動力パイプをスプリングパイプに。簡単に考えてたけど・・・?(ガンダムヴィダールその3.5)
あれだけ更新したから、しばらく大丈夫!
とか思ってたら、もう一週間が経とうとしてたw
はえーよw


さて今回はヴィダールを作るにあたって、実は初挑戦の、
「動力パイプをスプリングに置換」という作業になりますっ

これね、
他の人がやってるの見て、なんとなく
「よゆーよゆー」と自分でも出来る気分になってましたが、
やはり、人の作業を見て出来た気になっているという事と、
実際に手を動かして初めて判ることとは別物だと、新ためて気付かされた感じです。

かさばる兄さんのおばかさんな、
いきあたりばったりな置換術を見ながら、
良かったら今後の参考にしてくださいね^^


まず、どんなのを作りたいか。

*スプリングパイプに「うねり」(表情)をつけたい
単調な「弧」や「直線」ではちょっとかっこ悪いですよね。
すでに買い置きしている金属線でも通せば余裕余裕!

*パイプのかっこよさはパイプそのものより、
実はその接合部にかかっている(持論)と思ってるので、
やはり一段厚みのあるカバーをエンドにつけてやりたい。
真鍮パイプで余裕ですな!


・・・と、このくらいの感覚でスタートですw

まずは材料。
とにかく模型用というのは高いもので、
どうにか代用できないかとDIYの店に飛び込んでみました^^

ヴィダールの動力パイプサイズは1.9mmだったので、
内径1.9あたりのパイプを探します。
2mmですが1メートルもの長さで見っけました^^
いえーーーーーーぃ!

一生分あるわwww

ついでに外形1.9mm近くのピッチの詰まってるスプリングも探しましたが、
こちらは見つからなかったっす。
そして帰宅。


・・・・真鍮パイプが切れない・・・orz


肉厚がすげくて、どうにも切れない。
レディオペンチ(通称レディチ)の力で、全力で握ってなんとか。
そのかわり端は潰れに潰れ、もはやパイプとしての体を成さず。
諦めたw


翌日、模型店が定休日を終えて開いたので買いに走った。
お求めのスプリングは150円もしなくてお安い!
逆に真鍮パイプは500円弱とお高い!
だが代替品もないので買う!

不安になって、

かさばる兄さん「これってデザインナイフで転がして切れるんですよね?」
プラローグ店長「というかそれ以外の切断手段を知りませんw」

この会話を二回繰り返してから買ったったw


動力パイプ1

こんな感じ。

結局、中に入れる金属線は始め銅線を使ってみたのですが、
銅とはいえ、短くなると曲げにくい。
レディオ(以下略)でいちいち曲げないと無理。
あと、基部にくっつけた後に表情変えるのにも、
いちいちパイプを抜き取ってラジオペンチ。
しかも場所によって曲げにくいとあって、断念。
基部にかかる負担も凄いしね。

ふと思いついて、以前買ってあった糸ハンダで代用してみました。

これが実にいい!
指で好きな形にスプリングごと曲げれるので、
かなり自分の理想のカーブを描けるのではないでしょうか?^^

そして真鍮パイプ。
内径2mmを選択して、マットの上でデザインナイフを押し付け、
コロコロやってるとそのうち切れる。

動力パイプ2

ハメるとこんな感じ。
キットにぶっ刺すのに、糸ハンダは少し長めに残しておく(後で切ることもできますしね)

切った小口の成形は、はっきりいって指でバイスする力では、
金属ヤスリに耐えれない
ので、内径2mmのどうでもいい金属線を突っ込んで、
持ち手にしてヤスってみました(画像下の黄色い線ぶっこんだやつね)

結局、同じ大きさに切るのが難しいと感じたので、

動力パイプ5

動力パイプ6



簡単な治具を作っちゃいました^^
(手前が低く、奥が高いのは、
奥のガイドに刃を沿わせ、
手前にデザインナイフのホルダーの厚みが当たらないようになのです)

結果的にこの方が早いです。

いかがでしたでしょうか?w
簡単と思ってても、やってみると意外に・・・の典型でしたw
さぁ、この記事を読んで皆さんも

「レッツ置換!」

(エロいw)


スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2017/04/07 18:30] | 工作技術 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top
| ホーム |