つ一つが小さな四角いロボ。
言うなればダンボーやゴールドライタンのような形の小さなロボに変形を遂げ、
胸から3方向のビームと、それに準じた力場を形成。
バリアを張って、必殺の一撃を防ぎきるのであった。

それを眺めていたベッカー。
「な、なんじゃとて!
ビームが・・・渦になった?」

これ、キャピタルシティ周辺のスラングかなんかかw


「ミック、よくやった!棺桶のスペアを持ってきた私がわかるか!」
そういって予備の棺桶ビットをミックのヘカテーに空中補給してやるクリム。

ヘカテーの体型で、棺桶がどうとか言われると
「ジ・アンダーテイカー」(知ってる?)がなんとなく頭に去来するのはぼくだけかw

「MS部隊が来ます!」と構えるミックに
「じゃ今の砲撃はなんだったんだ!」とクリム。

当然ではあるが、ベッカーの部隊はサンゲワインから分離したあと、
30秒の間に敵のレーダーに引っかからないよう、
等距離を維持して扇状に移動。
砲撃と同時に、そのパニックを突いて別方向から侵入。
相手を撹乱するという作戦だったようだ。

サラマンドダに殺到しようとするベッカー。
だが機体のアラームは歓迎しない客人の訪問を告げていた。

「別働隊・・・!メガファウナからではないな?」
ちょっと先ほどの戦闘がトラウマになっているようだw

可笑しく書いたものの、先ほどの戦闘手段を覆す方法がまだ確立されていない以上、
Gセルフとの接敵行為は部隊の壊滅と同義であり、
臆病ともとれるベッカーの感性は、部隊長としてまったく正しい。
Gセルフであった場合は尻尾巻いて逃げるのが最良なのだ。

同時に別働隊は、サラマンドラも感知しており、マッシュナー率いるクノッソスであることも掴んでいた。
この辺りは積んでるセンサーやレーダーの類がMSと戦艦では比較にならないということなのだろう。

「クリムは三方向からの攻撃を守りきれるのかぁーっ!」と艦長。

1ベッカー率いるMSウーシアの部隊。
2マッシュナー率いるクノッソスとロックパイ率いるMS部隊(まだ艦隊周辺から動いていないので)
3(多分)さっきの砲撃でサンゲワインを1部隊と数えてしまっている。

ミックにすかさず指示を出し、サラマンドラにも「砲撃戦でしょ!」と軽くブリッジを小突くクリム。

そしていよいよ艦隊から飛び出すロックパイ率いるMS部隊。

「Cアーミィに煽られている船などはーっ!」

「撃ち落とせ−!」ロックパイの咆哮が聞こえているかのように応戦する艦長。
サラマンドラから激しい攻撃が叩きつけられる。

「誰に撃ってんだよぉ!」
ビームカーテンを大きく広げ、やすやすとサラマンドラのビームをやり過ごすロックパイ。

「地球人のミサイルとビームは腰が弱いな!はっはっはっは!!!」
・・・腰ってw

前に果敢に出て、ロックパイをクノッソスの艦砲射撃で援護するマッシュナー。
マッシュナーに万が一にでも当たらぬよう、よくねらえと指示。
隣では艦長が
「そこまで可愛いか・・・ビームは狙って撃つんだとよ!」と投げやりな指示。

一方メガファウナでは、戦闘による閃光を確認。
ガランデンの動きを気にする艦長。
フルムーンとの距離を詰めているようだ。

後ろではギゼラがポータブルな端末に何やら入力しているが、
ひょっとしてミラジさんのメアドをゲットして、
いちゃいちゃとメールをしているのかもしれないw

「サラマンドラがここで逃げ出すって考えられます?」と戦線の崩壊を危惧する副長に

「天才クリムにそれはありえんよ。
アイーダ様、ベルリくんはどう考えますかね」とドニエル艦長。

「地球に帰って来てから、ベルリは戦争の根っこになるものを取り除きたいと言っていました。
そのためにもヴィーナスグロゥブのポリスの方にも戦争を見てもらって
・・・フルムーンシップを爆発させる!・・・とか?w」
小悪魔なスマイルを浮かべるアイーダ。
「ええっ!」と驚くドニエルに
「冗談です。」と締めくくるアイーダ。

再びベルリの部隊。
バトルフラッシュ(戦闘の閃光)に視線を奪われ、立ち止まるポリジットに後続のポリジットがぶつかりながらたたらを踏む。

諸君、落ち着き給えよとケルベス。
編隊訓練中ですよーとリラックスさせる。
さすが教官。

「すいませーん」と異口同音に応え、隊列を維持するテン=ポリスのMS達。

そこにワイヤーを打ち込んで、接触会話をはかるベルリ。

「戦闘宙域が近くなりますが、光に引っ張られたりしないでください。」
と念押しをするベルリ。
「そんな恐ろしいこと、しやしません!」と応えるテン=ポリスのパイロット。
この一連の流れに
「押すなよ、押すんじゃないぞ!」という熱湯のアレを感じるのは気のせいかw 

ラライヤにヴィーナスグロゥブに人達の守りを指示し、
もう少し距離を詰めて戦争を観察したい、とベルリ。

「無茶はダメだ!」とノレドの言葉を背に、
「当たり前だろ」と笑顔で突出するベルリのGセルフだった。

<前半了>


体験と見聞によって視界が広がったメガファウナ一行。
久しぶりに会う母と父の狭量な世界観にはもう彼らは引っ張られない。

ドニエル艦長もベルリくんは〜と、
あくまでベルリやアイーダを始めとする若い力をサポートしてやるという立ち位置のようだ。
これ、ドニエル艦長VSスルガン総督の艦隊編入に関するやりとりだともっと熱かったかも。
軍部における絶対的な上下関係を覆して、ベルリ達を補佐してやりたい!と、
今のドニエルなら舌戦を戦ってくれそうな気がする。

もちろん、ベルリVS母と韻を踏む為のシナリオなので、
アイーダVSスルガンの方が脚本的には正しいんだけどね。


それにしてもメガファウナってMSを何機積めるんだ?w
こんなに積めるのなら、クリムのモンテーロをわざわざ壊さなくても、
そのまま積んでおけば良かったのにとか、思ったりw
戦力が足りないからオートパイロットでもなんでもいいから出せ!ってシチュだっけか。

MSもいよいよメガライダーまで出てきましたね!
光学照準を舐めるな!は、いいセリフ。
カメラやってる人はデジタルズーム20倍とか、
まったく使わないし、諸元的にも気にしていないはずだ。
熱いぜw


ちょっと気分的に疲れてて、ここんとこGレコの更新が変な形になっててごめんなさいね。
作品はむしろ大好きで、おもしろい!って思いながら見てるんですが、
大体、前後編合わせて2万を軽く超える文字数を打つのが単純にしんどくて、こんなざまになってますw
もう少しで完結なので、無様な更新であろうとも、あがきながら最後まで書きたいと思ってますので、生暖かく見守ってくれるとありがたいです!

それでは、または明日。
スポンサーサイト

テーマ:Gのレコンギスタ - ジャンル:アニメ・コミック

[2015/03/10 22:43] | 考察!Gのレコンギスタ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
<<考察!Gのレコンギスタ 第23話「ニュータイプの音」(後編) | ホーム | グラディウスの思い出。>>
コメント
おおー、過去記事、拝見しました
僕なんか、ほんと失礼な話なんですけど、
自転車で橋?をわたって何が楽しいんだろう??
家でのんびりするのが至福なのになぁ
という性格なんですが、記事を拝見したら
あー、こういう旅行っていいなー
とかホントに思いました

なんか参加してみたくなる気持ちが
0だったのが1とか2になった感じw
大したことないじゃんーって思われちゃうかな?
0と1ではエライ差なんですよー

自分が持ってなかった感情とかを
こうやって得られるのって
すごくありがたいなって思いました

うげー、僕にしては、すげーまともな
コメントになってしもたー!
あ、5時間チャレンジの告知、ありがとーですー!
[2015/03/11 04:35] URL | phantom #LkZag.iM [ 編集 ] | page top
どーもー、Finoです(*^^*)

Finoもどちらかというと身体動かすのは得意じゃない方なんですが、このスタンプラリーならいいかも?と思いました(*^^*)

やっぱ単純に身体動かすより、なんか目的がないと…ね(;^_^A
その目的が美味しい食べ物だったら、尚良し!です(*^^*)

Gレコ考察…まぁ、色々と大変みたいですが頑張って下さい!
もうあと数話なので、是非完走をっ!
応援してま〜す(*^^*)/
[2015/03/11 14:06] URL | Fino(フィノ) #OsUMKdiU [ 編集 ] | page top
Gレコもトライもあとちょっとですね・・・。
次のガンダムはありますかね・・・。
「プチッガイ」単品発売のようですがアマゾンで最初見た時、500円くらいだったのに
今は2000円って・・・。なんでだろう・・・。
[2015/03/11 16:47] URL | しばいつん #- [ 編集 ] | page top
phantomさん、こんばんは!
>自転車で何が楽しいんだろう

わかる!(わかっちゃうのかw)
ぼくも乗るまではピチピチのレーパンとかキモイし、
車で運転する時に横にこられると怖いし、
自転車に10万円?はぁ?とか思ってましたw

あの突撃バカ旅行で、それが少しだけでも「いいかもしれない?」と思ってもらえたなら嬉しいですね。

自転車のフットワークが旅行には最高だと思えてきてさ、
実際、盗られるかも?とかバスに載せれるのかな?とか考えると、
目的地でレンタル自転車(ママチャリでもいい。一度電動自転車借りたけど快適だった)借りて、見て回るのが一番効率的じゃないかなと。

たまには、散歩気分で子供の頃遊んでたあたりを
自転車でぶらついて見たらおもしろい発見があるかもですよん^^

我々モデラーは、とかく運動不足ですしねw
嬉しい感想、ありがとうございました!^^

[2015/03/11 19:31] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
Finoさん、こんばんは!
ぼくもかさばっているのでw運動苦手ですw
自転車のいいところは、スポーツの中ではかなり珍しい、膝で自重を支えないで良い有酸素運動である。これに尽きます。
この条件満たしてるのって、あとは水泳くらいしか思いつかないw(他にもあるかも知れんが)

なので、運動苦手な人でも楽しめますよんw

運動をしなければ!だと、すぐにへこたれちゃうぼくですが、この先のゴールには、気持ちのいい温泉と、焼き鳥が待ってる!ってなったら、超、馬力が出ます!w
人間そんなもんだよねww

まぁ、なーんもやることないなーって時に自転車レンタルして、タイの普段いかないような景勝地を回ってみても面白いかもね^^

Gレコ考察の応援、ありがとうございます!
そちらも視聴再開したら、偏ったおバカ記事ではありますが、また楽しんでやってくださいな^^

[2015/03/11 19:38] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
しばいつんさん、こんばんは!
次のガンダムはどうだろう?
今回、相当BANDAIも設計に追われたはずで、
オリジンを押し立てながら、
しばらくはGBFT関連とGレコのMGやSD、まだ出てない機体のHGなどを、ゆっくりとしゃぶっていくのではないでしょうか?

プチッガイ見ました!
ほんとだ!¥2000とかになってる。(驚)

ぼくはこういうの、わかんないなぁ。
強引に想像すると、

1:まだまだ発売前なので、今すぐ予約っていうくらい何故か焦ってる人に売れたらラッキー?
(結局届くのは発売日以降なんだけど)

2:あるいは、商品価値を「こんなに高いよ」とアピールしておいて、2週間前くらいに定価近くで売ると、「定価でも安く感じてしまう」みたいな刷り込み?

3:4体セットにすれば、だいたい¥2000ちょいなので、(勝手に)勘違いした人狙い?

4:今すぐ売れなくていいので、永遠にこの値段で出し続けて、いつか模型店からプチッガイが消えた時に、この値段で売れたらいいなと始めからプレミア価格とか。

色々邪推してしまいますが
全部違う気がするwww

この件に関わらず、こういうケース、よくわかんないんで素人想像だけしてみましたw

まぁ、対価の感じ方はそれぞれなので、
この値段で納得したら買う。納得行かなかったら別の店舗を探す。
そういうことで^^
[2015/03/11 20:01] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/361-644f6070
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |