ダンボーチャレンジ 関節編。(その3)
先日の関節はわかりやすかった?
伝わるといいんだけど。
あと、読み返すとわれながら、「火サス」内蔵頭部がヒドイなw
模型の内部で殺人事件の現場保全が行われているの、多分人類初ではなかろうか?w

ついでといえばついでなので、
この際、ダンボーの腰のビラビラ関節も解説してみますよん♪

普通にヒンジを設ける手もあったのですが、前垂れが好きな角度で止まって欲しいという要求がぼくの中にありまして。ちょっと前垂れを前に開いたまま、脚部は股関節で、逆に後ろに。頭を少し下げれば、「擬似的なS字立ち」(S字立ちは重心とかいろんな要素があるのであくまで擬似と書いておきます)ができるんじゃないかとか思ってさ。
そのままヒンジにしてしまうと、まぁすり合わせを渋くするという手を使えば、好きな角度で固定できないこともないんですが、ここでは例によって例のごとく、ネオジム磁石をとステンレス(sus-430)を使った方法を紹介しますね。

ダンボー27

まず、ステンレスの板を切り出します。
薄いのでハサミでジョキジョキいけますが、切断面や切りくずが本当に危ないので細心の注意を払ってください。(やる奴いるのかw)

センターから1mmどちらかに寄せて(後述)、胴部下部に切り込みを入れて、すぐ横にもう一個切り込みを入れ、極薄の楔の谷を作ります。
そこに先ほど切り出したステンレスの板を差し込みます。
(板の形状は、可動範囲などを鑑みて要工夫)

これでかなり強固にステンレス板が胴部に固定されます。心配ならついでに瞬間接着剤を流しこむのもいいでしょう。

次に、これ。
ダンボー26

この右側の1mmX1mmの丸いネオジム磁石を使います。

ダンボー28
(写真の手前側の厚みの左側がへろってるけど、削り過ぎたので瞬間接着剤で太らせてるとこなので気にしないでねw)

前垂れの裏側に、1mmプラ板でパーマンのバッジのようなヒンジを用意して、その円の中に1mmの穴を開けて、先ほどの1mmのネオジム磁石を埋め込みます。
そして、実際に胴部にあてがって、先ほどの1mm寄せた反対側に
ぴったりく来るように前垂れパーツに接着します。(つまりパーマンヒンジは1mm寄せた反対側で、磁力によってくっつくので、ちょうどヒンジがセンターに来る)

ダンボー29

するとこんな調子でくっついて、好きな角度で保持できるというわけです。(前垂れが軽いから)
もしも、これが重量物だった場合は、胴側のステンレス板をはさんで反対側に磁石をつけてやればあっさり解決します。

今回この関節を思いついたことによって、PGゴッドガンダムのある部分の可動方法をクリアすることが出来そうです^^
いい勉強になったなぁ。
また日本橋に行って磁石買わないとね。


後頭部ハッチの可動も、同じような調子。
実は軸など通してませんw

ダンボー8

金属の点に見えてるトコ、プラ板の厚みが1mmなので、1mmのネオジム磁石を仕込んであります。
そして内側の丸い蝶番モドキは、「いかにも中に金属線が通ってる」という演出の長さにしてあります。
また、接着面積を稼ぐためでもあるんだけど。

そして、内壁との接触面に、円形に切り抜いたステンレスsus-430を貼りこんでます。
これによって、
1.開閉途中の角度でもホールドできる。
2.頭部から、後頭部をいつでも脱着できるので塗装などが楽に出来る。
という恩恵に預かれるというわけですー^^

これも、ハッチの方が重すぎるようなら、ステンレスの代わりに、1mmの穴を掘ってハッチ側にも磁石埋めれば(極性注意)あっさり解決します^^

プラモ界のマグニートと呼ばれる日は近い!(おおげさw)
(X-MENよく知らんのだけどね!)
(でもアメコミつながりで言うならマイク=ミニョーラの絵は好きなんだよね!)

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2015/02/22 18:00] | ダンボーチャレンジ2015(春) | トラックバック(0) | コメント(16) | page top
<<かさばる兄さんの日想 。 | ホーム | ダンボーチャレンジ 関節編。(その2)>>
コメント
どーもー、Finoです(*^^*)

おぉ!コレは凄いっ!
前垂れなんか目から鱗モンの発想!
いやぁ〜、参考になるなぁー(o^^o)

流石、プラモ界のマグニートと呼ばれてるかさばる兄さん!

いや…実際、磁石ってパーツの脱着ってイメージしかないんですが…回転軸って発想はなかったわ(;^_^A

次はどんなビックリドッキリアイディアが出てくるか楽しみにしてます(*^^*)
[2015/02/22 18:17] URL | Fino(フィノ) #OsUMKdiU [ 編集 ] | page top
こんばんはー!

関節の記事はとっても分かりやすかったです~。(^-^)
やっぱり言葉だけよりもかさばる兄さんの絵があるとスゴく分かります!

今回の記事では磁石の使い方がとても参考になりました!!
なるほど~!サス板を股に設けることで、任意の位置に前垂れが固定できるんですね!
( ☆∀☆)
確かに頭の部分も磁石を使うと取り外しが楽で塗装もしやすそう!

ちなみに薄いサス板って入手し難いと思うのですが、簡単に手に入るものなんでしょうか?
[2015/02/22 19:41] URL | ぷらっちっく #z1uogJ6Q [ 編集 ] | page top
かさばる兄さん、こんばんは。

なるほど…この類の可動と言えば軸を通すという先入観がありましたが、
磁石を使って可動を盛り込むとは!
コロンブスの卵ですね。凄く良い発想だと思います。
見た事ある気がするという朧気な記憶ですが、
表面(粘着面と逆の側)に磁石を貼り付けられるテープ、
という物もあった気がするので、
金属板を使うのが怖い場合は、そういうのも利用できるでしょうか。
今すぐ何かに使おうという案はありませんが、
良いアイディアを拝見させて頂きました。
機会がありましたら、使わせて頂きますね!
[2015/02/22 20:02] URL | 雅人 #0VU/3GDM [ 編集 ] | page top
Finoさん、こんばんは!
「ふふふ・・・我こそは磁界魔神マグニートだマグ!」(そんな語尾なの?w)
股関節の余剰空間があまりに無くて、両サイドでやりはずが、中心となってこのようになりました。
まぁ、ここが磁石なのには、最終的にもう一つ秘密があるんですがねw

ネオジムが手に入りやすい金額になって、いろいろ試せるようになったので
いつも可動検討する時に、磁石も検討の中に入れてます^^
ぼくが使うと手抜きに見えるのがアレですがw、
磁石も可能性が大きいマテリアルだと思うので
ぜひ、Finoさんもいろいろ試してみてくださいね〜

[2015/02/22 21:30] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
ぷらっちっくさん、こんばんは!
サス板って書くとなんか通っぽくてカッコイイ!
そうそう、取り外せるので壊れにくく、外せるので塗装もし易いんですよー^^

ステンレスも400番台じゃないと、含有率の関係で磁石にくっつかないので注意ね。
ちなみにぼくはコーナン(全国規模だよね?)というDIYの店で買いました。
¥1500円くらいだったような。

片面が粘着ノリつきとそうでないのがあるのですが、ノリ付き買いました。
ノリが邪魔なときはアルコールで拭いて剥がしてます。

詳しくは過去記事の
http://1wd.blog110.fc2.com/blog-date-20141203.html
が、参考になると思うので、お手数ですがリンク先を見てみてくださいな^^

もしもその上でわからない事があったら、どんどん聞いてくださいね!^^
[2015/02/22 21:39] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
雅人さん、こんばんは!
先入観の死角におもしろいアイディアが潜んでますよね!w

>表面(粘着面と逆の側)に磁石を貼り付けられるテープ

これはちょっと見たことないんですが、
粘着面の反対側が磁石を練り込んだマットになってて、ホワイトボードに付けれるようなのは使ったことありますよ〜(マグネットシート)

こんなヤツです。
http://1wd.blog110.fc2.com/blog-date-20141005.html

そのテープの方までもそうとは断言できないのですが、上のリンク先のように、磁石マット+ネオジム磁石だから最強にくっつくだろう!と思ったのですが、
実は磁石マットとネオジム磁石の組み合わせは、
そんなに吸着が強くなかったです。
ネオジムXネオジムが最強で、ネオジムX金属がその次に強く、
ネオジムX磁石マットの吸着力は3番目の組み合わせという結果が出ました。(ぼくの体験)

マットはゴムがあるのでこういう結果でしたが、そのテープが何を主体にして磁石が含まれてるか?次第だと思います。
巻き取られたカートリッジになってるから、かなりの確率で軟質なので、マグネットシート同様、あまり吸着力は期待できないかもしれません。

いろいろ、試してみてくださいね!
(そのテープ、100均で見かけたら買ってみたいと思います^^)

いい情報ありがとうございました!

[2015/02/22 21:50] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
最近ブログを始めて、雨音さんのブログで、この磁石を知ったんですよ。模型のアフターパーツって知らない間に、どんどん進化して新しいのが発売されているので、なかなか知識が追いつかなくて大変です。

皆さんのダンボーチャレンジの記事で、同じパーツでも、全く違うアイディアで制作してるのに関心させられっぱなしです。胴体のヒラヒラ部分の磁石稼動、他にも色々使えそうなので、参考になりました!
[2015/02/22 22:13] URL | よっちん #- [ 編集 ] | page top
ついに悪の帝王になられたのですね、かさばる兄さんこんばんは。

マグニートー、ちがうマグネット腰のヒレに仕込むのはいいアイデアですね。
極小のヒンジとか、強度が心許ないし;^_^A

Aトールの腰ミノのヒンジにも採用検討してみよう。
[2015/02/22 22:47] URL | 豆タンク #- [ 編集 ] | page top
よっちんさん、こんばんは!
そうそう、「ネオジム磁石」が異常に強力なんですよね。
ちなみに100均で6mmと8mmだっけかな?2種類が手に入るので、この大きさでいいなら100均一推奨。
DIYの店ではひとつで¥400とか昔価格で話にならない感じでした。
写真のパーツはVOLKSのショウルームで買いましたよ〜

そうそう!
同じパーツでもみんなのアプローチが違うので、感心しまくってますよ!
「やら・・・れた!」(嬉しい悲鳴)って感じ?
初心者故のこわいもん知らずで、いろんな個性が出てて楽しいです!^^

この可動方法は、本当に応用効くと思いますので、是非(使えそうなところには)チャレンジしてみてくださいね!

簡単なところでは、掌に、2mmの四角の磁石(写真左側)を埋め込んで、武器のグリップにSUS-430をモールドのように貼りこんでおけば、銃もポロポロ落ちなくていいですよ!w

[2015/02/22 23:11] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
豆タンクさん、こんばんはマグー!(だからその語尾www)

そうなんですよ、1mmの幅に、強度的に心配のない可動が仕込めるのが、便利でさ。
本文にも書いたけど、重量物の場合は、磁石を埋め込んだヒンジ>金属プレート>磁石で挟んでやるといいし、あるいは磁石を埋めたヒンジをWにして金属プレートを間に差し入れるとかでもいいですね。

金属のクズが刺さると痛いので、ぼくはクズが出たら、いらないペットボトルにすぐに入れて、蓋をしています。
ケガには気をつけてね!^^
[2015/02/22 23:18] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
さすが、磁界魔王マジニートさんやでー!
ネオジムってなんかMSっぽくてかっこいいよね。

ピラピラはいろんなアプローチがあっておもしろいね。
磁石が飛び出すとはおもわなんだけど。
オレ使ったことないんだけど、かなり強力なの?
オレも興味本位で買ってみようかな。

間接の記事ありがとね。
そして、記事遅くなってサンマスン。
[2015/02/23 02:44] URL | EBAVO #- [ 編集 ] | page top
EBAVOくん、おはようございます!
なに、その出撃しない感じの磁界王w

言われてみるとジムの派生っぽいなw

ネオジム磁石は強力よ。
磁石同士でくっつけると剥がすの大変なくらい。
100均に行くことあれば、小さい方のセットかってみるといいよ。安いし。
ダイソーで言うとオレンジ色の台紙にくっついてます。

いえいえ、関節の件はむしろネタをもらった感じなんで、ぼくの方こそありがとうだよ!w
記事はぼくらはお金もらってるプロじゃないんだから、全然問題なしっw
書きたい時に書くのでいきましょ♪
[2015/02/23 06:26] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
こ、これは、ええアイデアやー!!
サス430って初めて知りました!
300番台じゃダメなんですね?
よしゃー、このアイデア、
僕のダンボーでそっこー採用させていただきます!

ありがとう、ええと・・
マグニートさん! ←いいボケが思い付かなかったw
[2015/02/23 09:18] URL | phantom #LkZag.iM [ 編集 ] | page top
phantomさん、こんばんは!
そうそう。ステンレスにも種類があって、磁石に付く、付かないがあるので注意。
400番台ならいけるはず。
ぼくはコーナンで買った時は、文具コーナーの磁石を、店員さんにかくかくしかじかと断って確認させてもらうという理由で、ステンレスシート売り場に持って行って、試してみましたよw

切りくずや端は鋭利なのでケガにだけは、本当に気をつけて使ってくださいね^^

マグニートさんは、名乗ってはみたものの、元ネタをぼく自身が理解してないので、みんなによばれてもそんなに嬉しくなかったwww
もっと別のにすれば良かったなぁw
ネプチューンマン的な?w

そしてマイク=ミニョーラにはだれもツッコミなかったなぁ。
HELLBOYは映画になってたから、誰か知ってると思ったが^^;

ハイコントラストの極致で、超クールだよ!
[2015/02/23 23:06] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
 こんばんは。
 腰アーマーの新たな可動ですね。
 私が知ってい方法としては、パイプスプリング。ボールジョイント。真鍮線を用いたヒンジ等ありますが、ネオジム磁石を用いることで、こうした可動もできるのは凄いアイデアです。
 つい最近、腰アーマーが動かないプラモを可動式にしてやろうとアーマーを切断。ボールジョイントとプラ材を組み合わせ、微調整を行いながら可動式にしておりました。
 私が下手くそだけなのでしょうが、この腰アーマーの可動部品の微調整は本当に手間(>_<)
 従来には無い、模型テクニックに一石を投じる、かさばる兄さんの磁石関節を拝見し、アイデアの素晴らしさに感服いたしました。凄い。
 模型作りに関し、良い勉強をさせて頂きました。ありがとうございます。m(_ _)m
[2015/02/25 20:00] URL | kou #- [ 編集 ] | page top
kouさん、こんばんは!

実際スプリングか、この形ならヒンジを自作するのがセオリーとは思いますが、ステンレス大量に余ってることだし、やってみました!w
今さっきあげられたすべての手段が、腰アーマーを好きな角度で止めるのに不向きなので、腰アーマーの可動演出が必要な人には、本当にオススメだと我ながら思います。
比較的簡単にできるというのもポイントでしょうか。
また、使えそう!という機会があればぜひお試しくださいな♪
持ち上げてくださって、ありがとうございました!^^
[2015/02/25 23:49] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/345-a63c1958
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |