前略〜iPhoneからカメラを考え始めた模型人のみなさんへ (その14)
ああ、公開できるほど進んでませんw
徒然を書きすぎるのもなぁ。
やはりモデラーさんに興味のある話したいしなぁと
思ってたら、よく考えれば締め切り近くなって書いてる場合じゃねぇ!って
いったん切ってた

前略〜iPhoneからカメラを考え始めた模型人のみなさんへ

のシリーズがあるじゃん?と、ちょっと続きを書いてみようかと。
でもよく見ると、このシリーズ去年の7/30がラストでやんのw
切ったのと同じ時期に書き出すあたり、かさばる兄さん本当に頭悪いwww

さて、みなさんには前回までをさらっと読んでもらってるものとして。


さて。
今までの記事で、

「撮影モードをRawにして撮影して、あとでパラメーターを調整するといい」

って話をしたと思うんですが。

カメラは個人的には
構図(アングル)
露出(明るさ)
ホワイトバランス(白色の定義)

と、考えてるんですが、
これらの3要素が、構図を除いて(トリミングはできるにしても)
後から自分で変えれるという事が、デジカメが普及した理由の一つだとも思ってます。

これまで、Rawをいじったことのある方はとっくに知ってるとは思いますが、

残念ながら変更には限度があります。

つまり、後から変更できるなら、撮影設定はどうでもいいや。ではなく、
なるべくニュートラルに、本来の色に近い色で撮影しておけば、
自分の出したい色が、「変更できる範囲で収まる可能性が高い」という事です。


赤って難しいよね

(あまり作例が多くないので同じ写真ばかりでごめんなさいねw
赤は特に思った色が出にくいですよね ><)

さっきの3要素について


まず構図ですが、これは自分でかっこいい見え方を実践で試したり、人のを真似したりして、
撮りまくるしかないですね。
幸い、フィルム代も現像代もかからずに、一体のプラモに百枚写したっていいんですから。

次に露出。
これも照明がうまくいかず、暗いかも?明るいかも?と感じたら、
それぞれ一段階明るいのと暗いのも撮影しておくといいです。

ちなみに最近のでは、コンデジにも搭載されている機能で(機種による)
EVオートブラケットというのがありまして、
設定されている露出を基準に [-0.5EV] 、[±0]、[+0.5EV] と 3段階の露出で、
自動的に 3枚連続して撮影する機能とかもありますのでそれを使うのもいいと思います。

そしてホワイトバランス。
基本的にはオートで撮影してると思うのですが、
シチュエーションに合わせて白熱灯とか曇天とか切り替えて使ってると思うのですが、
機種によって赤みがかってたり、青みがかってたりするので、
「なんか違う」という方は
さっきと同じくブラケット機能を使って、数枚撮影しておく手があります。
WBブラケットという機能で、
設定されているホワイトバランスの値よりも、
赤みがかった画像、青みがかった画像、現在の設定値の画像の 3枚が自動的に記録されます。
適切なホワイトバランスが判断できない場合に便利です。

これがお金もかからず数でこなすやり方。


さらにこだわるのであれば、グレーカードというものを使って、
どちらも最適に合わせる方法もあります。

まずグレーカードという物が必要になります。
これはなんじゃらほい?というと、
無彩色、反射率18%のグレーの厚紙二枚入りで、たかが紙に2000円もします。
なので、写真を嗜む友人などと協議して、半分こで一枚づつで1000円、
あるいは大きさ関係ないんで、半分にカットすれば4人で分けれて、一人500円にするという手もあります。

露出を最適に合わせるには、
測光モードをスポットにして、
グレーカードを撮影対象あたりに置いて、
中央にカードがくるように合わせます。
そこでAE-LOCK(AEロックボタン)を押して、露出を固定しちゃいます。
これで、照明などを動かさない同じ条件において正確な露出が常に保たれます。
(撮影終わったらロック外してね^^)

カスタムホワイトバランスは、
やはりカードをカメラの視界が埋まる大きさにおいて、
(機種によってはピントが合いませんが構いません)
カスタムホワイトバランスモードにしてシャッターを押せば、(機種によって違うので説明書読んでね)
ホワイトバランスを最適に取ってくれます。

今回はカメラを所有していて、撮影してるんだけど、
どうしても思った色にならない!という人向けに、
そもそも撮影の段階で、元データをニュートラルに撮影する方法を書いてみました。
参考になりましたでしょうか?^^

例によって、わからんとこあったり、
今回の記事と関係ないことでも質問があればコメントにどうぞ^^
ぼくのわかる範囲でお答えしたいと思います〜


*7/30追記
コメントで指摘いただいて、今回の記事が「模型撮影に特化した記事」から逸脱して、
普通のカメラ記事になってしまってた事をおわびしますっ^^;

実際、読み飛ばして、グレーカードでホワイトバランスを設定するという最後の話だけ読んでくれれば、
模型には十分という話ですw


ちなみに露出設定幅はiPhotoだと3.0までなので、

モザイク夜景1
(撮影した状態)

モザイク夜景2
(iPhoto上での露出MAX)

ぼくの狙いは一枚目で達成されてるのですが、
いじるなら、もうちょい範囲が欲しいという話。
ライトルームとかアプリ次第という部分もありますが、
まず撮影時に黒つぶれや白飛びして撮影してしまうと、
3あげようが5あげようが、黒は黒のまま、白は白のままなので
撮影段階で、「最終的に狙ってる露出に近い撮影」をしておくクセをつけておくのに、
越したことはないという話ですな^^







スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

[2016/07/29 20:00] | 前略〜iPhoneからカメラを考え始めた模型人たちへ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
| ホーム | 次のページ>>