しまなみ縦走(しまなみ海道を自転車で走ろう!)その1
しまなみ1
この日はちょっと曇ってました。残念。

さてみなさんこのGWはどうお過ごしする予定でしょうか?
ぼくのおすすめは自転車を袋に詰めて電車などで旅行する輪行旅行です。

今回はサイクリングロードのメッカ、
しまなみ海道を自転車で渡ったときの話を書いてみるので
ぜひGWの計画にいれてみては?

・・・なんて書いてみたが、それならもっと早めに紹介しろって話だよね。すんません、ホンマすんませんw


では気をとりなおして。
このブログのテーマに自転車も入ってるのをふと思い出し、
今回は自転車関連で。
今までプラモで見にきてくれてた方もよければ見てやってください。
自転車も楽しいよ!
2013 3/23,24に行なわれた、しまなみ縦断2013に参加したときの事を忘備録もかねてレポートします。
イベントやってないときとの差は、スタンプラリーをやってるかと、補給食や記念品がもらえるか?だけなので
ぜひとも参考にして2015にイベント参加するなり、GWに走るなり、好きな時に行ってみるといいと思います。


まずスタート前に自身の状況。

かさばる兄さん
身長168前後
体重(ピー)
ちょっと自転車さぼったんで太ってきた。
しんどいんでしまなみ海道を往復とかムリ。

自転車
ロードバイクもあるけれど、輪行に特化した
折り畳み自転車を。というわけで今回はFretta(2011)(BD-1)で出陣。

FrettaはBianchiがOEM販売してるBD-1であり、
何故か1万円ほどオリジナルのBD-1より安い価格設定になっている。
値段に釣られた訳じゃなくちゃんと理由あってこれを選んでるわけだが
いつかゆっくり書きたいと思う。
タイヤは18inchでトップチューブを折らない構造なのに非常にコンパクトに変形します。
旅行にピッタリ!

在住:大阪府(スタート地点ですな)


だいたいこんな状況。

そんでしまなみ縦走スタンプラリーは以前にも参加してるので
今回はひとりでサクっと行く事に。イベントは23,24の土日なので
旅程はひとりならではの、(文句いわれずに済む)*弾丸ツアーに決定!w
これなら休みを取らずに参加できて、かつゆっくり休んで月曜出社可能という。

弾丸ツアーとはある一つの目的の為に現地へおもむき、
目的を果たしたら観光も現地での宿泊もせず、機中泊や船中泊などでとんぼ返りする短期集中旅行。

具体的に予定を書いてみよう。


22日金曜日 仕事終わってから大阪南港で22:00の船に乗って船の中で一泊

23日土曜日朝東予港着。今治まで移動してしまなみ海道を自転車でひーこら漕いで渡り、
交通機関で再び尾道>今治>東予に戻って22:30に再び船に乗って一泊

24日6:10に大阪南港着。>お家に帰る


ざっとこんな感じ。
(旅館に泊まらないという意味では)0泊3日という強行軍である。

メリット
土日が休みでありさえすれば有給休暇を取る必要がない。
疲れるイベントであっても、日曜日の残り半分は休める。
おおまかな移動が船まかせなので、移動に体力を使わない。
宿泊費が大幅に浮く。
なんか達成感がすごいw

デメリット
スケジュールがタイトという意味で疲れる。
多くの目的を詰め込めない。
朝に着いて夜に帰るので、夜のイベントを入れる事ができない。
癒しをテーマにした旅行には絶望的に向かないw


旅行前

1.船の予約を取る。
大阪(南港)>愛媛(東予)のフェリーはコチラ

イベントや大型連休の時は混雑するかもしれないので少なくとも1週間前には予約いれておきましょう。
(注意)乗船日より3日以内(乗船当日および前日、前前日)のご予約はインターネット予約では不可。
電話にて予約センターに。
金額は増税や燃料代高騰で2014/4月から価格改定がおこなわれた模様。
大人1人2等指定で6,260 円が往復で12520円。
だが、往復を同じ等級で揃えた上で、往復込みで予約すると3割引になるので
12520円>8764円に。
税別の表記だったかとか忘れてるので、これより高くなったり、計算ちがってたりしたらすんません。
一応自分でサイトなどで確認してね。
ちなみにみんながこの段階で???ってなるのは自転車の料金だと思います。
自転車は輪行袋に入れた上で片道1650円。
ですが折りたたみ自転車は無料です。(輪行袋は必須)
ロードバイクは有料なのでやはり折りたたみがお得ってことね。
予約番号とかオレンジフェリーの電話番号とか携帯にでも控えておくのを忘れずに。

2,尾道>今治まで帰る手段がバスのみだと思われるので、バス会社に事前に自転車積めるか?聴いておく。
どの会社だったかわすれたけどお断りの会社もあったよ。
尾道から途中(今度調べとく)までと途中から今治までと、バスは県をまたぐせいか乗り継ぎなので、
バス会社も変わります。それぞれ2社大丈夫な路線を確保しておく事。
折りたたみサイズも憶えておくと話しやすいですよ。

ロードバイクは車内に積ませてもらえるか?がカギでしょうね。
多分無理だと思います。

*船は乗り継いだらあるのかもしれないが、尾道>今治の航路がわからなかった。
乗り継ぎであったとしても高速フェリーじゃないと間に合わない可能性高いので今回は除外。
船に詳しい方いたら、尾道>今治の船での行き方教えてください。
2010の時に今治〜尾道は船で渡ったんですが。(乗り継ぎで1時間つぶしたっけ)


2.持っていくもの。
今回はフロントバッグ付けていったのでバックパックはなし。
お金
iPhone(携帯電話)
(必要なら予備バッテリー)
ボトル(ペットボトルだと蓋の開け閉めがあるから片手で飲みにくい)
輪行
パンク修理機材(インシュレーターやCO2ボンベとか好きなのどうぞ。ぼくはクィックショット)
携帯工具
サドルカバー(革サドルなので雨が降った時用。普通の人は要らない)
ミッシングリンクの予備(ミッシングリンク使ってる人のみの話)
チェーンロック
カメラ
歯磨きセット
日焼け止め
絆創膏
ティッシュ(きゃ///)
タオル(今治タオルは有名なので向こうで買うのもいいかもしれません)
血液型と連絡先と加入している自転車保険の代理店の電話番号書いたメモ
(事故った時に連絡してもらえるかも)

3.服装
三月末だが朝は特に寒く、天気も安定してない時期です。
ロードほど、がっつりジャージを着ず、
吸水性の高いアンダーウェアにパールイズミのウインドブレイクジャージ
下は普通のパンツにGパン。まだお尻の痛くなりやすい人はパッド入りのアンダーパンツをはくか
サドルにかぶせるタイプのジェル入りのカバーはめていくといいかもです。
バッシュガードが付いてない自転車の場合、
ベルクロ(裾がギアに巻き込まれないようにするための右足専用のベルト)も忘れずに。
ヘルメット
グローブ
アイウェア
漕ぎ出す直前に日焼け止めも忘れずに塗っておく。
靴もビンディングの有無に合わせて。
補給食はスタンプラリーのポイント(多くは道の駅)で食うから無くてもいい。

次回はいよいよスタートです!
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

[2014/04/29 00:05] | しまなみ縦走 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<しまなみ縦走(しまなみ海道を自転車で走ろう!)その2 | ホーム | 1/144 HM バッシュ 製作日記 完成>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/15-76ef3cf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |