ガンプラバトルアームはこう使え!
先日発売のサーティワンのハロウィンケーキかわいいなw
しかし、お菓子屋が無理矢理盛り上げてるくらいで、日本ではいまいちハロウィンは定着しないね。
まぁ同じ「訪門系、クリーチャー祭り」としては
日本には世界に誇るべき「なまはげ」がすでに先鞭をつけているわけで、
「悪いごさいねがー!?」(ビキッビキッ)が「とりっくorとぅりーと☆」に負けるわけがないのである。
異論があれば、ジャックオーランタンとなまはげを直接闘わせればいい。w
(一方的すぎるw)

だが、なまはげが、チョコと包丁を持って他人の邸宅に飛び込み営業かましてたなら、チョコ会社も乗っかったかもしれないが、そうではないのでいまいちなまはげも盛り上がらない。そういや時期も知らないw
堺の包丁業界くらいは乗っかってもよいと思うのだが。

さて。
本日は何故か今頃、ガンダムビルドファイターズから

アームズ

1/144 HG ビルドカスタム ガンプラバトルアームアームズを組んだので少し紹介。

タイトルがいささか強い言葉ですが、本当に便利なので注目を引きたかったのです。
「こう使うのがオススメです」っていうのが本来の言い回しですので、そこのところよろしくお願いします^^

名前にいささか言いたい事があるが、「WILD WILD WEST」みたいなもんかと、あえて突っ込まない方向で。
先日長過ぎたので少し反省しているのかもしれないw

商品として出すのになにかしらの売りやすい形態ってのは必要なのか、
この商品、一応サポート戦闘機的な形態で売られています。

だがその正体は、3mm穴の設けられた、可動式アームの集合体であり、
さまざまな武器をガンプラのあちこちに繋げて、動かして遊べるというものだ。
まさにビルドファイターズを楽しむのにうってつけなガンプラ!

だが、かさばる兄さん、直接アイディアも浮かばなく、一個買っとけば、いつか使う事があるかもしれないという程度の漠然とした動機ではなかなか買わずに到らなかったものだ。

だが、この商品実は、大佐のサイトで古いキットに使用するといいと教えていただいた。
関節として、フレームとして考えると、相当に大化けするキットなのだ。
そういうわけでPGゴッドガンダムに使えないかと今頃購入。

軽くレビューを。

<プレイバリュー>
戦闘機に合体するのは正直どうでもいい。
何かのキットに使用したら、途端にパーツが足りなくなって、その存在意義を喪うからだ。
このキットの戦闘機形態を維持したいがために、
いちいち他のガンダムに取り付けた武装を解体しないでしょ?
いっそ、パーツケースを同梱するというのはどうだろうかと思う。
ネオジオングで見せた気遣いを子供達にもフィードバックしてやってくれ。

<外観等>
グレーのアーム類は加工しやすいプラスティックで好感が持てる。
関節はぐいぐい動くが、ポリキャップレスなので、ひたすらプラの摩擦の渋さに関節の耐久力が依存している。
なので、動きが少々柔らかいパーツとしぶいパーツが出来てしまうがやむを得ない。
やわらかくなりすぎたら芯に塗料でも塗っとけばOKOK。

アームズ1

スラスター類が意外な伏兵だ。
エールストライクのような中心にフィンのあるスラスターで、連邦系に使えるユニットなのだが、
奥まった位置のプラには、まるでエバーグリーンのモールド入りプラ板が張り込まれたようになってて、その質感は確実にお値段以上。

nitoriシーソー

関係ないがお値段以上ニトリのこのポスターは品質が軽視され、その割にお値段が高いという風にしか見えないw
本来のニトリの言いたい事の真逆になってるw
けっこう有名なのできっとニトリも気づいて、いまごろこの広告担当者はパタリロのロリコン諜報員ヒューイットのド田舎故郷で有名なノースダコダに更迭されて「スネークキューブ」を1万個売る切るまでは帰参をゆるさじとか、過酷な状況にいることであろう。

このスラスターやミサイルポッドをそのままに使うのもいいが、がらんどうの隙間に埋めるのにつかうという場合も想定して、とりあえず組んでおくなら、接続ピンを斜めに切り落としてテンションを抜き、いつでもはずせるようにしておくのがオススメだ。
そのまま使うと確定した時に、ネペンテス溶液流し込み接着剤を流し込めばいいわけだから。


アームズ2

武器の方は、ぼくには微妙だ。
アックスと銃、剣と銃の複合武器がついているのだが、
デザインラインがHOBBYJAPANの付録に酷似していて、
使うと自動的にビルドファイターズ炎になること請け合い。
そこを狙う人にはオススメである。
どの宇宙世紀にも適合しにくいラインではあるので
いっそMS以外の他のメカに使ってやる方が幸せになれるかもしれない。


<アーム等>
「ところでコイツをどう思う?」


アームズ5

「すごく・・・イイ動きです・・・」

いろんな組み合わせで相当自由度が高い。

アームズ3

アームズ4

例えばであるがこんな風に使うと、足首ブロックが横に動き、前後に動き、つま先を(回転して)外に広げる事ができる。

このキットを武装をバックパックへつなぐだけのものと思ってたら
本当にもったいないと思います。
「関節」としての活用を強くおすすめします。
旧キットや関節の簡略されてるキットが、かっこいいポーズとれるようになりますよ!
まさにガンプラバトルアームズはこう使え!なわけです^^
(強い言葉で〆てしまったw)


スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

[2014/10/01 00:05] | 1/144 ガンプラバトルアーム | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
| ホーム |