考察!Gのレコンギスタ 第10話「テリトリィ脱出」(前編)
さて、早速買って来たドーナツを食べてみましたよw
ぼく的にはメチャうまですw
パスタもペペロンチーノが一番好きだし、シンプルなのが一番!
いつまでやってるかわかんないけど、もう一回くらいは買って来て食べるかもね。

次はG-アルケインのはずが、妹に釣られて買った妖怪ウォッチ組み始めてしまった。
超かわええw
どうせならと、キット化してないやつにしようと、紙を貼っていじってみたら、
曲面地獄でプラ板に置き換えられる気がしないw
もうちょっと、アイディアしぼってみるか。


HGモンテーロ10

さて、このサイトでは初の試み、毎回の考察を書いております。
これより後はネタバレ前提なので、もう見たよ!って人やそういうの気にしない!って人だけ読んでね^^

例によって「かさばるさんという名のフィルター」を通した考察なので、
かさばる兄さんはこれ見てこう感じたのね、くらいに軽く楽しんでくださいね。
いろいろ予測もしますが当然外れる事も多いはずなのでそこのとこもよろしく。

あと、まんまと富野監督にだまされたり、読み込みの浅さで解釈のミスもありますが、
それはそれで楽しいので、あえて変更は致しませんので、そこのところもよろしくお願い致します。

では準備OKの人は 続きを読む をクリックお願いいたします。

まず、前回予告を見て、
フルアーマーG-セルフといった印象の緑色の新型パック。(コートルックパック?)と書きましたが、どうやら高トルクパックだった模様w
高機動、近接戦闘用のシステムらしい。
コートルック(まるでコートに見えるほどの増加装甲)パックと考えたら、なまじ意味も合うだけに聞き違いしてしまったw

そういえば、前回クンパ・ルシータ大佐が、トワサンガとか「宇宙側」の人物ゆえ、人類というのは滅ぼしても構わない的な事を言ってるんじゃない?って話をしたと思います。
あれから一週間経って、ひょっとしたらだけど、ルシータ大佐も「クンタラ」なのかもという疑惑も沸いて来ました。
法王との強い繋がり(法王もクンタラの可能性アリ。ノレドと同じホームネーム等)
クンタラ仮面へのちょっと異常なまでの入れ込み
人類全体への怒り
この3点が、ルシータ大佐をクンタラと仮定したら、すんなり説明がつくんじゃないかと。
可能性はかなり高いんじゃないかと、ぼくは思ってます。

では、ここから10話、「テリトリィ脱出」

前回のラストで元教官にしてキャピタルガード、ケルベス教官に半ば攫われるようにして、4大巨頭会議から引き離されるベルリ。
低いサイレンの鳴る街をシャンクーに載せられ移動を開始するのであった。

一方その頃の聖堂。
肩で息をして胸を抑える法王。
心配するウィルコットを横目に、なにか考えている事があるようだ。

少し離れた場所では、ルシータ大佐VSスルガン総監の腹芸。
「その時、月の裏側にあるトワサンガというスペースコロニーの存在が公然たる事実になりましたな!」と、ヘルメスの薔薇の設計図について少しづつ詰め寄るスルガンに
「だからタブーも成立しなくなって、貴方は法王を人質に海賊船でザンクトポルトに上がるつもりになったのでしょう?」と飛躍した論理で切り返すルシータ。
これには想像のしすぎです!と嫌悪感を表しつつ受け身になってでも否定せざるを得ないスルガン。
まだことちらのターンとばかりにルシータ大佐は主導権を離さないまま
「私の理解では・・・」と追撃をかけようとした所でルシータ大佐にコールサイン。
どうやらジュガン司令からの呼び出しのようだ。


ふたたびカメラはベルリ御一行へ。
シャンクーに揺られながら、先週ノレドに家が近いから泊まりにおいでよと言われたのを思い出してか、ノレドのところに行く!とラライヤ。そうはならないみたいだよ!とノレド。

はじめのあーうー言ってた頃にくらべて、ほぼ完全に会話が成立している。
ラライヤ、かなりの回復。

アーミィはメガファウナもG-セルフもラライヤも欲しがっているとケルベス。
ラライヤは宇宙の脅威の事を知っていると思われているらしい。
やはり宇宙の脅威を伝えに来たメッセンジャー的な存在なのか。

アーミィに気づかれぬよう、低く飛べと指示して今度はゲタでメガファウナへと向う一行。

そのころ、キャピタルアーミィでは、最新鋭MSウーシアをお披露目しながら首相の訓示が行なわれていた。

「新鋭機を次々に開発しておりますが、議員のみなさんにはぜひともご理解いただきたく、」と、もうタブーはタブーでなくなっているという、先ほどのルシータ大佐のセリフ通りにキャピタル側は動き始めている模様。

議会で勝利し続けなければならないと、次の選挙の根回しを匂わす首相に宇宙戦艦も用意しましたからと、ルシータ大佐。舞台がいよいよ本格的に宇宙に行きそうな予感。


ベルリ達が到着したメガファウナ。
キャピタルガードからの物資を積めるだけ詰め込んだ模様。
RCになってもシートはブルーシートなのねw

ケルベスに、謎のステップで礼を言うアイーダ。以前の取り調べの時といい、踊り好きなのかなぁ。
「お礼のステップを踏まれるほどのことじゃない」と謙遜するケルベスとのやりとりを見ながら

(お礼が言える人だったんだ・・・)と、アイーダの対応に対し、かなり失礼に驚くベルリ。

気をよくしたケルベス。
「長官を無事は込んでくれた礼くらいはさせてもらいますよ」と、協力体制を誓約。

そこに現れた艦長も、宇宙作業の専門家であるガードの人達にメガファウナは宇宙に出れますと太鼓判押されて嬉しそう。
なんかいい協力体制が生まれて、ベルリの立ち位置も問題なくなってきた感じ。
こんな風にあっけなくまとまっていくとはなぁ。

そのまま艦長に、アーミィにこちらの存在がバレたこと、(マスクの帰投、報告による)、宇宙からの脅威も本当のようですと報告するベルリとアイーダ。

「スコード教の法王が言ったのか?」と成果に驚く艦長。


近づくアーミィに、迎撃に出ようとするアイーダを船長が止める。

「アイーダ様にはメガファウナを護衛していただきます。」

「私はパイロットとして補欠ですか?」と詰め寄るアイーダ。

「総監が見てらっしゃるんですよ?」

「今はここにいません!長官(ウイルコットね)に預けました!」と一歩も引かない様子。

気圧されながらも、走りよって来たスタッフに、出撃準備を告げる艦長。
そのやりとりを見ながら

「やっぱり、突撃娘ってひとかー」と艦内の噂を自分の目で確認してしまったベルリだった。

そのままG-セルフに駆け寄ろうとするもG-セルフが格納庫に見当たらない。
問うとハッパからそこにあるじゃないかとの返事。
マッチングに時間かかるので、支度してろという。

そこには緑色の追加装甲に覆われて、アウトラインが全然違うものになっているG-セルフがあるのだった。

「支度しろって言われてもG-セルフに乗れないんじゃ・・・」と反論するベルリにケルベスが背中を叩く。

じつはこの陸戦用高トルクパックはアーミィから持ち出していたものだと説明される。
ウーシア(最新MS)の建造時に、これも作ったが、ウーシアに使えないってわかったんだ。というケルベス。

「はあーーーーーー?」

素っ頓狂な声をあげて驚くベルリ。
それで、ケルベスは勘で、こっち(G-セルフ用だ)って理解して、さらにベルリが数々のバックパックを使って戦ってるという報告を聴いたので、持ち出して来たらしいw

「遊びじゃないんですよ?教官!」というベルリを、肩から腕を回して、アゴを軽くこづきながら

「もう教官じゃない。戦友だよ、戦友!」とケルベス。

楽しい雰囲気。ケルベスいいキャラだわ。こんな雰囲気待ってたわ^^

ここで見える事は、高トルクパックはヘルメスの薔薇の設計図に沿って建造されたものであり、(ハッパも言及していた)現在の地球人のテクノロジーレベルでは、設計図を見ただけで、これはG-セルフ用だとか、ウーシアに使えるとか、そういう理解が追いついていない模様。
「作ってみるまでわからない」というスタンス故に、自分たちもわからないままに、敵対しているMSのバックパックを生産していたという状況である。(それもあって、鹵獲作戦が展開されているのだろうけど。)
そりゃベルリでもはあ?ってなるわな。w

あと、気さくでいい人のケルベス。
誰かから知らされるか、ケルベスがいい人すぎて、ベルリが自己を他人に裁いてもらいたいと、肩の荷を降ろす事を考えて、自らデレンセン大尉を自分が討ちとったと言うなどして「デレンセンの死」を知った時、この幸せな時間が引き裂かれると思うと辛い。
だが、ここまでの富野御大の「あっさり感」を見てると、
知らずに終わるか、実は知ってるけど黙ってるケルベス、あるいは

「ベルリ青年はベルリ青年の事情、デレンセン大尉はデレンセン大尉の事情で、それが交差した結果の事。
そんな事気に病んでいると、戦場で死ぬぞ?」とか、ケルベスの性格も加味すると言いそうな気もする。


カメラは聖堂の客室に。
さきほどのジュガンからの連絡は、大統領訓示のイベントへの出席依頼(休日じゃなかったの?w)だったので、今は3大巨頭会議に戻っている。

先ほどのルシータ大佐の疑惑を晴らすかのように「自分なら(アメリアの)大統領に宇宙艦隊の出撃を辞めるように言う事ができます」と譲歩を見せるスルガン。

「ここからアンダーナットまで1時間、大気圏グライダーを使えば、
あっとい間にお国に帰れますよ、ただしタブー破りに近いので大きな「貸し」になりますけどね」と、かいがいしくハーブティーを淹れながら答えるウィルコット。

「好きな香りです。」とハーブティーの香を楽しみながら、キャピタルタワーの安全のためにはタブー破りもやむなしと、ウィルコットの提案に同調する法王。

スルガンにもハーブティーを勧めながら、
そして今日にでもザンクトポルトに上がるという法王。
先ほど肩で息をしていたのを慮ってか、よろしいのですか?1週間はかかります、とウィルコット。
毎年やっている事です、と法王。
では、ご一緒にと、話がまとまる。

今の内ならと、メガファウナに連絡をいれるウィルコット。


ちなみに、今の所このあたりの流れがまったく理解できていません。
この話の流れだと、スルガン総監は今すぐ国に帰って、宇宙に出ようとする大統領に意見具申して止めるということのようだが、そもそもなんの為に宇宙にあがろうとしているのか謎だ。
宇宙からの脅威に備えてであれば、止める理由などないわけだが。

法王も「毎年やってる事」という、ザンクトポルトへの訪問も、先ほど言ってた「考えている事がある」と合わせて、例年と違うなにかをしでかすつもりなのかもしれない。健康状態怪しいので、目の黒いうちに的な。


メガファウナでは、キャピタルガードのパイロットが、アーミィなんて素人みたいなもんですよ!と威勢のいい事いいながらチャックの堅さに苦戦していると

「だからって油断は禁物です!」と走り抜けながら声をかけるアイーダ。

「了解です!姫さま!」と感激するパイロット。

ケルベスが来てからかなり緊張のほぐれたベルリ達を見ながら、何やってんだかとアイーダ。
G-セルフ出撃!と乗りたがるラライヤを捕まえたケルベス。
G-セルフと繰り返すラライヤを見て考えに沈む。

そんな中、ベルリとノレドのおでこが軽く激突。
ヘルメットかぶってなかったらキスしてしまう程の距離だが、どちらにも心臓の鼓動の上昇は見られず。
ベルリがノレドをそういう対象として見てないのはともかく、
ノレドも本当に好きなの?と疑わずにおれない感じ。

ちなみにこのシーン、いわゆるハーレムアニメだったら、
ぶつかった拍子に転んで、胸揉まれて、下手すればキスまでされてるぞw

ベルリをコックピットから、起動シークエンスの片手間に見やりながら

「あの子・・・違って来ている」とアイーダ。

ケルベスという「無条件で頼ってしまっても良い存在」が近くにきたことと、海賊部隊に属している事を母に半ば認めてもらったことによって、そうとう張りつめていた部分が溶けたのかもしれない。
少年らしさが増し、またその様子がアイーダの気持ちをも動かし始めた模様。

キャピタルガードのレックスノーも迎撃に加わるようだ。
先ほどのケルベスの言葉通り。誤認されないように頭に青いバンダナを巻くレックスノー。
なんだかかわいいw

「ケルベス中尉もこの艦船を守ってくれるのですか?」と、感謝を込めて投げかけるアイーダに、性的な好意を寄せられてる?と感じたのか、ケルベス、

「上官命令だけではありませんよ〜メガファウナにはちょっと興味がありましてね、へへっ」と、遠回しに貴女への好意ですよと粉をかけるが、

「軍艦好きなのですね。」と即答するアイーダ。

あまりもの躱されっぷりに「バカにしました?」「こころ強いです」とやりとり。
うまく躱したのか、本当に(キャピタルガードやってるくらいだし)軍艦好きと思ったのかは謎だw

ウィルコット長官からの優先での長距離電話を受け、感謝の意を伝える艦長。
G-セルフはマッチングに時間を取られて、出撃準備がままならない様子。
「存在意義がなくて泣いてます!」とベルリ。予告編のノリが本編にもw



その頃、宇宙海賊を撃滅するため出撃するぞ!と部隊の前で訓示を垂れる、ベッカー大尉だったが、
新型MS公開のために有識者や議員が集まっているので、慌てて「バカめー!!」とマイクで制止するジュガン。めずらしく大口あけた、慌て顔でおもしろいw
G-セルフは捕獲し、ベルリとラライヤも保護するのが本作戦の目的である!と「軍事行動ではない」ことを強調する司令なのであった。今更とも思うが建前というのはとくに政治的には大事なものである。

「なら、ウーシアの手先の器用さを見せてやるか!とMSで円陣を組み、なんか徹夜中みたいな変なテンションでうぉおおおおおおと吠えまくるアーミィ達。
それを見てあたしたちも黙っていられないわ!と感化され、チアダンスを披露する女の子達。
なんだこれw

その傍ら、マスクと連絡は取れるのかと、またもクンタラ仮面(そろそろマスクと呼ぶ事にする)を気にするルシータ大佐。どんだけ好きなんだw

出撃するウーシア&カットシー部隊。

アイキャッチはアイーダのみ。

(ここで前半終了)

スポンサーサイト

テーマ:Gのレコンギスタ - ジャンル:アニメ・コミック

[2014/11/28 23:00] | 考察!Gのレコンギスタ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<< 考察!Gのレコンギスタ 第10話「テリトリィ脱出」(後編) | ホーム | ガンプラなどの新発売等。2014/11/27版>>
コメント
どうにか頑張ってGレコ見てますが、ないようがイマイチわかりません(T_T)

かさばるさん、考察凄いですね
読みいってしまいましたm(__)m
[2014/11/29 11:32] URL | 神鯖 #- [ 編集 ] | page top
神鯖さん、こんにちは!

Gレコさらっとみてしまうと、もう何がなんだかなんですよねw
面白くはあるんですけど。
「行間を読め」的な昨今のアニメとしては、清々しいくらいの不親切さが、逆に挑戦的で楽しいと感じて書かせてもらってます。
一応ダイジェスト的にストーリーを反芻できるように、考察のない部分も書いてるのでえらい文字数になってしまって申し訳ないですが。

見終わった上で、またお暇のある時に覗いてもらえれば、ああ、かさばる兄さんはこんな風に捕らえたのねと、他人の視点の可笑しさを楽めると思います。

もうすぐ後半、書きあがりますー^^
[2014/11/29 11:51] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/249-174ed7c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |