1/144 HG モンテーロ
土曜日は特に、朝まで遊んでる事が多いのでコメントの返事などが遅れて毎度すいません、
かさばる兄さんです、こんぬづわ。

さて、今回は遅れ気味お届け!
1/144 HG モンテーロのレビューです。
尚、写真類は夜中に目がショボショボした時にMFで撮ってたもんで、
ピンが来てない写真多いですが勘弁。
次回からはレンズ変えてAFで撮るべきか。

HGモンテーロ10

アメリア大統領御子息、クリム=ニッキーニ専用MSで、
肩の上に設けられた整流版を兼ねたシールドと
大型のビームライフル。
左手に装備されたグリモアと共通のアンカー、
そして合体、回転、投擲、ビームウィップの機能を詰め込んだ、ビームジャベリンが特徴。
そういや、ビームサーベルがなかったりする。


今気づいたが、アメリア軍のMSは自軍開発としては、(G-アルケインはG系列だから別)今の所ビームサーベルを持っていないんだよね。メガ粒子の収束の技術の遅れの模様。
始めの方で、ビームサーベル?!とキャピタル側が驚いていたのは、今思えばこの技術を自国が独占してるはずなのに!という事なんだろーなーとか思ったり。

話が逸れたが、逸れたついでにもういっちょ。
ここまで、G-セルフ、グリモア、モンテーロと組んで、
かつG-アルケインも手に入れて気がついたのだが、
今回、火器にフォアグリップが採用されていないね。
(左手でもがっつり握る為の可動するグリップね)
徹底したコスト削減でBANDAIと申し合わせた果てなのか、
単にデザイナーが必要なしと拘ったのか。
うーむ。


さてそんなわけで組んでみました!

HGモンテーロ6
ジャベリン2刀流。
ウイングの下に装備可能。設定上はこれが合体、伸縮して、でかいジャベリンになるがオミット。
かわりに合体後のジャベリンがもうひとつついてくる。
これは英断だと思う。

HGモンテーロ7

<プロポーション>
至って良好。
顔は横から見るといかにもな顔だが、
アゴをちょうどいいなというくらいに引いて、真正面から見るとフェイスパーツがほぼ見えず、角の折れた恐竜のようなおもしろい形の頭のように見える。
個人的には、緑の目はなしで、ピンクのライン状のメインカメラでいいと思う。
禍々しくてかっこいいよ。

HGモンテーロ8
なかなかでかいジャベリン。この先にビームウィップも取り付け可能。
せめて左の平手ついてたら、よい演技(ポーズ)が決めれると思うのだが。


<可動>

まずは肩口。
BANDAIお得意の「引き出し関節」が「上に向って」装備されています。
ただ、肩には同じく上に向う軸を肩の上部に装備して、さらにその上にボールジョイント(プラ同士)でウイングがつながっており、胴体側肩関節の自由度を上方向に確保しても、もう蛇足でしかないように感じられた。
なお、シールドのボールジョイントは緩く、部分塗装派であってもボールにあらかじめ塗装をするか、マスキングテープでも間に一枚噛ませておくかを推奨したい。

で、それじゃあ、肩の前後はどーなってるの?
この3枚の写真を見ていただきたい。
上方から撮影するのに、自分が影になるのと、
ブレ防止にF値あげてるから被写界深度浅いけど気にしないで、
肩関節だけに注目していただきたい。

HGモンテーロ3

HGモンテーロ4

HGモンテーロ5

これくらいは動く。
もちろん可動範囲としては申し分ないのだが、その可動クリアランスを確保している手段は「関節軸の長さ」に依存しており、そういう写真を避けてはいるが、肩を反らさずニュートラルな位置にして、真っ正面から撮影すると、胴体と肩をつなぐ棒の存在感がありすぎて愕然とすることだろう。
(さきほどの1枚目左が顕著)
チャレンジもいいが、なにも上方向に変える必要はなさそうだったのにと残念でならない。

腰はHGUCから続くシステムを採用している中では、歴代最強に近い前後可動に関するホールド力を見せるが、別段グリモアと作りが変わってるようにも見受けられないので個体差かもしれない。

太ももは良好。
やはり股の付け根に横ロールが存在しているため、ガニ股が決まる。
反面、足首の接地性が今年組んだガンプラの中でもトップクラスに接地しない。
なんとか立てるのは確保してるが、足首の外側は股を開くと、ほぼすべてのポーズで浮いてしまうという。

腕も肘の可動がせまいところへ、わざわざ別パーツ化した手首の丸い板状の関節ユニットがグリモアと違って、可動しそうに見えるのにまったく可動しない。
先に出たモデルが出来ていた事が出来ていないので、すこぶる心証が悪い。
手首のボールジョイントもボールの意味がないくらい動かない。

尚、手首は、武器握り手首X2 穴の埋まった見栄えのいい濁り拳が左手のみというセット。
いいかげん平手をつけてくれ。G-アルケインで初めてついてるようだが。

ウイングはポロリしやすいのをのぞけば可動範囲良好。
いろんな表情がつけれて楽しいですよ。

<組み立て>

まず言いたいのは、湯口がでかすぎ
ランナーとパーツとが繋がってる、ニッパーで切る部分の事なんだけど、
近年作ったガンピラの中でも最強にでかい。
そんなに金型にプラが流れにくかったのか。

タッチゲートと呼ばれる手で押すだけでも外せるような「点」で繋がったようなモデルも出てるだけに、「そこまで意識が回らなかった」という手抜きしか感じられない。
特に、「素組み」「部分塗装」の人には鬼門で、切った跡が確実に残ってしまう事請け合い。

普段でもやってるのだが、一応解説しておくと、
こういう湯口の大きいパーツはニッパーで切る時に、かなりパーツから離したところでニッパーで切り落とし、
0.5mm以上残してもう一度短く切断。
あとは無理矢理ペーパーで削り落としてゆく事によって、白化を相当防げるので試して欲しい。

個人的にミスったので、伝えておくが、胸の中のインテークやマシンガンの色分けパーツを差し込む時に、一応ダボを落として借組みしたんだが、前に向ってダボと思って切ったのがマシンガンの先っぽだったという悲劇w
切り落とした欠片を再接着して事なきを得たが、皆は気をつけてくれよなw
まぁ、もっと説明書を読み込めって話ですがw


<工作>
今回は部分塗装。
肩の色分けが面倒くさいです。
肩外縁部の青も下地が黒なので、発色助ける為にマスキングして下地に白プライマー塗ってから青を塗ってます。
今回たまたま持ってたキャラクターブルーを使ったのですが、ほぼ合ってるっぽいので、白化したところにも使えるので部分塗装の方におすすめの色です。

HGモンテーロ9
なにもマウントのないお尻と、先ほど書いた肩の関節軸の見え過ぎ度合いに注目。(左肩ね)

アニメでラライヤのピンチに、ビームライフルをなんのマウントもないお尻装甲にくっつけて飛び出すシーンがあったので、銃の内部と尻装甲の裏側を削り込み、極性に気をつけて磁石を内蔵してマウントできるようにしています。これはオススメ加工。ぼくでも出来るくらいなので、比較的簡単な作業なのでオススメ。
カッターで手を切らないようにだけ注意してね。

HGモンテーロ1

何もないお尻にこうやってマウントができるようになりました^^
足首の接地感のなさに注目::

<総評>
今回のはBANDAIさんには申し訳ないが、オススメできないと言わざるを得ない。
モンテーロが好きとか全部集めたいという方は買ってくれてOKだが、
とりあえずGレコのプラモ買ってみよう!とか
素組みの中でも、ペーパーも使わないといった方にはお勧めできない。
近年まれに見る地雷キット。
同じチャレンジブルな方向を持ったグリモアより退化しているので、
もしかしたら開発はむしろこっちが先で、
発売がグリモアの方が先になってしまったと考える方が自然なのかもしれない。
また近々、G-アルケイン組んでみるが、いい方向に進んでいる事を願う。

HGモンテーロ2


<BANDAIへの提案>
割とマジでいけると思うアイディアなんだけど、
今まで出たGレコ各種の両手首平手をボーナスパーツとして生産してさ、
説明書の一部送るとか、買った模型屋さんで、ここで買ったと認めてもらうことによって、
その手首セットがもらえるキャンペーンを打つのはどうだろうか?

キャンペーン無理でも、「1/144 Gレコ手首セット」とか発売しないかな。
ちゃんと成形色合わせて販売すればけっこう需要あると思うんだけどな。

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2014/11/23 11:10] | 1/144 HG モンテーロ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
| ホーム |