たまにはカメラを外に連れ出そう!
そういや、写真やカメラに関する記事をあげつつも、
実は撮影環境が整わず、模型の写真は今イチなかさばる兄さんw

実際、風景撮影の方が好きなんですが、
ちょっとあの技術で解説とか説得力に欠けすぎな気がするので、
本来の領域、風景写真の方をざっくり載せておきます^^


flower2.jpg
花を横から。
多分付属のズームレンズ。ボケがやや硬いかな。
逆にゴッホのようなタッチが生まれて面白い。

flower1.jpg
前ボケと言われる、被写界深度の浅さを利用して手前に色を置いてみた例。
これもボケが硬い。後に登場する単焦点F2.0とかだと、ほわほわなんだけど^^

surippa
影に溶けてゆく露出で、物語性を演出^^

BEAT.jpg
前の愛車BEATを朝焼けの中でかっこよくw
このアングルならナンプレの番号消す手間が省けて良いw

夜景1
ライトバースト(造語)な夜景。露出時間で遊んでみた。

観覧車1
観覧車の夜景。ライトアップと闇が描き出す階調を楽しむ。

ハチ1
ハチ。マクロレンズならでかく映るのに^^;
背景の丸ボケが可愛い^^

電柱2
電柱大好きw

電柱
さらに好きw

電柱1
切り分けられた空。

water1.jpg
刃のような水。

夕景1
夕景。景色を黒に。空のかすかな階調を活かしてみた。

夕景2
なんだか寂しい鉄塔&ワイヤード。

楽しんでもらえた&ちっとはカメラ記事にも説得力が出たでしょうか?w

ここのお客さんだと模型用にカメラを買う人が多いとは思いますが、
たまにはお外に引っ張りだして撮影するのも楽しいですよ!^^




スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2016/06/09 19:00] | 写真 | トラックバック(0) | コメント(18) | page top
mac付属の写真加工で少し遊んでみた。
うぉおおおお!やっべぇw
写真撮ってたら、更新間に合わなくなるとこだった!
いっそげええぇぇぇぇw(この時点で23:23分)

ちょっと部屋にスペースなくて、廊下で撮ってみたが、
やはり光量が足りないなぁ。
まぁ、三脚で固定すれば、露光時間でかせげるからいいんだけども、
どうにも三脚の高さが良くない。

座って、モデルを飾るわけだけど、
その時の視線がベストなわけだから、低い三脚が欲しいんだよなー
風景専門なんで、高いのとゴリラ(コンデジ用)なので、
高さがどうにもなぁ。
あとゴリラ(丸い関節がいっぱいついてフリーに動く三脚)は、
一眼の重さには耐えれないね。
ううむ。

しゃあないんで、とりあえず連打でパシャパシャ。
数撃ちゃ、どっかでピントあってるだろう(乱暴)

HGUC キュベレイ44

合ってなーーーーーーーーーーーーーーーい!w

そんな感じで、さっき撮った写真を見てたんだが、
歩留まり悪っw
半分以上アウトw
特にアップは、ズームするとf値が落ちるので、さらに悪いw
アップはコンデジに替えるかなぁ。(f値が1.8なの)
うーむ。

そこで気づいたけど、模型を作るレンタルスペースってあるじゃない?
あそこで、撮影ブースも借りれる店もあるんで、
カメラと作品持って行って、店で撮影してみるのも面白い気がする。

一つの案として憶えておくことにしよう。


文字だけなのもつまんないんで、
一枚の写真で、mac付属のi photoという写真管理ソフトで遊んでみる。

HGUC キュベレイ41

まずは、無調整。

これに、いろんなスライダーを動かして調整したらこんな風に。

HGUC キュベレイ43


ララァ、レコア、ハマーン、ナナイ!
みんなに私の身体を貸すぞ!
(混ぜるな危険w)

・・・みたいな?w

なんか身体のまわりに、ちょっとオーラみたいなの出てたんで、
思わずカミーユのセリフと混ぜちゃったw
これ、調整で暗部を持ち上げたりすると、出るんだよね。

だから模型の写真で、すぐまわりに輪郭をなぞるような黒い影が出たりしてるのは、
かなりの高確率で、シャドウを持ち上げる調整(あるいはハイライトを下げる)してるんじゃないかな。
普通に考えてそんな影出ないしね。
でもこれやると暗い部分のディテールがよく見えるようになるんだよ^^
暗いけど、よくわかる!みたいな感じ?

そして普通にソリッドに塗った艶消しの赤。(jpg圧縮時に濁ってはいるけれど)

コントラスト上げ
露出下げ
ハイライト上げ(実際は下げ)
シャドウ上げ
シャープネス半分上げ
ノイズ除去

こんだけやったら、キズは消えるわ、ムラは階調ごと消えるわw
ちょっとした光の差がグラデーション塗装みたいになるわw
艶消しなのに、艶クリア仕上げみたいになってるし(驚)
なんだかちょっと上手っぽく見えたり?w


写真としての完成度も大事だけど、
必要以上に自分の模型がよく写りすぎるのも、
なんだかなぁと言う気になるから、難しいとこだよね^^
写真として見せたいのか、模型そのものを評価して欲しいのかでも変わるだろうし。

ぼくは写真としていじってて面白いの出来た時は、
普通に撮った写真で、作品を理解してもらった上で、
ここからはお遊びです♪みたいな公開の仕方がいいのかもなー
とか、調整で遊びながら漠然と思いました。
便利だからこそ、自重しようとか思う、かさばる兄さんでしたw

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2015/06/16 23:57] | 写真 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
FLY ME TO THE MOON(私を月に連れていって)
このタイトル見て

1.エヴァンゲリオンのEDだ!と思った方
いいアレンジですよね。ぼくも大好き。
ヴォーカルがあまりためたり、食ったりしないのが曲調とあってていいね。
後からいろんなバージョンが録音されて出て来たのには閉口したが。
シナトラ(おっさん顔したボクサーじゃないぞ)や
ケイが歌った最初のやつ(3拍子のはあえて省く)とか、するっと出て来た人は相当詳しい人じゃないかな。

ぼくはどっちかっつうとBossaNovaアレンジのインストゥルメンタルが好き。
そうそう、小野リサや、ジルベルトの奥さん(名前忘れた)のやつもいいなー。

2.パタリロ3大泣ける話の一角だ!と思った方
いい話だよね。たまにこういう話ほろっとくる。
残りは、忠誠の木と・・・あと一個なんだっけ?

3.OzzyOsbornと思った方
それは「Bark at the Moon」(月に吠える)の間違いなので、眼科に行く事をお勧めしますw
ジェイクEリーのギターがかっこいいのは認める。異論は許さないw

そういや、月と言えば、8日は貝木皆既月食でしたね。
空にちょっと赤く染まった月が印象的で、周りにも思わずメールしたりなんかして^^

iPhoneで撮ってみたけど、やはりどうにもならん感じね。
さすがに焦点距離合わないわ、ISO(感度)をコントロールできんからノイジーだし。
まぁコントロールできたとして、長時間固定できる三脚みたいなもんでもない限り
確実にブレるけどなw
みなさんも思わず、スマホを月に向けたんじゃない?w

ごはん食べてから外に出て、ひさしぶりに三脚立てて、
一眼レフに300mmの中古ズームレンズぶち込んで撮影開始。
そういやこのレンズで月を撮影したことはなかった。
35mm換算で450mmだが、果たして。

hideinearthshadow.jpg

さすがにちっこいなぁ。と思ってたら
あちこちいじってるうちにズームを延ばすの忘れてた模様;;
ずっと40mm単焦点ばかり付けてゆえかw
ぬおおお、痛恨のヒューマンエラー!

かなり後に気づいて、あらためて延ばして挑戦!

hideinearthshadow1.jpg

おお、ちっとは大きくなった!
でもここまで大きくなると月食って感じ/zeroだよなー。

でも少しの間にこんなに満ち欠けしてるのはやはりすごい!
前回から3年ぶりらしいが、次回は来年だw
天気がよければリベンジしたいな。

しかし思ったより月って明るいね。
遠いからさ、露出上げないと暗く写りそうなイメージだけど、
露出ゼロだとめっちゃ明るいの!
何枚も段階的に露出落として撮っていったんだけど、-3.0までいってもいいくらい。
そこまで落とすと2枚目の写真みたいに月の模様が見えて来て、めちゃ綺麗なんだよなー^^
勉強になった!

気づいた事を今後の忘備録として書いておこう。
・シャッターは押してから数秒後に切れるモードかクイックレリーズで。
・露出はアンダー。-3.0付近まで落として。月の模様が見えるようになる。
・絞りはF9.0あたりの回斥の起こらない一番シャープなところで。

こんなもんかな。

繰り言になるが、
月の写真としてはそこそこに満足したのだが、
時間も過ぎて、もはやただの月である。
やはり月食とかは派手に食いとられてる、
月齢とは違った欠け方やリングになったところを撮らないといかんね。

あ〜月も、もちろん撮りたいんだけど、月から地球も撮影してみたいよね!
そしてタイトルにつながるのであった。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2014/10/13 06:00] | 写真 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
愛猫と06R
今日はマジで時間ないので、写真でお茶を濁します^^;

kenou.jpg

「拳王はひざなど曲げぬ!」(旅行先で見かけた自転車)

nuko.jpg

「何がなんでも動かない」
見に来てくれてるお客様の中に、かわいいマンチカン飼ってらっしゃる方と、かわいい猫動画やらアップしてはる方がいて、たまに観に行ってなごませていただいてるので、ちょっと対抗してみたりw

nuko2.jpg

「お金大好き」
積むと崩しにくる賽の河原的な遊びに夢中。あとコイン回してやるとがしっと手で押さえにくる模様。
何度でも回せと要求してくる。

06R.jpg

06RがHGUCでいつまで経っても出ないのでニコイチで作り始める

06R1.jpg

すると発売決定して、やる気を失うという^^;(またサーフェイサーで止まっとるw)
ついでに可動改造したモノアイレールも失くすという;;
胸部ボリュームアップやスカートの幅増しと円形化、スパイク鋭角化とか地味に手を入れたんだがなぁ。
(ガンプラあるある)


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2014/08/10 23:15] | 写真 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
写真をペタリ。
朝方にあわてて更新してます。
後に回すと本日中の更新が危ういからね。
とはいえ朝方でオツムが若干寝てるので、今回は写真をペタリと。
今回はOLYMPUSの名機XZ-1のみで。

ちょっと解説してみると
2011年発売だが今でも充分使える、高級コンデジが定着した功労者といってよい一台。
素晴らしいパッケージングのなされた機種で、旅行に行くならこれ一個持って行ったら安心。
広角から1cmの接写までなんでもござれである。(水中用のカバーも売られており、それも装着すれば水の中までOKまさになんでもござれ)

素晴らしいレンズとコンデジにしてはでかいセンサー

1/1.63型のCCDというコンデジ(コンパクト=デジタルカメラの略ね)にしては大きいセンサーとズーム28mmでF1.8、112mm側でF2.5という非常に明るいレンズのおかげで、コンデジにしてはボケをねらった写真も可能。
CCDは夜に弱い的な話も聴きますが、三脚立ててマニュアルで撮影すれば別に取り立ててCMOSだったらなぁと思ったこともありません。
ぶっちゃけレンズとセンサーよければすべて良しとさえ思っているのでこの段階でかなり良い。

多彩なモード
まずRawで出力できるという事。(最優先事項)
絞り優先、シャッター速度優先、マニュアルが存在してるという事。(他にもあるがどうでもいい)
アートフィルターが意外に楽しい(オリンパス付属の現像ソフトで後からフィルターをかけることも可能)

接写可能、手ぶれ補正
そのまんまであるが、マクロ搭載。しかも2段階でズームの使えるマクロとズーム使えないけど1cmまで寄れるモード搭載。手ぶれ補正も一応アリ。(ないよりマシ)

NDも搭載してたりとかこれでもかと機能を搭載してるんでさすがにお高く、うろ覚えだが6万弱くらいしてたんではなかろうか。

あと欠点は先ほどのお値段となにより有機ELを採用したモニターかな。
光の入り方次第でわけのわからん紫に覆われたり縦に線が入ったりするのがストレスです。
が、写真自体には影響ないので無視するだけの話なんですけどね。

当然かさばる兄さん、そんな金もなく金額の部分で一蹴してたのですが、数年前に2万円切った所をさらに値切って購入。一万円近くする革の専用ジャケットも値切って¥1780とかでw
ストラップがケバ立ちすぎるこの商品。定価で買ってたら怒ってたかもw

超オススメな機種なんだけど、今なら後継機種のXZ-2がオススメ。
今日で言うと最低価格が¥21800!マジかw調べてたら欲しくなってきたw
(ちなみにモニターも有機ELとりやめてます)
でも、XZ-1すでに持ってるから、もうちょいセンサーでかいのが欲しいんだよなー、うーん。



P2210038.jpg

「十重二十重」

P3090643.jpg

「インダストリアル」

P2250251.jpg

「過去を脱ぎ捨てろ」

P2250324.jpg

「Round and Round」


常に肩からぶら下げとくのに良い一台です^^

テーマ:小型カメラ - ジャンル:趣味・実用

[2014/07/12 11:35] | 写真 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム | 次のページ>>