SD マスターガンダム(その2)腕編。ついでに現物合わせ的ロール関節埋め込み法
そういや前々回の記事。
マスターガンダムHGUCが勿体無くて使わなかったという話、
イヴュマーくんから教えてもらってHGUC>HGFCに修正。(うかつw)

UC世紀じゃないMSなので「FUTURE CENTURY」の略だったみたい。
ついでに1/100HGも合ってるか聴かれて調べて初めてわかったけど、
「HG」というブランド名は1/144がほとんどで、1/100では珍しいみたい。

結果的に旧キットマスターガンダム1/100はHGで合ってたけど、
1/100でのHG展開は、Gガンダム系統の他は、Wガンダム系、Vガンダム系、ガンダムX系統とかくらいかなぁ?

しかもこれらはノーマル1/100が存在するわけでもないので、
もはや何をもって、あるいは何に対してのHG(ハイグレード)なんだろう?と、
なんだかブランドが曖昧になってるなぁと気づかせてもらいました^^
BANDAIもHGって言いたいだけ?w

さて、話が大幅にあさっての方向に行きましたが、
今回は腕。
これ凄い迷ったんだよね。
SDは肩が二重構造になってるけど1/144に較べ、一回り肩が小さいんだよね。

結局、悩み悩んで1/144を採用することに。
肩口の関節は上下に動くための、開口があって、
胴内部のボールジョイントの可動は横スイングなんで、
相性がいいと。

ただ大問題なのが、上腕が肩アーマーと一体化してるという部分。
これもHGFCを使うなら直面しない問題なんですが。

結局、色々動かしてみると何も問題がなかったので、なんとそのままにw
なんかほぼ円柱形で、回転させても前からの見え方にそんなに差がなかった^^;

ただし肘との接触面は削りこんで関節の追加はしました^^

上腕を削りこんで、前後に可動とロールする機能を持った関節を仕込みました。

SD マスターガンダム14

これにより、外肘のままに前方方向への肘関節の可動、という理不尽、「ガワラ曲げ」が可能に。
下腕で横軸を一つ入れてあるので、ヘイズルの時と違って、
完全なガワラ曲げです。ただし上腕に切り欠き少々とポリキャップの一部が見えますので、
長さ自体が短いおかげであまり気にならないSDならでは、とは認識してます。

尚、肘関節自体はポリキャップの固まりで、
そのままだと、上腕と下腕とをポリキャップtoポリキャップで繋ぐことになってしまうので、
プラ板の積層から肘関節を新造。
横軸は穴を開けてポリランナーを突っ込んでおります^^
ちなみにMGガンダム4号機と5号機がポリtoポリ構造で、
武器の重さもありヘタれて抜けやすくなるのが早かったように感じました。
異マテリアルの組み合わせで真価を発揮するのでしょうね^^;

前腕は、ニアクラッシャーという、少しだけ腕が伸びて、
相手を貫手攻撃の餌食にする機構が搭載されているんですが、
アニメだと、ある意味、機構的に伸びるとかそんな部分は超越されてるんで、いさぎよくオミット。
盛大に詰めちゃいますw

マスターガンダムの手首は少しだけ変わってて、
最近ではGアルケインの設定がそうだったかもしれませんが、
手首の甲アーマーが、手の平にくっついてるのではなく、
手首のリングにくっついてて、手首の方向に合わせて常に甲側に追従してくる方式になっております。
BANDAI1/20 スコープドッグ、ペールゼンファイル版の手首アーマー形式とも言えます。

なので、手首リングに相当するところで切り離し、
回転軸を入れます。

SD マスターガンダム6

一体、腕だけで何個関節が入っているのやらw
(前腕の赤と黒は塗装のためのただの後ハメ分割です)


手首は極め手にしたいのですが、1/144の極め手を切らしててまだ試してません。
次元ビルドナックルズ(丸)を試すかも?
拳法家っぽい手首の表情には、手首基部が90度にお辞儀することが不可欠だと思うのです^^

ちなみに極め手に付属の握り手首を、キットの穴に突っ込んだら、穴が合いませんでした;;
うーん、ボールジョイントの受けを入れるスペースあるのかなぁ?^^;


さて!ここで。
今回かさばる兄さんがああだこうだしながら作った、
簡単な横ロール関節の作り方を紹介してみたいと思います。
簡単なので太ももとかいろんなところにぶっこんでみてくださいw

SD マスターガンダム15

まず、回転ロールさせたい部分をノコなどで分割し、(図左側)
下腕側(図では上側)の中に、なるべく軸回転させたい中心にポリキャップを仕込みます。(図右側)
周りにパテを打ち込んだり、プラ板差し込んだりして固定しちゃってください。

SD マスターガンダム16

次に、手首と下腕のデザイン的に大きい断面以上の大きさに適当に切ったプラ板を二枚合わせて、
ポリキャップの経と同じ大きさのドリルで穴を開けます。(図左側)
(瞬間接着剤で貼り合わせとかまではしなくていいです)

出来上がった一枚だけ同じ経のプラ棒を挿しこんで固定します。(図右側)
シアノンなどで、手っ取り早く固定するのがオススメ。
ただし垂直にね!
二つ合わせたままだと、接着剤が流れ込んで二枚とも固定するかもしれんので注意w

で。

SD マスターガンダム17

再びもう一枚をプラ棒に挿しこんで、固定した一枚目とぴったり合わせます。
先ほど仕込んだポリキャップにちょうどの長さにカットして、(図左側)
ポリキャップに差し込み、板をぴったり合わせて、接着剤で固定します。

次に、反対側のプラ棒を固定した側の板に、手首側をピタリとくっつけ、
くるくる回しながら、すべての面からセンターになるように接着固定します。(図右側)

乾燥後、ニッパーでジョキジョキはみ出た部分を削りとって、
あとは瞬間接着剤なりパテなりで段差を処理して完成です。

先にセンターを決めてしまうので、後から割り出すより相当楽な、
現物合わせ的なやり方を紹介してみましたw
どう?やれそうな感じでしょ?^^
太もも横ロールとか、お好きなところで試してみてください。

尚、プラ板の厚さが厚いほど堅牢になりますが、
その分、延長工作になってしまう側面もありますので、
あらかじめ、その分短くしておくか、
ちょっと弱くなるけど薄いプラ板でやっちゃうか?のどっちかになると思います〜
(今回スペースが無くて0.3mmでやっちゃってます^^;)



スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2017/06/22 18:00] | SDマスターガンダム | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
| ホーム | 次のページ>>