フォーザバレル!
やはり前日のウィルバーには反応なかったなぁ。残念っ
ガンダム世界の黒歴史四天王の一角だから仕方が無いのだがw


まぁぼくが勝手に黒歴史四天王と言ってるだけの話なので、皆にも一応紹介しておこう。

その1
ついこの間やってたガンダムAGE。
あの当時もあれこれみんな書いてたので今更感が漂うが、あえて言う。
(我慢して)全話見た上で本当に最悪だった。
日野さんは子供向けコンテンツは抜群に巧いが、ガンダムはむしろおっさんたちが楽しみつづけているアニメだということをわからずにうかつに手を出してしまったのが根本的な敗因だと思う。
言いたい事はたくさんあるが、いずれ。


その2
ガイア=ギア
富野御大によってニュータイプ誌上で連載された60話にも及ぶ小説。
シャア・アズナブルのメモリー・クローンであるアフランシ・シャアが主人公に据えられたが、権利の関係で、正史には組み込んでもらえなかったようだ。
やはりあれか、御大の言うジンクスで言うと「ン」がタイトルに付いていないのが祟ったのだろうか。
MSはマン・マシーンと呼称され、挿絵で見る限り(個人的には)軒並みカッコ悪かった記憶。


その3
Gセイバー
ガンダムというコンテンツを日米合同でやらかした怪作。
CGと実写の融合がなされてるのが特徴。
好きなガンダムの話題にほぼのぼる事が無く、そもそもぼく自身見ていないw
個人的にはニュータイプに覚醒するヤツは、ツメを噛みながら内向的に悩み、たまに爆発的に発散するようなやつがふさわしいと思う。(ド偏見w)
なので、アメリカンのトリガーハッピーなやつらが覚醒できるとは到底思えない。
シュワルツェネッガーみたいな筋骨隆々の主人公が「女神とのデートが台無しだぜ!」とかいいながら、ヒャッハー!と弾をまき散らすのはフォゴットンワールド(知ってる?)だけで充分である。w
見た事ないから偏見で語ってるがw
ちなみにプラモ出てたはず。


そして殿。(その4)
フォー・ザ・バレル
これもニュータイプ誌上での小説作品。
前日の記事のウィルバーというのは、この作品においてのMSガンダムに位置する機体のMS(マシニング・スキン)ガンボーイ ウィルバーから。

1stガンダムを再構築しようという野心作で、相当クール。
ヒロイックさを厳格なまでに排したMSデザインや、かなり個性的なキャラクターデザインがあまりにも「早すぎた」ためか小説は文庫化しなかった(欲しいんだよね。出してくれえええ)

ぼくは、実はこれ大好きで、ガンダム世界全体の中でも相当上位につけてる。
今なら、けっこういけると思うんだけどなー
アニメ化しないかなー
無理だろーなー

ビジュアルはこのページがけっこう載ってるかな。
興味あれば見てみて。


スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2014/08/04 22:39] | アニメの話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ジブリ解散?! | ホーム | HGUC V2ガンダム>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/112-96594ed5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |