考察!Gのレコンギスタ 第8話「父と母とマスクと」(前編)
なんか急に寒くなったよね。
どうも首が痛いのでちゃんとテーブルや机に座って書かなければと、
今度は字数意識しながらファイルをわけて、pomeraで再び入力。
いやぁ、早い早い!
こりゃいーわ。これに移行しよう。
今週はゴッドガンダム作ってたんでモンテーロをまだ触ってもないよ。
はやくこの記事の扉絵として使いたいんだけどね。

前半、書き終わったところで晩ご飯。
粕汁だw寒いからうまい。
お酒飲めないかさばる兄さんだけど、
粕汁はうんと濃いのが好きなんだよね。
そういうわけで我が家のはどろっどろw飲める人でもひくくらい濃いですw
おいしいけど酔っぱらってきたw
今日はあまりみなさんのところでコメント書けないかも。
早くも眠いですw

グリモア10
<ワレワレはクンタラ星人ダ・・・・>

さて、このサイトでは初の試み、毎回の考察を書いております。
これより後はネタバレ前提なので、もう見たよ!って人やそういうの気にしない!って人だけ読んでね^^

例によって「かさばるさんという名のフィルター」を通した考察なので、
かさばる兄さんはこれ見てこう感じたのね、くらいに軽く楽しんでくださいね。
いろいろ予測もしますが当然外れる事も多いはずなのでそこのとこもよろしく。

あと、まんまと富野監督にだまされたり、読み込みの浅さで解釈のミスもありますが、
それはそれで楽しいので、あえて変更は致しませんので、そこのところもよろしくお願い致します。

では準備OKの人は 続きを読む をクリックお願いいたします。

さて。
まずは思ったことを少し。
あちこちで耳にする話ですが、富野監督は「子供のためのアニメ」を標榜しておりますが、子供にはちょっと難しすぎますよねって話。
まぁ、なにが難しいかをはき違えてはいけないと思いますが、設定だの言葉づかいだのではなく、やはり一番難しくて、一番おもしろいなと思わせる要素でもあるのが、「行間を読まなくては意味不明」これに尽きると思います。子供にはむつかしいよね。

最近は流動食のようにそのシーンの頭10秒見たらオチまでわかるようなテンプレートのようなアニメが多すぎてちょっと辟易している。(失敗したくないので売れる法則をなぞりたいのはわかるが)
たとえば男女が二人いる中、なにかしらのアクシデント(地震、荷物が落ちて来る、自転車でぶつかる等)が起きると、ふたりとも倒れて、男子が女子の胸をハプニングとして揉んでいるシーン。
いわゆるラッキースケベというやつです。

季節ごとに始まる新番組の中、だいたい5個近くはこれに近似なことやってるんじゃないでしょうかね。
そんで7か8話あたりに「温泉回」と呼ばれる温泉宿に合宿だの、慰安旅行に行くわけだ。
それもメンバーに金持ちがいて、「あらあら、うふふ」か「おーっほっほ」かの、どちらかの決め台詞を持った女性が別荘として温泉持ってたりする。と。

話がそれかけたがそんなハーレムアニメやラノベが多い中、
原作も持たず、先が読めないのは相当に貴重なアニメだと思う。
前述の離乳食のようなアニメに慣らされた人も、
行間を読むスキルを磨きながら、ぜひ最後までこの作品を楽しんでほしいと思います。

ぼくもはじめ戸惑っていた「各キャラクターのスイッチで切り替わったような感情の動き」はさ、ぼくらが視聴している話と話の間にも、エピソードとして発表されていない生活やふれあいがあるわけで、そういう部分を通過している事前提で、話をかいつまんで見せてもらってる故、と思うことにしてます。
噛み応え抜群で、毎週これ書いてるの、時間的には大変ではあるけれども、すごく楽しいと思ってます。行間(この場合は話と話の間)を想像で埋めながら視聴してみてはいかがでしょうか?
見え方が変わってくるはず^^

いささか攻撃的な文章になっているのは、ウケ狙いとでも思ってください。
前述のような作品もそれはそれの良さがあったり、そういったテンプレートを通過儀礼のように楽しんでいる文化も否定はしないので。
読んでてカチンときたらごめんね。
(ビルドファイターズトライでもやってたしね)


さて、前置きで語ってしまいましたが、本編
にいきます。

前回のアーマーザガンが現れて、カットシーを撃墜した直後からのスタート。
Gのレコンギスタでは意外に珍しいイントロであることも加味して、前回では撤退したと思ってました。

さらにアーマーザガン。
あおりで山みたいな陰から出てきた感じで「超大型可変(するかもしれない)MAと書きましたが、標準的なMAサイズの模様。今回背中にモンテーロ乗っけてる対比では超というほどでかくなかったですね。
インパクト与える演出にミスリードw


アーマーザガンの来た方に着陸するように、クリムの指示が飛ぶ。
とくに反発する様子もなく、素直に向かうベルリに、

「あの子・・・ちゃんとやっている?」とアイーダ。
クリムほどには、まだ信頼を置いてない様子。
まぁ本人、アメリア軍属の誘い蹴ってるからむしろアイーダの方が常識的ではあるが。

おそらくクリムは軍人なので、戦いの最中に、「裏切るかも?」と状況の選択支の中にいちいち差し挟むのは、あまりにもナンセンスなので、信用すると決めたら「それ前提」で行動してるんじゃないかな。逆にベルリが裏切ったら、即断して平気で討てるのがクリムで、普段から「逃げ出す気でしょ?」とか言ってるアイーダは多分討てないんじゃないかな?

小さな島の入り江に、前回ベルリが乗ってきたジャナハムが横たえられている。
こんなところに置いとくのは考えられないので、
ラライヤはG-セルフは操縦できるがMSは操縦できないと考えるべきか。それともG-セルフには懐いてるから動かす気になるが、ジャナハムには食指が動かないかのどちらかであろう。

着地するG-セルフ。
着地と同時にライフルを上に構え、警戒。
チラと見えたのがアーマーザガンであり、この入り江が味方の制圧圏内と確認して、ライフルを下げる。
ベルリが有能な示唆。

そういや、こういう現場での離着陸こそ、われわれモデラーが可動範囲としてこだわる、そしてかっこいいポージングのひとつである片膝立てで着地しようものだが、今のところこの作品においては、一貫して棒立ち+ワイヤーでの昇降である。それを理由に片膝立てのできない可動範囲でBANDAIさんが納得しないことを望む。

ヒゲのおじさま登場。

「中尉!武器を持ってきたぞ!」と呼ばわると

「総監!いらっしゃったのですか!」とクリム。

そんなこんなしている間にも、G-アルケインがゲタと共に降下。ラライヤと、ジャナハムに移る予定のパイロットが出てくるのを見て一安心のベルリ。

新たにジャナハムに乗り換えるパイロットに
「敵は手強いですよ?」とベルリ。

「貴様に言われるまでもない!」とプライドを刺激されるパイロット。
相変わらず思ったことがそのまま口に出る模様。

無造作にゲタを揺らしながら飛び降りるG-アルケイン。

ベルリもアイーダもワイヤーで降りながら、上空を一瞥して制空権の行方を見守る。
まだイケルと判断したのか、そのまま地上に降り立ち、先ほど総監とよばれたヒゲのおじさまに、「お父様!と抱きつく」アイーダ。
このヒゲのおじさまこそが、アイーダの父にして軍部の長、スルガン総監であった。

それを横で見ているベルリの顔にチュチュミィを押しつけてくるラライヤ。今回は完全にマスコット扱いの模様。
字数食うので今回は流すことにする。w

いきなり浜辺に座り込んで、近況を語らう親子。
緊迫感/ZEROか。
「なんでこんな前線に?」
「なんでって・・・」
会話を寸断するように島の上を舐めるように滑空するアーマーザガン。

立ち上がり、
「君がベルリ・ゼナムくんだな。」とベルリに歩み寄って、腕をポンと叩くスルガン。
ははぁ、偉いさんが勧誘にきたんだな?と機先を制して、

「ぼく、アメリア軍には入隊しません。」とベルリ。

それに対して肩をすくめながら

「かまわんさ。」と、にこやかなスルガンに思わず、
「は?」とベルリ。

は?と言ってしまった事で、少し自意識過剰、あるいは自己評価が高くなっているベルリが浮き彫りになっている。
両軍の大尉クラスのエースを撃墜してるんだから、確かにたいしたものではあるが。

アメリア軍の長に、まず言われるだろうなと思った事が、よくもカーヒル大尉をやってくれたな、ではなく、
きっと、なかなか首を縦に振らない自身への勧誘だと確信してるあたり、相当、前しか見ない性格である。
もうデレンセンの事もイスカンダルの彼方だろう。

「バックパックは交換させてもらうぞ」と優しく声をかけながらベルリとの邂逅を終える。

あらたにジャナハムに乗ったパイロットに指示をとばしつつ、新たにビームジャベリンを受領したモンテーロのコックピットに再び収まったクリムが「アーマーザガン一機にまかせてはおけん!」と飛び立つ。
ちなみにここまで3分。
敵の最中でえらい余裕だなとは思うが、新型の一機で注意をひきつける事のできる時間としては、ぎりぎりありうる感じではある。

「G-セルフが出るまでは、持ちこたえてみせます!」と総監に声を張り上げるクリム。
普段、天才だのなんだの言ってるからこういう時は「見事全滅させてみせます!」とか言いそうなものだが、口に出したのは時間稼ぎをがんばります。

いささかトホホな感じではあるが、敵の評価、自己の評価、自軍戦力の評価を歪めたりしない性質なのだろう。
はじめて出てきたときより、育った感じのあるクリムだが、目上にして上官のカーヒルがいなくなったことでその分がんばらねば、という気持ちが前にでているのかもしれない。

「モンテーロは・・・」と言いかけたところで、クリムが出たのでそのまま見送るスルガン。横でアイーダ再出陣準備。
たぶんその続きは「1/144 HGが先週発売になったのでよろしくなー!」ではない事だけは間違いないだろう。

さらに隣では、新型バックパックのマッチングを行うG-セルフ。
先週メガファウナに送られてきたのがこのトリッキーバックパックと思ってたのだが、メガファウナにあるのは、EDの赤い砲撃仕様っぽいやつかもね。
今後、ベルリが使いこなしたら花弁のようの開いたりして格好よく見せてくれるのかもしれないが今のところ微妙ではある。うーん、プラモ出てもこれはいらないかもなぁ。

ラライヤをスルガンに預けて飛び立つG-セルフ。
同じ戦場に出ようとするアイーダを
「無理です!お父上のところで守ってあげてください。」とアイーダを止めるベルリ。
「少しは慣れました!飛んでるでしょ?」と言ってるそばからジーセルフに激突して山肌に倒れ込む2機。
前置きで書いたみたいに、G-アルケインの胸をG-セルフが揉みしだいた、という描写はさすがになかったw(誰得だwしかし我ながらうまくつながったなぁw)

「邪魔をしてー!」

そのまま押し返すベルリ。
押し返された先では、スルガンがゲタに残りの資材を満載のまま浮遊しているのが見え、さすがにこれは護衛が必要と感じたのか、アイーダもゲタに着地。
それを後目に戦場に向かうG-セルフ。

カメラはアーマーザガンの中へ。
蚊トンボどもにはアーマーザガンの後ろへは行かせない!」と長官を気にしながら制空権の確保にひとり気を吐くミック。アップにしたらけっこう可愛い。
かけつけたジャハナムには感謝と相殺したのかなにも言わないが、クリムには

「中尉は遅いでしょ!」と一喝。

アーマーザガンの背中に乗りながら
「すまない!単独飛行がなーっ!」とクリム。
ジャナハムはゲタ乗ってったけど、モンテーロはそのままだったので、いささか遅延した様子。
この歯に衣きせぬミックに腹を立てることもなく謝るクリムの会話温度に、二人は恋人?と感じてしまう。
なんか、いい雰囲気じゃない?パイロット同士のつがいなら、こんな感じだろーなーとか思わせるものがある。

そう言いながらいきなりジャベリン投擲!
一機のエルフ=ブリックをしとめる。
長官閣下がじきじきにお運びあそばされた武器をいきなり投擲する根性はまさに天才w普通、この武器を壊されたり失ったりしたら、マズイぞとか考えるわw

それを受けて、クンタラ仮面が

「アボカスがやられただと?(由来がアホ、カスだったらかわいそうw)
MAとMSは連携プレーをしたのか!」と驚愕する。

とても連携に見えない描写であるが、乗せるときにアーマーザガンがビームを連射していたので、あの撃ち込みでアボカスのエルフ=ブルックをジャベリンの投擲範囲に誘導していたとかそういうことだろうか。

そこへベルリくんの「ジーセルフwithトリッキーパック」登場。ここでは見た目どおりにヤドカリパックと表記することにするw

下からあがってくるその機体を見ながら
「フッ、格闘戦は高度が高い方が圧勝するんだよ!」と上から変形しつつビームなどを使いながら、せまるクンタラ仮面。押し切られそうになるベルリだったが、ヤドカリパックの力場に助けられる。(公式によるとIフィールドみたい)
再び高度を得るべく変形して、
さきほどやられたアボカスが浮かぶ海面すれすれを飛びながら上空へと飛ぶクンタラ仮面。

ベルリはベルリで、使い慣れないヤドカリパックに振り回され、全面に折り畳まれるアーマーのせいでビームライフルがうまく撃てないなど、四苦八苦しているのだった。

そこへ、ふたたびG-セルフよりも上を取って優位に立ったエルフ=ブルックが自由落下に自身のバーニヤの推力を上乗せしながらパンチを浴びせてゆく。

余談ではあるが、個人的にはこういう衝撃を当てる物理攻撃は、空中では地面が受け止めてくれることによって、与えた衝撃がにげることのない、反作用が期待できず、ただ当てた時の衝撃のみが伝わり、あとは吹き飛ばされて、後方に移動してしまうだけの気がするんだが。

そのパンチを肩のヤドカリで受け止め、発進時に見せた、後ろに動くマニューバで、クンタラ仮面をいなして投げ飛ばすベルリ。

カメラ変わって、ウィルコット母さん。
機内に常備された水を口にしつつ、
いつのだ?と顔をしかめる。
こういうのって腐らないように純水入れとくんじゃないの?とか思うが、大丈夫なだけで風味は独特の落ち方するものなのかもしれない。UC時代の水だったらビックリだw

高高度ではあるが大気圏内を滑空しながら爆発光を認め、そこにベルリがいると確信するウィルミット。
そちらに舵をきるのだった。

再び戦場。
ビームを乱射するも当てることのできないアーマーザガン。その横でビームウィップとワイヤーをうまく使いながらカットシーを撃墜するクリム。
ちなみに、モンテーロとグリモアの下腕は実は左右非対象であり、左手下腕前面にこのワイヤーが仕込まれている。

「ミック=ジャック!攻撃が雑だぞ!取り逃がしている!」とクリム。

よく考えると「クリム=ニック」「ミック=ジャック」と覚えにくいwちなみにクリムのそれは愛称で、本名は「クリム=ニッキーニ」だが。

アーマーザガンのコックピット内部では、コンソールの裏側で、おそらくは射撃管制やビーム関連の制御板を差し込んでいるミックの姿が。
新型なので安定していないのかもしれない。

ビームが収束しない隙をついてゲタが迫る。
生意気なんだよ!と案の定変形してクローを突き立てて反撃。そのまま海へ投げ捨てる。
ここはさっきの蚊トンボに合わせて
蚊トンボが・・・落ちろー!」が欲しかったw
制御を一時的に失いながらも、辛くも体制をたて直すゲタ。このアニメ、ゲタの存在感と優秀さハンパねぇw


そのころのクンタラ仮面。
「格闘戦では高度を取らないかぎり勝てんではないか!」
さきほど投げ飛ばされたあとの自己分析もあくまで教科書通りなクンタラ仮面。ちょっともちつけ。
友軍機が用意してくれたブースターを見つけ、装着するのだった。

「ピンクの武器を使いなれていないG-セルフをしとめることができる」と、うそぶくクンタラ仮面。

そのセリフに呼応するかのように、左右のミノフスキークラフトのバランスが悪いのか、風船に激突するベルリ。
それを受け止める、アイーダ駆るG-アルケイン。

「しっかりなさい!敵はまだ逃げてくれていないのですよ!」

「お父さんを守るんじゃなかったんですか?」

キャピタルタワー側からアンノウンが接近してきているとわかったから来たのですとアイーダ。
そのまま、風船を引くグリモアに風船を引くのをやめ、戦闘参加せよと伝えると、そのままアンノウンめがけてバーニアを噴かすG-アルケイン。

自身を無視して遙か上空をゆくG-アルケインに

「貴様たちはふざけているのか!敵はここにいるんだぞ!」とバックパックを追加したエルフ=ブルックが地上から登場。
浮き上がったところに、先ほど切り離されてコントロールを失ったダミー風船が風に流されて、クンタラ仮面の視界を赤一色に染めあげてゆく。

「な、なんだ?風船か?なんだと言うのかーーーーー!」と狼狽の色を隠せないクンタラ仮面。

首席エリートくん、「机上の空論」の外では経験不足を露呈してしまう。
動揺のままに、ビームを乱射して、風船を完全に破壊するのであった。

風船の陰では総監がゲタのコックピットに乗っており

「阻止できませんでした!」というパイロットに「風船では無理だろう」と狼狽する様子もない総監。

肝っ玉でけぇぇぇぇ。
キャピタルタワー側から来るアンノウンを映像でとらえれる距離にはいったのを確認し、アンノウンの正体をグライダーと看破するや、撃墜の必要なしと断をくだすのであった。

風船にかくれることもできず、またアンノウンに撃墜の必要がなくなったので

「アイーダは戻せんのか?」とスルゲン総監。

「突貫娘ですからねぇ」と思わずパイロット。


「悪口か?」と圧力で応じるスルゲン総監に

「勇敢な姫様だといクリム中尉は言ってます!」とごまかすパイロットであった。

「ベールベールベール」とすり寄ってくるラライヤに
「そうかベルリくんがいるか。」とスルガン。

おそらく荷物満載で足の遅いゲタなど、後から叩けばいいと、かまわずG-セルフを求めて移動したクンタラ仮面だったが、実のところ、八つ当たりでもなんでもいいからゲタを始末してたら、総監しとめたことで昇級したかもね。
まぁ逃した魚は大きかったってことで。


ここでアイキャッチ。
新作のマニィのダンス。太股ムッチムチで人気でそう。
戻りは彼氏のクンタラ仮面。

後編に続く。

スポンサーサイト

テーマ:Gのレコンギスタ - ジャンル:アニメ・コミック

[2014/11/14 20:10] | 考察!Gのレコンギスタ | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
<<考察!Gのレコンギスタ 第8話「父と母とマスクと」(後編) | ホーム | 新たなる輝き! PG ゴッドガンダム(その6)>>
コメント
クンタラ仮面は現在「大尉」らしいですよw
[2014/11/15 11:41] URL | ハマシ #- [ 編集 ] | page top
ハマシさん、こんにちは!
そうなんだよね。今回、それしってびっくりした憶えが。
専門の学校でてコースに乗っても、はじめは良くて少尉だよね。
おそらく現場指揮感として采配を振るうのに大尉が必要で、デレンセンが亡くなったことによって、繰り上げ的に出世したんだろうな。
そのくらい、出来立てで人材がいないんじゃないかな。一応伏せるけど、後半最後見たらあの人を採用してるくらいだしw
ハマシさんが語尾にwを付ける気分わかる!w
[2014/11/15 13:52] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
こんばんは。
Gレコ レビューご苦労様です。
かさばる兄さんさんは関東でしょうか・・・。
私は東海なので一日ずれての放送ですが
ネタバレしても大丈夫な方です。
逆に見たくなりますから。
Gセルフのバックパックって全部キット化されるでしょうかね・・・。
あと、質問12は更新しました。
そのほかも多少変化してます。
ビルドバーニングへのお褒めの言葉
ありがとうございます。
[2014/11/15 18:35] URL | しばいつん #- [ 編集 ] | page top
しばいつんさん、おはようございます!
返事遅くなってすいません。
ただいま戻りました!
ぼくは関西ですね。

勝手な憶測で色々予想したり、解釈したりするのにGレコは適したアニメですね。
考えれば考えるほどおもしろいと思います。
ネタバレは人によりけりですからね。
一応注意しています。
そういや、シャーロックホームズのテレビ放送がネタバレだらけで(放送局のテロップが悪い)
炎上してるとか。w

G-セルフのバックパックはどうでしょうね。
宇宙空間用ブースターはすでにコアファイターと共に確定してますが、ぼくなら、購入者がついてきてるうちにと、今回のトリックパックとEDで出てる赤い長距離砲みたいなのを「セット」で出して売り切っちゃうかな。そこまでなら「ギリギリ」付いて来てくれる人も見込めるんじゃないかな。

質問の更新ありがとうございます^^
一度寝てから、またゆっくり伺いたいと思います。
ありがとうございました^^




[2014/11/16 04:11] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
おはようございます。

正直なところを言ってしまいますと、Gレコはまだ面白くありません。
現在放映されているアニメを全部観るのは物理時間的に不可能なので、
せめて半分は録画して、よさげな 1/3 位のアニメは全編目を通そうと
しています。その中で Gレコの優先順位はと言いますとかなり低いと
言わざるを得ません。今のところ毎週1回は観ているのですが、これは
ひとえに かさばる兄さん の考察記事を楽しむ為に観ているようなもの
なのです。今はアニメ雑誌の購読はしていないけど、それこそネットを
徘徊すればいくらでも解説記事は読めるのに、公式すら開いていません。

かさばる兄さんの仰ることはわかります。でもガンダムってもともと
そういうものだとも思います。愚考しますに、週に1回観て、次の週に
次の回をまた1回だけ観る、この繰り返しでは足りないんじゃないかと。

私の年齢からすると「機動戦士ガンダム」は朝日放送の再放送の世代
ではありますが、難しくてよくわかんないという理由で関西テレビの
「人造人間キカイダー01」の再放送を観てたりして、自分にとっての
ガンダム体験は ゼータガンダムから始まりました(もちろん最低限の
ガンダム知識は読み込んでましたが)。そして中高生?の自分は当時、
毎週7回、要するに放送当日を含めて毎日欠かさず観ていたんです。

近年はいかなガンダムアニメよりも自分にとっては面白いアニメ作品
というものがあることを知り、それらを取り逃がすことを何より怖れる
日々でありまして、絶対的にガンダムに割けるリソース不足を痛感して
いるところではあります。1回しか観なかったガンダムアニメに関する
記憶の欠落はもうひどいもので、MS の名前すら忘れていたりしますw

で、ふと思い出した昔話ですが ゼータ劇中でこんな会話がありました。

> クルー 「今頃そんなこと言われたって」
> ハヤト 「どうした?」
> クルー 「あっ、オークランドのニタ研がティターンズに回ったと」
> ハヤト 「ニタ研が?まずいな…」

……にたけん?…なにそれ? と今ならスルーしてしまうかもですがw

TV 版 ゼータガンダム で ア・バオア・クー の呼び名を
「ゼダンの門」 と (初期設定名の)「ガゼンの門」の両方が
脚本(ミスによって?)で使われていたこともあって、
オークランドのニタ研 = オーガスタ研 だと思っていましたが
新しい文献では違う存在であるような記述もあるらしいです。

何が言いたいかというと、ガンダムアニメを視聴し、有限のリソースを
消費して読み込むに値するか?というと、今の環境では難しいのでは
ないだろうか、と私には思えてしまうということです。「ガンダム以外」
をバッサリと切り捨てられるなら可能かもですが…うーん、悩ましい。

とりとめもない雑文失礼致しました。ではまた。
[2014/11/17 06:54] URL | イヴュマー #UzUN//t6 [ 編集 ] | page top
イヴュマーさん、こんばんは!

一応SFなので、深く味わうならそれなりに時間も頭も使う、それこそ噛みごたえのある作品ということで、流動食に慣れ切った人にこそ、こういうのどうよ?って話なんですね。

ただ、ぼくはそれを是としてはいますが、噛みごたえのある作品が至上ではないというのも解ってます。流動食よりいいじゃないかというだけで。

実際は適度に歯ごたえがあり、消化もよいバランスが良いものが上位にくるのは当然で、人によって割く事のできる時間も違ってくるので、例えば週に7本のアニメを見ることにしか時間が使えなくて、見たいと思ってるアニメに優先順位をつけて8位にGレコがきたら、見なければいいだけの話。それは厳しい覇権争いの結果ですしね。
見るに値すれば見ればいいし、値しないと思えば「切る」だけの話。
見たいけど切らざるを得なければ、また暇のある時にレンタルでも借りて見ればいいしね。

ちなみに、今期は。
ぼくもGレコ並み、あるいは上の優先度高いのはけっこうありますよw
四月は君の嘘、サイコパス2やSHIROBAKO、寄生獣や七つの大罪、Fate UBW、バハムート、GAROやビルドファイターズトライ、まだなんかあったような気もするw

[2014/11/17 20:01] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
こんばんは。今思えばガキの頃はヒマでした。

新作トミノガンダムをやってるのに何度も観て咀嚼する余裕もないとか、
お前らたいして儲かってもないくせに面白いアニメ作りすぎなんだよ!w
と言いたい。いや、すごい大変な苦労をして作られてるのはわかるけど。

そんな贅沢ほざいていられる昨今。ではまた。
[2014/11/17 23:02] URL | イヴュマー #UzUN//t6 [ 編集 ] | page top
イヴュマーさん、こんばんは^^

実際新作毎回アニメの本数多すぎですよねw
しかも曜日が集中してたりすると泣けるよね;;

私信としてここに書いておくけど、雪風はまったく見た事がないのでわかんないっすw
[2014/11/18 18:36] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/232-78d6a7b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |