最終回直前企画!「Gのレコンギスタ 今までをキャラクターと共に振り返ろう!」
あ〜この月曜日火曜日はがんばったw
帰りにファミレスにポメラ持ち込んで缶詰になって、
完成するまで帰らないというw(もちろん席がお客で埋まったら帰りますけどね^^)
もう一文字も打ちたくないとか書きながら、
家に帰って後半をアップした後、実はこの記事にとりかかってましたw

コンスタンスにある程度の量を提供できる、文字で食べてる人や、
趣味で小説とか書いてる方はすごいね。
尊敬します^^

小説といえばお客様の中に一人、がんばって時間作っては、
いろんな賞に投稿しつつ、サイトをほぼ毎日更新している方がいるんですよね。
一次選考は通る力をもってらっしゃるようなので(凄い!)今後頑張って欲しいですね。

正直、時間が取れなくて、その方の小説は読んでいないのでコメントを控えてますが、
日記読んでる限り、書くことに対して貪欲な人なので
いずれなにかしらの結果にたどり着くんだろうなーと思いながら日記を読ませてもらってます。
話のついででなんですが、ここで「応援してますよー」と書かせてもらいます。
これからもがんばって!^^
この記事読んでくれてるといいな。
継続は力と陳腐ではありますが、本当にそう感じます^^


さて。
動画で見たものを文字に。
一週間、それも二度に分けて落としこむだけでも、
けっこう消耗した自分だったのですが、
このGのレコンギスタの記事では
自分にとって良い勉強をさせてもらいました^^

あと、今さらですが、このGのレコンギスタも、他のアニメを語るときも、
基本的に作品を見て自分の少ない頭を絞ってあれこれ書いてます。

その結果、ネットに流れてる意見と一致したところで、
「さも自分の意見のように借り物の言葉を紡いでいる」ということはないです。
普通に考察すれば、多数派の意見と重なるなどということは当然ありうる話。
「ありがちでない考察をひねりだせればなぁ」くらいは漠然と思ってますが、
多数派の意見は少数派の意見よりも価値がないなどという、
中学生並みの価値観も抱いていないので、
万が一ネットに転がっている考察や感想と重なっていたとしても、
「それもぼくの思ったこと」なので、そのままに書いてます。
実際、他の人の感想などそもそも読んでませんしね。
そんな時間ありませんし。
そういった物を読むのなら、自分が書く意味もないだろうと、そもそも書かないですしね。
(書き終わったあとに、Gレコの感想を通して仲良くなった方のサイトは読ませてもらってましたが。)

今回の考察のスタイルの変化は、
はじめは「ツッコミをいれるために、その土壌を説明しなくてはいけない」から始まったんだけど、
そのツッコミの量が膨大すぎてさ。
「ツッコミたい所の前後を説明する量」と「全編を文字に起こす量」とが、
そんなに変わらないことに気がついたのと、
Gレコを見てないけど、読んでくれているというお客さんの存在もあって、
ほぼ全編を文字に起こして、なんとか片鱗だけでも伝えるスタイルに変化していきました。


戦闘シーンを文字にする難しさ。
勢力の多さが半端無く、その切り替えの多さ、
キャラの多さが難易度をあげていて、
セリフだけでポンポンポンとリズムよく書くことを、なかなか許してくれないんですよね。
だいたいの場に4~5人いるから、いちいち「〜とベルリ。」とか書いたりね^^;

あと、自身の考える「読ませる文章」の条件に、
「同じ出来事を多様に表現出来る」というのがありまして。
これも、ノッてる時はどんどん入れていきました。
例えば、「MSウーシアが爆発した」
これを毎回同じ事書いてるわけにはいかないと個人的には思うのです。

MSウーシアが爆散の華を咲かせた。

MSウーシアの存在そのものが否定されながら、熱となり、光となり、やがて虚無へと還元されてゆく。

MSウーシアの断末魔の輝きが、カレイドスコープ(万華鏡)の様にめまぐるしく変化しながら、観測者の目を謀らずも楽しませたのだった。

とかね。

皆さんが読むにあたって、少しでも楽しめる糧になっていればいいのですけれど^^

さすがに文字数が我ながら多すぎて、
時間や体調との戦いになっていったわけですが、これは誰でも、どんなジャンルでも同じ。
なんとかつまづきながらも、10/3から約半年走ってこれました!
あとたった一話を残すのみです^^

稚拙、かつ長文に半年間付き合ってくれた皆様への感謝をこめまして、
完結寸前!

Gのレコンギスタ!今までをキャラクターと共に振り返ろう!」

という、スペシャル記事をここに用意させていただきました。

今回は「かさばるさんという名のフィルター」に「過分なお笑い」を足した記事なので、
軽く楽しんでくださいね。
作品のイメージや品格を気にする方は読まない方がいいです。
後から責めないでね^^;



では準備OKの人は 続きを読む をクリック、お願い致します。


*あとGレコに興味のない皆さんや、見てから読むようにしようと、
読まないようにしてる皆さんにはちょっと楽しめない記事が
続く形になってしまってごめんなさいね。
さすがに半年の集大成なので、大ハシャギしたくてさ^^

4月あたりから、模型が本格始動できればと思ってます〜
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:Gのレコンギスタ - ジャンル:アニメ・コミック

[2015/03/25 22:01] | 考察!Gのレコンギスタ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
考察!Gのレコンギスタ 第25話「死線を越えて」(後編)
ちょっとプラモ触る時間取れてないんだけど
Gレコ終われば取れると思いたい)
最近、リサイクルショップで数点買い物しました。
なんと3年くらい探してたL-GAIMモノが一気に入荷しててさ。
アローン
バルブド
グルーン
オージェ(無印)
アシュラテンプル
なんという奇跡!全部買ったったわ!w
こんなこともあるもんだ!
(今月は霞食って生きていきます;;)

dahack.png
<ダーマの中身ダハック。その性能や如何に?>

さて、帰りにPOMERAを喫茶店に持ち込んでがんばった!
(寝るに寝れないから進むw)
なんとか最終回前には「文章的借金」のない状態で挑みたいからね^^
おかげで、眠うぅぅぅういw
そしてドリンクバーでお腹ぱんぱんw

例によって「かさばるさんという名のフィルター」を通した考察なので、
かさばる兄さんはこれ見てこう感じたのね、くらいに軽く楽しんでくださいね。
いろいろ予測もしますが当然外れる事も多いはずなのでそこのとこもよろしく。

あと、まんまと富野監督にだまされたり、読み込みの浅さで解釈のミスもありますが、
それはそれで楽しいので、あえて変更は致しませんので、そこのところもよろしくお願い致します。

では準備OKの人は 続きを読む をクリック、お願いいたします。

続きを読む

テーマ:Gのレコンギスタ - ジャンル:アニメ・コミック

[2015/03/24 21:00] | 考察!Gのレコンギスタ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
考察!Gのレコンギスタ 第25話「死線を越えて」(前編)
いよいよGのレコンギスタも、次回で最終回ですね!
今週放送される『ガンダム Gのレコンギスタ』の最終回
「大地に立つ」に、
富野由悠季総監督が新人声優、井荻 翼(いおぎ つばさ)として初参加することが発表されたようです。
わはは、いいぞ富野御大!w
純粋に楽しみにしとく!

lastimage.jpg
このイラスト、数週間前にカバカーリーやユグドラシルなどの大量のMSが発表に鳴った時に、公式ページに出てきた一枚のイメージイラストで、最後の決戦をほのめかしているイラストなんだけど。

・・・よく見ると右下にアイツがいるwww

まさか最後のボスはコイツ?なのか?www

さて。
例によって「かさばるさんという名のフィルター」を通した考察なので、
かさばる兄さんはこれ見てこう感じたのね、くらいに軽く楽しんでくださいね。
いろいろ予測もしますが当然外れる事も多いはずなのでそこのとこもよろしく。

あと、まんまと富野監督にだまされたり、読み込みの浅さで解釈のミスもありますが、
それはそれで楽しいので、あえて変更は致しませんので、そこのところもよろしくお願い致します。

では準備OKの人は 続きを読む をクリックお願いいたします。
続きを読む

テーマ:Gのレコンギスタ - ジャンル:アニメ・コミック

[2015/03/23 23:21] | 考察!Gのレコンギスタ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
考察!Gのレコンギスタ 第24話「宇宙のカレイドスコープ」(後編)
なんとか今週中には大脳を作りなおして、
n兄さんの血管記事に備えたいかさばる兄さんです、こんばんは^^

ネットに機動戦士ガンダム THE ORIGIN 第2話 哀しみのアルテイシアのトレイラーが早くも上がってますね。
気になる方はコチラ

そういや、映画と言えば。
楽園追放(kicksnareさん、Finoさんのおすすめ)とルパンの実写を見ましたよー。

楽園追放は登場人物と、エピソードを絞った分かりやすい構成で、
「人間の定義に迫るSFの王道」とも言える骨太な作品を、
エロいコスチュームを身にまとった美少女と、派手なメカアクションとで商業的にパックした
映像も美しい満足の作品。
誰にでもおすすめできますね^^

ルパンの方は興味を駆り立てるコンテンツではあるので、
かなりの人が見に行ったのではないでしょうか?
サイトみたら大ヒット御礼を鼻につくぐらい書いてますが、

見に行っておもしろかった!場合も、
見に行って最低だった!場合も、映画館に落としてるお金は同じなわけで。

ヒットヒットと自分で書き立ててるのが逆にどうなんだろう?って思わせてならない。
「その数字」とやらがが真の賞賛か自画自賛なのかは、見たものが判断するだろう。

「みなさん、どう?このルパン三世。オシャレでしょ?」
EDクレジットまで、徹頭徹尾、画面から伝わってくるメッセージはこれだけであり、
見終わった後には、ペンペン草一つ、ぼくの心の中に何かが花開くような事はなかった。

テレビで人気を博したルパン三世が「結果として」二期OPなどでクールであったり、
オシャレであったりしたことはあったが、
「そこを念頭において作品を作っている」わけではなかったと思うんだ。
今回の実写映画の重心の置きどころが
「ぼくには」ルパン三世として面白い!と両手を打って喜べるものではなかった。
とにかく登場人物が何をするにも
いちいち格好つけるナルシストと相成ってて少し鼻につく。
「恰好をつけたら格好良くなる」というペラペラな美意識にウンザリする。
クライマックスではやや唐突を思わせる、
安っぽい仲間意識をルパン世界に盛り込んできて驚く。
不二子特有の裏切りに可愛げがなく、
ただただ腹の立つキャラに成り下がっているのも残念だ。

正直、ぼく的にはおすすめしない。
小栗旬はけっこう好きな役者だっただけに残念だ。
友人と一緒に見て、あれはないよなぁ!と逆の意味で盛り上がる作品ではあるかもしれないが。


KCRY.png
<マスクが駆るカバカーリー果たしてその能力は?カーリーが元ネタだと、隠し腕とかありそうだが?>

例によって「かさばるさんという名のフィルター」を通した考察なので、
かさばる兄さんはこれ見てこう感じたのね、くらいに軽く楽しんでくださいね。
いろいろ予測もしますが当然外れる事も多いはずなのでそこのとこもよろしく。

あと、まんまと富野監督にだまされたり、読み込みの浅さで解釈のミスもありますが、
それはそれで楽しいので、あえて変更は致しませんので、そこのところもよろしくお願い致します。

では準備OKの人は 続きを読む をクリックお願いいたします。
続きを読む

テーマ:Gのレコンギスタ - ジャンル:アニメ・コミック

[2015/03/18 22:38] | 考察!Gのレコンギスタ | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
考察!Gのレコンギスタ 第24話「宇宙のカレイドスコープ」(前編)
おはようございます^^
いやぁヒドイ頭痛だった。(偏頭痛持ち)

昨日、緊急的に上げた文をさっき自分で読んだ。
Gレコの日にもGレコ観てない人も楽しんで貰えるように
関係のない話をイントロに入れるようにしてるんだけど、
その「イントロのトーク」という意味合いのつもりで、
「枕トークも火器直します」って書いてる自分がいたw
枕トークって言ったらあれだ、情事の後のピロートークじゃないかw
そんな他人に見られたら200%自殺したくなるような、トーク書いてどうするんだ?と自分を責めたいw
しかも火器直すとか(書き直すのつもりだったらしい)
ぼくは整備工かw(整備工には憧れがあるけど)

そういや関係ない話に飛ぶが、
カルビーが「食感が悪い」という理由で14万個ものじゃがりこ(チーズ)を回収してるらしい。
食べても健康への被害はないという。

製造日が2/3で、容器の裏面に製造工場を見分ける「G」の記号がある商品が回収対象になる。
2月下旬以降、買った人から指摘が相次ぎ、社内調査を進めた結果らしい。
商品を送ると購入代金を返してもらえる。

で、提案なんだけど!

食べても大丈夫な製品で「食感」だけが悪いわけだからさ、
普通の商品はどうしようもないだろうけど、
じゃがりこだけに許されたスーパープレイがあるので
それで凌ぐのはどう?と強く提案したい。
文句を言う前に工夫だ。
災い転じて福となす!w

以前にも紹介した「じゃがりこサラダ」に作り変えてしまえばいいんだよ!

見たことあるけど、やったことない人はこれに乗じて、一度試してみないか?
サラダの上に乗っけると誰も、元お菓子とは思わない恐ろしい出来!
類似品ではできないじゃがりこだけの必殺技です!
以前も書いたけど、再びレシピ紹介。

じゃがりこさらだ

まずはじゃがりこチーズ味(赤いやつ)を買ってきてフタを開ける。
全種類試したが個人的には赤が一番美味しい。

じゃがりこさらだ1

次に沸騰したお湯をスティックの7~8割まで入れる。
薄すぎなければあとでも濃度調節可能だから、初めは7割を目安にするといいかもしれない。

じゃがりこさらだ2

そしてしばらく放置すると、じゃがりこがお湯をすってふにゃふにゃにふやけるので、
スプーンで混ぜる。
完全にマッシュポテトと化します。あとは食うだけ。
食感見ながらお湯を足して好みの粘性に調整するのですが、
入れすぎてしまった場合は、いっそさらに足してスープにすることも可能です^^

晩御飯のサラダにのっけてもいいし、そのまま食うも良し。
職場の昼ごはんに一品プラスしても良しなので、ぜひお試しあれ。
有名なレシピなので、やったことある人多いとは思うけど。
本当に美味しいよ!
未経験の方は、ブログ書くネタになるか!とやってみてくださいな。
安いし。
家族と盛り上がれるよ!w


YGS.png
<MAユグドラシル キット化される可能性は限りなく低い?>

例によって「かさばるさんという名のフィルター」を通した考察なので、
かさばる兄さんはこれ見てこう感じたのね、くらいに軽く楽しんでくださいね。
いろいろ予測もしますが当然外れる事も多いはずなのでそこのとこもよろしく。

あと、まんまと富野監督にだまされたり、読み込みの浅さで解釈のミスもありますが、
それはそれで楽しいので、あえて変更は致しませんので、そこのところもよろしくお願い致します。

では準備OKの人は 続きを読む をクリックお願いいたします。



続きを読む

テーマ:Gのレコンギスタ - ジャンル:アニメ・コミック

[2015/03/17 22:17] | 考察!Gのレコンギスタ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
| ホーム | 次のページ>>