1/144 HM バッシュ 製作日記その6
そういや今月の模型雑誌3誌の中で、モデルグラフィックスに掲載されていたターンAガンダムが
良かったですね。
以前の記事で頭を下で絞らない方がいいと書きましたが
まさにそれを作例で魅せてくれていました。
ぼくの理想のターンA顔だと思います。
ぜひ見てみてくださいね。

さて。バッシュの続きをば。

バッシュ4

ようこそおこしやすぅw
リア・アーマー外せば実は正座可能。だからどうだと言われても困るがw


そしていよいよ本体は腰と腹のみとなります。
ちなみに記事的に武器を後回しにしておりますが、
やはり以前書いたように武器は始めの方に作ってあります。

まず腹。
どうしても腰の入ったポーズを取りたいのでフレームアームズの関節を生かしたい。
結局、胸を作る時に腹の前面装甲はむこうにつながったまま、
腹の部分を必殺のエナメル割りでエイヤと切り離し、
アルファベットのCを分厚くしたような腹部をさらにフレームアームズの腰関節にあてがって、
許される限りのギリギリの大きさに幅詰め。かなりムリヤリにくっつける。

ここで解説せねばなるまい。
必殺のエナメル割りとは。(笑)
まぁやってる人もいそうなのでぼくの開発したオリジナルだ!と喧伝する気にはなりませんが
一応勝手に思いついた技です。

旧キットを複雑なラインで分割する時などにたまに使ってるんですが
まず、切りたいラインをタガネやカッターで力を入れずになぞる。
それを数回繰り返し、ある程度溝が掘れてきたらエナメルシンナーを筆で流し入れる。
別の作業に移行して翌日にこれを繰り返す。
エナメルの力でプラが割れる方向を導いて、余計な所を割らずにプラを切り抜くという。
力の掛けにくい形状の切り取りに使ってます。
時間の短縮になる方法ではないので、普通に美しく切り取れる人には全く用の無い技ですね。

次にふんどし。
やはり前後に幅増し。腰の角度に合わせての位置決めが悩ましい。
塗装後にエネルギーコンセントの3つ穴に先ほどのビーズを差し込んで完成。

とりあえず激しく動きまくる本体が出来上がる。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2014/04/26 00:15] | 1/144 HMバッシュ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<1/144 HM バッシュ 製作日記その7 | ホーム | 1/144 HM バッシュ 製作日記その5>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/12-ca251854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |