考察!Gのレコンギスタ 第19話「ヴィーナスグロゥブの一団」(後編)
今回は、ちょっとダンボーいじるのに時間使いすぎたのと、暫定とはいえ記事をすでにあげてたので、毎日更新は守られたと、油断してたら、緊張の糸が切れて寝ちゃったw
待っててくれた人、ゴメンネ^^;

ジャスティマ
MS ジャスティマ。モンテーロとの共通項が多いMSである。

さて、このサイトでは初の試み、毎回の考察を書いております。
これより後はネタバレ前提なので、もう見たよ!って人やそういうの気にしない!って人だけ読んでね^^

例によって「かさばるさんという名のフィルター」を通した考察なので、
かさばる兄さんはこれ見てこう感じたのね、くらいに軽く楽しんでくださいね。
いろいろ予測もしますが当然外れる事も多いはずなのでそこのとこもよろしく。

あと、まんまと富野監督にだまされたり、読み込みの浅さで解釈のミスもありますが、
それはそれで楽しいので、あえて変更は致しませんので、そこのところもよろしくお願い致します。

では準備OKの人は 続きを読む をクリックお願いいたします。
Gのレコンギスタ19話「ヴィーナスグロゥブの一団」(後編)

クレッセントシップの外。
Gアルケインにメガファウナのクルー達が、ノーマルスーツに身を包んでしがみついている。
クレッセントシップのスタッフが宇宙では遠くのものも近く見える!・・・」と、宇宙に関する講義を実地で行ってる模様。

観光向けのプログラムなのか、地球圏の人々にたいして教育してやっていると言うものなのかは判別がつかない。
このくだりのうんちくはSF的でおもしろい。

講義を受けながら「数字だけの世界は数字だけだもんな。」と、自身の見聞の狭さを認め始めたアイーダ。
ベルリはこのあたりの事はCガード候補生の頃にたたきこまれてる様子。余裕で、ことさら宇宙での距離感に戸惑った様子もみえない。
さなか、ベルリと二人で会話をするアイーダ。

「・・・私の父は間違ったことを教えたんですか?」と、先ほどの会話がやはり気になっている様子のアイーダ。
「え?!軍人さんとしては立派な方ですよ?ぼくの運行長官の母は武骨者ですけど、責任感の強い立派な母です。」
「うん。」
実の親ではなかったけど尊敬と感謝をしていると確認しあう二人。

船外講義が終わり、ハッチに戻ってきたクルー達。
そこで、アイーダは先ほど話しに出た「オーシャンリング」の事をエル船長に訊く。
ヴィーナス・グロゥブ上に位置して、「海に似たようなもの」があるらしい。
そのようなものを造るのは、やはり人類が産まれた星に対する恋慕がそうさせている様子。

「その地球ではCタワーを奪おうと、宇宙艦隊が睨み合っているんです。」とベルリ。

「・・・(戦争ができるほどに)経済的に豊かになってきたからでしょう。」躱そうとする艦長。

「そんな大人の理由はいいんです!ぼくはそういう戦いをやめさせる為には(視線が少し泳いでこの後、「姉さん」と呼ぶことにとまどいつつ)姉さんのような人には、ヘルメス財団の偉い人には会わせたいし、ヴィーナスリング(グロゥブのミス?)とかオーシャンリングという物を見てもらって・・・宇宙にある海の夢といったものを見つけ出して欲しいんです!」

「ベルリ・・・」

「現在グロゥブを統一しているラグゥという方は、高潔な方ですよ。」とベルリに感じ入ったのか、それならばラグゥに会う価値がありますと船長。

その様子を遠巻きに見ながら「ベルリがアイーダを姉さんであることを受け入れたよ!」と、ベルリが精神的に復活、あるいは成長したと、喜ぶノレド、ラライヤ、マニィ。
傍から見るとそうかもしれないが、やはりまだ受け入れきっていないと先ほどの視線の演技で感じられたが。
果たして。

クレッセントシップのブリッジに戻った艦長を報告が待っていた。

「艦長!ジット団が出迎えに出てまして・・・」
見たことのないMA、知らない部隊の名前。騒然とするブリッジ。

甲板上ではベルリやケルベスが目視(双眼鏡)で、ジット団のMSを確認。
団長キアのジャイオーンを見て

「伝説のMSに見えるなぁ・・・」とケルベス。
そうこうしているうちに甲板に降り立ってくるジャイオーン。

Vの字アンテナなどの特徴的なアイコンに「これG系のものじゃありません?」とラライヤ。
脇に一般兵用のリジットを従え、銃を降ろさない。
その様子に「穏やかじゃないな」とケルベス。

さらに周辺にはぐるりとMAジロットとMSジャスティマが配下を連れて警戒している。

一足飛びにブリッジに向けて跳躍したジャイオーン。
ブリッジのガラス面に手を当てて威圧する。

「ジット団の出迎えなど聞いていないぞ」と言う船長に最後まで言わせず、
「クレッセントシップを我が方に解放して戴く。」とキア隊長。」

「ここにいる地球人はすべてメガファウナに。このブリッジは正規のクルーだけにする。」
ハッチを開き、続けて要求を出し続けるジット団キア隊長に、ノーマルスーツのバーニアを吹かして「あなた達は何なんですよ!」とつっかかってゆくベルリ。
「ダメでしょ!」とキア目の前で両手を開いて何かを守るような仕草を見せるが、「何だぁ?」とヤクザキックされて、吹き飛ばされ、ブリッジの強化ガラスでバウンドするベルリ。

「ベルリ!」すかさずノレドが飛び出すが、リジットのビームライフルの銃身で、横薙ぎに払われてしまう。

「ジット団と言うのは何だ!ラグゥの承認を得てきたわけではないな!」
優しげな見た目と裏腹に剛健な艦長。

「艦長、キア=ムベッキと名乗っております!」と副長。
「入れてやれ。顔が見たい。」

スペース☆ダンディみたいな、レトロフューチャーな銃をクルーに突きつけながら入ってくるキア。
その動きは山猫を思わせる獰猛な敏捷性を感じさせる。
すかさず艦長に投げた名刺には
「キア=ムベッキ ジットラボラトリーの技術保全局長」と書いてあったのであった。

要求どおりブリッジを去るアイーダに「メガファウナが勝手な行動を取ったら・・・」と脅すキアに最後まで言わせず「了解しています!」とラライヤ。「可愛くない女だ。」とキア。

一方、ノレドと共に宇宙へ弾き飛ばされたベルリ達を、周辺警戒していたチッカラのジャスティマが、再び甲板に向けて弾き返す。

それを甲板上のクルー達で受け止める。
バーニアでメガファウナに向かいながら、敵の数(6機)やMAの存在を目ざとく確認するクルー達。

「外にさえ出なければいいんですよね?」とケルベスと確認しながら、一応MS格納庫に向かうベルリ。
ジャスティマがGセルフを遠目で覗きこんでた様子。
ジットラボラトリー(ラボラトリーは研究所の意)もGセルフに関心があるのだろうか。

そんな事を考えながらGセルフに近づいてゆくと、ハッパの絶叫が。

「何をしてるんです!あなた達うわあああああ?!」

コックピット近くから(低重力下で)投げ飛ばされたハッパの手をかろうじて掴むベルリ。
「Gセルフを盗もうとしてるんだ!」とハッパ。

「誰が!?」誰何の声を上げながらコックピットに近づくベルリ。
そこには二人の人物がいて、片方は点目職員。そしてもう片方はベルリのよく知る人物・・・フラリーだった!

「フラミニア先生!何をしているんです!」

「・・・パネルもスイッチもユニバーサルスタンダートなのに!なんで私に(強奪するために)動かせないんだ!」と点目職員。
「この機体は両親からの遺産です、ユニバーサルなものではないんですよ!とベルリ。」

「宇宙で使うものは誰にでも使えるものでないといけません!」とフラリー。
盗人猛々しいw
「Gセルフだけは違うんです!」となおも反抗するベルリに
「それはタブー破りです!」とベルリの死角からなんらかの注射を打ち込むフラリー。

手足が動かず、混濁する意識の中、コックピットからフラミーに押し出され、力なく中を漂うベルリ。
流れてくるベルリを視界の端に発見したケルベス。
「ベルリ!フラミニア先生がどうしたって?」
「フラミニア先生がベルリを棄てた?」と周りで見ていたクルー。
MSの掌でやさしく受け止められたベルリ。

「ガン・・・ダ・・」と、謎の言葉を呟きながら意識が落ちてしまうのだった。

MSで動き出そうとするラライヤやケルベスを、ジャスティマがハッチを開けて牽制。

「私達はそちらの言うことを聞いて、外には出ていません!」とアイーダ。
だがもしも、出たら・・・戦争好きな地球人にならこれの威力は想像がつくだろう?と
MAジロットが発射体制にある、有線で繋がったビーム砲台をグルリと回して威嚇するのだった。

その艦をも貫くほどの威力を想像しながら

「フォトンバッテリーを作ってる人って平和的な人間だと信じてたけど!」とリンゴ。

下に降ろされたベルリを抱きかかえながら、Gセルフの方に向き直り、
「ベルリって死んじゃってるんじゃないの?・・・フラミニア先生!」と届かぬ視線で威嚇するノレド。
「死んではいません。働き過ぎのベルリくんには休んでもらってもいいでしょう。・・・ヤン貴方の気持ちはわかりました。後は・・・」

ヤンと呼ばれた細目職員が動かぬGセルフをようやくあきらめ、コックピットから出てきた。
「すみません、真っ先にこの船を制圧しようと思ったのに。」

メガファウナ艦内。
ベルリも回収され、クルーが皆毛布にくるまり、ベルトで締められている。
ベルリを診察して、一晩で目覚めるでしょうと、メディー先生。
喜ぶノレド。
「なんでみんな、この部屋におしこめられているんです?」と問うメディー医師にアゴで監視カメラを指し、「危険分子はここへ集められたんだ」とドニエル艦長。

そこへモニターから、キアの声がメガファウナのクルー宛に飛び込んでくる。
「メガファウナのクルーに教えておく!我々はトワサンガのハザム政権から、貴公らの処分を頼まれたというのもあって出迎えたのであり、それは承知してもらいたい。」

それを身体で阻むようにエル艦長が割って入ってくる。

「ちょっと待ちなさい!それはロザリオ=テンの意向、ラグゥ総裁はご承知の事なのだろうな?!」

それをショートアッパーで吹き飛ばして
「ロザリオ=テンとラグゥには関係がない!これはジット=ラボラトリィが直接請け負った仕事である!
「バチあたり奴!」と吐き捨てる艦長。

いつの間にかキアの左右に来た女性の部下二人。
「ロザリオ=テンの邪魔はありますよ?」と右からクン。
「同調者はいるんだ。」とキア。
「ジットラボとしての作戦は万全ですものね。」と左からチッカラ。
「月は満ちたのさ・・・。」とキア。

ベルリは眠らされ、メインクルーは拘束され、クレッセントシップは強奪された緊迫した空気の中、ヴィーナスグロゥブに向かって物語は文字通り進んでいくのであった・・・。

19話了>

今回はSF的な味付けも多く面白かった!
海賊が海賊されちゃう話だったねw

自分で感じた事ではない教育を受けるより、外にとびだして感じろ!といった富野監督のキングゲイナーにも似たメッセージ性の強い回。イイハナシだ。

いよいよベルリが自身の行動を、実際的に定義しはじめる回でもある。
自身が改革者になるのではなく、それを支えるという役割を自身に定義しているようだ。

フラミーとヤンの二人。
ジット団がきてから慌てて、Gセルフの強奪、艦内の占拠を目論むが。
これはジット団が来てからあわてて、作戦を実行に移すが、彼らはシップの人間(ロザリオ=テン&ラグゥ総裁)側の人間でもなく、ジット団でもないと最初思った。
ジット団が来てからも合流とか会話とかないしね。
慌てて作戦を実行にうつしたのも、ジット団を出し抜きたいんだろうと。

ただ、それだとグロゥブが、
ジットラボラトリー
ロザリオ=テン(総裁ラグゥ)
フラミー&ヤンの所属する団体といきなりまた3つの団体が増えることになって、残り話数7
と考えると実際的ではない。
それに軟禁されている場所にミラジとロルッカも居るが、やはりフラミーとヤンの姿はない
来週になったら、「キア隊長、われわれ先遣隊だけで確保できずに申し訳ありませんでした」とか言い出すんじゃないかなぁ。フラミーの意図はいったいどこにあるんだろうね。

MSジャイオーン
ネタバレになってる背面のビッグアームユニットは今回外してて出番なし。
顔面のスリットまでもが映像になってるG系統。
果たしてその実力や如何に。

MSジャスティマ
これよく見ると、クリムのかつての愛機、モンテーロに酷似している。
もともと形部さんは系統だててデザインしていたと思われ。
腕に自信のある方は改造してみてもいいかもよ?

MAジロット
有線のサイコミュっぽい攻撃手段を持ってるね。
これがG系統ってwww


<次回予告>
再びベルの天才的戦闘センス開花か。
クレッセントシップのクルーは頭によくわからないアンテナのついた拘束具みたいなもの付けられてるしw
今回は本編の時間の関係であまり予告は見せてくれない様子。

次回、「フレームのある宇宙」
バッテリー、フルチャージ!

今回も最後までのお付き合い、ありがとうございました!
スポンサーサイト

テーマ:Gのレコンギスタ - ジャンル:アニメ・コミック

[2015/02/11 12:10] | 考察!Gのレコンギスタ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<進捗その2。 | ホーム | ここまでの進捗。>>
コメント
ありがとうございます。

かさ兄のおかげで何も考えずにGレコ見ることが出来るよ!
映像を見て、だいたい覚えてここで確認する!

なるほどー、ふむふむ。そういうことかぁ~。みたいな。

ベルリが艦長に食ってかかるシーンが印象的だったね。館長の対応大人だぁ~。と思いながら見てた。
オレがあんな子どもにアレ言われたらなんて言い返すんだろうw

台詞の書き出しとか、場面ごとの解説きっと大変だろうね!
あと7話(?)がんばってね!
[2015/02/11 16:04] URL | EBAVO #- [ 編集 ] | page top
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/02/11 17:10] | # [ 編集 ] | page top
イバノチョフ同志、ドーブリィ ヂェーニ!
(なんだこれw)

そうそう、そんな感じで楽しんでもらえると嬉しいな。
艦長も、ベルリ(地球圏の若者)の熱さになにか感じるトコがあった風で、あのくだりは良かった^^
残り7話、遅れたりもしますががんばりまーす!
(あんがとね!)

[2015/02/11 20:54] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
秘コメ様へ。
本当に良かった!
そして、ありがとうございました!^^
[2015/02/11 20:55] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/332-f9d144aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |