1/144 HG G-セルフ(大気圏用パック装備型)製作日記・・・と思ったら完成。
しかし、昨日紹介したG-セルフ、けっこうイケると絶賛してると、自分でも組みたくなった(またか)
なので、部分塗装、面相筆一本!超速でざっくりいきますか!(こういうのも楽しくて好き)

まず、なにはともあれ、つや消し黒で顔面の赤いパーツの目の周りを塗る。
そして説明書とにらめっこして、白以外の成形色の上に白(本体色。ここでは白と書くが実質はジムの成形色を薄めた感じの色)を塗らなければならない場所と、同じく黄色と白以外の成形色の上に黄色を塗る場所を探し出す。
今回で言うと肩の横、銃のスイッチみたいな部分、手の甲、スリッパのサイドと前面、そして銃の装甲?
これらの部分は隠蔽力(塗膜が下地を覆う力。透けにくさ)が弱いのであらかじめ下塗りが必要。
ガイアカラーのサーフェイサーEVOホワイトを筆で塗る。少し透けたりするがある程度は仕方が無い。
どうせ乾いてから上塗りするし。

次に、メタリックに仕上げたい部分をシルバーで塗る。
うーん、青いとこ全部シルバー>クリアブルーで仕上げたいんだが。
でも今回UV発光シールが付いてるからせっかくなのでそのまま組もう。
とりあえず銃のスコープのラインの黄色が嫌だったので、クリアイエローで仕上げる為にシルバー塗っておこう。あ、銃のサイドに青いラインあるな。ここも塗っとこう。

さて、とりあえずいつも気をつけてる事だが、先に武器を作ろう。
後に回すと絶対テンションが切れる。最悪一週間くらい武器作らないw
まずシールド裏をランナーについたままニュートラルグレーでペタペタ。あとから、表層の青いパーツのピンが貫通してきて、もう一回塗らないといけないが気にするな。どうせ何回もこの色使うし。
情報量増やすために、若草色で少し塗り分けてみた。

乾くまでかたっぱしから組んでいく。
のちのち取り外して塗る可能性のあるところは、接続ピンを斜めにカット。
テンションを抜くことによりハメたり外したりが可能に。

顔面のシール。
シールはいいんだけど、黒の質感があまり好きじゃないので、先ほどつや消し黒を塗っておいたわけなんだが、黄色い目玉の部分だけをハサミで切り取って貼る。
ここんとこ1/60いじってたもんだから、よけいちっこく感じるなぁ。無くしたらめんどいぞ?

「ピン」

あ、どっか飛んだw
くそういきなりめんどうな事にwしかたがないので、シルバーを塗って、乾いてからクリアイエロー塗って完成だ。どうせこの黄色UV発光しないからいいや。(負け惜しみ)

角はそのままでもいいんだけど、ちょっと尖らせてやるか。
けっこう複雑だな。このアンテナを単体で外せないの、削る時にはちと困るな。頭本体がちょっとジャマ。
尚、アンテナは4面で構成されてて、断面は菱形。完全にとんがるまでは攻めにくい感じ。
ちょっと細くなったところで止めておいた。

額のシールが醜い。幸い赤は元から色分けされてるから、つや消し黒をある程度塗って、シールから青だけを切り取って貼り付ける。これが一番いいと思う。

Gself1.jpg

首は特筆すべき構造だが、そのままでは太く、カバーを外すと細い。ぐぬぬ。

Gself2.jpg

仕方が無いので両サイドを肉厚ギリギリまで削り込む。左側行き過ぎて中にはいってるな^^;
よし、自己満足完了w

肩、胴体はオールガンダムプロジェクトのそれである。

Gself5.jpg

腰がスイングするのはいいが、背中のお荷物で絶対、腰を前に折った状態で維持できないの解ってるので、腰パーツにストッパーを。これ他のガンダムにもおすすめ。

腰の装甲中心に、覗き込んだら見える裏側という裏側をグレーで塗りまくる。面倒w
フロントアーマーは、やはりいつものように切り離して独立可動。さらにエッジを立てる。
うむ苦しゅうない。


太ももの付け根はめずらしくBANDAI自身が少し切り欠いてくれている。

Gself3.jpg

だが、もっとワイルドにお願いしたい。ここでは、フレームの角と太もも裏装甲の二箇所を切り欠いた。

Gself4.jpg

若干ではあるが股関節のガニまた化に貢献。

ビームライフルの先端のフラッシュハイダー?の切り込みモールドに合わせてちゃんと切り欠いてやる。簡単だけど満足度高し。
グレー、白、黄色、青、スミ入れ。(ぼくはさらにクリアイエロー追加した)と4色も使ってるわりにグレー、一色で成形されてる。シールもなし。このキットのアキレス腱はここだな。

あとはひたすら組み上げ、サーフェイサーが乾いたら、白にクリアブルー、クリアイエロー、グレーを小量混ぜてなんとか本体に似た色を作って、さっきの下地の上に塗る。黄色もクリアイエローもクリアブルーも塗っちゃう。
乾かしている間に、大気圏用パック。リアのスラスターはUV発光シールを全く使わない仕様なのでさみしい。
なので、青のシールの枠(はみだしたみたいになってるとこ)を無理矢理切って、貼付けてゆく。
なんとか足りたw

そんなこんなしてるうちに、太ももの黒とか、マスクのスリットとかエナメル黒でスミ入れして、さらに全体をフラットアースでスミ入れ。

Gself6.jpg

完成っ!
写真圧縮したら腰の赤が潰れたな;;
あ!額の青のシールが少し上にずれて隙間が;;
脳内であそこに隙間がないと思って観てくれwもう撮り直す元気ないわ;;

それにしても本当に立体映えする機体。
こうやって手に取ると満足度高い。
速組みのくせに脚の裏だけで実は5色使ってる。写真に取ったが2色のグレー類の違いがわからないので写真は割愛。違いのわかる男、由良卓也先生、助けて!w


Gself8.jpg

大気圏用パック接続。

Gself9.jpg

こういうエールストライクのような、形もいいが

Gself10.jpg

こういうバイファムのスリングパニアーを彷彿とさせる飾り方もイカス。


そしてお待ちかねのUV発光SHOW!!!
うおおおお、めっちゃ綺麗!!!

Gself14.jpg


Gself12.jpg

でも絶対隠密作戦とか夜戦できないな、この機体w
ちなみにシールの切れ端貼らないと、こんなふうに大気圏用パックの方は光りませんのであしからず。

ぼくは楽しんだけど、UVライト持ってないとか、別にそういうのはいらんという人は、シルバーの上からクリアブルーとかどうですかね。ぼくもそうしようか迷ったくらいだし。

ひさびさに面相筆一本でさっくり仕上げてみましたが如何でしょうか?
これMG出たら多分買いそう^^

カラーレシピ
一部下塗り:サーフェイサーEVOホワイト(ガイアカラー)
シールド裏、足裏(溝)装甲裏等: ニュートラルグレー
バルカン、インテーク等:黄燈色
白:ガイアカラーEXホワイト+クリアイエロー+クリアブルー+ニュートラルグレー
目:シルバーの上からクリアイエロー
ライフル横の青いライン:シルバーの上からクリアブルー
シールド裏、脚の裏(平面):若草色
目の周り:つや消し黒
太もも等黒いライン:エナメルカラー黒(ZIPPOオイル希釈)
全体のパネルライン:エナメルカラーフラットアース(ZIPPOオイル希釈)

速組みで10色とか、間抜けすぎるwどおりで面倒くさかったわけだw

昨日も書きましたがマジでオススメですよん^^

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2014/09/19 10:58] | 1/144 HG G-セルフ(大気圏用パック装備型) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<新たなる輝き! PG ゴッドガンダム(その2) | ホーム | G-セルフレビューとガンプラなどの新発売等。2014/9/18版>>
コメント
どーもー、Finoです(*^^*)

はやっ‼︎
簡単フィニッシュにしても超速すぎるっ!(;^_^A

つか…こういうプラモもいいですよね(*^_^*)

FinoもガッツリしたMG改修の合間によく簡単フィニッシュで1/144やりますよ(*^^*)

簡単フィニッシュつってもちょこちょこと気になるトコ弄ったりして…楽しいですよね(*^_^*)

なんかFinoも簡単フィニッシュやりたくなっちゃいました(o^^o)

では、また遊びにきま〜す(*^^*)/
[2014/09/19 21:07] URL | Fino(フィノ) #OsUMKdiU [ 編集 ] | page top
Finoさん、こんばんはっ
今回超速に重きを置いて、集中力切れずになんとか走り切った感じw
キットの出来にも助けられました。

息抜きに1/144は気軽で楽しいわw

そういやシュペルター、週間4位に位置づけていますね。おめでとうございます!
まだまだ伸びてほしいですね。
このコメント見た人、MGでかっこいいと思えたなら、ぜひポチッてみないか?w

Finoさんの超絶MHはコチラ
http://www.modelers-g.jp/modules/myalbum/photo.php?lid=22036&cid=0
美しさにため息っw(作ってる時のドタバタしたギャップがスゴイw)
[2014/09/19 21:15] URL | かさばる兄さん #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/161-f3c61d4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |