模型夜話 第一夜 改造と無改造の狭間で。
さてこのブログ、まだあんまり慣れてないんですが、
時間指定して予約投降ができるのがありがたいですね。
これを見てもらっている5日は友人の所で朝まで麻雀してるので、4日に書いて投降してたりするんですが。

その4日にあちこち回っている時にn兄さんのプルプル日記で模型用語に関するお話というお題で興味深い原稿を読ませていただきまして。
n兄さんの人となりが現れたほっこりした文章で楽しませていただきました。
スキルが高くても初心者を置き去りにしない姿勢がいいですね。救われます^^

初心者に優しくない分野は廃れる。という言葉をどこかで聴いた事があります。
そういうわけで、みなさんぼくに優しくするといいと思います。とりあえずじゃがりこ買ってk

記事にコメントを書かせてもらいたかったのですが、
適正な文章量にまとめることができそうになかったので
いっそこちらでも、改造?無改造?という言葉で一席ぶってみることにしました。

キュベレイ2
無改造さん

キュベレイ1
改造中さん(こないだ尖らせた膝先が折れたのでまたやり直し。進まねぇw)

改造、無改造という言葉をみなさんの模型製作日記等を読ませていただいた上で
少し感じたのは「改造した」作品が「無改造」の作品より偉い!という風潮が流れてるなぁと思う事。
「凄い、カッコイイ!」とは思いますが「偉い」ではないと思うんですよね。
(モデラーの方の「製作意識」が偉いなぁとか尊敬してしまうと思う事は多々ありますけど)


これがぼくの感じた<模型カースト>だ!(笑)

牛(本日の笑うとこ)
>改造して完成した模型
>改造して製作中の模型
>無改造の完成した模型
>無改造の製作中の模型
>積まれた模型
>ミジンコ

こんな風に見えるんだが

ぼく的には


>改造してようがしてまいが完成した模型
>製作中の模型すべて
>積まれた模型
>ミジンコ

せめてこんくらいにならんもんかと。

不思議な事にこの模型カースト、
改造しまくって楽しんでる方々は、ほぼ意識しておらず、
逆に作り始めた初心者の方や、
無改造で楽しんでる方の方が意識してるように感じますね。

改造してかっこいい作品を発表されている方々や作品への憧れが、
自らをおとしめる事によって生まれる
「謙譲による尊敬」を表現させてしまうかもしれません。
ぼくにも少しはそういった気持ちはあります。

しかし自分がメカ等のデザインを見て、
これは見るだけではなく立体として触ったり、
作る過程を楽しんだりしたい!って思って模型を買って作り上げたなら、
もうそれだけで最高!なわけですよ。
だから無改造だとしても卑屈になる事はなにもないと思います。

自分の好み、はたまた、みんなにウケたい!(決してアースティスティックと対極の下衆な感性ではなく、
こういうモチベーションもすごく大事だと思います。)と納得できるまでいじるも楽し、
そのまま作り手(メーカー)やデザインの意図を汲み取りながら作るもまた楽し!と。


次に改造と無改造のはざま。
これもなんだか難しいですね。
改造してるのに無改造?と書いてたり。
じゃ、どこからが改造?
いろんなものさしがありますね。


例えば、ぼくもたまにやりますが、
その1
1/144のガンダム系のMSを無塗装あるいは部分塗装で組み上げて、頭部バルカンの銃口をドリルで穴をあけて金属ビーズを突っ込んだ(改造部所要時間5分)

その2
説明書の通り組み付けて、合わせ目を消し、サーフェイサーを吹いて、
カラーリングだけオリジナル。
スプリッター迷彩を施し、市販のデカールを貼りました(塗装部所要時間4時間)

という二つの作品があったとして

前者は改造しました(ドヤァ)って日記に書いてて、
後者は前者より手間かかってるのに、無改造で恥ずかしいのですが・・・みたいな感じで日記に書いてたりする。
恥ずかしくなんてないない!
どっちもかっこいいの出来たから見てくれ!(ドヤァ)でいいわけですよ。

後者の人も無改造ですが・・・じゃなく、オリジナルカラーによる塗装は充分
「改造しました!」でいいと思うんだよね。
うろ覚えだけど、「(ほぼ)無改造だけど丁寧な作り」と「空気遠近法」を取り入れた塗装をひっさげ、
電撃ホビーにてよく作例を発表してた岩田トシオさんは「塗装は改造だ」みたいな事を言ってた気がします。
ぼくもそう思います。
オリジナルカラーの作品も大好物です!

あと定番改造と言われる改造は、もはや改造したといちいち言うべきではない
という自分に厳しい人も中にはいますね。
まぁ、その人が
「こ、こんくらい改造っていうほどのもんじゃないんだからね!」(CV釘宮理恵)
と思っているわけだから、それはそれでその人の物差しなわけで、
ぼくからしたら、立派な改造じゃん!すごいよ!と言いたくても強く言えないわけですよ。
おそらく意識や技術の高さが「ここまでやってはじめて改造ってもんよ」と思わせているんでしょうね。
他人にその物差しを押し付けないのであれば、それもいいと思います。

ちなみに定番改造とは、ガンプラで言うと
1/144ガンダム系統の角のフラッグ(角の先を太らせてる部分)の
シャープ化や、フロントアーマーの分割可動化(切り離すだけ)など。
人によっては、アーマーの裏打ち&モールド掘り込み、エッジ調整、モノアイのHアイズ化も含むみたい。

ぼくなら、「見て見て!削ってこんなにシャープに!」
(ドヤァァアアアwwww)
と、改造したぞ!と思わずブログで世界中に報告しちゃいますけどねw


日記に作品や過程をアップする行為自体が、
「みんな、オラのカックイイプラモを見てくれ!」って気持ちの発露なわけですから
改造、無改造に関わらず(ドヤァ)でいきましょう!と、かさばる兄さんは思うわけです。
娯楽なのですからみんなで楽しみたいですね。

ぼくはみなさんの新作や製作過程、毎日楽しみにしてます!
今夜のお題は 改造と無改造の狭間で でしたー
5/6追記
結局、みなさんのアツイコメントとn兄さんのレスがさらに進んでるの見て
思わずコメントに参加してしまったw
みんな、プラモ好きでたまんないんだなぁとほくほくしますね^^
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

[2014/05/05 12:05] | 模型夜話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<MG 1/100 RX-78-4 ガンダム4号機 | ホーム | 1/100 HG バスターガンダム>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/21-6cbec2c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |