ヌコ様の事。
みなさん、こんばんは!
年末は忙しいですな。

我が家では、
25日の日曜日に、少し前に紹介した、
我が家に居着いていた、雄のオリエンタル気味のヌコ様が
またも車に轢かれてお亡くなりになりまして;;
(二年前も轢かれて亡くなった)

実際、車を避けるのが下手な子で、
車が走ってくるのを見ると、道の真中で固まっちゃうタイプでした。

なので、いっそ家の中でメインクーンさんのように
外に出さないで飼いたかったんですが、
成熟してからやってきたので、
専用にトイレも作ってやってもトイレをしてくれない。

縄張りの見回り?と、トイレの場所も決まっているのか、
必ず「出してくれ」とせがむ。
膀胱炎になられても困るので、
仕方がなく家から出して(半分)飼ってたんだよね。

あと、完全に飼えなかったもうひとつの理由がありまして。

どうやら斜め向かいの一人暮らしのおばあちゃんの家にも遊びにいってたようで。
「この子、たまにだけうちに来るんよ」と嬉しそうに話してたんだよね。

「いえ、その子は我が家で飼ってます」と言うのも酷だなぁと、
あえて首輪はつけず、所有権を主張しないまま、
一日のうち20時間くらいは家で飼ってるというスタイルでした。

あれから数日、メインクーンさんが、
友達の猫が来ないと、すごく甘えてくる;;

嗚呼、せめてヌコ様が信じる神様のもとに召されますように



スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2016/12/28 19:00] | 猫の話 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
ヌコさまの成長
そういや以前紹介した、我が家のヌコ様。

これが
ぬこ3

まさかの長毛種に!!!w
ヌコさま1


わりとクールな性格してるので、自分の都合以外では寄ってこない彼女が、
先月末、急にやたらと寄ってきて、
抱っこしてもいつまでも降りない、
布団に入ってきてゴロゴロ。
身体を撫でるのを要求。
名前呼ぶと返事する。

なんか、急に飼い猫らしくなった^^
いいじゃんと思ってたら、夜中にぐるにゃあああああと鳴き始めた。

これはいわゆる「さかり」というやつか!

今まで何匹もヌコを飼ってきたけれど、メス猫は初めてで、
しかも前回のヌコ様が交通事故でお亡くなりになったことを踏まえて、
家猫として飼ってるせいもあり、初めてのうるささに驚く。

それにしてもこんなに「性質」が変わるものなのか。

あまりにもやかましいし近所迷惑でもあるので、
避妊手術をすることに。

そんで、予約して、手術したんだが、
抜糸するまでは(その間約10日)
手術後を舐めないようにエリザベスカラーをはめられる事に。

走り回る度に、あちこちにガンガンあたったり、ご飯が食いにくくて
ごきげんナナメの彼女がこちら。

ヌコさま2

そのあまりもの機嫌の悪さを見かねた妹が作り上げた、
自家製エリザベスカラー初号機がこれ。

ヌコさま3

だが、これも首を曲げれなすぎて、不機嫌だったようだ。
さらに翌日には、
長さではなく放射状に拡げて、かつ広がったパーツにも綿を入れて、
曲がらずに「張る」ように作るとか言ってて、
家に帰って来たら
ポン・デ・ライオンが居たw
ヌコさま4
しっぽと足裏が黒いので後ろ姿は果てしなくタヌキw

ヌコさま5
前はメインクーンに似た長毛種なので、これつけると、もはやライオンw

これはどうやら気に入ったようだw

ちなみに凄いもんで、
手術をしたら鳴き声がピタリと止まった。
性格も、ひとつくらいはサカリの時のかわいい部分が残ってくれたらと祈ったが、
まるっきり元に戻った><

そして、抜糸も終わり今まで通りに。

風呂掃除中、ぼくのお風呂、妹のお風呂と、
日に三回くらいお風呂に入ってくる。
お前はしずかちゃんか。

ヌコさま6

まぁ、風呂の蓋の上に猫用のバスタオルを敷いてやってるので、
そこの上でくつろいでるだけだけど。

スチームでお肌ちゅるちゅるか。
夏はシャワーだけなんだけど、どうするつもりなんだろうw

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2016/02/15 12:00] | 猫の話 | トラックバック(0) | コメント(19) | page top
喪った命と、授かった命。
もう睡眠時間がぐちゃぐちゃ。w

実は我が家に新しい家族が増えまして。
妹ともども振り回されておりますw

ぬこ1

水曜日の夜中、寝る前に少し歩いてカロリー消費してから寝るかと、
てくてくと、最寄りのコンビニまで来た時、
その駐車場の店から最も離れた植え込みあたりを通った時、ぬこの鳴き声が。
思わず、お持ち帰りしちゃったw



実は去年の1月、家に住み着いた赤ちゃん野良ぬこを飼って4ヶ月ほど経ってたのだが
家に帰ってくると、かさばる兄さんだー!ってゴミ箱を踏み台に、肩に飛び乗ってくるくらい仲が良かった。
マジで肩乗り猫だったw

それが、近所にある老人ホームに務めるクソババァが、朝、急いでたのか、家の前の細い道で爆走して、
ウチのぬこ様を轢き殺したんだよね。

んで相手の保険屋入れて話したら、
つないでいないから、飼い主の管理責任で車側に罪はないとか、
雑種で、かつ拾って取得した猫だから何も賠償しないとか、
(じゃ、ペットショップで購入した飼い主と拾った猫を育てた飼い主の間に愛情の差があるとでも言うのか)
葬式代も、保険会社が料金を出してくれるのを確認してから上げて、
その旨も請求したら「出すとは言ったけど、過失割合分しか出しません」と後出しでそんな事言ってくる。
しかも当方の過失はゼロですとか詐欺みたいな事を言う。

そんで、ペットショップで買った猫ならお金出すけど=罪を認めてる
拾った猫ならお金を出さない=罪を認めない
これはおかしいでしょ?
拾った猫に査定評価できないから(保険の法的に物として扱われる)というのであれば、
せめて葬儀代金を全額出してくれればいいんじゃないのかと詰めると、

穏便に済ませたいのですが、そこまでおっしゃられるなら
葬儀代金出しますが、こちらもバンパーなど傷跡とか調べて、
そちらの猫を轢いたことによる損害を出して請求しますが、よろしいか?
とか信じられないこと言ってくる。
子猫轢いた側が。

「これで納得しろと脅すわけですね。」

「いいえ脅していません。そう思うなら裁判でもなんでもどうぞ。」

殺意沸いた。
もう保険屋は話にならない。
今でもこの担当の名前は憶えている。
本当に呪っている。
会社の権益や自分の家族を護るためかもしれん。
ぼくが狭量なのかもしれん。
どちらが悪いというものではないかもしれん。
だが、ぼくはこのクソババァと保険屋を一生呪う。
なにかにつれ思い出す度に災いあれと唱えて生きる。(この記事を書いてる瞬間にも)
「ああ、貴様と貴様の所属する保険会社に災いあれ!」


しかも轢き殺したクソババァも
「私もペット飼ってるから気持ちはわかるんですけどねぇ」を繰り返しながら、
警察が来るまで、実に1時間ほどの間、一切謝らない。
警察が来ても、おなじような事言ってるんで、

「どちらの過失かわからないにしても、
人の家族を殺して謝らない人間なんていないでしょうが!
ただの畜生と思ってる証拠だろ?
それでペット飼ってるから気持ちがわかる?はぁ?
じゃ、お前のペットも轢き殺して、ぼくも謝らずにいてやろうか!」

と怒ってやったら警察も

「ワンちゃんや猫ちゃんは、一緒に住んでる飼い主さんにとっては、
やはり家族のようなものなので、どちらの責任うんぬんは置いといて、
まず、家族の命が実際に喪われたという事実があるわけですから、
一言あやまってあげてくれませんか?」

とフォロー。

すると、そこでやっと、だがまったく頭も下げずに
「じゃ、すいませんでした。」
とか抜かすクソババァ。

なにが、「じゃ、」だよ。
警察の目の前で殺人事件起こしそうになったわ。

ちなみに、事故現場のご近所さんの駐車場は血まみれ。
それを事情聴取とかしてる後ろで、その持ち主の方が一生懸命洗い流してる。

「とにかく保険屋にすべて、まかしておりますので。」

と言い捨てて、連絡先を残してババァ逃走。

ご近所さんに、汚してしまってすいませんでしたと謝り、
その日のうちに猫の葬儀を上げ、菓子折りを買ってきて、
ご近所さんに持って行って、さらに謝っておいた。
加害者のクソババァは、迷惑かけたと一言も謝りもなかったそうだ。

普通なら保険屋に任せたにしても、その日の夜に例えば旦那と一緒にでも訪ねてきて
謝りに来るもんだが、それも無し。非常識なクソババァである。

保険屋との話も、
もう貴様らみたいに、
血の通ってない、謝ることもできない、
大事な何かを持ってない奴と話しても胸糞悪くなるだけでどうでもいいわ。
電話で話してるだけでも耳が腐りそうだ。
うちの猫も、そんな非人間どもに謝ってもらっても嬉しくもなんともないだろうしな!
もう、うちには謝罪はけっこう!人間以下のゴキブリ達にに謝ってもらっても何も感じないしな。
ただ、和解の条件として、
事故で迷惑をかけたご近所さんにだけは、ちゃんと菓子折り持って、謝りに行かせとけ!
お前のお客のクソババァ、3日経ってもまだ謝りにも来てないって言ってたぞ!
お前もババァも常識あんのか?
それが確認できたら和解の書類にサインしてやる。と言い捨てて受話器を叩き切った。

数日後、(数日もかかるのかよ!)
保険屋から最終確認で謝らせた旨、伝えてきたので、

最後に

「会社の権益を護るために、他者の家族の命を奪っても、
お客様に謝ることさえさせずに話をまとめるなんて、
貴方はきっと凄腕の保険屋なのですね。

これからも、人殺しを擁護しながら、お金が儲かるといいですね。
家族を奪われた人間に、
奪った側を責め勝たせた給料で食べるご飯はさぞ美味しいんだと思います。
ぼくには、まったくどんな味か想像もつきませんが。
とりわけ今日はひとつ案件が片付いて、とくにお酒も美味しいでしょうね。
ああ、会話はすべて記録してるんでしたっけ?
腹が立つなら、名誉毀損で訴えるのでもなんでもどーぞ。
貴方に人間として主張できる名誉とやらがあるのなら、ですが。
良かったですね!これまたお金が入るかもですよ?
では、これにて。」

と、事件を締めくくった。


ぬこ3



それから、約一年半。
今度のぬこ様は寿命まで一緒に暮らせたらいいな、と祈るばかりである。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

[2015/06/26 23:28] | 猫の話 | トラックバック(0) | コメント(18) | page top
| ホーム |