「スケールやプラモとしての見映えの優先」と、「二つの道」
むぅ、一週間が早いw

今週はあいかわらずMHXXしつつ、やっとこ昨夜に整面を始めたとこ^^;
自分なりに今年の模型的活動を決めてるんですが、
このままでは間に合わなくなってしまうw
ちょっと火をつけないとね。

今回は具体的にお見せできるものがないので、
ちょっと思ってる事をつらつらと。
今頃気づいたの?みたいな事もあると思いますが、
かさばる兄さんは初心者なんでそんなもんですw
笑ってゆるしてw


昨夜は、以前後ハメ加工した足首(甲)の整面をしてたんですが、
実はヴィダールって、甲の中心から外側に向かって、
ラウンドした柔らかい面が端に向かって堕ちてゆくデザインになっているのですよね。
言うなれば肩もラウンドしてるので、デザインとしては良いし、
BANDAIさんも一生懸命、そのラインを追ってくれてるのですが。

みなさんも感じた事のあるケースと思いますが、
1/100や1/144には、その大きさに見合ったディテールやラインというのもあって、
ただ縮小すればいいというものではないと思うんですよね。

この場合で言うと、甲の上に載せる潜水艦の艦橋のようなパーツの天面は完全な水平なのに、
その並行した下底にあたる甲の面がラウンドしてることが、
意図したデザインの効果より、「角を舐めてしまった」とか「だるい」としか映らない。

悩んだ末、マットに320番のペーパー敷いて、
ゴーリゴーリと面を削って、スッキリ並行の天面に削り変えてしまいました^^
写真撮ってなくて、文字だけの説明でごめんね。

「1/100のプラモデル」としての見映えと「デザイン」との兼ね合いや、取捨選択の難しさとかを
たまぁに感じるなぁって話。
C面ひとつとっても、ここは無くしてしまおうか?
逆に作ってしまおうか?と本当に悩みます。
GNストライダー(アーチャー)の時は肩のC面残してみたけど、
あのスケールならC面埋めて、カリッとさせた方が良かったなと、後で気づいたよ。
いやぁ悩ましいw


あと、大概の工作には、最低2つのやり方がある。ということ。

動力パイプ7

例えば、この図はヴィダールの腕フレームに付けるスプリングパイプの図なのですが。

動力パイプ8

横から見ると、この図の左上の黒三角の示すように、
斜めのスペースが出来てしまうんですね。
(スプリングに置換した場合の話)

どうやって対処するか?
ざっくりぼくの考えたのはこの2つ。

一つ目は右上のように、受け側に穴を開けて、パイプの真鍮の受けを穴の中に沈めてしまうパターン。

二つ目は真鍮パイプ自体を斜めにカットするパターン。

簡単にいうと、この図例のように大概の工作には、「同じように見える完成形」に至る道に
「足し算の工作」と「引き算の工作」があるんじゃない?かと。

なので、最近はやりたい工作を思いついた時、
そのカウンターとなる工作法も考えてから、
その都度ベターな方を選ぶようにしてます^^

このクセつくと、失敗するかもしれない理由が先に「駄目出し」として、
シミュレートされるので、少し成功率があがるかもです^^

この場合で言うと、
A案
良い点:金属を切らなくて良い
   穴に金属が埋まるから強固である

悪い点:真鍮の枠まで埋まる大きさの穴をあけれるスペースがあるか?

B案
良い点:そのまま接着してやれば取り付けられる

悪い点:左右をシビアに揃えて斜めに金属をカットしなければならない。
    真鍮までは通さないけど、位置決めに中を通るハンダの大きさの穴はあけないといけない。

・・・なので、A案が理想で、スペースがなければやむなくBだな。とかそんな風になるわけです。

「この方法っきゃねぇ!」って思いついた時は、「俺天才!」って盛り上がるものですが、
そこで、一回落ち着いたら、もう一個やり方がみつかると思うよ?って話でしたwww



スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2017/04/14 20:30] | 工作技術 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
| ホーム |