1/144 HGUC ザクII改 06R(その1)
まぁ前日書いたように、発売日に抜かれるとモチベが下がる現象(略してHMS)によって
放置されているんですが、プラモ語りのサイトとしては、組み立て途中ではあっても、そういう記事があった方がいいかなという気もしてきたので、盛大に恥をさらす事にしようw
わざわざニコイチで作る人がいるとしたら参考になるかもしれないしね。


さて、ことの発端はHGUCがMSVに着手しないなぁと確信したので、こうなったら自分で06R作るしかねぇ!と思い立ち、そんな折りにうまい具合に旧MSVが再販かかっていたのでさっそく06Rゲット。
これでなんとかなるはずだ。(結果的にはこのあとBANDAIさんがMSVに着手するわけだが)

・・・しかし懐かしいなぁ。これでこのキット3回目だわ。

当初は全身を、黒鉄色で塗って銀のドライブラシで仕上げたっけ。
二回目は06R-2をむりやりプラ板で脚部のスカート作って(肘やランドセルはそのまま)あえて青色に塗ったっけな。

足首に棒を通して可動というよくわからない構造してるのが特徴。ポーズが決まらないのはあの当時のお約束。確か1/100の06Rシン=マツナガ機はザクマシンガンのスコープとモノアイが直線上に持っていけて、構えてるような体裁になる!と当時に話題になったくらい動かない。w

そういうわけで3体目はHGUCのザクIIS型を生け贄に、手札から06Rを召還!という形態なのであった(何言ってるんだw)


さて、やはり肝は脚部なわけだが足首がどうにもプアなので、太ももと足首は06Sで膝下が06Rという方向でまとめたい。
余談ではあるが、300円ザク(焼き直したPG準拠のプロポーションのやつ)が簡単にはめれると昔ケロロ軍曹を使ったガンプラ販促マンガに載ってた記憶。
とりあえず仮に組んで、足首の上にマスキングテープ丸めたの突っ込んでむりやりくっつけてバランスを見てみる。

06R2.jpg

おお、全然大丈夫!

とりあえず後でやる気がなくなる武器の肉抜き埋めちゃおう。

06R8.jpg

とりあえずザクマシンガンのドラムマガジンの裏。
ヒケ防止とパテの節約に、ランナーの切りくずをこれでもかと詰め込む。
「貧乏症」いや、それをひけらかしてるからむしろ「貧乏SHOW」か!(ドヤアアァァァァァア)

06R9.jpg

そしてむにっとパテを詰め込む。乾燥したら削って完了。

この06Rの回はピンボケ写真多いですが、まだマクロの撮れるデジカメ持ってなかったころなので勘弁。
これを機にRICHOのCX3というコンデジを買うわけだが、それはまた別の話。




スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

[2014/08/11 17:07] | 1/144 HGUC ザクII改 06R | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<1/144 HGUC ザクII改 06R(その2) | ホーム | 愛猫と06R>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/119-b62859b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |