百均ヤスリグッズのレビューと改良。
まじめにヤスリ当ててると、

プラスティックと一緒に時間も削れていくもんだなぁと知る(座布団)

そんなわけで、コメントや足あと履歴が減ってるとは思いますが、
スマホで、観る方だけは案外休憩時間とかに見せてもらってます^^
みんな(特にプカップ関連の方々)ガンガン進んでて素晴らしいw

体重の方はGWの外食の嵐から、1.5jgくらいのプラスで止まってます。
なんだか食欲が出てきてヤバイw


個人的な前置きはさておき。

Twitterで、これ使えるんじゃね?という記事が回ってきたので、
Seriaで早速買ってきました!

まずはこれ。

スティッククッションヤスリ

スティッククッションヤスリ。
10mmX90mmのスティックが10本入ってます。
番手は#600のみです。
外見がwaveのスティックヤスリに酷似してますが、
真ん中の芯材が、パッケージにも書かれているように「軟質板」なので、

スティッククッションヤスリ1


waveのと違い、かなり柔らかいです。
「硬質板」で作って欲しかったw

スティッククッションヤスリ3

正直、好みの硬さでは無かったけど、

スティッククッションヤスリ4

こんな風に切って、ヤスリのはいらない細いところに
「ペーパーよりはマシ」として使う事にしましたw
普段なら調色スティックに耐水ペーパー貼り付けて使う場所に使う感じ。

また、片面使ったらプラ板でも貼っつけてあてがおうかとも思ったけど、
それならそもそもプラ板にペーパー貼ればいいだけなんで、
虚しくて却下w


次は、キューブ型ヤスリ。

キューブ型やすり

これもクッション性のあるブロックに耐水ペーパーを貼ってあるんですが、

キューブ型やすり1

4面に#240、#400、#600、#800と貼ってあって、
荒い順からくるくると回すだけで番手の違うペーパーを持ち替えれると思うと便利ですね^^

ただ、張り合わせの精度は低く、けっこうズレてたりするので、
なるべくぴったり貼られた個体を探しましょうw
でもどうしても手に入らない時はあきらめるしかないわけですがw

見よ!このズレwww

キューブ型やすり2

立ち上がりの寸前とか攻めれないw
どうしてもこれでやりたいなら、ペーパーを貼っていない面を
立ち上がり面に向けてヤスるのがオススメ。
立ち上がり面にペーパーが当たらずに意図しない傷がつかないしね。

ところが。
その貼られていない2面も、やはり貼り付けが正確でないために、
少し出っ張ったりして、際を攻めれないので
キューブ型やすり3

出っ張り分をカッターとはさみで無理やりカット。

キューブ型やすり4

これでこんな風に、立ち上がりの際まで攻めれるようにはなります。


尚、この商品もスティックよりは硬いものの、
やはりソフトなんで、使う場所選ぶかも。
車の屋根のようにはじめからラウンドしてる所とかにはいいけど、
普通の平面90度の取り合いとかだと少し角を舐めちゃうかも?です。

基本的には、今回も

「まぁ、100円だから文句言えんよなぁ」というくらいの商品だと感じましたw
工具は人によって、使い方や好みが様々なので、
ぼくは柔らかすぎと感じましたが、人によっては使える!グッズかもしれませんね。

ぼくは場面を選んで、まず買った分(スティック20本、キューブ2つ)を使いきってみたいと思います。
使いきった後で、「使える場面が案外多い」と判断したら続投するかも?
といった感じでしょうか。


あと、2液性のシリコンも売ってたので買ってみました^^
正直、片面取りとしては「おゆまる」との「使い分け」がよくわからないんですが、
触ってみたら理解できるかもしれません。
そのうち試してこれもレポートしてみるかもしれませんw



スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2017/05/30 18:30] | おすすめツール | トラックバック(0) | コメント(16) | page top
| ホーム | 次のページ>>