アストレイレッドフレーム(その2)
そういや3Dプリンタにまつわる話その3。
中国で3Dプリンターによる家屋の建築が商業化にこぎつけたらしい。
まず平行な土台が作れるのかが、すでに怪しいんだがw
地震や台風にも耐えられる強度を持つとのこと。
まずこの会社の社長の家をこれで立て替えたらいいと思う。
爆発か倒壊するかの2択の未来が待ってると思うけど。w


さて、こないだのアストレイレッドフレームの記事にも関節部やら2枚ほど写真追記したが、肝心の全身像貼るのには枚数多くなり過ぎたので、こちらに新たに記事をたてることに。
では 1/100 HG ガンダムアストレイはコチラ!

レッドフレーム5
めずらしく白にシャドウとしてスモークグレーからの浅いグラデーションかけてるんだがわかりづらい。


右足の太もも前装甲と膝の裏の切り欠きの構成や、左膝の柔らかい曲線に注目。PGやMGで無くしたラインだ。

刀身はメッキで刃紋もある。いいね。

バスターガンダムの時に書いたが、SEEDのHG系統の常で(ぼくの好みでは)足首が台形っぽく左右に広がっている・・・が!下半身がボリューミィなので意外に悪くないように見える。



レッドフレーム3

居合いっぽく。太もも斬らないように左足を下げてポージングしよう。

アンテナだけ少し削ってシャープに。このくらいの太さが好き。
本当は右足の太もも前装甲のツメが膝裏にひっかかり、太もも前装甲ごとスライドしていき、ひざの装甲も膝下の動きに取り残されるようにして関節をカバーしつつ、先ほどのツメを迎えにいくようなギミックが設定されていた。MGでの再現が楽しみだっただけに残念だ。MGにはツメも切り欠きもない。

レッドフレーム2

さやの塗り分け決まるとそれだけで男っぷりがあがるので根気よくがんばろう。
さやの内側にフラットブラック塗るの失念していたあの頃のワタクシ(遠い目)


レッドフレーム1

前回も書いたが股関節の軸が斜めになってることにより、太ももを上げていくと、体の中心にむかってあがっていくのであっという間に股関アーマーに干渉してしまうので一部のポーズがかっこよく決まらない。


だが、ほぼ最高のプロポーションのアストレイレッドフレームが格安で手に入る。
アンテナ削って、全塗装しただけだけどMGよりもバランスとか含めてかっこよくない?
ディティールはおいといてさ。
Q極の(アビゲイルかよ)アストレイレッドフレーム作るのにもいい素材と思うんだよな。

アストレイレッドフレームが好きでたまらん!って人はMG持ってたとしても、一度この1/100 HG組むのをお勧めします!ぜひ手に取ってみてください。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

[2014/05/15 18:00] | 1/100 HG アストレイレッドフレーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<おすすめツール(その1) | ホーム | FSSとGTM(その4)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/31-d9d68e89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |