いよいよラストスパート!(1/48ビランビーその13)
ちょっと風邪気味?
また(下唇を噛んで前に弾きながら)ヴぃねつ(微熱)で、
ふらふらしてます、かさばる兄さんです><
こんぬづわ。

カウントはこの自動更新の時間で言うと、
1日と9時間。
つっても帰って来てからだと4時間くらいかな?

残り工程は、
羽根が気に入らなくて別の手段に変更したい。
開いた後のコンバーターのインテーク周りのディテールをつけたい。
そして塗装(後半)。

今、こんな感じ。

ビランビー68

前回の白黒写真で、どんな色やねん?と不安を覚えた人も多いと思いますが、
至って普通っぽく収束してます。
ぼくはああいう塗り方するってだけでw
そして、まだまだ塗りますw


で、話戻して。
もうね、インテーク周りも色表現だけでいいや、と軽く表面荒らしたり、
羽根も無くてもかっこいいじゃん!とか、
半ばあきらめてたのですが、ちょっと時短、かつ効果的な方法思いついたんで、
今晩試してみるつもり!
このぎりぎりまでの粘りに、プラモの神よ!応えてくれえええw


さて、ただの進捗が続いてて読む方もつまらないと思うので、
以前思わせぶりに書いた、「コンバーターとの前後バランスを取る秘策」について語ってみます。
無くても自立してんだけどねw

さて、途中経過見ていただいたらわかるように、
もはやエポパテの塊と化したオーラコンバーター(しかも磁石入り)
あきらかなトップヘヴィで、
股関節や腰は固めてあるので、「折れない」のは確実ですが、
そもそも後ろに倒れるんじゃないかと、途中で危惧してたんですね。

で。

土台に軸打ちでもいいんですが、横に二点なので、
やはり後方に引っ張られる気がするんだよね。
そこでぼくが思いついたのは、
「逆方向に重いものを持ってきて、バランスを取る」という策でした。
つまり前方下方に重量を置くわけです。

そこで、このポーズを思いつき、左手で握って固定にすることで、
重量的には完全に本体の一部として扱うと。

次に、この剣の重量化なんですが。
そもそも重い剣を使えばいいじゃんって事で、
タケヤ先生デザインの完成品オーラバトラーシリーズ、
ロードオブバイストン・ウェルのビランビーについてた、金属製の剣をひっぺがし、
こいつに持たせてみたという。

これで前後バランスが取れて、安定するはず。
さらに剣先、両足を台座に固定すれば、さらに安定するというね^^


さて。
実質今日の夜と、明日の夜。
そして、明後日22時に難波駅周辺でバス乗るので、
一応、所用とか逆算して、15時までは作業できなくもないんですが、
やはりなるべく明後日は荷造りやチェックに時間割きたいですね。
というか作品カードも作ってないし。

なので、本日の夜の進捗次第で、
突然、明日は風邪引くかもしれませんw(コラコラコラw

実際、ここんとこボロボロだったので、
UQ使って欠勤したら「なんか調子悪そうにしてたしな」と周りも妙に納得してくれるとは思うんですがw

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2016/11/01 15:00] | 1/48 ビランビー | トラックバック(0) | コメント(7) | page top
近況というか実況というか。(1/48ビランビーその12.5)
あと3日と2時間
工作があとちょっとづつ3つ

ビランビー67

ポーズ固定中。
恐ろしいことに自立してるw

時間ないんで簡単な報告でした〜@@

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2016/10/30 22:14] | 1/48 ビランビー | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
とうとう残り工程数と残り日数が横並びに!w(1/48ビランビーその12)
さぁ、完成してもしなくても、とうとう結果が出るまで
あと、8日間と4時間!
そして残った工程は8個!
タイトロープロマンス!!!(錯乱中)

とうとう、残り工程と日数が並ぶという事態に!!!
キエエェェェェェェェ!!!!w


・・・ちなみにこの記事、自動更新で上げてますが、
本日は車検で、帰りに家とは逆方向に進んで、
車を預けて台車取りに行ってる予定なので、まだお家に帰れてないはず;;
さらに車検終わったら引取りに、また時間食うと思うと泣ける;;


本日は時間ないので
ざっくりとw
更新できる写真も少ないんで、日常的なのと交互にw


ビランビー62

コンバーター天面完了。
縦ヒレはのこぎりのように左右に目立てしてます^^
あとは可動部のサイドのみ。


パンプキンプリン

北海道からかぼちゃが送られてきたので、かぼちゃ本体を器にしたプリンを妹が作ってくれた。
なぜか、栗の味に近かったw


ビランビー63

コンバーター、裏面完了。
そんなに細かくないでしょ?
でも表面はかなり荒らしてありまするので、
塗装で情報量を底上げできるのでだ〜いじゃうぶ!(トサカ先輩風に)


住み着いたヌコ1

最近、ヌコが庭に住み着いた。
ダンボールハウス作ったり、餌やったりしてるせいだw


ビランビー64

削ぎ落とした目ん玉をプラ板から再生。口の中もキットを削りまくって、無理やり収めた。
顔が完成するとテンションが上がる!^^


スコ座り1

我が家のぬこ様。通称:「スコ座り」と呼ばれる「スコティッシュフォールド」という種類が得意な座り方を体得。
まぁ、かっこいい事いってるけどおっさん座りだw
お嬢様なのに脚ぱっかーん!w



・・・今でもそうですが、

皆様へのブログ訪問やコメント、Twitterなどの頻度がどんどん落ちてます。

完成まではしゃーないね、と生暖かい目で見守りくだされ^^;
申し訳ないっ><

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2016/10/24 20:00] | 1/48 ビランビー | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
バーニアとコンバーターと羽根(BGM:部屋とYシャツと私)(1/48ビランビーその11)
みんな、元気にプラモ作ってます?w

この時期、ぼく自身が参加する旧キット選手権、
そして関西では、確かモデフェスが同じ日に行われるので、
同じ締め切りを背負ってる人がたくさんいると思うと心強いですね!

自分より遅れてる人を探して、ぼくはまだ大丈夫!と安心したい(ゲスかw)んですが、
ぼくより遅い人もなかなか居ないんで、かえって胃が痛いw
ぐはっ!(吐血)

ぼくは元来、集中力の無い方で、さらに椎間板の前方方向が摩耗して、ほぼ無いというせいもあり、
少し作業したら、すぐ横になって休憩しちゃうんだよね。

でもそんな事してたら間に合わぬ!と、今回は同「疲れて休憩しちゃう」と言ってる、
FinoさんとSkypeしながら、あーだこーだ言ったり、
ここってこんな工法であってるよね?とか、途中経過を写真で送り合ったりとかしながらやってます。

喋りながらだと、単純作業の繰り返しもけっこう耐えれちゃうんだよねw
電話と違って、お金かからないし(プロバイダ料金は別ねw)
マイク付きヘッドセットだから、両手が作業に使えるのがえーねーw
ほんと、これオススメ!^^


さて、いつもの行ってみますか!w
残り12日と12時間(自動更新の時点ね)、そして工程は10個!
コンバーターが終わりませんっwww
(BGM:ホームワークが終わらない)


さて、前回からコンバーターが終わってないとか、
一体何してんだコノヤロウ、バカヤロウ(声:デストロイヤー菅野 直)な感じですが、
方針が決まっててもデザインが浮かばないと
どうにもならないんですよね。

裏側は生体的(ざっくり)前半部ブースターは威嚇的、あるいは装甲厚なイメージ(これまたざっくり)
なだけで、なかなか具体的には決まらず。

ビランビー55

その間、本体をパテで叩いたりトサカつけたり、

(角度を起こしてやるだけでもいいと思ってたけど、
その角度に釣られるように長くなった。
少しだけ長すぎな気もするが、
コンバーターが本体にくっつくまで総合バランスが取れないので、暫定。)

ビランビー54

以前、かわいすぎて困ってた、膝のドクロをいじったり

ちょっとでも進めれるとこをいじりながら、やっと水曜日にデザイン思いついたw

ビランビー56

これに、

ビランビー57

センターピラーとして背骨を制作。
コンバーターのコントロールを、この専用頚椎で行うというわけだ。
どう?かっこよくない?w

ビランビー61

あとは、リブの上にかぶせるようにフィッシュボーンを置いて、
平面を肉感的に処置すれば裏側はOK。
一気に作ると、完成した部分を持ってしまって、造形がぺしゃんこになるんで我慢我慢。
3回くらいにわけて作ります^^


そして、前回の最後に解説した、コンバーター前半部がサイドに広がる部分。
拡がった装甲にはこんな仕掛けを。
(まだ仮設ですが)

ビランビー58

<右後ろから>
がばっと横に装甲が開くと、
装甲下部には吊り下げられるように、オーラブースターが仕込まれており・・・

ビランビー59

<左後ろから>
こんな風に伸縮します^^
わかりやすい演出でしょ?

外伝主人公のハガネ=テツくんはこれを持ってして
「ぶっこみ愚連剣」と名づけた突進技に転化。強烈な突きを繰り出しております。
なんだか、たいそうな名前付けてますが、
猛スピードで捨て身で突っ込んでるだけですなw



ビランビー60

前回予告の続きはこんな感じw
所謂、羽根ですがオーラバトラーのプラモデルの見せ所の一つですよね^^
ズワウスがこんなだっけ(うろ覚え)
ドクロと来たらコウモリの羽根っきゃないでしょう!!w

こっちも、もうちょい続くw

それにしても、「地獄(ヘル)」な状況なのに工程数が「減らない」とはこれ如何に?!(ドヤァ)




テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2016/10/20 12:15] | 1/48 ビランビー | トラックバック(0) | コメント(18) | page top
オーラコンバーターを欲張る。(1/48ビランビーその10)
さぁ、新しい一週間ですなw

さて気が重いですが、例のカウント行ってみましょうw
15日と4時間れーす!

工程数は12/34です。
分母が減ったのは盾を考えてたのですが。さすがに諦めたw
無理だーw


さて。
今一番「1工程」のカロリーが重いのが、
このオーラコンバーター。その次が塗装かな。
塗装の方は、まず一回全体に溶きパテと短く切った筆でぽんぽんしたとこ。
二回目、三回目が待っております^^;

で、そのコンバーター。途中ですが・・・w

まずコンバーター天面。
ここは本来ただの板で、間が持たない感じ。
オーラバトラーの生体的デザインと、工業的デザインがかなり唐突にぶつかっている箇所でもあります。
またあの広面積、三次元曲面でX軸、Y軸にラウンドしてるのをあれだけ綺麗に作れるとなると、
バイストン・ウェルの鍛冶屋はかなりの彫金技術があるという事になりますが、
それもどーかなーと。

やることは決まってたんだけど、ずっとデザインが確定しなかったのですが、
ここに来て急に思いついたのがコレ。

ビランビー48

エポパテを薄く拡げて、同じ大きさに切って

ビランビー49

それをインターロッキングのように並べてゆきます。
ふにゃふにゃしてて曲がるので、一個一個、取り付けてはスパチュラで長方形に成形します。
さらにスパチュラで表面を一個づつ抑えてボコボコに。

デザインパターンは、15年くらい前の寺田克也先生のイラスト。
確か「大猿王」かなんかだっけかな。鎧の面に施されたパターンで、記憶を頼りに並べてます。
設定的には強獣の甲殻を長方形に切り分けて貼りこんでるということになります^^

ビランビー50

次にセンターには鱗を並べて「スケイルメイル」とします。
その並べ方も、本物のスケイルメイルのパターンをちゃんと調べて踏襲しており、
中央が左右を抑えると、次は左右が中央を抑えるように並べてます。
なんとなく「ノリ」で並べるのもいいですが、
本物があるならせっかくネットがつながってるので、
なるべく調べてやれば説得力も増すと思ってます^^

images (41)

デザインとしては、これをセンターに持ってくることで、
聖戦士の兜の口元のパターンを踏襲しています^^
(その世界にデザインをなじませる為)

ビランビー51
さらに工作途中ですが。
ちょっと軸ずれてる時の写真しか転送してなかったんだけど、(修正済み)
このコンバーター前半部が、

ビランビー52

がばっと開きますw

これは、このビランディの必殺技「ブッコミ愚連剣!」の発動の為のものw
まだ組んでないですが、外に開いた部分には追加のオーラブースター的な推進力を持ったものを。

さらに横に前半部が移動したことによって、真ん中にはインテークが発生し、
これまで負圧でコンバーターの裏側から取り込んでいた大気中のオーラ力を、
(インテークないから勝手にオラ解釈ね)
早く飛べば飛ぶほど、大量に前から大気中のオーラ力が入ってくるように。
ここで、風はそのまま後ろに噴出し、
得たオーラ力は文字通りコンバートしながら前半部サイドのオーラブースターに回されるという仕組みです。

ただし、コンバート(変換能力)を大きく超えた入力なので30秒しか使えない。
緊急脱出か、ハガネ=テツのように突進技に使う事になる。

この前半部には、威圧の為、後半部とは違った装甲が施される予定です^^


あとはコンバーターの裏側と、前半部の装甲張り込み。
これだけ手間食っても工程は1減ってないというねw
ぐはーw


ビランビー53

次回あたりはコレになりそうです^^

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2016/10/17 20:00] | 1/48 ビランビー | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
| ホーム | 次のページ>>