1/144 HM バッシュ 製作日記その5
バッシュ3

インストカードにもついてくる有名なバッシュさんのバスターランチャーポーズ。
でかい武器だけどちゃんとバランスとれば自立します。


さて、気を取り直してバッシュさんの続き。

膝から下です。

前後、厚みが干渉するので、ひたすらフレームアームズを削りまくる。
現物合わせでなんとか中に押し込む事に成功。
IMG_2741.jpg

だが、キットのニーアーマーはかなり小さく、
関節部によって長くなった足(実は長さは一切いじってない)には不釣り合い。
フレームアームズのニーアーマーをそのまま使う事に。
やはり本体装甲に干渉するので、本体装甲側、及びニーアーマーを削りまくる。
一番薄い所は多分0.5mmないというギリギリさ。
これで駄目ならパテでの裏打ちを考えたがなんとかなったようだ。(普通ここまで削るなら先にやるべきw)

膝裏のフレームアームズが露出してる部分に、
肩の時に半分切り飛ばした残りの膝関節シリンダーを思わせるパーツを接着。
ピタリとハマる。素晴らしい。
塗装を終えたら、太ももにカバーの様に装甲をはめる時に、
付属の赤いチューブを挟んで膝下の関節周りから膝下内部へと差し込む。
肩はムリだったがこちらは可動を阻害しないようだ。

さらにふくらはぎ外側にはランサー(ビームサーベルのでっかいのと思って)の柄がはまる溝があるのだが
クリアランスもぶかぶかで、なにも取り付けるギミックがなくただ、接着となっている。
なのでネオジム磁石をランサー本体とうまく位置を合わせながら両方に仕込む。
大きさも丸形 直径1mmx高さ1.5mmという極小サイズのがHIQパーツから300円以下で10個入りのやつで大丈夫。
http://www.hiqparts.com/product/205
小さすぎて磁力に難ありだが、柄だけしか固定しないので軽いから大丈夫でした。
これで着脱可能に。

足首は設定上、前一本後ろ2本の逆ダンバインなのですが、
神のご加護なのか、はじめからフレームアームズの素体は同じ形状。
接地性が高く、いじりやすいように板状の足首がついております。

なので、キットの足首の先端の三角をすべて切り飛ばし、現物合わせで甲のフレームに干渉しないように
三角を削ってパテを盛って、ムニュっと押し付けて固定して完成。楽ちんw
甲の部分はあちこちの関節がフレームアームズを露出させてるバランスとしては、
足首も出しておいた方がかえってしっくり来ると判断。そのまま使う事に。
デザインの恩恵も受けて、足首の可動を阻害する装甲がなくおそろしく接地性が保たれております。
こりゃいいわ。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2014/04/25 00:11] | 1/144 HMバッシュ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<1/144 HM バッシュ 製作日記その6 | ホーム | ガンプラなどの新発売等。2014/4/24版>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1wd.blog110.fc2.com/tb.php/11-32975364
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |