FSSとGTM
最近更新速度に写真が追いつかないという事態になって少しあわあわしているかさばる兄さんです、こんぬづわ。

今月の月刊FSS、いやNEWTYPEにめずらしいGTMの正面顔が出てきましたね。
意外にイケてました。
ロストマグダル編が終了し、いよいよ前々から情報が小出しにされていたツラック隊の話に突入ですね。
本当に久しぶりにGTMスライダー、レディオスくんの活躍が見れそうです!
と思ったら、単行本作業のため休載に突入・・・これだ!これでなくてはFSSじゃない!
星団民(読者)はよく調教されているなぁw(ぼくだけか)

GTMの話から入ったからこの際、
FSSGTMになってから一定の時間が経った上でのぼくが感じた事、思った事をつらつら書いていこうと思います。

まず劇場版GTM

あああああ;;カイゼリンの発音、語尾が上がってるぅぅぅ!!!!
と心の中で絶叫したのは果たしてぼくだけなのだろうか。
永野先生自身京都出身なので関西風に語尾下がりで、大阪在住のぼくと同じ発音だと確信してたのに
関東に長い間住むとやはりこうなってしまうのか;;
解らない人は、

♪お口クチュクチュ「モンダミン」(カイゼリン)

のCMを思い浮かべてもらえればw


まぁ、最近ではジョジョ3部のアニメでの「スタンド」の発音に同じ事感じたが、いいだろう。
ぼくの思い描く発音の方がスラングだったというだけの話だ。
ビッグ・オーの時にのけぞったのに較べれば、軽い軽い。
すぐに慣れて、こうじゃないととさえ思えるようになったが、初回のリハの時に声優さんがこのイントネーションで演技したときはやはり監督ものけぞったみたいw
このイントネーションでいくか、元来想像してたイントネーションで演技してもらうかで相当協議がかさねられたんじゃないかな。
ぼくは正解だと思ってます。

・・・話が逸れた(いつもです)

ストーリーはFSSの一部分をクローズアップしており、FSS中のプロムナードのようにFSSを知っていても、知らずとも楽しめる短編を描いていた事からこれは容易に想像がついていました。

話自体はすごく解りやすくまとめあげられており、未処理の伏線はファンならニヤリといった感じで楽しませてもらえるものでした。

・・・が、短い!6年待って、70分なんだよな。
メイン作画スタッフ3人らしいから逆に凄いとも言えるが、受け取り側からすると単純にもっと観たい!なんだよね。
質も大事だが量も大事と。もちろんかっこいい作品だからもっと観たいとわがまま言ってしまうわけなんだけど。

まぁ、はじめ配信形態未定の30分作品の予定を劇場版に決定した段階で倍以上に延ばしてるから、これ以上はどうしようもないんだろうなぁ。

そして、やはり最大の見所は戦闘シーン!起動シークエンスの格好良さや高速戦闘、そして音がすごかった!
作品中に二回くらいはこんな調子で闘うシーンを観たかったかな。
これをでかいスクリーンと大音響で観れたのは本当によかった思います。

そしてエンドロールは完全にファンサービス。アニメの映画は全部こんな感じになっちゃうんじゃないの?っていうくらい楽しく真似したくなるようなものでした。


ワールドガイドもすぐ買ったのですが、肝心の本編がディスクになってなかった記憶。
たしか4K映像で作られてるので、今の段階では等倍での視聴がほぼ不可能なので、おそらく4K映像のための視聴機材が一般家庭に普及しはじめるころにそれを推進するべく、ソフトとして世に出されるんでは?と思ってます。
もう一回戦闘シーン観たいなぁ。

あるいは、次の単行本の時にBR、DVDを同時発売してキャンペーンとか打つかもね。
こっちの方が現実的か。

出たらもちろん買う予定。
あとFSSの単行本だが、以前にNEWTYPE誌サイズで出し直すとか言ってたような。
6年間の永野先生を買い支えるべくリブートも全巻そろえた星団民(読者)に、
またもや一巻から全部買い直せというのはあまりに酷な気がする。

あと、あの大きさになることの心配はページ数かな。
今で200ページ前後だと思うが、あの大きさで200ページにすると重さと値段が酷い事になりそうでさ。
おそらく値段据え置きで薄くなると思うんだよね。
そんで、冊数も増えてしまうと。
あと背表紙が凹ではなくVになってしまうのが並べた時にわかりにくくて嫌なんだけど。


せめて今までの大きさのと、リブートと、でかいのと3巻態勢にしてもらえれば、
でかいのが欲しい人だけ、でかいのもおいおい買いそろえていくだろうけど、
もうでっかいのしか出しまへーんってなったらこれは最大の踏み絵になるかもしれない。

連載再開の一発目、NEWTYPEに異例の増刷がかかるほどの注目の中、
バッシュがダッカスになって、「ハニワを見たいんじゃねぇ!」って怒ってた方々もこの重厚な群像劇の魅力には抗しがたく、おそらく文句いいながら大半は単行本くらいは買うと思うんだよね。

で、単行本を買う・・・と言う所で、もうでかいのしか出ないとなったら、

「これは、いい線引きの機会、潮時かもしれない」ととらえて購読を辞めてしまう可能性があると思う。

ぼくはとりあえず、今まで通りの出たら買って、大きいのは保留ですかね。
大きいのしか出なかったら、角川に普通の出ないのか問い合わせて、出ないとなったら泣きながら大きいのを最新巻のだけ買って以前のはしばらく保留ですかね。
設定資料や画集を買ってるわけじゃなくて、マンガなので絵と話とを読みたいわけ。
もう持ってる話を絵が大きくなるとはいえ、もう一度(リブートも買ってるから3度目)買っても、ストーリーは変わらないわけだから半分くらいしか価値がないと思えてしまうんだよね。

その辺加味してさ、
でかくなって薄くなったけど、みなさんもう持ってるだろうと思うので、

1~12までに相当する分のセットを従来の1~12まで揃えた場合の購入価格の半額。13以降はこれまでの価格に。

というのはどうだろうか?
これなら、なんとか納得できるし、今から新たに買いそろえてFSSに入ってくる人もいるかも知れない。

長くなってきたので次回MHとGTM編(仮)に続く
スポンサーサイト

テーマ:アニメ・コミック - ジャンル:アニメ・コミック

[2014/05/10 14:47] | FSS 永野護関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<FSSとGTM(その2) | ホーム | アストレイレッドフレーム>>
コメント
こんにちは。
ラビドリードッグにコメントありがとうございましたm(_ _)m

FSS、中学の頃に読んで以来結構好きです〜。

数々のキットに挫折もしました(´Д` )


現在ボークスプラキットのプロミネンスがパチって放置されてます…。

何故?というタイミングでのちゃぶ台返し、バッシュがダッカスておい…((((;゚Д゚)))))))

な感じでしたが動けば印象変わるってのも良くある話…。

久々に本編を追いかけて…
みようかな?
[2014/05/11 04:42] URL | 大佐 #- [ 編集 ] | page top
大佐さんわざわざ足をお運びいただきありがとうございますです。なるべく毎日更新としたいので完成品がまだ数点しかコンテンツとして並んでなくて申し訳ないです。
プロミネンスいいですね!いつか見てみたいです。
話が気にいってるならまた追いかけてもいいかもね^^
作者もだいぶあのバランスを消化できてきたようで、GTMにもチラっとでてきたプロミネンスの対の騎体「メロウラ」などはかなりかっこいいですよー。
[2014/05/11 13:26] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/26-10f7de62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |