考察!Gのレコンギスタ 第11話「突入!宇宙戦争」(後編)
7
夜中目覚めて、台所に飲み物飲みにいったら、テーブルの上にホイルの置かれた皿が。
なんだろ?と思って見てみると、なんか妙にふっくらしてないホットケーキが。

とりあえずコーヒー淹れてると、妹がむっくり起き出してきて、

「寒いんでストーブ出したからついでに焼いた。自分の分食べたから、それあげる」

だそうだ。

ストーブ出したついでに焼いた系の話でホットケーキとか聴いたことないぞw
うまいけど。(食うのかw)

ここんとこパンケーキが流行ってるね。
なんかめっちゃ高いんだけど、あれ基本的にホットケーキだからねw
食事として食うのがパンケーキ。
おやつとして食うのがホットケーキ。
日本のは甘い。そんだけの話。
生クリームとフルーツを盛りまくったパンケーキ見る度、
「ああ、これって女子にとっての二郎系ラーメンなんだなぁ」とか思ったり。

パンケーキを外の店で食ったことないけど、
「パンダブ、フル生増し増しで!」(パンケーキダブル、フルーツ、生クリームどちらも多め)
みたいな注文の仕方だったりしてw

さて、食ったし続き書くか。

HGモンテーロ2

さて、このサイトでは初の試み、毎回の考察を書いております。
これより後はネタバレ前提なので、もう見たよ!って人やそういうの気にしない!って人だけ読んでね^^

例によって「かさばるさんという名のフィルター」を通した考察なので、
かさばる兄さんはこれ見てこう感じたのね、くらいに軽く楽しんでくださいね。
いろいろ予測もしますが当然外れる事も多いはずなのでそこのとこもよろしく。

あと、まんまと富野監督にだまされたり、読み込みの浅さで解釈のミスもありますが、
それはそれで楽しいので、あえて変更は致しませんので、そこのところもよろしくお願い致します。

では準備OKの人は 続きを読む をクリックお願いいたします。
さて。
今になってはじめて気づいたんだけどさ、
ベルリのお母さん、ウィルミットなのね。
ずっとウィルコットと思ってた。
ウィルミットと思ってしまうのは、ぼくがグルミット
(ペンギン編での欽ちゃんのアドリブは蛇足だったと思う)と混同してるに違いないと、
毎回ウィルミットと書きそうになるのをわざわざウィルコットに直していたというのに。
膨大すぎて今までの記事も直す気にならんわw

では後編いってみましょう。

アメリア軍宇宙艦隊旗艦ブリッジにて、グシオンと艦長のやりとり。
周回コースから軌道上に上がった後の進路を、いきなりザンクトポルトに取れと指示を出すグシオン。

あまりにも虚をついた命令に無茶です!と場つなぎ的に応答してしまう艦長であったが、アーミィの戦力を分散させる為で、また法王を人質に取る手もある。と言いくるめてしまう。

そもそもすでにアーミィの戦力を分散させる前にアメリアの戦力が分散してるんだが、
この両面作戦を是とするには少ない戦力、すなわちクリムの2隻という戦力が、
アンダーナットに巣食ったアーミィの戦力を凌駕していなければ成り立たない戦術である。
アーミィのそれがクリムのそれを凌駕していた場合、単に各個撃破の愚を犯すだけの話と思うのだが。
軍総督がこんなんで大丈夫か。

ただ、頭をおさえてしまうというのもひとつのやり方ではあるので、
グシオンは後者の作戦を提案しているのだろう。
この際、クリムを陽動として使い、こちらが法王を直撃するという。

「一方的な展開になりますな。」「まぁそうなるでしょう。」

これはクリム率いるサラマンドラとアーミィとの戦力差を考慮して一方的だと言ってると思われ。
グシオンさん、さっそく大統領に復讐の一撃w

戦闘準備のはじまるメガファウナ。
出撃直前のアイーダをベルリが訪ね、サラマンドラまで一人では行けませんよとクギを指す。
宇宙海賊をやってた経験がありますと、ちょっと拗ねて心ならずも反射的に逆らってしまうアイーダ。
以前ほどの刺は感じない。

そこへ縄を解いたラライヤがG-セルフに絡みにふわふわと低重力の中浮いて来る。
それを追うノレドという一幕。ラライヤが幼児退行から戻るほどにG-セルフへの執着が強まってる模様。

一方マスク率いるスペースガランデン。
カットシーと先週の新型ウーシァを戦艦防御に残し、マックナイフでマスク部隊出撃。バララも同行。
2正面作戦を要求してくる司令部に「こちらは宇宙での戦闘ははじめてなんだぞ」と愚痴をこぼさずにいられないマスク。

カメラはクリム率いるサラマンドラ+1隻へ。

「ガランデンからMSが出たからといって、私がCタワーに先制攻撃をかければ戦力を分散させることになる。」
とクリム。どうやらマスク部隊の動向は完全に掴んでいるようだ。マスクさん、こないだからいいとこないけど大丈夫かw
「仕方がないじゃないですか、迎撃は私がやりますよ。」と戦力の分散による兵力の低下を嘆くクリムを慰めながら出撃させるミック。

クリムはモンテーロの換わりにジャハナムに乗っている。やはりジャハム>モンテーロという事らしい。
青く塗られ、シャア専用を思わせるブレードアンテナを装備。
部隊構成MSもジャハナムである。
第2小隊を率いるミックは、初登場時に乗って来ていた重MSヘカテーである。
次々と出て来るMS。
スポンサーに泣かされた富野監督のの、商品化が間に合うものなら間に合わせてみろ!といわんばかりの出血大サービスが先週あたりから続く。w

彼女駆るヘカテー指揮する第2小隊はガランデンから出た部隊からサラマンドルを守るべく艦隊の後ろに陣取る。つまりわかりやすく書くと

ガランデン>>>マスク   ミック<<<サラマンドル>>>クリム>>>>>>>Cタワー

こういうことか。

旗艦が心配で、サラマンドラの位置をモニターしようとするクリム。
だがミノフスキー粒子に阻まれる。
散布されたことにより、敵との距離が1戦闘距離にまで肉薄しているのを知る。
アーミィもまたサラマンドラの動きを掴んでいたということであろう。

ガランデンから出たマスクの部隊の動きが妙だと感じたクリム。
旗艦に引き返そうとするが、前方よりビームの乱射が降り注いで来る。

「アーミィのやつ、速いな!・・・だがこちらだって!」
ふたたび踵を返し、前方のアーミィに突貫してゆくクリム。

CタワーからもMSが出てきた情報をつかみ、ガランデンの方向と考え合わせて、先制攻撃どころか、挟撃された事に気づくミック。

そのころメガファウナでは、アイーダが出撃しようとするのを「姫様はメガファウナの護衛です」とレックスノーとルアン(名前初登場)のグリモアがG-アルケインの肩を掴んで止める。
「アーミィの連中は俺が止めてみせます!」とアイーダにアピるケルベス。
けっこう惚れちゃってるのかw
二人掛かりで止められながら
「聴こえません、聴こえません!」と(∩゚д゚)アーアーきこえなーいと粘るアイーダ。かわいいw

そんな中、今度は装甲色がピンクになったG-セルフが視界に入ってあら・・・?と注意を奪われるアイーダ。
どうやら宇宙用パックのようだ。

「混戦になります!そこから抜け出したヤツをアイーダさんは狙撃してください!」とベルリ。

「あっそうか!・・・そりゃそうよね。」とベルリの言葉を吟味して納得するアイーダ。

へたくそだから出るなと言われて反発していたが、
積極的にここにいるべきという理由をちゃんと説明されれば、吟味して納得もできるという事か。
もちろんベルリが言ったということも十二分に加味されていると思いたい。(ニヤニヤ)

アンダーナット宙域。
進撃を続けるサラマンドラ。
Cタワーにも味方機にも当てちゃいかん!と艦長の指示。
主砲を打たない砲手に何故打たない?と詰めるが、
ナットの手前で敵味方が入り乱れているのです!と、自身の言った事を繰り返されそれ以上は言えぬ艦長。

混戦の中、青いMSクリムが駆るジャハナムがカットシーに肉薄する。

「ミノフスキー粒子を蒔いたってことはだなぁ!」

ビームアックスを横薙ぎにして一閃。

「接近戦でやられるって事よ!」

腰部で両断されたカットシーが爆発の華を咲かせる。

久しぶりのクリム自己陶酔モード
この人はこうやって自分を調子に乗せていく事で強さが出るタイプだなぁ。

ヘカテー駆るミックも迎撃に精を出すがカットシーに逃げられ、
「宇宙で羽根まで使って逃げるのか!」と悔しそう。

ウーシァが宇宙で本来の力を発揮するべく、クリムのジャハナムにビームライフルを浴びせる。
それをシールドで受け、つづく乱打をひらひらと躱し

「初めての宇宙戦で蝶のように舞い!」

間隙を縫って放ったビームライフルの一撃でウーシァを四散爆発せしめ、

「蜂のように刺す!」
もう半分目がイッっちゃってる感じで、俺様最高!なクリム。
しばらく出番なかったフラストレーションが最高の形で爆発しているw

自分は外したが、当てているクリムに素直に感動したのか
近くにいたミックがさすが天才クリム!と感嘆する。

意外に近くにいるヘカテーに驚き、シールドの先をコツンと当てて触れ合い通信をするクリム。
ベルリの時は銃口でやるくせにw

「ミック、ガランデンから出た部隊はどうした?」

「こちらにあわせて出て来ましたが・・・追いかけてきます」

「どこだ・・・Cアーミィの連中は!?」

そのころ、やや戦場を俯瞰するあたりからマスク部隊も混戦に突入。
発光弾で味方であることを知らせてから5機のマックナイフが突っ込んでゆく。

だが、メガファウナから出撃したMSを発見、すかさず針路転進してモニターに捕らえる。
するとモニターに映ったのはガードのMSであるはずのレックスノーだった。

「どういう事だ?」

自問しながら肉薄し、その機動力を生かして、レックスノーを背後から羽交い締めにするマスク。

「私の盾になってもらうぞ!」

「なんだと?」と返すケルベスに

「貴様は海賊船から発進してきた!」・・・なので問答無用ということらしい。

「そちらの機体だってどこのものなんだ?!」

「Cガードの素人が!ふははははっはははははははははははははははは」

「なんだ・・・コイツは・・・?」
マスクさんもはじけてる模様。いつもより笑いが長いwです。

「海賊でも光信号は読めるよね?」とちょっといやらしい感じの語調のバララ。
初登場時はもっと誠実な感じの副官だと思ってたが、ちょっとビッチな方向だったw

「G-セルフとラライヤを差し出せば攻撃はしない」という内容。
前回まではベルリも奪還内容に入っていたはずだが、知らぬ間に抜け落ちている。
おそらくマスクの私怨によって意図的に省かれてるっぽい。(後述)

(どうするベル・・・やるか・・・やめるか・・・)
決めあぐねてると、レックスノーを掴んでいて、
武器を持ってないと思ってたマックナイフからのビームの乱射が
G-セルフを叩く。

「(機体が)保った!・・・指の中にまで銃身が!」

指からカートリッジを排莢するマックナイフ。
ビームとベルリが言ってるから、指までエネルギーバイパスを引かず、
カートリッジ式にして一回、ないし数回こっきりの飛び道具として内蔵してるっぽい。

さらに左手小指2節目からワイヤーを発射。
G-セルフに吸着。マスクとベルリの初めての会話が始まる。

「よぅ、G-セルフ当方に投降しろ」(東方に投稿しろとニコニコ動画ファンには聴こえたかも知れないw)

「なんだと?」

「そうすればケルベス中尉のレックスノーはこのまま返却する。」

どうやらさっきの会話で、声からケルベスと割り出していたマスク。
恩師に向って、マスクだとばれないからって、素人扱いとかかなり酷いw
仮面は人をそんなに変えるのかw

「そちらさんはどちらさんなんです!?」と、誰何するベルリに、コックピットから出て姿を現すマスク。
みんな、コックピットから出てくるの好きなのねw
それで、こちらもと出て来たベルリの眉間にいきないりワイヤーガンを射出して吸着させるマスク。

「これが実弾だったら貴様は即死している。これで投降は決まりだ!」と、ワイヤーをたぐりながら距離をつめるマスク。さらにラライヤも要求。

ヘルメットをぶつけ合うほどに肉薄する二人。
メットの下もマスク!と驚くベルリ。誰なのか特定できないようだ。
一方、マスクの方はベルリを見ても少しも驚いてない。どうやら以前からG-セルフに乗っていると確信してた模様。
「ラライヤはまだ記憶喪失のままなんだ!」と体を立て直すベルリに
「わかっている!」ろパンチを浴びせようとするマスク。
だが、それはベルリに躱され、逆にキックを浴びてベルリに吸着させていたワイヤーガンを離してしまう。

その隙をついて、「マスク野郎を蹴飛ばしてやる!」と、誰も乗ってないMSにいつまでも拘束されているわけがなく、ケルベスがMSでキックを放つ。
それを躱して、再びマックナイフに向うマスク。
気を取られている所に、
先ほどアイーダの出撃を諌めたルアンがグリモアでバララのマックナイフに体当たりを浴びせる。

その間にG-セルフに乗り込むベルリとマックナイフに乗り込むマスク。

「どこででも飛び級生は俺の邪魔をする!」

バララのメガファウナに揺さぶりをかけるように指示をしようとして、
すでにやってるのをみて中断するマスク。
バララなかなかの有能か。
だがラライヤがいるので戦艦を撃沈するわけもいかず、
中途半端でいると、グリモアが肉薄してきて、離脱せざるを得ない。

「マスクのドジ!(死語)G-セルフが戻った!」とバララ。
言う時は言う子なのか。

ケルベスを解放し。イーブンの状況でメガファウナの護衛に回ったG-セルフ。

ラライヤを手に入れるまではメガファウナを攻撃できない、と自身の失策を呪うマスク。

「んもぅ!」とG-セルフに攻撃をかけるバララだが、すんでの所で躱すG-セルフ。

「このバックパック・・・レスポンス(反応)がいい!」

ここのところ、バックパックを使う時に一度は振り回されてる感じだったが、今回のは「当たり」だったようだ。さすがキット化が決まってるだけのことはあるw(12/13発売予定)

バックパックの性能、そして撃沈してはいけないメガファウナに攻撃のしようがない!と音をあげるマスク。
(年末ゆえか、絶対撃沈してはいけないメガファウナとか思いついたw)

それでも一人気を吐くバララ。
勝ち気ゆえ、突出してしまったアイーダに「落ちろってぇー!」とビームの乱打をあびせながら肉薄するバララ。
「アイーダさんに宇宙戦争をやらせるわけにはいかない!」
すかさずG-セルフを向わせるベルリ。

ビームをシールドで受けた衝撃を体に感じながらも「ビームが弱い」と自らを励ますアイーダ。
さっきもベルリが「保った?」と言ってるので本当にビーム出力がカートリッジ式ゆえか弱いのかもしれない。
「何故落ちない?」と、追撃をかけようとするバララ。
その瞬間、残像を引きながらG-セルフが間に割って入って来た!
そして、G-セルフからの攻撃。
G-セルフの形をしたフォトンバッテリーの光がバララの乗るマックナイフに向って来る。
何が起こったかわからないまま、それはノーダメージでマックナイフをすり抜けてゆく。
動きが止まった所を、アイーダのビームが肩口に刺さり、
「アタシがドジ(死語その2)か、相手が出来過ぎィ?」
撤退のチャンスがないバララ。
良かったな。姫様じゃなかったら、即爆発四散してたぞw

そこヘバララに退いていい!とチャンスを作るべくマスクのマックナイフが突っ込んで来る。
すかさず、背後のアルケイン離脱。けっこう姫様、コンビ組ませるとやりおる

応射するベルリ。
「○○げー!」とか言ってるんだけど、聞き取り不可能。
もうコマさんの「もんげー!」とでも思っておく。(ちなみに確か、岡山弁だっけ)

足先を振り上げ、ミサイルを発射するマックナイフ。
その爆発にまぎれて変形シークエンスに入った所を、すかさず距離を詰めて脚を掴んでひきちぎるG-セルフ。

「変形が隙になるー!」

さらにそのままマックナイフの股間に両膝で膝蹴りを入れるベルリ。
電撃のようなエフェクトが一瞬かかって、痛みに耐えるマスク。w
シンクロはしてないから、ただ衝撃に耐えてるだけなんだが、どう見ても・・・w

援護射撃を要請して、なんとか離脱するマスク。
相手はG-セルフですからとバララに嗜められる。
クンパ大佐、もうこれ、アンタの見込み違いじゃない?w

一方サラマンドラ。
MSに帰投信号。
戦闘中に位置取りが変わったのか、ここから直接Cタワーに行く事は不可能。
一度周回軌道に戻らなければならないとの結論。

「メガファウナが妙な動きをしてくれたおかげで」とミック。
忌々しげな感じなので、そのあとにはネガな事が続くのだろう。

そこへワイヤーを飛ばしてクリムが話しかけて来る。
「ガランデンから出たMSがメガファウナと接触したようだが、沈められなかったな。」
何故?と問うミックに、
「アーミィが戦艦で上がって来たのも(宇宙での)初陣だったのだ。
それでみんなでとっちらかったのだろう?はっはっはっは!」と笑い飛ばすクリム。
胸中は複雑か。

一方、帰投してきたマスク部隊にざまぁないなと声をかけるガランデン艦長。
自分のミスであります。低軌道コースの癖も忘れておりましたとマスク。
そこへ副官からクンパ大佐からの通信メモがもたらされるも、
一瞥して大佐からのならマスクに送ってやれと指示。
さすがに大佐も怒り心頭か?あるいは次なる私指示が飛ぶのか?

「大尉のマックナイフが、あんなにキズを受けて」

戦闘の激しさを物語る破損状況に驚くマニィ。ええ子だw

アンダーナットでクンパ大佐とジュガン司令との腹芸。
チームワークがまだとれてませんなというジュガンのマスクの評価に
いきなり、(そちらの)両面作戦を推しつけられたのが祟りましたな。とクンパ。
半目でその後ろ姿を見やりながら「祟りましたか・・・」と反芻するジュガン。

ガランデンにはこのままザンクトポルトに当たれと命令を出しておきました、とクンパ大佐。
さきほどの通信メモはこの事だったみたい。

「宇宙からの脅威から法王を守る為ですな?」ことさらに強調するジュガン。
振り返り、「無論。そうです。」とこちらも、ことさらなお返事。
絶対他意があるだろ、二人ともw

カメラはグシオンに。
軌道上で、艦長からの報告を受けている。
メガファウナに損害無しという報告を得、内心で安堵しつつも声に出しては、このままザンクトポルトへの進軍を指示するのだった。
尚、旗艦の名前はここでバトルバイソン(闘牛ですな)と判明。
その速度は、軌道エレベータよりも速く、先にザンクトポルトに着けるという。
ヘルメスの薔薇の設計図の実力に驚くグシオン。

そしてメガファウナブリッジでは、グシオンがザンクトポルトに向うという情報を得、その情報を咀嚼するアイーダ達。
ここのやりとりで、ザンクトポルトはCタワーの一番上のナット(駅)で、
フォトンバッテリーを受け取る聖なる場所だと確定。

「軍隊が上がったりしたら、最大のタブー(禁忌)破りで、祟りますよ!」と、敬虔なスコード教信者のベルリ。

祟る?」とアイーダ。「祟りかよ」と艦長。「そりゃ祟りますよ!」とノレド。
偶然か否か、アーミィと同じく祟りが話題に上る海賊達だった。

11話終了。

G-セルフ格納庫では白部分がピンクだったのに本編では白かったんだがなんでだろ?

ポンコツ化が進むマスク。
マスクはどうやらベルリがG-セルフを動かしてるってやはり知ってた模様。
前回から今回までの間で、ウィルミットの子息奪回という軍隊行動ではないという建前を捨てるとも思えず、今回の条件からベルリを外したのはマスクの私怨によるアドリブだったのではあるまいか?

G-セルフを動かせるのは(アイーダを除けば)ベルリとラライヤだけということなので、ベルリを条件から外す事によって、ラライヤの確保が「絶対条件」にまで跳ね上がる。
ラライヤは船から出てこないので、余計作戦難易度が上がってしまってるという。

ケルベスの人質作戦の時に、マスクが外に出た時に、すかさず僚機がケルベスのレックスノーを引き継いで確保しなかったあたり、ジュガン司令の言う連携ミスと言わざるを得ない。
だが、そもそも出て行くなって話なんだけどねw

G-セルフの謎の攻撃。
以前にトリックパックを使った時に近似の攻撃をしているので、あれを経験、解析したことにより、光の自己投影を発射する事はG-セルフ単体で行なえるとわかったのかも。色から察するにフォトンバッテリーの光を利用してるっぽい。
尚、トリックパックと違い、計器を狂わせるジャミング効果まではさすがに発揮できないようで、パイロットの動揺を誘うのが関の山と言った所か。

果たして、
カシーバミコシを観測し、
武装の進化を進め、
神聖なるCタワーを軍閥化させ、
今まさに軍靴で聖地を踏みにじろうとしてる、
禁忌破りを侵し始めたRCの人類にいかなる祟りが降り注ぐのか?

もしかしたら、最終局面とかで話の転がり方によっては、
コロニー落としやコロニーレーザーといった、
人類全体への「祟り」とも言える大量虐殺兵器が登場するかもしれないと、
祟りというワードから、今回思いました。
いささか根拠に乏しく、荒唐無稽ですが、果たして。


予告。

ハッパが投げてよこしたバックパックのマニュアルにVの文字が。
アムロの読んでたマニュアルこんなんじゃなかったっけ?w
いよいよ、アサルトパック出撃。
なんかしばられてるG-セルフ。
(サイド6での封印シール的な感じ?)

ハジけてるバララ。爆散するグリモア。

母と法王と大聖堂で見たものは果たして?

「次回キャピタルタワー占拠」
見えない敵は怖い!

今週も最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ:Gのレコンギスタ - ジャンル:アニメ・コミック

[2014/12/06 12:00] | 考察!Gのレコンギスタ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<かさばる兄さんの徒然。 | ホーム | 考察!Gのレコンギスタ 第11話「突入!宇宙戦争」(前編) >>
コメント
こんばんは。寒いですね・・・。
確認ですが今まででGアルケインって変形してましたっけ・・・。
乗っているのがお姫様なのか
変形したのを見てない気がします。
それなりのエースパイロットならガコンっと
変形させてるような・・・。
変形させているなら、すいません。
[2014/12/06 18:19] URL | しばいつん #- [ 編集 ] | page top
こんばんわ。

「ナマフルマシマシパンスクナメカラメ」と「もんげー!」だけ読んだw
(二郎系って行ったことないけどこんな感じなの?)

兄さんの政治的戦略的深読み考察が多くなってきましたね。こうあって欲しい的願望もところどころに見えますが。
おかげで1話分の前後編だけでもラノベ級w

MSの名前もいっぱい出てきて、その度《MS名、名前・画像検索》をしながら何とかついていってる感じですが、けっこう楽しんで読んでます。

個人的にはGレコMSではウーシァが一番好きな形してます。頭の形がいい!
ただ「ヘカテー」って画像検索しても萌えキャラみたいなのしか出てこないんですが?

[2014/12/06 20:32] URL | ss standman #- [ 編集 ] | page top
しばいつんさん、おはようございます^^
この土日は寒波すごいらしいです。
風邪に気をつけてね。

G-アルケインは今のところ変形してませんね。
というのも、富野監督からの発注に変形は入っておらず、
女性的シルエットを持つガンダムというものだったらしいです。
この形ならイケると後付け的にデザイナーさんが変形ぶっこんだので、
そもそも富野監督がG-アルケインが変形するという事を知らなかったという経緯だったと思います。

なので、脚本の中に変形がそもそも取り入れられていないという話。
さすがに今は知ってると思うけど、変形したら最後、高機動で飛び回るから艦長やクルーがハラハラしちゃう。w
変形せずに戦艦の横で護衛と狙撃に徹して欲しいという流れだから、なかなかチャンスがないかもね。

深読みするなら、艦長からの依頼で、ハッパが変形にロックをかけてるとかもあるかも?

こんな感じです^^
[2014/12/07 10:51] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
ss standmanさん、おはようございます^^

そうそう、なんだか南洋の神様に狩りで獲った獲物の一部を返す儀式といった注文法ですが、おそらく合ってるwぼくも行った事ないけど。
(似た店には行った事ある)

とにかく別行動してる勢力が多くて、
一方とかカメラはとかそんなんばっかり書いてるw
一応ダイジェストとして、読んだだけで
場面が思い出せるという要素を盛り込んでるので大変w
つっこまなくて良い部分も書いてるからねw
確かに、ちょっとしたラノベのプロローグくらいはあるかも?w

法王とクンパとが同時にからんだりすると、もう建前すぎて、何を言ってるのか掴めなくて大変。
こういうことかなと舵をきってる感じですね。
多分ミスリードも多いと思いますw

ヘカテーで検索すると、本当に萌えキャラみたいなのがわんさか出て来たww
なんだこれw

ウーシァはバックパックとのバランスとか全体のラインが好きですね^^
マックナイフもキット化決定でモックアップあがってますが、今のとこウーシァは予定に上がってない模様。出して欲しいんだけどな。
うーむ。
[2014/12/07 11:05] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/261-e1f1d2bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |