しまなみ縦走(しまなみ海道を自転車で走ろう!)その2
さていよいよ金曜日。
仕事が終わり、一度家に帰って着替えて荷物持って
南海電鉄住之江駅まで自転車を折り畳んで輪行袋にいれて運ぶ。
けっこうタイトなスケジュールなので必ず荷物は前日に準備完了しておいたほうがいい。
忘れ物のもとだ。
輪行は絶対輪行袋を使うように。
変形してちっさくなろうが専用の袋にいれていないと乗車拒否されます。

ちなみの話、ロードとかでツーリング先でなんらかの事情で、
ゴミ袋を覆いかぶせて簡素な輪行袋の体裁でやむなく電車を使うケースをたまに見かけるが
2013の春だったかな、そのあたりからJRではそれだと認められないと厳格化され、
サドルが突き出ていてもダメという話だ。
あとタテ・ヨコ・高さの合計が250cm以内という規定(長辺2mまで)も追加されてるので
TAIOGAのコクーンみたいな前輪だけ外すタイプの輪行袋も車内への持込みは認められない。
JRcoution.jpg
こんな感じ。


実際、厚手の袋なしだと、油まみれのチェーンが露出した自転車がお高い服に当たって油汚れをさせてしまったり、
なにかの衝撃で人の方に倒れた時に切り傷を与えたりとか、トラブルが容易に想像できる。
基本、輪行意図的ではないので認可されている、迷惑行為くらいの認識でいるのがいいと思う。
郷に入れば郷に従うの精神でルールを守りましょう^^

ぼくは電車でいけるほど時間がありましたが、
家にもどることのできない場合は、
車に荷物と着替えを持っていき、会社から直接南港に留め置きして乗るはめになるかもしれません。
東予の港は土地が余っていて無料で留め置きでいる模様ですが、
こちらはさすがにそういうわけにもいかない様子。
あらかじめ港に連絡して確認しておくのがいいと存じます。

あ、存じますってさ

ゾンジ=マス

と表記すると、ニュータイプっぽくない?(大発見)


話が盛大に逸れたが、続きw

電車で輪行袋を使ってBD-1(FrettaだがあえてBD-1としておく)を運ぶ。
南海電鉄住之江駅にて下車、
ふたたび自転車を組み上げて南港へ。
おそらく距離にして2kmほど。
モノレールの下を走っているうちに
直線の最後あたりで左側にかまどやだったかな? なんせお弁当屋がある。
船の中には当然食堂があるのだが 、
弁当でいいやという人はここで買っておくのを強くおすすめする。
乗り場の寸前を左折するとしばらくしてセブンイレブンがあるが、
めぼしい弁当は売り切れてしまっている可能性が高いからだ。
P3220684.jpg

なお、乗船は急いだほうがいいね。
多分1時間半前くらいには乗れるんじゃないかな。
イベントのないときならともかく、
しまなみ縦走などというイベントの時は 皆、同じ目的で乗船するので
最終的に船内ロビー横の自転車を預かってくれるスペースが飽和して、
廊下に置くハメになってしまうのである。

今、書いたが手荷物としての無料扱いの自転車は船に乗ってすぐのロビーで船員さんに言えば、
ちゃんと預かり札作って預かってもらえる。荷物気にせず船旅が満喫できる。
ありがたいね。

さて。いよいよ出航!
船の中、二等と一等のヒエラルキーの差は一度味わったら
「次は一等にしよう」と思わせるために差を付けているとしか思えないほど違う。
まぁ廊下の質感とか部屋の善し悪しは別に気にしないんだが。
IMG_2772.jpg
ジョースター家(1等)

IMG_2771.jpg
オウガーストリート(2等)

一番安い2等指定の部屋がぼくの今回の寝床だ。
昔、阪九フェリーに乗ったときは好きなように雑魚寝だったのだが、指定ってどういうとだろう?
と思っていたら、部屋が置いてある毛布と番号によって仕分けされており、
自分の場所がはじめから指定されていた。
IMG_2770.jpg
こんな風に隣があいている。

さらに番号は一つ飛ばしで割り当てられており、一つ飛ばしで足りなくなったら間をうめているらしく、
よほどの混雑でないかぎり、両隣はそれぞれ一人分スペースをあけてくれているのである。
これはすごくいいぞ!最高!



・・・と思っていた時期がぼくにもありました・・・orz

相部屋なのにおそくまでベラベラしゃべるやつらや、
異様に早く起きてバリバリと音のなるせんべいをむさぼりながらしゃべるおじいちゃんやらと
同じ部屋になってしまい、気になって全然眠れない。
結局一睡もできず、朦朧としたまましまなみ縦走にチャレンジするハメになってしまった。
べ、別にオレンジフェリーさんには落ち度ないんだからね!(ツンデレ)

そして船は6:00に愛媛県東予港に接岸したのであった。
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

[2014/04/30 14:58] | しまなみ縦走 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<しまなみ縦走(しまなみ海道を自転車で走ろう!)その3 | ホーム | しまなみ縦走(しまなみ海道を自転車で走ろう!)その1>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/16-acda9f67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |