考察!Gのレコンギスタ 第20話「フレームのある宇宙」(前編)
いよいよGのレコンギスタも20話。
これが48話とかだったら、多分投げ出してたなw
これ含んであと7話!最後まで遅れることもあるかもしれないけれど、がんばりますよー!

こないだからお祭りさわぎで楽しんでるダンチャレ。(ダンボーチャレンジ2015!(春))
ダンボーではないのですが、n兄さんの「かざぐるまの法則」に熱をもらって箱組みしてるモデラー、REN_Wさんを発見^^
さらに厳密にはプラ板スクラッチではないのですが、(一時的にサイトの名前まで変更して)ダンボーチャレンジに乗ったる!という心意気と、その際に初めてのフラットベースにも挑戦という部分が嬉しいので、雨音さんの記事も、合わせて一番上の「連絡や報告など」にペタリ。(これもダンチャレだ!^^)
かざぐるまの法則の実践や、ダンボーチャレンジに乗ったるでぇ!という記事を見かけたら、勝手にペタペタ貼っちゃうからね!w(怒らないでねw)

そういや、知ってる人も多いだろうけどあえて書く!
フィリピンにあるジェズ・アイランド・リゾートに、なんだかガンダムっぽいものが登場していると話題に。
ガンダムさんも疲れてきてる?と思わずにいられないw

Fガンダム
ロボビタンAとかメカの素を食べさせやった方がいいのかもしれない。

さて、このサイトでは初の試み、毎回の考察を書いております。
これより後はネタバレ前提なので、もう見たよ!って人やそういうの気にしない!って人だけ読んでね^^

例によって「かさばるさんという名のフィルター」を通した考察なので、
かさばる兄さんはこれ見てこう感じたのね、くらいに軽く楽しんでくださいね。
いろいろ予測もしますが当然外れる事も多いはずなのでそこのとこもよろしく。

あと、まんまと富野監督にだまされたり、読み込みの浅さで解釈のミスもありますが、
それはそれで楽しいので、あえて変更は致しませんので、そこのところもよろしくお願い致します。

では準備OKの人は 続きを読む をクリックお願いいたします。
前回のあらすじをベルリがざっと説明。
やはりフラミニア&ヤンはジット団の所属だった模様。
レコンギスタ作戦を阻止したい反乱軍に侵入してたというあたり相当に有能なのか。

MAジロットのアームで、メガファウナからクレッセントシップに搬送されてしまうGセルフ。

メガファウナの中では今後の方針をマップを見ながら検討。
100kmもの円盤に成り立つ水深150mもの海と3kmの高さの空をもつオーシャンリング。
ジット団のラボも内包しており、人口の海はテストに必要だとか。
まぁ、実際人工であれ、「海」という存在が宇宙に孤立する人々をどれだけ癒やすのかを考えると、ここでのやりとりのようにテストのためだけという事はありえないとは思う。

一方ジット団。

「MSの編隊をだせるのは、ロザリオ=テン=ポリスだけです。」
レーダーに補足した機影を分析する、クン。

「我々の考え方がRCの正義だということをロザリオ=テンの連中はどうしてもわからないとみえる。」とキア隊長。

キア達を迎え撃つべくヴィーナスグロゥブから、巨大な半円の盾が特徴的なMSポリジットの編隊が出撃する。

ふたたびメガファウナ。
地図を指し示しながら

「ロザリオ=テンにラグゥっていう偉い人がいるんなら、そこに真っ直ぐいけばいいんでしょ。」と、ベルリ。
「ジット団はその手前の自分たちのラボに、クレッセントシップを向かわせているんです。」と現状を確認するアイーダ。

「ということは、メガファウナはここを飛び出して、ロザリオ=テンに向かえば、連中はビーム攻撃ができないという事になるな。」とドニエル艦長。
またも施設を盾にする方針w

「・・・ならジット=ラボに向かいましょうよ!」というベルリに
「何考えてんだ?」とノレド。
何にかけて「〜なら」なのか、ノレドならずともそう言いたくなるw

「ジット=ラボというのだから、そこは研究所なんでしょ?」と呈するラライヤに
軍事施設じゃないってことは、抵抗もないってことか!と納得するクルー。
「そこの人たち、トワサンガ以上に外から敵が来るなんて考えていませんよ!」としてやったりなドヤ顔のラライヤ。
「姫様!・・・お前らも何を考えてるんだ!」と艦長。
枝葉の話をしてるけど、肝心の目的がジット=ラボには無いわけだから、そりゃ艦長も頷けないわw

「ジット団はぼくたちをクンタラにするって言ってるんです!」というベルリに
「私はあの人達の食料にされるのはイヤです。」とアイーダ。

いつ言ってたんだ?そんな事w

その視界の端でいよいよジット団が動き出す。
Gセルフのレイハントンコードの解除に手間を取られている報告がキアの元に上がってくるが、最悪、ポリジット(ロザリオ=テンのMS)にぶつけて爆発させる。その時にクレッセントシップとの共振作用をチェックする。」
どうやら、クレッセントシップの10%以上もの高性能化の鍵がGセルフであると看破しており、ジット団所有の船「フルムーン」にも応用できると見ているようだ。つまり、クレッセントシップの同型艦と思われる。

「・・・となれば、テン=ポリスの抵抗は排除でしょ?」とヘルメットを被る、クン。
「ま、そういうこった!」とMSジャイオーンのコックピットに収まるキア隊長達。

一方、方針の決まった?メガファウナの格納庫に入ってくるパイロット達。

「姉さんはまっすぐにロザリオ=テンに突っ込んでくださいね!」とベルリ。
「ハイ。ラグゥ総裁という人物に賭けます!」とまっすぐベルリをしばらく見つめてから、「注射を打たれた部分の穴は大丈夫ですね?」と気遣うアイーダ。
「アネッテさんに修理してもらいました!」
「良かった」
「姉さんに心配してもらえるなんて!」と満面の笑みのベルリ。
「えっ!・・大事な戦力ですからね!」と照れ隠しにベルリの頬をつねるアイーダ。

そのやりとりを視線の端に止めながら「何いちゃついてんだぁ?」とマニィ。
「無視。無視するぅ。」と目を閉じて見ないようにするノレド。

Gセルフが接収されているので、ベルリがGアルケイン。アイーダがグリモアという編成に。
あれは私のです!とか言って、あくまでアイーダが乗ると思ってたら、「無茶はしますけど、(ベルリは)性能を引き出してくれます。」と存外に素直なアイーダ。

「そうですよねぇ!・・・良かったなぁ、おねえちゃんに認められてえぇぇ!w」とベルリの頭をわしわしと撫で回すケルベスw
そのまま、ラライヤとリンゴに集合!と声をかける。
「やるんですね?アレを!」とラライヤも嬉しそうだ。
「Cガード伝統の・・・!」と同じくケルベスの元に向かうアイーダ。
「ウォークライ!!」ベルリも続く。
さらに寄ってくるルアンとオリバー。

「ジット=ラボ経由でぇ〜」ケルベスが音頭を執り、皆がOPのワンシーンのようにエンジンを組んで、頭を下げる。
「おぉーしっ!」
「ラグゥという偉い人に!」
「会いにいくぞおおぉぉぉ!」
「ファイト、ウォッウォッウォッウォーーーーーッ!」

盛り上がるなぁ、これw

その、「出撃の儀式」をやや冷ややかな目線で、スリングを構えて照準するノレド。
弾はつがえていないけれど。
その照準はアイーダに向けられている気がする。
マニィもウォークライを見ながら覚悟がついたんだねぇ!とノレドに話しかける。
「そう思うよ。」言いながら、ノレドはGアルケインのコックピットへと向かうのだった。

各員、MS出撃準備に余念のない最中、人使いが荒いなぁとこぼすマニィ。
その視線の端では、ひとりだけ所在なげにGアルケインのコックピットあたりを何をするでもなく漂うノレド。

コックピットの中からノレドが見えたベルリ。
「ノレド?」と呼ぶが反応がないので、慌てて身を乗り出して、漂うノレドを「具合が悪いのか?」と足首を捕まえて自身の元に引き寄せるベルリ。

「・・・またMS戦をやるんだろ?」とノレド。
「こんなところでやるつもりはないよ。ノレドは安全な場所に隠れているんだ。・・・いいな。」と優しくノレドを押し返すベルリ。

視線を合わせず、俯いたまま、押されるままに漂いながら、

「うん、アタシは・・・隠れる・・・・」とどこか哀しげなノレド。
アイーダが実の姉と知っても囚われたままのベルリへの想いも隠してしまうという事なのだろうか。

そんな傷心のノレドを見かねたマニィ。
出撃準備のサイレンが鳴る中、ヘルメットを上からノレドに被せてやって「ほら。(スーツとヘルメットの間を繋いで気密を確保する)ファスナーを閉めて。宇宙で暮らしてると、やることはたくさんあるんだよ。」と気遣うマニィ。

そんな二人をMSの掌で受け止めてやって、
「ノレドはさぁ、後方支援だけじゃなくって、歴史政治学もやるんだろ?」とリンゴ。
ベルリへの恋心もここで区切って、彼を歴史的な第三者の視点で見ることになるという転回点なのか。

こっそり、メガファウナから出撃するケルベスのレックス=ノー。
こちらの動きを怪しまれぬよう、格納庫の赤い光も消しておきましょうと艦長に進言。
怪しまれぬようもなにも、外に出るなとか言われてたのに、出てる段階でどーなの?とか思うけどね。

そのころクレッセントシップブリッジの正面で、ジャイオーンの掌をガラスに押し当てながらエル艦長と話すキア隊長。
「現在ただいま(被ってるw)接近しているテン=ポリスを叩く必要がある・・・が、クレッセントシップは真っ直ぐジット=ラボの鉄骨桟橋へ向かえ。艦長に取り付けた爆弾とその席は、カメラで監視している。うかつな事をすれば人間爆弾になって、ブリッジごと吹き飛ぶ!」

「わ、わかっている・・・!」恐怖の滲む艦長の頭は拘束具+頭頂部の丸い球体で覆われ、さながらボンバーマンのようでもある。ちなみに副長も同じようにされている模様。

「副艦長殿もだ!よろしいな!」
言い捨てて、少しの手勢を残して出撃するキア隊長達。

その頃、格納庫の中に入れたGセルフを何もメリットがないのに、何故かもう一度、宇宙空間の甲板に出して、せっつかれながらレイハントンコードの解除に精を出すフラミーとヤン。


一方、テン=ポリスが警告音を鳴らしながら、「クレッセントシップの航路が、ロザリオ=テンに向いていないのは何故か!?」とMSポリジットで盾と銃器を押し立てながら進んでくる。

「クレッセントシップは技術的な問題が発生している。ロザリオ=テンの港で爆発事故でも起こしたらどうする!」と一応は筋の通った言い訳を用意したキア隊長。

「降臨祭を済ませずに帰還した件の尋問もある!」
テン=ポリスのMS群がジット=ラボのMS群と軍事的衝突。
「始めたからには、中途半端では、レコンギスタ作戦は実行できない!」
すでに覚悟の決まっていたジット=ラボ。
ヴィーナス・グロゥブというくくりにおいては味方とも言える軍と戦端を開くのであった。

「バッテリーとオーシャンリングにビームを向けることは、絶対に禁止だ。」と有線によるオールレンジ攻撃を開始する、クン。
だが、テン=ポリス側がオーシャンリングを背後に背負っているせいか、ビームライフルをこの宙域でも容赦なく撃ってくる。
その攻撃に、まさかビームライフルを使うとは!と意表を突かれたキア隊長。

一方のメガファウナ。
なんと、いきなり出港。

ラライヤのネオ=ドゥと共に、出撃するベルリのGアルケイン。
クレッセントシップ甲板上の、Gセルフの奪還に向かうのだった。

「地球人が来た!」Gセルフの横で睨みをきかせていたジット=ラボのMSリジットが、ベルリのよるシールドバッシュ(盾を使った体当たり的打撃)を受け、吹き飛んだところへ、すかさずビームライフルを叩き込むラライヤ。武器と右腕を同時に失って継戦能力を奪われるリジット。

Gセルフのコックピット前にいたフラミーを
「フラミニア先生はどいていてください!」とGアルケインの指で、ちょいと弾くベルリ。
金切り声を上げて流されてゆくフラミー。

そのまま、背後からGセルフを抱え、上下にスクワットのように振ってヤンをコックピットの中から追い出す事に成功するベルリ。そのままGセルフに肩を貸す恰好でお持ち帰りに。

奪還作戦の成功を確認したメガファウナ。
このタイミングでメインノズル点火。ジット=ラボに舵を向ける。

すかさず、マニィがコンソールを叩き始める。
何やってるの?と聴かれ、ベルリの仕事の後始末!とノレドにも手伝うよう指示するマニィ。
どうやら先ほど弾いたフラリーとヤンの回収のために、カメラで位置を探しているようだ。


先ほど、傷ついたリジットが、キア隊長のジャイオーンの元へ急行。
Gセルフが奪還された旨を告げられ激しく動揺する。

漂流者と成り果てる前に、二人によって補足されたフラミーとヤン。
クレッセントシップが回収してる模様。
良い仕事^^

その礼を言うクレッセントシップのクルーが「実は・・・」と艦長たちが人質として爆弾を付けられることをメガファウナに伝えようとするが「余分な事はしゃべらない!」と副長にたしなめられ黙るクルー。
メガファウナの行動の足を引っ張りたくないのか、単に喋ったら、人間爆弾のスイッチを押されるおそれがあるからなのか。

「自分はなんとでもします!隊長どのは作戦を!」と先ほどのMSリジットのパイロット。
「よし!そのままクレッセントシップに合流してラボへ戻れ!・・・クン=スーン!」と指示するキア隊長。

呼ばれたクン=スーン。

G系MAジロットの肩口から、今度は有線ではないサイコミュ兵器を繰り出す。
ポリジットが、その花の蕾のような無線兵器による包囲攻撃を受けて爆発の華を咲かせ、もう一機のポリジットがその花の蕾に斬りかかると、その死角を選ぶように残りの蕾達が、ポリジットを包囲してすかさずビームの乱打を叩き込んで破壊する。

「我らがジット団はレコンギスタを目的に決起した。以後邪魔をする者は、テン=ポリスと言えど容赦はしない。この無線、オーシャンリングのロザリオ=テンにも聴こえているな!」

聴こえた上で!と言わんばかりに、3機編隊がジロットに襲いかかる。
だが、至近に現れたMSジャスティマが「飛び道具はタブーだ。ジャスティマにまかせてもらう!」
そう言い放つと、長く、赤い光を放つビームサーベルを二刀流で構えながら、ポリジットへ肉薄してゆくチッカラ。
「邪魔するなと宣言しただろー!」
ホットナイフでバターを溶断するように、文字通りポリジットを真っ二つにするチッカラのジャスティマ。
どうやら、ビームサーベルの出力に特化した、近接攻撃特化型MSのようだ。

一方、クレッセントシップを後にするメガファウナ。
その少し後ろでは、GアルケインをGセルフの向かいに持っていったベルリ。
飛び移ろうとして、その距離に息を呑むのであった。

ここでアイキャッチ。
行きノレド、戻りラライヤ。

今回、面白いんだけど、色々ヒドイw

前回一堂に集められて拘束されてたのに、もう自由に動きまわってるし、レックスノーなんてメガファウナから出撃してるのにお咎め無し。なぜ彼らがおとなしくしているものだと決めてかかっているのか謎である。
せめて艦長の人間爆弾の件をメガファウナにも通達して、お前たちもおかしな真似をしたら、コイツラがどかんだぞ!と脅すか、あるいは、ドニエル艦長にもあの爆弾をセットすべきだろう。

人間爆弾とは懐かしいセルフパロ。
ザンボット3でのネタじゃなかったっけ。御大だけが許されるパロディだなw

ラライヤも、サウスシラスで再会したフラミニアに涙したり、何かと抱きついて慰めてもらってたりしてたくらい懐いてたのに、彼女が裏切ってた事に対して、落ち込んでいる描写が無いのにちょっと違和感を感じる。
なんとも思ってないし、表情もひたすら明るい。これは演出ミスな気がする。なんだとて?w

そしてテン=ポリスに主戦力を持って行きすぎるキア隊長。

リジット一機+まだ自軍のモノになりきっていないGセルフという「一機+α」で、
Gアルケイン、グリモア二機、レックスノー、ネオ=ドゥ、モランの6機をどうやって抑えれると思ったのか。
なんかザルすぎるにも限界がある気がw

ノレドが今回寂しげな演出。
ベルリはいつまでもアイーダを好きでいるような気がしてる。
恋愛的な観点においては今回ハッピーな展開が望めないんでは?

そしてマニィはメガファウナに移ったことで、だいぶ死の予感から逃れてる感じ?
次にマスクと相対した時の行動如何によっては、まだ危ないけどね。

強いんだか、弱いんだかわかんないキア隊長率いるジット団。
いよいよ後半では、ベルリ達と激突!

本日も最後まで読んでくださって、ありがとうございました!
また後編で会いましょう!

スポンサーサイト

テーマ:Gのレコンギスタ - ジャンル:アニメ・コミック

[2015/02/16 23:46] | 考察!Gのレコンギスタ | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
<<考察!Gのレコンギスタ 第20話「フレームのある宇宙」(後編) | ホーム | ダンボー制作にご注意!>>
コメント
どーもー、Finoです(^^)/

えっ?!Gレコって全27話なの?
ん~っ…収集つくのかなぁ…(;´∀`)

いやぁ~ダンボー祭り…マジで激熱ですね!
これは、Finoもなんか箱組みしてみよーかなぁ~…なんて、思ったり…思わなかったり…(;´∀`)

で、今回のトピックはなんと言っても…フィリピン、ッパねぇ~!!(;´Д`)

もうね…何処がどう違うとか、ここが似てないとかの次元を超越してて…でもあからさまにガンダムをパクってるのがわかるし(;´Д`)

つか…ガンダム以前にロボットとしてどうなん?
表面もザラザラしてて…コレってコンクリート?石膏?

いや…これを堂々と展示するあたり…ある意味、潔いかも(;´Д`)


いやぁ~いいモノ見せていただきました(*´ω`)

追記)
n兄さんのブログで、かさばる兄さんたちの熱きダンボー祭りが記事に載ってたよ(^-^)
[2015/02/17 12:13] URL | Fino(フィノ) #OsUMKdiU [ 編集 ] | page top
なんなんだよ!
この残念なオブジェは?wwww
どっかの国レベルで残念すぐるwww
これがリゾートなの・・か・・・

現地の人には人気なんですかね???
[2015/02/17 17:02] URL | phantom #LkZag.iM [ 編集 ] | page top
こんにちは兄さん
例のパクリ国レベル・・・なんか・・何なんだろう?言葉が出ないよ・・・
[2015/02/17 18:17] URL | ぷにあ #- [ 編集 ] | page top
かさばる兄さん、

この栄養失調的なガンダム、、、切ないぜ( ̄▽ ̄)
そもそもパクるのはダメだけど、どうせやるならもうちょい考えて欲しい。。。
こりゃアカンでしょ。
何を、どうすればこうなるんだろう( ;´Д`)
[2015/02/17 20:27] URL | マイク #- [ 編集 ] | page top
Finoさん、こんばんは!
書き方わかりにくくてゴメンっwこの話含めてなので、おそらく26話と聴いてます。
もう、地球とかほったらかしだけど収集つくのかしらwねーw

なんでもLで組む癖付きましたよ。
鋼鉄治ー具で、すぐあてがって外角でも内角でも直角が出せるのが超ベンリです^^
Finoさんはゴールドライタン(完全変形)なんてどう?w

この像なんかスゴイよねw
もう笑いものにしかならないからBANDAIもいちいち文句つけないかもね。
もう、絵が強烈すぎてみんなに見てもらいたくてさぁw
楽しんでもらえて重畳^^

観に行きましたよ!
ああやって書いてもらえると嬉しいですね^^
あれ見て、俺も俺も!とかざぐるま使いが増えるといいなぁ!
[2015/02/17 23:10] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
phantomさん、こんばんは!
中国に匹敵するくらい残念なパワーがw

股の下では、楽しげにワーイな外国人ですが、果たしてw
ぼくが現地人なら・・・遊びに行ってしまいそう!w
[2015/02/17 23:12] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
ぷにあさん、こんばんは!
色が合ってるだけあの国よりもマシなのかもしれないw
確か黄色だった気がw
頭のなかに小田和正のせつない声で「言葉に〜できな〜い」が流れておりまする^^;
[2015/02/17 23:14] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
マイクさん、こんばんは!
本当に大丈夫か?と声をかけたくなるくらいの栄養失調を感じるガンダムさんw

ひょっとしたら、ひょっとしたらだけど、火器管制と運転は分けるべきだ!と合理的思想によって、複座のコアファイターが入ってて、長いのかも?

いや、顔が長い理由にはならない・・か・・・?w

それにしてもインパクトありすぎて、誰もGレコにツッコミ入れないww
[2015/02/17 23:17] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
かさばる兄さん、

すいません。。。
Gレコはゆっくり読んでる最中ッス(≧∇≦)
[2015/02/18 07:40] URL | マイク #- [ 編集 ] | page top
マイクさん、こんばんは!
わざわざ返してくれてありがとうw
ちょっとインパクトあるの張りすぎたんだ・・・w
[2015/02/18 22:56] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/339-263e3027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |