HGUC V2ガンダム
うまいパンが食いたい。
それもトースト!
英語で言うとTOOOOSTOP!(トースタップ!)
ロシア語で言うとトースチョフ!
スワヒリ語で言うとトースワヒリ!

・・・おっとマルチリンガルゆえの知性の奔流でみんなが溺死してしまうのでこのへんで。

そういうわけでお眼鏡に適ったお店はコチラ
大阪は鶴橋のlebresso(レブレッソ)
食べログとかみたらたまらん美味そうよ。
ちょっと涼しくなったら行ってみたいなぁ。

さて。
いい加減プラモの記事ないのもマズイと思ったので、以前に作ってたコイツをw

V2.jpg

HGUC V2ガンダム。
一枚しか写真撮ってねえええw
ほぼノーマルに組んだので簡単に今更感はありますがレビュー。

ターンAの時と同じく簡単フィニッシュにて仕上げてあります。
値段はすこぶる安いのですが、設定身長がかなり低く、ターンA>ガンダムOO>V2ガンダムと頭一個分小さくなってる感じ。
形状はほぼ文句なし。
デザインに忠実であるがゆえに、肘、足首などにはあまり自由度がない模様。
肘の先端部分、はじめなんも考えずに接着したが、そこにシールドのエネルギーフィールドを挟み込む形になるので、あわててひっぺがした。皆さんは間違えて接着せぬよう。(恥)

銃口と頭部バルカンとビームサーベルの持ち手の下側にビーズ突っ込んだくらいであとはいじってません。
良作と言ってさしつかえないと思います。

ただ一箇所だけ文句つけるならば、肩の青いアーマーをいかり肩にしていくと、つられて上腕も外にひろがっていってしまう点。
いかり肩にした上で脇をしめればかっこよくポーズ決まるのですが、脇閉めるとやはり肩が下がってくる。
腕に自信のある方はそのあたりをさわると尚、良くなると存じます。
前にもい書いたがゾンジ=マスとか書くとなんだかフラナガン機関出身みたいに見えるのは墓の下まで持って行く秘密だ。
意外にもアサルトバスターパーツが出そうで出ない。きぃいいw

あと背中のミノフスキークラフト内側の黄色はシールになってるのでさすがに嫌で筆で塗った。
黄色は隠蔽力が低いので、下地に白が望ましい。
ので今回は白サフを筆で塗って、その上から黄色を筆で塗りました。
食いつきもよくなってオススメ。

しかしMG版V2もなかなかアナウンスされませんね。
Vガンダムがあまり売れなかったからかも知れない。

オールガンダムシリーズと銘打った今回のガンダム出しまくり企画。
まだ出てないガンダムに、ガンダムペーネロペーだのハイゼンスレイ、そしてかさばる兄さん大好きなウィルバーが控えてますが果たしてどこまでBANDAIに根性があるのかw(ウィルバーは出ないだろうなw)

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

[2014/08/03 12:15] | 1/144 HGUC V2ガンダム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |